人気ブログランキング |



ツァイス・イコン/コンテッサのメンテナンス:前編

シャッターを整備する順序

1. 裏蓋を開け固定リングを外し、レンズボードからシャッターブロックを分離する。

固定リングを外す治具は1.5㎜の真鍮板を切り抜き、ヤスリを掛けて自作する。

ヤットコやその他の治具では蛇腹を傷めるリスクが大である。

2.  前面の連動距離環は側面のイモネジ(1.2mmφ×1.6mm 3本)を緩め、レンズ

付シャッターブロックから取り外す。

3.  インデックスマーク付きのフロントキャップを取り外す。(ネジ4本)

  この時点で前玉、中玉レンズが取りf外せます。

4. フロントキャップ用レンズヘッドスクリューを外す。(ネジ2本)

(ドレイカイルユニットの下端にあるメッキされた小金具)

5.   ドレイカイルユニットを外す。(ネジ3本)→やっとシャッター本体が現れる。

6.  シャッター分解OH、要所に注油する。

7. シャッター速度調整、1秒(スローガバナーの回転)、1/10秒(ディテントピンの曲げ)

1/100秒(スピードセレクターリングの長円形空洞の空き調整)、

3速の調整以外は自動調整の設計である。

ツァイス・イコン/コンテッサのメンテナンス:前編 /by Rose-Thorn_d0138130_14102682.jpg

コンテッサのシャッターはシンクロコンパーの非倍数系列の初期タイプである。

スローガバナー及び絞りユニットのビス締めに赤い弛み止めペイントを使用しているため、

ビスが固く、弛める時には適正ドライバーを選択しビス頭を傷めないよう留意する。

ツァイス・イコン/コンテッサのメンテナンス:前編 /by Rose-Thorn_d0138130_14123405.jpg
ツァイス・イコン/コンテッサのメンテナンス:前編 /by Rose-Thorn_d0138130_14143276.jpg

シャッターOH後の組立調整

1. シャッター本体をボディ側のレンズプレートにセット(シャッターに付いたダボをレンズプレートの穴に合わせる)。裏蓋側より締め付け環にて固定。

2. バルブ開閉のチェック

スプロケットを手送りして【B】の締まり具合をチェックする、開いたままや2段落ちがある場合は

レンズプレート、レリーズリング、スクリューリングに粉末モリブデンを塗布して再組立てをする。

3. シャッター速度調整-略 (前掲:レンズシャッターのメンテナンス参照)

4. 速度調整が終わったらシャッターブロックをレンズボードからとり外す。

5. ドレイカイルユニットをシャッターブロックに取り付け、本体のレンズボードに再度組込む。

6. シャッターブロックに3分割されたレンズ、中玉、後玉、前玉を組み込む。

7. 裏蓋を開けフィルム面にピントグラスをセットする。

8. カメラを三脚に据え200700m先の指標となるものにピントを合わせレンズの∞を調整する。

ドレイカイルの真上中心部が∞の位置となるので、レンズの銘板の文字等の位置を記帳する。

9. 距離計連動ギヤ(オス)を嵌めてファインダーの2重像を∞の指標に合わせる。

連動距離環の∞の切込み(メス)位置はあらかじめドレイカイルにマーキングする。

10. 連動ギヤの切込み(オス)をマーキングに合わせ盛りかえる。

11. フロントキャップの取り付け。

12. 連動距離環を取り付け、ピント面と距離計の確認をする。ピッタリ合うまで繰り返し調整する。

※  2重像の調整

  水平方向2重像のは距離計連動ギヤを回して合わせる。連動ギヤは1回転で元に戻る。

  上下方向2重像の調整はドレイカイルユニットの側面に見える小歯車を爪楊枝を使って調整

  する。上下像の調整はかなり難しく根気がいる。

ツァイス・イコン/コンテッサのメンテナンス:前編 /by Rose-Thorn_d0138130_14170644.jpg

後編はコンテッサが搭載するシンクロコンパーMXの分解整備について投稿致します。

 by Rose-Thorn




 

フリーソフト「カメラ用蛇腹の作図プログラム」を利用する

ソフトの空欄にA4ページ幅297mm、ぺージ高21mm、段高7mm、段数7

谷側及び山側底辺長52mm 、谷側及び山側上辺長32mm、を入力する。

山折線赤表示のり代傾きにチェックを入れる。

手順書

1.型紙の作成

Googleの検索で上記ソフトを選択し空欄に上記数値を入れ作成ボタンをクリックすると

A4判横の原寸図が得られる。

2.A4判コピー用紙(型紙)に赤、黒で表示された原寸図を印刷する。

型紙には厚手のクラフト紙(0.18mm)を使用する。

3.色に合わせたボールペンで図面の赤、黒線をなぞります。黒は裏側より筆跡に

合わせ再度なぞる。

マミヤ6の機構に合わせ谷側上辺長のベロの2か所は夫々7mm延長し作図する。

4.印刷画面の外郭線に合わせ切断し、型紙に合わせ貼革裏面にケガキを入れる。

のり代の余長は本革のケガキ用に使う、ケガキ終えたら型紙より切断する。

マミヤ6オートマットの蛇腹交換「本革製」  / by Rose-Thorn_d0138130_17390604.jpg


5.型紙の山、谷を折り込む。

6.折り込んだ型紙を再度確認しながら再圧縮して折り目にエッジを付ける。

7.型紙ののり代に両面テープ(L=20mm程度に分割)を貼り、端部より成型しながら貼付け。

折り目があるので分割しないと貼付けがうまく出来ない。

8.折り目を伸ばし、型紙の1/4面に木工用ボンドを均一に塗布し、ケガキ印に合わせて

0.2mmの革を貼付ける。(しわを伸ばしながら) のり付けは一面毎にすること。

9.ジョイント面は最後に調整しながら革を貼り合わせる。

10.ボンドが乾いたら、再度折り目を付ける。

11.内部に墨汁を塗る。

(墨を塗ると紙がヘタリ、腰が弱くなる為、塗るタイミングは研究する要あり)

12.先端に成型板金具を取り付ける。(ボンドG17

13.蛇腹ブロックのレンズボードに蛇腹を取り付け。(成型板金具をビス止め―2本)

14.本体勘合部(フイルム面側)に蛇腹を貼付ける。(ボンドG17

マミヤ6オートマットの蛇腹交換「本革製」  / by Rose-Thorn_d0138130_17394359.jpg
マミヤ6オートマットの蛇腹交換「本革製」  / by Rose-Thorn_d0138130_17403808.jpg
マミヤ6オートマットの蛇腹交換「本革製」  / by Rose-Thorn_d0138130_11363639.jpg

15.蛇腹ブロックをボディ本体に固定(ビス止め―4本:写真参照)

・レリーズボタンの作動に仕掛けが有り、これを解決しないと先には進めない

 レリーズ関連のピースをテープで固定しながら取り付ける。(難しいヨ)

・勘合部にはゴム粘土が使用されている。防塵か、遮光か、未だ解らない。

16.レンズブロックの取り付け

チャージレバーに付随したバネのセット(オートマットのみ)

17.∞のチェックと調整

レンズの∞はシャッター本体裏のスペーサにより調整、距離計の∞は

調整ビスにより調整。   「ひとまず完成」 以後ペンディング


18.試写:遮光性能をみて「ゴム粘土の要否」を決めることにする。

19.撮影レンズD.Zuikoのクモリについて

当機はマミヤ6B169240から取り外したD.Zuiko11万代)で

クモリ無しです。ⅣB型の10万代 D.Zuikoもクモリは有りません。


文明社会への警鐘でしょうか?

人間の傲慢に対する天罰でしょうか?

コロナの猛威も少しずつ終息の気配も見えてきているようではありますが、
6月の例会を如何にするか?
うずうずしている気持ちもわかりますが、思案のしどころですね。

昭和の脅威は遠く小さくなりにけり?                          ミモヤンG
自然の猛威は恐ろしい_d0138130_16104629.jpg
2019年 新宿 
WERA1 Tessar 2.8/50


# by tedukuricamera | 2020-05-13 16:16 | 戯言 | Comments(2)

冷やっとする感触はこの季節きもちいいし、金属はステンレスを思わせ、、、

このデジカメ,カシオEX-600 昨年の秋頃CCDセンサー使用初期のデジカメに興味がわき、なぜか気になっていた頃、ロボットを思わせるような外観やメカッぽさがとても気に入り,ヤフオクで何度もさがして手に入れたものです。CCDセンサー機に興味がわき、数社のものを手に入れたなかの1台です。

例会で発表したころ,千里丘まで出かけたついでに道路脇の植木などを数コマ撮ったあと棚に放り込みときどき目をやる位でしたが、このところのコロナ自粛疲れ。

連休で時間もあるし、ネットのレビューでこのEX-600のことをかなり見聞してみたが、「やはり実機だわい」と思い、かるくポタリングで試写に。 

まぁ、小さなボディだしすべりやすく,マニュアル持たずなので操作もややこしい。それにこのカメラ、ある程度使い込むと内蔵ストロボ充電中によくトラブルがおきやすいとのこと。

トラブル回避に、ストロボ非発光にするにはいちいちの切り替え。忘れるとオートで発光。,、、、あーあ、操作もだけど、作文もむずかしいよ。よってだらだら駄文はここまでとし、キャノンレンズ:F2.8の写り,ご覧あれ。

,、、、、レンズはキャノンでしたか,カシオ:クラデジも ,、、、、、 SH-K_d0138130_12555994.jpg
,、、、、レンズはキャノンでしたか,カシオ:クラデジも ,、、、、、 SH-K_d0138130_12560488.jpg
,、、、、レンズはキャノンでしたか,カシオ:クラデジも ,、、、、、 SH-K_d0138130_12560834.jpg

600万画素CCD、光学4canonズームレンズを搭載、EXILIMシリーズの最上位機種

EXILIMPRO EX-P6002004年発売




 五月皐月 躑躅と代官屋敷跡_d0138130_16432529.jpg
 5/5.6と二日寫すはFUJICA GEレンズに稍点カビ有るを発見。消沈する。SUPERIA PREMIUM400 27 5/7 二浴式現像
紙焼きは未だ未定です。 放蕩老人照生  
 五月皐月 躑躅と代官屋敷跡_d0138130_16434208.jpg
 五月皐月 躑躅と代官屋敷跡_d0138130_16461488.jpg
 五月皐月 躑躅と代官屋敷跡_d0138130_16462268.jpg