人気ブログランキング | 話題のタグを見る
1954年発売(定価六千八百円)、今から44年前にトリプレットレンズにコンツール様フアインダーがついて他社をアッとうならせたとか。写りがよく、購入するために順番待ちをしたと聞いている。どこに眠っていたのか駆動部がガチガチにこびりついた状態でタイマイ?千円也で転がり込んできた。当然分解掃除をする。不思議にレンズは非常にキレイだ。グリスをヘリコイドに注入。これで直ぐに写せます。 ハイ・、・ただそれだけのことです。それでは、またブログでお会いしましょう。 
 (1月26日)
★RICOHFLEX ーVⅡ 未使用で入手のメンテナンス    mentenin_d0138130_826569.jpg

以前広告代理店に勤務していたときに、このシンプルなレンズで白黒の商品写真をよく撮影したものだ。独断と偏見ですがこのLENSシャープな切れ味はすばらしい。さて、このたびカビだらけのこのレンズを入手。2枚目に添付した写真で後ろ側をカニ目をレンチで分解し、問題は後群のレンズを分解するのにエタノールとタミヤの除去液に浸さないと容易に分解は出来ない。キレイに掃除が済み撮影が楽しみだ。  

★「レンズの分解掃除と、グリスUPについて・・・」先にNIKKORのレンズ分解掃除をご紹介しましたが、NIKKOR中期以降は単体レンズは他のメーカーのLENSより清掃しやすいと思います。レンズにより異なりますが、必ず前側に注意深く観察すれば例外を除いてごく小さいビスでレンズが緩まないようにしてあります。注意ふかくビスをはずすと、レンズユニットが全部外れます。あと、1枚1枚エタノールで清掃し、グリスはヘリコイドが硬くなりますので時計油など上質のものを少し注油します。 (1月26日)


●NIKKOR-S 35mmF2.8 ● 頑固なレンズのカビ取り     mentenin_d0138130_1939779.jpg
●NIKKOR-S 35mmF2.8 ● 頑固なレンズのカビ取り     mentenin_d0138130_19393577.jpg
●NIKKOR-S 35mmF2.8 ● 頑固なレンズのカビ取り     mentenin_d0138130_19395815.jpg

# by tedukuricamera | 2008-01-25 13:19 | Comments(1)
McromaX    PUSH-PULL_d0138130_13411775.jpg
近接撮影
昨日友達のパソコンの治療に行った時に戴いたカメラである、真っ新なバカチョン35㎜フィルムカメラはGOKOカメラの「MacromaX FR-350」でもう製造はされていない、10センチまでの近接撮影が可能で一番凄いのは写真を見れば解ると思うが接写専用フレーム(なんと別売り)が付いているのだ

単焦点なのでレバーで切り替えをする、∞-1.0、1.0-0.3、0.3-0.1の3段階切り替え、裏蓋には液晶表示の日付表示まであるのだがピント調整はない、最近の私の寄せ集めカメラと同じだ、マクロ撮影の時の初期設定はストロボは強制発光になっていてブレを防ぐようになっているのだが、その代わりと言ってはなんだが近接の筆数アイテムの3脚がフレームを付けると立てられないのである
扱っている間に驚いたことが色々あった

McromaX    PUSH-PULL_d0138130_13482062.jpg・写真の10センチ用フレームの下側に付いているストロボなどを付ける金具がレンズの真下にあり何に使うか不明
・この手のコンパクトカメラはレンジファインダーカメラと同じで一眼レフと違い近接が苦手である、つまりファインダーから見える絵と実際に写真に写る絵にズレがある、この四角のフレームを見て撮影するには問題ないがファインダーを覗いて撮影する場合は写真の写る位置をファインダーの中の印に従って移動し修正しなければいけない
・取り説を読むとスーパーの上のウルトラマクロモードでの撮影が面白い、ファインダーを覗いた時のパララックス(視差)補正の説明が解りやすいようでなかなか理解できないのだ(笑)

左の写真がこのカメラのファインダーでフレームが同心ではなく右下へ少しずつずれて居る所が凄い、つまりマクロ撮影の時は右下の「U」の所にセンターを持ってこなくてはいけないのだが、しかしよく見ると点線のSも実線のUもフレームと中心が完全にずれてしまっているのだ

久しぶりにコンパクトカメラの取り説を読んだのだが、電池の入れ方からフィルムの入れ方、電源のONOFFに始まる撮影時の事細かな説明には読む間に訳が判らなくなる、元々ゲームから模型に始まり色んな電気製品でも殆どマニュアルを読まない人なので大変なのであります、このカメラで撮影することがあるのかどうか今のところ不明である

主な仕様
レンズシャッター式モータードライブ、レンズ:3群3枚、31㎜/F6.7、シャッター:1/90・1/300・1秒

追記:ミモパワーさんの適切なご指摘があり私の文章を修正しました、確かにこのコンパクトカメラは2眼レフではありませんな(笑)
生駒山雪景色_d0138130_1014481.jpg
手作りカメラには関係ありませんが 今冬始めての 我が家の窓から見た 生駒山の雪景色の写真をアップします。土曜日には楽しみにしていた 月に一回の手作りカメラの会に 体調不良で参加できなかったのは本当に残念でした。このブログが立ち上がって最初の会ですので この話でも盛り上がったのではないかと思います。カメラの話をアップするのはなかなか難しいのですが こういった雑談めいたものでも楽しければいいんじゃないかと思っています。もっともこればっかりじゃ・・・とは思いますが。次はカメラについてアップしたいですね。
白髯。
きのう土曜日は手作りカメラクラブの例会で、新年オメデトウで定刻に例会開始。出席者はいもより少な目。。。 当方は例会が始まる少し前に会館のお店でニコンFEのジャンクを3千円で購入(TOPカバーベコベコとファインダーの曇り)、今日の朝からメンテに取り掛かる。写真1枚目は分解したところ。写真2枚目は、シャッター羽根の上のモルトが解けてプリズムとアイピース中が曇っていてきれいに掃除し、写真3枚目で2箇所修理完成!。眼の老化で完成まで約3時間要しました。 
 それではマタです・・・。   (1月20日)

Nikon FE分解掃除(添付写真3枚)   mentenin_d0138130_1201275.jpg
昨日19日
Nikon FE分解掃除(添付写真3枚)   mentenin_d0138130_1202666.jpg
Nikon FE分解掃除(添付写真3枚)   mentenin_d0138130_1204089.jpg