人気ブログランキング | 話題のタグを見る
日々あれこれとただ煩雑事に追われ徒に時を費やすうちに、2月も10日も過ぎようかとしているではありませんか。
阿唖、これはいかん。
気を入れ直し、例会記事をいたしたくそうろう。

ミモヤングレビッチ

先月MT派氏が海外向けのミノルタX570を持ってこられていたので、ミノルタX三桁シリーズいろいろ持ってますよと話した手前、担いできました。

昨年はわれらが阪神タイガースをはじめ関西プロスポーツ界も野球サッカーと優勝し盛り上がりましたで、関西ゆかりのカメラメーカーミノルタ祭りでもと呼びかけました。

で、持ってきたものは、、、

ミノルタX-700 前期型、 後期型

 前期型はかなり以前、仕事で神戸市西区まで、カワサキの流通センターに行った際必ず立ち寄っていたキタムラカメラ玉津店で購入、巻き戻しノブ基部のフィルム感度せっていダイアルがガタついていたのをメーカー修理してもらったもの、後期型はいつの間にかうちにありました。

ミノルタX-700 前期型 おととしかな?コロナが明け、漁港のフリマでズームレンズ付きで3500円というのを500円値切ってもらい受けました。白ボディは前期型のみで 数が少ない。

ミノルタX-500 

X-700からプログラムシャッター優先AEを除いた廉価版、以前持っていたボディは夜の秋葉原のガード下で絞り優先AE開放で1/500で切れます!と豪語する、2013年のミモパワのブログにアップしたものですが、露出がツワモノだったので売却、無いはずなのになんである?もういいかと思っていたのに2021年に550円で出ていたのでまた買ってました。

ミノルタX-600 

フォーカスエイド機 基本ボディはX-300AEとマニュアルシャッター速度設定ダイアルが、ギアを一つ介していることでX-700X-500X-300ベースとは操作方向が逆になる。オートフォーカス黎明期のボディ。裏蓋のハンドリングのための硬質ゴムが痛んで欠けてくるのが残念。

ミノルタX-700 後期型 China製造 

最終に近いモデルでしょう再販モデルか?、セコハンショップで2000円で出ていたものでもう持っているけどなと思いつつ見せてもらうと、底板に目立たない小さい白字でChinaの文字、買ってしまいました

SUMSUNG MD50 11.4 KOREA 

韓国製造のNewMD これt、ずいぶん前に新宿のキタムラさんで見つけました。

SEAGULL DF370  SEAGULL レンズ2本

中国製 MD マウント機 X300シリーズの製造元でしょうか、もしかすると先のChina X-700も同じ工場かな?

ミノルタSR-1s HAIOU 50ミリ

X三桁ではないですが、中国HAIOUの標準レンズとの組み合わせデザインが良い、SR-1sに似合っていると思う

2024年1月 好きやねん大阪カメラ倶楽部第46回例会報告_d0138130_00133255.jpg

ヤマヒラ氏

一年の始まりに会費を支払いにやってまいりました。

ミノルタ祭りとのことで、ミノルタフレックスにしようかいろいろ考えましたが、ずいぶん前に西成のフリーマーケット通称“泥棒市”で手に入れたMCロッコール58ミリf1.2(ゴムリング、後期型)を持参しました。

いつもボウズばかりなのですが、この日もボウズで、それでももう一度回ってみようと戻ると先ほどはいなかったオッサンがブルーシートを引き始め、カメラを並べはじめた、見るとミノルタXEに大きなレンズが?おっと思い聞いてみると“一五”やという。一万五千円か西成価格にしてはちと高いなぁと思っているとそのオッサン

“せんごひゃくえんからビタ一文引かれんな”

奪い取るように手にし、オッサンの気が変わらぬうちにと2千円を握らせました。

デジタルペンタックスで使おうと補正レンズ付きのマウントアダプターをかましていますがやはり画質が落ちる気がします。

2024年1月 好きやねん大阪カメラ倶楽部第46回例会報告_d0138130_00154743.jpg

yasu

ミモヤンからミノルタ祭りで行くとr円楽があったがずいぶん処分してしまいSR-7とかSRT101ぐらいしか持っていないなぁ、いやライツミノルタCLがあったなと持参しました。

学生のころ、ミノルタのカタログを眺めていた時、コンパクトカメラにしか見えないこのCLが、一眼レフのXG-Eなどより高い値段がつけられているのを見てなぜだろうと思っていたことを思い出します。今ならなぜ高かったのか理解できましたが。

会社の業績コンテスト旅行で海外旅行に行かせてもらった際、このライツミノルタCLにフォクトレンダーカラースコパー25ミリF4を取り付けて写したものです。

もう1台はここ最近のマイブームでニコンF祭りとなっており、リビングのすぐ手の届くところに置き折に触れ巻き上げシャッターを切り手触りを楽しんでいましたので持ってきました。

擦れの多いオートニッコール28ミリF3.5、すこし当りのあるメタルフードですがこれぐらいがかえって格好よく見えますし、気にせず持ち歩ける気の置けないカメラです。

がニコンF祭りもそろそろしまいにして、次は何にしましょうか、エキサクタ祭りにでもしましょうか。

2024年1月 好きやねん大阪カメラ倶楽部第46回例会報告_d0138130_00164319.jpg
H本氏

年のせいか。重たいカメラは持ち歩けなくなりました。近くのハードオフでトプコン65ミリレンズのついた4X5手作りのカメラを3000円で手に入れたのですが重くてとても持ってくる気になりませんでした。

手ぶらもなんですのでリコー ハイカラ―35を持ってきました。2台つなげてステレオカメラにしていたペアのうちの一台です。

2024年1月 好きやねん大阪カメラ倶楽部第46回例会報告_d0138130_00172495.jpg

N波氏

年の初めから失敗話。 

ヤフオクでアイレスフレックスジャンク、ニッコール付きというのを応札し落札できたのですが、届いたものはニッコールではなくズイコー付きが来た。

国産二眼レフで唯一のニッコール付きなら、ジャンクでも飾りにはなるかと思っていたのにがっかり、という次第。

代わりにイコフレックス1型を持ってきました私より少し年上でシャッターは音はするも開かず。

2024年1月 好きやねん大阪カメラ倶楽部第46回例会報告_d0138130_00194695.jpg

照生氏、

3年ほど前に手に入れ、1枚の45シートに8枚写るというカメラ。手に入れてすぐに写したものの写したネガは何も映っていないスケスケ、これにはさすがの私も半日は不機嫌でしたがこだわらない私はすぐに吹っ切り忘れてしまいました。

日頃様々にフィルム現像をこなしているうちに久しぶりにこのカメラを再発見。そういえば3年前は写らなかったなぁと、なぶっているうちにシャッターの切り方が初めてわかったという次第。勉強は必要ですなぁ。

ミモヤン、調べてみました、ネットにこのカメラが紹介されていました

アメリカ、メリーランド州ロックビルのPhotogrammetry Inc.で設計製造、フロリダ州セントピーターズバーグの Graph-CheckInc. によって販売されたそうで、ポラロイドの4X5バックが装着されて1963年から製造され、いつ頃販売終了したかは判らないが1975年のプロ機材カタログには400型が450ドルと紹介されているようです。

400型と300型の2種類があり、300型はシャッター速度が1/1000秒のみでf/16f/26f/45の野外撮影専用、400型は400 1/250 秒と遅く、モデル 400 の絞り設定は f/11f/19f/32で高感度のポラロイドフィルムを使えば屋内でも撮影可能。4X5シートホルダも装着できるのはもちろんですが販売されていたころはあまり推奨していなかったようで、ASA400のフィルムを3200まで増感して撮影する方法だったと記述されていました。

2024年1月 好きやねん大阪カメラ倶楽部第46回例会報告_d0138130_00210502.jpg

K林氏

ミノルタ、いろいろあったがほとんど処分しているが、、、古いミノルタを持ってきました

オートセミミノルタ、戦前のミノルタでプラウベルのローロップに範をとったカメラで機構もほぼ同じでしっかりしたカメラ。自動巻き止め機構もあり赤窓に1を表示した後ストップを解除すると1枚巻き上げることができる。めっきも素晴らしい、クラウンラピッドシャッター、レンズはプロマーアナスティグマットニッポン

コーナン16、のちにミノルタ16になるロッコール3.5/25ミリ付き。

ミノルタではありませんがウェストポケットコダック、通称べスタンを2台持ってきました。

1台はフォーカシングができテッサー4.9/9cmシャッターはダイヤルコンパー

ある人は改造品ともいうが…

もう一台はフランス Hラッセル&パリス スタイラー6.3/85ミリ付き。

藤井商店で手に入れたのですが、べスタンコレクターから仕入れたらしい。

スーパーバルディナ最終型、通常はニッケルめっきだがこれはクロームめっき

カメラを探していると出てきたのが帝国陸軍の機上羅針盤 乙 航法偵察員席に装着されたものです。

2024年1月 好きやねん大阪カメラ倶楽部第46回例会報告_d0138130_00225260.jpg

秀じぃ

ネパールへいってきました、以前ネパール旅行でお世話してくれたガイドの娘さんの結婚式に招待するというので行ってきたのです。昨年の春体調を崩し入院してたので家族に反対されたのですが、ネパールの結婚式に大変興味がありましたのでぜひ行ってみたいと。それならと娘がいろいろ旅行の手配や確実に取れる連絡方法の準備やらカバーして送り出してもらいました。

 結婚式ですが3日間にわたり開かれます。大きな結婚式場があり、夕方4時ごろから宴会が始まり、その会場の大きな前庭にテーブルがたくさん並べられ、近所の誰でも招待状なしに訪れ、食事の給仕や飲み物を給仕され飲み食いできます。これが夜中まで続くのです。会場にやってくる村の人たちは、片言ですが日本語を話す人もいて、“お前日本人か?と聞かれ、酒を注がれます。日本人が珍しいということもありますがそれだけではなく、ある人は俺の娘が日本へ働きに出かけている、ある人は息子が出稼ぎに行っていると、ネパール語や英語や片言の日本語で話しかけてきます。

その翌日は、新郎側の村でも結婚披露宴が昼過ぎから夜中まで開かれ、またその翌日は新婦側の村で同じように披露宴が開かれるのでした。

その他、現地の話は続きますが、ここでは割愛させていただきます。

カメラは重たいのでトイデジカメの二眼レフを軽いので持ってきました。

2024年1月 好きやねん大阪カメラ倶楽部第46回例会報告_d0138130_00293121.jpg

MT派氏

持参:ContaxI & MegoflexLeica II & Megoflex

 この Megoflex は、差し込みファインダーとしてアクセサリーシューに装着すると、レンジファインダーカメラが二眼レフカメラに変身できる怪物で、非常にユニークで面白いものです。

 LeicaII の専用 Megoflex はかなりの貴重品で、個数少ないですがまた入手は可能です。

 しかし ContaxI の専用 Megoflex となると、かなり入手しにくいです。

 『コンタックスのすべて』の著者ハンス・ユルゲン・クッツによると、世界中にせいぜい5個しか残ってないそうです。

 今の時代では実用性が感じられないですが、この幻の逸品を実物でみると、感無量ですね!

2024年1月 好きやねん大阪カメラ倶楽部第46回例会報告_d0138130_00305097.jpg

2024年1月 好きやねん大阪カメラ倶楽部第46回例会報告_d0138130_00241210.jpg
2024年1月 好きやねん大阪カメラ倶楽部第46回例会報告_d0138130_00242451.jpg
2024年1月 好きやねん大阪カメラ倶楽部第46回例会報告_d0138130_00243604.jpg
次回開催は3月9日土曜日 テーマはトイカメ、変カメです。がまぁなんでもお好きなものを。





2024年 『好きやねん 大阪カメラ俱楽部』スケジュール表_d0138130_14163660.jpg
拡大してお使いいただけますかねえ。早々頓首  照生


# by tedukuricamera | 2024-01-15 14:21 | Comments(0)
2024 初例会 スナップ短信_d0138130_20190820.jpg
2024 初例会 スナップ短信_d0138130_20181654.jpg
2024 初例会 スナップ短信_d0138130_20184963.jpg
2024 初例会 スナップ短信_d0138130_20183119.jpg
2024 初例会 スナップ短信_d0138130_20190296.jpg
昨日の初例会スナップをあっぷあっぷしながらアップ。 フイルムに像が現れない照生記す。

# by tedukuricamera | 2024-01-14 20:29 | Comments(0)
遅くなりましたが、11月例会のご報告。
順 うろ覚え で掲載させていただきます。

ミモヤンG

10月初旬、東京駅構内などでオトナ向けのカプセルトイを展開するケンエレファントから、コニカミノルタ150周年記念カプセルトイが限定発売され、10月中旬以降から全国展開されています。ちょうど10月12日東京に出張していましたので、すでにソールドアウトしていることはわかりきっていましたが、東京駅構内のケンエレスタンド(カプセルトイ売り場)をのぞいてみたところ、案の定売り切れでした。

そして11月に入り昨日まで東京出張していましたので、今回はそのカプセルトイを購入することができましたのでここで開帳させていただこうと思います。

品川にあるニコンミュージアム、本社機能を創業の地大井町に移転に合わせミュージアムも移転するとか。しばらく行けなくなるのでこちらも行ってきました、アンケートに答えて貰ったコースターです。

2023年11月 好きやねん 大阪カメラ倶楽部第45回例会報告 _d0138130_01592858.jpg

Rose-Thorn

ステレオリアリスト カスタム f2.8/35mm

「レアアガラス」を使用しているレンズで普通のステレオリアリストの2.8/35とは違う。

「レアガラス」とは希元素を用いた希少性の高いレンズです。ですから通常のf2.8のものに比べて10倍程度の価値があります。生産数も少ないようで入手が非常に困難なカメラです。

購入後一度使用しましたが、クリアーかつコントラストがある素晴らしい写真が撮れました。

2023年11月 好きやねん 大阪カメラ倶楽部第45回例会報告 _d0138130_02013816.jpg

MT派氏

議題:思い出カメラ

MinoltaX-570 Rokinon 28mm f2.8 1983  

1981年にミノルタX-700が発売され、すぐ入手しましたが、数年後当時の彼女に差し上げました。と言う思い出がありました。

そして時代が変わって、パンデミック直前、嫁の父親が亡くなり、嫁の母親が遺品整理している内、カメラが出てき、処分しようとしたそうです。

その話を聞き、どんなカメラかを聞いてもわからなかったのですが、まぁ置いといてください、そのうち貰いに行きますから、と言いました。

先日尋ねに行ってカメラを見ると、ミノルタX-570と諸々一式が現れました! 早速電池を入れてテストして見ましたが、完動品かつ素晴らしいコンディションでしたので、大喜びでした!

昔、ミノルタX-700を、妻ではない彼女にやり、今、妻家の遺品でミノルタX-570を貰ったことで、妻ではない彼女を懐かしく思いました!  まさに、これこそ思い出のカメラではないでしょうか!  色んな意味で感無量です!

2023年11月 好きやねん 大阪カメラ倶楽部第45回例会報告 _d0138130_02024090.jpg
2023年11月 好きやねん 大阪カメラ倶楽部第45回例会報告 _d0138130_02024709.jpg

yasu

学生時代憧れのカメラ ニコンF2フォトミックA

ニッコール-O オート 35mmF2Ai改) 鉄リングのレンズの組み合わせ。

これが格好いい。此のレンズにはフードは取りつけない、何故ならレンズ先端前リムの外周ユーチューブなどでニコンF3について熱く語る動画もアップされていますが、電池の助けを必要としないメカニカルシャッターのこの組み合わせのほうが断然いいのだ。わかってないなぁ

ニコンF2フォトミックAの立派な押し出しに対し、こちらはコンパクト活精悍な組み合わせ 

ライカスタンダード ジュピター12 35mmF2.8 Made in USSR 35mmファインダー

このファインダーまるで素透視のようなクリアな視界外連味のないボディこれまた格好いい。

2023年11月 好きやねん 大阪カメラ倶楽部第45回例会報告 _d0138130_02041904.jpg

秀じぃ氏

ニコマートFTn オートニッコール-S 11.2 f=55mm

コンタックス137MA Planar 11.4 f=85mm

キャノンFD 11.8 85mm

お気に入りの、ええのんだけは手元に残し、カメラレンズを処分していっています。

今日持ってきている物も、そのつもりで持ってきています。

2023年11月 好きやねん 大阪カメラ倶楽部第45回例会報告 _d0138130_02051549.jpg

H本氏

面白カメラ、トイカメラの部類のもの2点を持ってきました。

REVOLVER 4連写カメラ

MULTI SHOTTOY CAMERA

ステレオカメラにしか興味がなく、この2台もステレオカメラになる、と手に入れました。

REVOLVERは4眼4連写カメラで24X36のコマに4枚の画像が撮れ、2組のステレオ画像が撮れます。シャッターがロータリー式に4眼を順番に露光しますのでタイムラグがあり、動きのある被写体ではステレオになりません。

MULTI SHOTTOY CAMERAは2眼2連写で1コマに2カット撮影できるのでステレオ写真が1セット撮影できますがこちらも露光に時間差が出来ますので、動きの無いものしかステレオ写真になりません。

2023年11月 好きやねん 大阪カメラ倶楽部第45回例会報告 _d0138130_02065893.jpg

慈照氏

スーパーリアリティー

以前紙焼きを紹介しましたが、そのネガを探し当てたので持参しました。

2023年11月 好きやねん 大阪カメラ倶楽部第45回例会報告 _d0138130_02074069.jpg

K林氏

・キエフ (1949年) ZK2/50

 見つけたときは、飛び上がってしまいました。元箱保証書(パスポート)付きで、裏蓋が完全にコンタックスそのものがついていました。コンタックスの裏蓋はシリアルナンバーがあるのですが、このボディについている裏蓋はシリアルナンバーの記載はありません、つまりキエフとして作られたものになります。

・ロワイエ テレロワ ソム・ベルチオフロール3.5/105

 格安で入手したのですがそれもそのはず、蛇腹がぼろぼろの個体でした。その後同系のジャンク品を入手、その蛇腹を移植して修理完了。珍品です。距離計付き。

・アジラックス アジマ2.8/45付き

このカメラの資料が全く出てこない、謎のカメラです。レンズ交換式になっています。

・パーツいろいろ

以前の手作りカメラ時代の会員であったアワノさんから譲り受けたものなどいろいろ、ニッケルめっきのウェストレベルファインダーはコンタックス①時代のもの。などなど。

2023年11月 好きやねん 大阪カメラ倶楽部第45回例会報告 _d0138130_02083478.jpg
2023年11月 好きやねん 大阪カメラ倶楽部第45回例会報告 _d0138130_02084028.jpg
次回開催は2024年1月


タイトルのHネームを間違えました、正しくはSH−Kです。久しぶりの投稿だったため、どうかご容赦を!