人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 3月、ようやく春の兆しも感じられる陽気になりました。
先月見学で参加されたH氏も晴れて会員に加わっていただきました、これは春から縁起が良い。

 例会の発表に移りましょう、司会はMT派氏です。
d0138130_17170068.jpg

慈照氏

 私今回2月例会にて4×5カットフィルムを入手しました。

FUJICOLOR PROFFESSIONAL 160/NSです。

d0138130_17181625.jpg

 フィルム現像は手練の簡易二浴式タンク現像これはどういうものかと申しますと通常三浴式の最後のプロセスをひょいと抜いたものです。

35フィルムでは二浴式では薄ぼんやりとした像が得られるのですが4×5のような大きなシートフィルムではいいネガが得られるというのが発見です。

コダックRA-4、コダックロイヤルを用いプリントしました。

 ベタ焼きはラッキー エンラージャ―V-70ですのでカラー調整でき色はちゃんと出ます。

引き伸ばしについてはラッキー130M モノクロ用ですので色補正機能がなく、このあたりの対策機材をあがなうべく探索に日夜奮闘中です。

撮影、現像、焼き付け、これらは何とも楽しいひと時ですね。

撮影 静物 RittreckView FUJINON 50/4.5

      SHANEL-5B-S

風景 Linhof  TECHNIKA  TECHNIKA SUPER

   Anguron 90/8 SYNCRO COMPUR

フィルム現像 簡易二浴式タンク現像

カラープリント Kodak RA-4 互換 Kodak Royal

べた焼き  LUCKYENLARGER V-70

      FUJINONEX 2.8/50

光源    Luckyhalogen Lanp 12V/100W

引き伸ばし LUCKY130M

      RodenStock Ysalon 135/4

光源    東芝引き伸ばし用電球

100V/150W


MT派氏

d0138130_17200089.jpg

ソニー サイバーショットDSC T7 20053月当時の高級カメラ

世界最薄 9.8mm 510万画素 1.1秒で起動。

レンズの出ない3倍光学ズーム カールツァイス バリオテッサー搭載

気に入って使ってました。

続いてソニーアルファ7R

2015年にこのカメラが発売されてから、世界中でオールドレンズが高騰。

今年、新しくカメラ、レンズを新たに買わないと宣言していたのですが、私ゲルツ ダゴール菌に感染し発病、ダゴール60mmf6.8を入手しました。  ゲルツアメリカ製と思われます。

ソニーアルファ7に取り付けています、このレンズ、くもり、バルサム切れ等ありますが、写してみるとレンズの暗さ以外欠点がない。あまりのすばらしさに、手持ちのレンズをすべて処分しなくてはならないかと思ってしまうほどです。

コーティングなしのためフードは必須、フィルムケースからフードとキャップを自作しました。

d0138130_17200363.jpg

ミモヤン グレビッチ

 ライカⅢcを持参しました、というのはオリンパスOM-1がライカⅢcと同じボディサイズというのは有名な話ですが、設計者の米谷氏はライカを意識したのではなく一眼レフを使いやすいサイズに削り落としたところ偶然一致したというコメントを残していますが、米谷氏はアマチュアカメラマンとしてライカを愛用していた事実から、意識していないというのは氏一流のコメントかと。

で、そのライカにスマホを重ねてみると、幅、高さがほぼ同じ!と気づいたので皆さんにお見せしようと、ほれ、この通り。だからと言ってスマホで写真が撮りやすいということとは一致しません。

タロン2型をMT派氏にお見せするのに、初代のタロン35、タロンMXの3台を持参しました。初代の35は富岡ローザ―が装着されており、2型になるとレンズ名がタムロンとなり、MXになるとタロナーf1.9/45ミリとなりまするのですが、間にタムロンが挟まっていることを考えるとタロナー名のレンズは富岡ではないと考察します。

d0138130_17212860.jpg

新加入! H

 Sony DSC U-5050mm2.8)を持参しました。電池はあるのですが画像が出てこないので故障してしまっているようです。使っていた当時はそこそこ使える画素であり、気に入って使っていたので、できれば修理して使えるようにしたいと思っているのですが。。。

2003年発売 ハイブリッド1.0型モニター液晶画面

レンズ120°上下可変タイプ

記録媒体 メモリースティックデュオ

静止画2.5X 5Xに拡大可

200万画素

3年ほど前に売り出されていた

ニコン Key Mission 80

レンズが前面と背面に装着されています。

コンパクトで撥水防水機能、雨の日でも使えるのが面白いと購入したものです。

カメラ1 1235万画素 66

カメラ2 492万画素 44枚ニッコールレンズ

カメラ1 1/2.3型CMOS 4.5mm(26mm相当)f2

カメラ2 1/5型CMOS 1.8mm(22mm相当)f2.2

カメラ1 10cm~∞

カメラ2 35cm~∞

画像モニター 1.7型FET(タッチパネル)23万ドット

d0138130_17222937.jpg

yasu氏

d0138130_17233668.jpg

 XEROXブランド唯一のデジタルカメラ

1997年発売 Fuji Xerox XD530

130万画素

PCカードメモリ使用

液晶なし

 PROユースとして販売されたFujifilmDS300OEM

今井商店で本体のみ購入

ボディは加水分解でねちゃねちゃ、ネームプレートを残してきれいに清掃。

どうしても使用したくてバッテリーとチャージャーを入手するのに数か月

愛社精神のイコンとして、動態保存で飾るのみ。

愛機として使用するデジカメとして入手したリコーGRⅡ。これがじつによく写る。                                           ワイドコンバージョンとテレコンバージョンのレンズを手に入れ、今日また今井商店でストラップ(三脚穴利用タイプ)を購入。

ワイドコンバージョン装着で21ミリ相当、テレコンバージョン装着で40ミリ相当になります。デジタルカメラで21ミリ相当の画角が写し込めるのがとても気に入っています。

d0138130_17234186.jpg

K林氏

d0138130_17262430.jpg

先月分のお題カメラ二眼レフ、先月は法事で参加できなかったので。

〇ツェカフレックス ドイツ

珍しいカメラではありますが使いづらいこと。ツェカゴルディというカメラにファインダーをのっけたカメラ。蛇腹でたためるものの、それほどコンパクトにはならない。

〇ミニコード ゲルツ オーストリア

二眼レフでは一番小さい部類、シャッター音がすこぶる小さいのが特徴。

〇フジカミニ フジナーK f2.8 25mm

当クラブ開催会場のある写真会館内のカメラ店にてジャンク箱に沈んでいたものをサルベージ、不動ボディは当たりありでしたが見事復活。かわいいカメラです。


〇マミヤEE マミヤコミナーf2.8/40mm

メーターも調子よく、ファインダーに傑作な仕掛けがあるカメラです。

逆算式のカウンターがゼロになると、ファインダー中央に[END]の文字が浮かび上がる。まるで映画の終幕のよう。

 この機構には皆さん盛り上がり、会員の中には“これは撮る意欲がわきますね、バシバシ撮って和了!の声も。

シャッター

ゲルツの表記があり、どうやら専用のレリーズがある様子。作動させてみるとシャッターブレードが絞り羽根を兼ねている。

〇Sem Kim クロスアナスティグマットf2.9/45mm

35mmフィルム仕様のとてもコンパクトなカメラ、レンズのくもりでジャンク箱にあったものを回収。

6月も用事で来れないので。6月のテーマ大判カメラの発表。?気の早い。 

〇MPP 4×5テクニカルカメラ レイ ワイドアナスティグマットf6.3/89mm

マイクロフレックスなどを作ったMPP社が最初に作成したカメラらしい。

資料が少なく、ネットで検索してもほとんど出てこない。わずかに1948年から製造されMkⅠからMkⅢまであるということぐらい。専用のロールホルダーも2個ついている。

連動の距離計もついているが、この個体のレンズには対応していない、その上完全にずれているので要調整。全体的に手作業で部品を仕上げているようで面取りも不完全で手が痛い。

そしてその重量たるや。。。

d0138130_17263129.jpg

PPMじゃないのね。。。

オモカメ王国 国王3ちゃん氏

d0138130_17282126.jpg

〇ヤシカEZ おもちゃデジカメ2009年発売 エグゼモード

 ヤシカブランドを購入した香港のメーカーから発売されたトイデジカメ

いろいろ面白い撮影モードがあります。

〇フジックス デジタルカードカメラ DS505A 

フジ ニコンネーム入り初期大型デジタル一眼レフ

プロユースのデジタルカメラ、ボディはニコンデジタル部はフジの技術でしょうか。

中古カメラ位置でミノルタのこれとよく似た業務用デジタル一眼を中古カメラ市の企画の競り市に出したところ、業者の仲間はとても売れないだろうという中、8万円ほどで売れました。

フジフィルム製ライカネーム入り 〇ライカ デジルックス ズーム 

ライカ赤丸マークが気に入って持っています

〇SQ8 世界最小デジカメ

使いこなしが大変?

d0138130_17324056.jpg


HI氏

ソニーα7Ⅱ 京セラコンタックス 

1がデザインっも好きで、レンズが好きでプラナー2本に始まりビオゴン、ゾナーと集まる、そのレンズ群を使用するために購入。AFスピードが遅いぐらいで気に入って映していました。

そのツァイス群のレンズを活用するためにソニーα7を購入しました。

マウントアダプターにも2種類あり、アダプターがヘリコイドになっているものは使いやすい。アダプターにダイアルがありそれを操作しレンズ側のヘリコイドを操作するタイプのものは使いにくい。


SH-K氏

持参カメラ 

〇リコーCX3 20102月発売

28-300ミリ(35ミリ換算)10.7倍光学ズーム1000万画素1cmマクロ

暗い被写体に強い!が売り、ダイナミックレンジダブルショットで、露出の異なる2枚の静止画を撮りそれぞれの適正露出を合成、白飛びやつぶれを抑制!

CX3は自宅に置き、後継機種のCX5は会社に置いています。以前はカシオの900万画素を使っていましたが、今はこちらを愛用、次のCX6も気になっている。

〇ペンタックスQ10 小さくてカラフルで、面白レンズもそろっている。世界最小クラスデジタル一眼センサーが小さいので35ミリ換算で5倍の焦点距離になる。ヤマダ電機のチラシで見て買いに走る。安い魚眼レンズが購入の動機です。

d0138130_17330686.jpg

N波氏

d0138130_17343755.jpg

 ルミックスGF-1、友人からボディだけをもらいました。

レンズがないので、レンズはマウント変換アダプタ―の組み合わせで

ライカM、オリンパスペンF、コンタックスG、ニコンFCマウント用

を購入し使用しています。古い機種なので、ピント合わせが難しい。

この中でよく使ったのがペンF用レンズ、マイクロフォーサーズでは焦点距離が倍になるので、ニコンFでは長くなるので使いづらい。

d0138130_17344280.jpg

H本氏

d0138130_17355161.jpg

 ステレオ写真で、ポジフィルムがメインです。今日はデジタルというので

オリンパス E-PL3×2台接続ステレオカメラ改造品を持参しました。

リモコンスイッチ2個を接続しダブルトリガーに改造、ステレオ作品作成に使用していました。

 電子ビューファインダーをつけると電池の持ちが半減します。

カメラの取説がないと、途中でトラブルが発生すると往生します。この間は眼鏡を忘れたので説明書が読めず苦労しました。

 立体視するのは、目の幅が限界ですので、プリントはあまり大きくしませんので画素数の多寡は気になりません。

d0138130_17371323.jpg

ひでじぃ

d0138130_17381690.jpg

 ラピタの付録の写ルンですカメラケース

これにデジカメを仕込んでみようかと大きさの程よいものを物色中です。

この後、今井カメラから、金属製のライカA型の写ルンですカメラケースが出てきました。

〇モスコー2

スーパーイコンタのそっくりさん、インダスター23 4.5/11cm。完動品です。

1度だけ写しましたが今一の写りだった記憶です。

 

d0138130_17382023.jpg

カメラうんちく

栗林製作所のスピードレフ 大正10年ごろ(15年の記述もありました)木製大型一眼レフ、のちのペトリは歴史が古いカメラメーカー。

イギリスなどの外国製に比べ木の材質が悪いのか、残っている台数が少ない。

材質の悪さからボディにひずみが発生している。残っている台数も少ない。せっかくシャッターを修理してもうまく走らないことが多々ある、ボディのゆがみのせいでシャッター幕がタケノコ状になり、うまく走らなくなり修理に苦労する。


3月例会はこれにて
d0138130_17411624.jpg
マミヤ35EEファインダーより。