人気ブログランキング |

<   2013年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Jackです。明日の発表にカメラを持って行くべきか悩んでます...なので事前発表。Nishiさん投稿かぶってごめんなさい~


さて2年前、ばけぺんことペンタックス6x7を2台担いで山に登って以来、ハッセルに興味が移ってしまったためにばけぺんではステレオ写真は撮っていませんでした。それがハッセルが2台、プラナー80mmが2本になったので「これはもう撮るしかない!」と再開したのでありました。

3D photos

今回は6x6フォーマットなので、市販のマウントも使えます。と言ってもホルガのプラマウントはなかなか売ってない上にガタガタで、ポジフィルムが落ちてきます。かといって6x7の時のようにいちいち厚紙で作るのも面倒くさいし...

そこで市販のスライド用マウントを買ってきてみたところ、2枚貼り合わせでちょうど幅ピッタリになることを発見。高さがちょっとずれるもののなんとか立体に見えるのでこれを使うことにしました。

3D photos

左下がプラマウント、上2つが厚紙ではさんだ6x7ポジ、右下がスライドマウント二枚はさみの6x6ポジです。N口さんに頂いたビューワーで見ます。

ところが最近、iPhone用のビューワーが発売されました。これは3D動画用で、Youtubeなどでサイドバイサイド形式のものをダラ見する用みたいです。画面に触れないため静止画ではスライドショーにする必要があります。

3D photos on iPhone

そこで左上のようなワキの空いたビューワーを作ってみました。レンズは百均で売っていたオモチャの双眼鏡の対物レンズ。裏返すと歪曲もなく70mmぐらいのところでピントが合います。しかしiPhoneの画面のサイズに合わせて切ってしまったため、いざ覗こうとすると目の幅に合っていないことが発覚!ま、試作品ですのでいいんですけど...

しかもiPadで見ようとするとぜんぜんピントが合いません。こちらは結局前に使ったアナグリフ・メーカーで赤青メガネを使ってみるイメージに変換した方が見やすいようです。

Anagryph #2


とまあ、こんな楽しいことをやっている発表がいろいろとありますので、興味ある方はぜひ見学にいらして下さい!
nishiです。
ラピッドフイルムの質問が有ったので、もうひとネタ。

写真のカメラはこの間○井商店さんで手に入れたアンスコメモです。
アンンスコメモ_d0138130_22385140.jpg

80年以上前に作られた木製のカメラです。
以前から欲しく探していたカメラだったので早速分解掃除をしました。
アンンスコメモ_d0138130_22391895.jpg

アンンスコメモ_d0138130_2240263.jpg

シャッターの分解掃除と、長年の手あかなども掃除したら見違えるほどになりました。
アンンスコメモ_d0138130_22402234.jpg

ソフトケースはさすがにボロボロなので作り直そうと採寸して型紙をおこしました。
もちろんこのカメラもラピッドフィルムです。
アンンスコメモ_d0138130_22411794.jpg

ラピッドフイルムは135フイルムと同じです。
パーフォレーションに後ろに有る巻き上げの爪で引っ掛けてコマ送りします。
Nishiです。
ちょっと修理ネタで投稿します。

1960年代初頭に東ドイツが製造したハーフ版カメラ「ペンティーⅡ型」です。
レンズは3枚玉です。

ジャンクで購入。全くシャッターが動かずレンズも曇ってました。

レンズのみデジタル用に改造して使おうかと思ったのですが
結構きれいな個体だったので修理する事に・・・

レンズを外してシャッターを取り出し油で固まっていたシャッター羽根を掃除したら
完動品になりました。

なんとセレンは生きていてなんとか露出計も使えます。
レンズもクリーニングをして終了です。

ついでに欠けていた絞りのレバーもプラから削り出して作りました。
実は黒も持っているので白と黒の2台になりました。

ただ、このカメラのフィルムは「ラピッドフィルム」なので
撮影する為には専用カートリッジが必要です。
カートリッジに入っている中身のフィルムは、35mmフィルムと全く同じタイプなので、
使おうと思えば、ダークバックの中でフィルムをカートリッジに入れ替えれば使えます。
ペンティーII_d0138130_18472858.jpg
ペンティーII_d0138130_18495895.jpg
ペンティーII_d0138130_18502762.jpg
ペンティーII_d0138130_1851455.jpg

erg 製の雲台_d0138130_23303060.jpg
erg 製の雲台_d0138130_23304645.jpg
erg 製の雲台_d0138130_23311280.jpg
erg 製の雲台_d0138130_23312555.jpg
erg 製の雲台_d0138130_23314333.jpg


またまた登場の、予報官 Y です。
何年か前の例会で発表したことがあるかもしれませんが、erg社製の雲台です。
正確には「erg・Model F」といい、耐荷重 3kg の最も小型のモデルで「受注生産品」です。
とはいってもほとんどの方はご存じないと思いますが、私も購入した当時はこの品物につきましては、全然知識はなかったのです。
しかし、あまりの精密感・材質/工作精度の良さに惹かれて衝動的に購入いたしました、ただし購入価格は秘密です。
おおざっぱな計測では高さは95mm、横幅の最も長いところで120mm、重さは650gもあります。

あるURLから引用すると、
発売元は共同写真要品さん、現在は製造中止で入手不可能。
更に、設計者は富所氏、製造元は宮城県の株式会社松栄工機さんであるところまでは分かった。

各パーツの精度は素晴らしく、「くぃっ」とひねって止まればそこで固定されてしまう。
つまり余分な力でねじ込むのではなく、なんでも「面」で押さえるシステムと工作精度(2/100 ミリ)を誇っているのだそうである。

また、材質にもとことん拘り、主要部品は「超々ジュラルミン」の削り出しにハード・アルマイト仕上、またボルト、ナットもステンレス合金を使っている。
文句を言うとすれば、工作精度及び材質が「良い」のは手に取っただけで分かるが、実際の 3 Way 或いは 4 Way 雲台として考えるとその可動量が幾分少なく、自由自在に動かせるとは言い難いところである。

この雲台今や幻となってきているようで、飾っておくだけでもすばらしいオブジェですし、少しさわればもう心が吸い込まれるような作りとなっています。
このため、あまりに恐れ多くて未だに実使用した経験があるません・・・・・・こういうものは木村伊兵衛氏のライカフレックスⅠ型のごとく飾って置くだけでその価値は十二分にあると思っています。
最近は、このような日本の精密な工作物が全般に少なくなってきているように思えてなりません。
なぜか今、引き伸ばし器用レンズ_d0138130_21392585.jpg
なぜか今、引き伸ばし器用レンズ_d0138130_21394385.jpg

なぜか今、引き伸ばし器用レンズ_d0138130_2220364.jpg

予報官 Y です。
ちょっと話題をを変えまして・・・EL-NIKKORにつきまして。
写真に写っているのは、なぜか知らぬ間に集まった「EL-NIKKOR」つまりニコン製の引き伸ばし器用のレンズです、「元箱入り・純正プラケース付き・純正シリカゲル付き(笑)の美品」となるとなぜか買ってしまうのです(もう暗室も引き伸ばし器もないのに・・・・)。
左から新型50mm・旧型50mm・63mm・75mm・ついでにフジナー75mmです。
取り付け部分は当然ライカマウントですから口径39mmのねじ込み式です。

ちょい話変わって、少しややこしい理論ですが、
ライカのフレンジバックは約28.8mmということは、マウント面からフィルム面までの距離が28.8mmあるということです。
つまりライカのボディに50mm標準レンズを取り付けた場合、レンズの主点(仮想の薄い凸レンズの中心)から焦点までの距離が公称50mm(ライカの場合、実際の設計焦点距離は51.6mm)であるということになります。
さらにレンズ側について考えると、マウント面から中心部へ22.8mm入ったところ(51.6-28.8=22.8)がそのレンズの主点ということになります。
一眼レフの場合、大きなミラーボックスがあるので、フレンジバックはニコンで46.5mmとかなり長く、そのため標準レンズといえどもレトロフォーカスの設計思想が入っていることになります。

ところでこれらの「引き伸ばしレンズ」を実際に自宅で実験したところ、マウント面から焦点面までの実測値(ええ加減ですが、蛍光灯の実像&物差しによる目測で・・・)以下のようになりました。
新50mm=45mm・旧50mm=48mm・63mm=63mm・75mm=70mm・フジナー75mm=73mmとなりました。
つまり引き伸ばしレンズの場合は、表示焦点距離とマウント面から焦点までの距離がだいたい同じということで、正確にはライカマウント言うのはいかがなものかなあと・・・まあ習慣上そうなっているのでしょう。
仮にニコンボディに引き伸ばし用50ミリレンズを取り付けたなら、ほぼフレンジバックとイコールなので、間にアダプターなどを挟むとどうしても接写専用になります。
しかし、ライカのビゾ用レンズなら、何とかいけるのではないかと思いますが、ちなみにビゾフレックスⅡ・・Ⅲの場合は、69mmなのです。
そこでよからぬ考えが・・・・・続きは例会にて。
by tedukuricamera | 2013-03-02 21:51 | 情報 | Comments(1)
健康ソフトの2回目・・・・・・PUSH-PULL_d0138130_13284481.jpg
びっくらレンズ
45ミリに続き今日は健康 MC SOFT 85/2.5のお話、これも機関車さんから借りたレンズで私のブログと内容は重複しておりますがあしからず

このソフトレンズは45ミリの時もそうですが光により異常に反応いたします、逆光の川面の写真が物の見事にゴースト一杯のアート写真に、言われなければ何の写真なのか判らないぐらいです

健康ソフトの2回目・・・・・・PUSH-PULL_d0138130_13312015.jpg左のレンズを見て判るようにこの85ミリレンズには距離表示がありません、目測でピントを合わすことが出来ないのです、ミラーレス勘定で行くと約120ミリで手持ちでは大変、開放で撮るとNEXの液晶のモニターではソフトすぎて判りづらいのです、まして私は近眼でうつむくと下げた眼鏡がまた上がって参ります

絞ってからピントを合わせてから開放でシャッター、最近知ったばかりなのですがNEXのフォーカスモードをマニュアルにすると液晶のモニター画面でピントのあったところがハレーションを起こし判りやすい、すると上のようなおもろい写真ができあがりました

しかし被写体のコントラストが弱いと、ピントが合っていても滲んだSoftな絵ができあがります、上の写真と下の写真が同じ開放2.5で写したと思えないほどですが、絞ると普通のレンズのようにはっきりくっきり描写できます
健康ソフトの2回目・・・・・・PUSH-PULL_d0138130_13315828.jpg

by tedukuricamera | 2013-03-01 13:36 | 写真 | Comments(1)