<   2009年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

d0138130_10331388.jpg
私の持っているレンズシャッターのワイド専用機は 写真のオリンパスワイドスーパーです。レンズはH・ズイコー 35ミリF 2.0の明るいものです。今調べてみましたらシャッターも完動で ファインダーも綺麗でレンジファインダーもしっかりしています。なにより明るいプライトフレームが見やすいのです。 プーア・カルティエ・ブレッソン気取りで 黒塗りライカならぬ 黒塗りオリンパスとなりました。いつごろ買ったのかは覚えていませんが こんなことをしたんですから随分若い頃だったと思います。よく写りましたね。 裏蓋をあけたらポロリと黒い紐が外れてきました。裏蓋の光線防ぎにはモルトプレーンではなく繊維だったんです。ボロボロになることがないのでこちらの方が正解でしょう。

白髭。
[PR]

d0138130_8385593.jpg

リコー ワイド
35mmレンズシャッター
撮影レンズ短焦点化を意識して35mmレンズを開発して取り付けた、35mmはこの頃の基準としては「ワイド」レンズ。ボディが小さく、鏡胴の出っ張りが少ないので大変バランスの良いカメラになった。

発売年月
1960年
フィルムシステム 35mmパトローネ入りフィルム(135)
画面サイズ 24×36mm
レンズ リコーSコミナー 35mm F2.4 4群5枚構成(日東光学製)
フォーカス 距離計連動 ヘリコイド
シャッター
セイコーシャ MXL   B ・ 1 - 1/500
特徴 採光式フレームファインダー。コンパクトボディ
大きさ 巾 126mm 高さ 81mm 奥行き 57mm
質量 550g
価格 12,800円ケースつき
見分けかた 横長の採光式ファインダー。小型のボディ、裏蓋開閉式、レバー巻上げ。

 レンズ構成図
 リコーSコミナー 35mm F2.4
ミモちゃんから発表された「リコーワイド」はキューちゃんにとっては本当に懐かしいカメラです。
オリンパスワイドが始めてボデー付きのワイドレンズ「オリンパスワイド」からスーパーワイドやミノルタオートワイド、ワルツワイド、ウェルミーワイド、カロワイドほか、35ミリレンズでは殆どがF3.5か2.8だったのに対して、このリコーワイドはF2.4の明るいレンズが付けられて発売されました。
中には35ミリF2.0付きもありましたが、高価なものでしたので、F2.4のコミナーレンズに惚れて当時はこのカメラを主に撮影をしていました。コミナーレンズは他にワルツワイドにも付けられていました。兎に角良く写るレンズでしたね。 キューちゃんです。

 
d0138130_8591380.gif

[PR]
ライカR3とR4の相違
先ずジャンク値で購入した、ライカR3とR4とのボデーについて。もう大分以前のこと、ライカR4のボデーをジャンク値「3.000円」で購入してありましたが、綺麗なボデーに比べてシャツターが不調のため、飾りとして箪笥の奥に眠らせていたのです。

つい最近のことですが、あるカメラ店でライカR3のボデーをこれもジャンク品として7.000円で購入しましたが、シャツターは完全、オート撮影も出来ますが、レンズマウントにレンズのストッパーが取り外してあり、レンズを取り付けるとヘリコイドを動かしているときに、少し無理をすればレンズが動いて外れそうになります。

そこでライカR4のジャンクからマウントストッパーを取り外してR3に取り付けるべく作業に掛かりました。他の部分は別として、ストッパーは簡単に交換できるものと安易に考えていました。

ところが、R4のストッパーとR3のストッパーは形は全く同じですが、取り付け部分と、スプリングや心棒に大きな差が有ることに気が゛付き、マウントをネジで締め付けると、全く動かなくなりました。でもどうしてもやるんだとの意気が盛り上がり、結局は心棒の長さを少し短くカットし、スプリングも半分ほど切り取り、約2時間もかけて完成しました。

同じライカのボデーでも、形や年代の違いでは大きな差が有ることが判りましたが、判明した相違について簡単に報告いたします。

1. 大きさの違い 2. シャツターダイヤルの違い 3. オート撮影の違い 4. マニュアル操作の違い 5. 捲き戻しレバーの違い 6. セルフタイマーの違い 7. シンクロ接点の違い等々細かいところまでは判りませんが、ざっと見ても以上の通りです。

ライカR3の写真とR4の写真
d0138130_17583826.jpg
 
ライカR4の写真
d0138130_1803466.jpg

ライカR3の写真
d0138130_186521.jpg

[PR]
バルナツクライカはドライバー1本あれば解体できるがM3は手強いです。
フレームレバーをはずすにも2本の専用工具が必要です。工具を作りながら
進むのも楽しいものです。  梶でした
d0138130_13301181.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2009-02-09 13:30 | Comments(4)
ライカR4ジャンクカメラの復活です。
中古カメラ祭りで、ライカR4のボデーを3.000円で購入しましたが、もちろんジャンク承知の上でのことでした。でも、ボデーは綺麗でしたが、電池を入れてシャツターをオートにして切りましたが、シャツターが開いたままで駄目、またマニュアルの1秒~1000分の1も同じ状態でした。
そこで、XとBと100分の1にして見たらナント動きました。\(^o^)/。
しかし、良く考えて見ると、ライカR用のレンズがありませんので、富士の引伸しレンズが50ミリと75ミリそして105ミリの3本のレンズがありましたので、このレンズを使って撮影出来るようにすることにしました。
105ミリレンズを付けた写真
d0138130_1431326.jpg

引伸しレンズを付けるためには、先ずライカR用のジャンクレンズから取り外したマウントを利用して、ヤシカコンタックスのボデーマウントにビスで取り付け、M42に変換するアダプターによりペンタックスのヘリコイドと中間リングを組み合わせ、無限位置の調整を行いました。
d0138130_14362860.jpg

105ミリは無限から1.5mまでの撮影が出来ますので、シャツター優先のマニュアル露出を100分の1秒で行います。また、75ミリレンズを付けると、20cmまでのマクロ撮影が出来ます。50ミリレンズを付けると、ナント等倍までのマクロ撮影が可能となりますので、Xを使ってのストロボ撮影が可能となります。
マウント部分の写真です。
d0138130_14543335.jpg

以上 キューちゃんからです。\(^o^)/
[PR]
d0138130_9183580.jpg
d0138130_9184857.jpg
バルナック型
先月の手作りカメラの会で今月の例会までに今までの手作りか何か発表、なんて課題が与えられてしまったのだ

長い間会に参加はしているもののほとんど手作り作品らしいものを持って行ったことはない、早い話がみんなの話を聞きにいっているのと例会後の飲み会が楽しみでもあるのだが、そうも言っておられない(笑)

で、昔々のネタを思い出した、バルナック型ライカを1台だけ持っている、と言うか一番最初に手にしたライカが3C改F、と書いたもののカメラの何処にも書かれていないわけで、カメラの微細な形と製造番号から判断するのだが、ライカ通は見た瞬間に機種名が判るらしい

50年以上も前のカメラなのだが、始めて手にしたとき感動したもののどうもピント合わせが上手く行かない、眼鏡をかけているためかそれでなくても狭いファインダーがより狭くなるのと、ピント用のファインダーは倍率が高いためより狭い

その狭い中の2重画像が合うようにレンズ付け根のレバーを回転させるのだが、被写体によっては2重画像のズレがよく判らないのだ、そこで考えたのは二重画像の片方に色を付ければ見やすくなるのでは、丸く切り抜いたゼラチンをファインダーの前にはめ込んだら結構見やすくなったのだ、素人の発想でマニアの方は度外視してくださいな(笑)

再び例会に小型円形フィルターを持参すべくゼラチン探し、ヨドバシまでチャリで出かけたが思いの外ゼラチンは高い、背に腹は変えられぬので一番安い75ミリ角のゼラチンをレジに持って行くと先客がありしばらく待機、ふと後ろを振り返るとレジのすぐ前に照明用のカラーシートがあ〜!

「黄色ください」「何番ですか?」判るはずがないのだ
そう言えば昔お芝居の演出をしていた頃、京都会館の照明係の人と何も判らぬ私がカラーナンバーのやりとりしたのを思い出した、サンプル帳で決め購入、一杯作ったので次の例会に持って行きます
[PR]
花は蕾みが最高ですね。\(^o^)/
2月2日の朝 テレビの天気予報を見ていると、「本日は快晴」とのことでした。

昨夜、あるテレビ局の報道で、梅の花は今や満開の季節となりましたとのことでしたので、いつもより早く起き出して、今日の天気予報を心待ちしていました。

やはり予報どおりの快晴\(^o^)/。よーし&&&今日こそは梅の花を撮影したいんだと心に決めて、カメラ2台???をバックに入れて、意気揚々と車中の人となったんであります。

雲ひとつ無い青空と、風一つ無い、穏やかな天候に恵まれ、さぞ綺麗な梅の花が撮影できるものと、心弾ませながら、大阪城公園の梅林に到着しました。

えーっ"""""何処を見ても花のようなものは見当たりません。まるで枯れ葉の落ちた後の秋の
景色が目の前に広がったのであります。

でも何処かに梅の花が咲いているのではと思い、梅林の奥の方に進んで行くと、有りましたありました。早咲きの梅というのでしょうか、極数本の木には蕾みが開いて見えたのであります。

人間に例えて言えば、花は蕾みのうちが最高だとか?。これは可愛い女性のことでしょうね。?

写真見て下さいね。

d0138130_20135826.jpg


d0138130_2014229.jpg


d0138130_20143846.jpg


d0138130_20145393.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2009-02-02 20:17 | 写真 | Comments(3)