人気ブログランキング |

<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

タロン35です、はい。
このカメラは、ひげの秀じぃ様から頂戴しました。頂戴したと思っているだけかも、勘違い?
頂戴してから、棚の中にしばらく眠っていました。
d0138130_2055948.jpg

                   (高麗橋の高速の下、だったはず、、、)


昨年末(気の長い話です)、一人冬の夜長にごそごそと蠢いておりました時、
このカメラを手に取りまして、矯めつ眇めつは毎度のこと。
記憶ではシャッタ-が粘って修理しなきゃと思っていたのですが意外や意外、
快調にシャッターは動きます。

こりゃ、このままで撮影できそうだと、バルブでレンズを覗き込みますと、ちょいとカビさんがいらっしゃるでは無いですか。

銀色に輝くレンズの前枠を「ぐい」と手でねじってみれば、
アラ嬉し、簡単に開いてくれましてお掃除完了。

で、なぜか撮影し始めたのは、梅雨の半ばごろ。ほんとに気の長い話です
メーカーはNKKシャッターでおなじみの日本光測器、レンズはローザー45ミリF2.8トミオカ製です。
トリ・ローザーなんていうレンズを、2眼レフなんかで見かけます。TRIというからには3枚玉のトリプレットは間違いないのでしょうが、
トリの付いていない、このローザーも3枚なんでしょうかねぇ
d0138130_206489.jpg

                    (車の助手席です)


綺麗なメタルキャップ(お宝ダァー003.gif)が付いていましたが
持ち歩けば、なくなってしまうこと請け合いなので、付けずに 
でも何か保護するのに良いのは無いかと物色すると
ちょうど径の合う、ミノルタのレンズフードを発見、装着しました
d0138130_208912.jpg

                     (お昼休み、郵便局までお散歩)


このフードでは、ケカラレが出るかと心配していましたが、
元会員のT氏と会ったときに見せて、ケラレはどうだろう?と聞くと
「カメラより価値のあるフード着けてんじゃないよ」と指摘されました(ホントかな?)
件のフードはスーパーロッコール用のフードだったようで、焦点距離は45ミリと同じだから
ベストフィット~(^^)~
d0138130_20124769.jpg

                      (結構降っていました)


さて、取り立ててイベントも無いのでパチャパチャと撮って来ました
d0138130_2015313.jpg

レンズシャッターは音が静かですから、会議中にも気づかれません
d0138130_20164411.jpg

d0138130_2017076.jpg

                       (仕事していないわけではありませんよ、、、、)



あまり絞らずに写しているのですが、予想以上にしっかり写ってくれました
フィルムを出した後で、裏蓋を開け、空シャッターを切っていましたら、
速度の変化があんまり無い様に見えたんですけど、よく写ったもんだ
不思議だなぁ???
ミモパワーOM1
手作りカメラのブログであるにもかかわらず、手作りで無いものばかりなのが
ちょっとだけ心苦しい今日この頃、みなさま暑い中いかがお過ごしですか?
MENTENIN様、お怪我をなさったとか、一刻も早い復帰を願っております。

さて、カテゴリに悩みます。「写真」とするには、ネタの力不足、
クラシックカメラにするには、そんなに古くない。

でも、デジカメを基点とすれば、フィルムカメラはすでに1時代まえのシステムですから
クラシックということで御容赦のほどを、、、

例会でAX-1をお供にし、ゴニョゴニョと判ったような判らんようなことを言っていましたが
要は、このカメラ、写真に本格的に目覚め(適当に慣れ親しんでいた)頃
近くにあったカメラの紹介されていた本を見て、こーんなカメラがあるんだ~と
眺めていたものです
d0138130_10131278.jpg

(AX-1とAX-3、フードはペンタックス28ミリ用)
フジカAXシリーズの一眼レフは、AX-1,AX-3、AX-5の3機種があり、
すべて電磁シャッターで、フジカAXマウントというバヨネットマウント
1は絞り優先オート、3は絞り優先オートアンドマニュアル、 
5はシャッター、絞り両優先オートアンドプログラムアンドマニュアルの
ミノルタXD、キャノンA-1、マミヤZE-Xと同じフルオート式のフラッグシップ機
d0138130_18314511.jpg

d0138130_1832238.jpg

(AX-1+28ミリF3.5)
当時、やっと買ってもらうことになった中古の一眼レフは、何台かの候補の中で値段の関係でAE機という選択は出来ず
選んだのはOM-1、この選択は、今になってみれば、よい選択であったと思えますが
若かりし当時には、AEのスペックがうらやましくムック本?を眺めてたんですね。
d0138130_18343551.jpg

(AX-1+50ミリF1.9)
AF一眼が出揃い始めた頃、ジャンク箱の中にAX-1が入れられていました
やがてちょこっとづつレンズもそろいだし(無理して探し出し?)ました、、、、、


写真は、例会に行くまでに撮影していました。
d0138130_18352741.jpg

(28ミリF3.5)
d0138130_18363028.jpg

(T名人って、マトリックスに出てきそうな感じがするのは私だけ?)
僕としてはオートアンドマニュアル機をマニュアルで使うのが通だと。

近頃は楽(露出補正)を覚えてオート一辺倒ではありながら
やはりAX-3が好みなんだけど、このAX-3は少しアルツハイマーになっていまして、
長い間お蔵入りさせていました。

先日、目覚めよAX-3(フランチェン)~なんて電池を入れましたら、
結構まともな反応。期待してフィルムをつめましたが結果は、、、、、、
d0138130_18374025.jpg

(AX-3+50ミリF1.9 露出がちょこっとおかしい?河内の田舎町で)
ここは名誉挽回にAX-1に登板を願ったという次第です。

AXシリーズはプラスティックの外装ということも有り、軽量コンパクト
シャッターレリーズ音がパッキーンなんて甲高い音はマイナスですが
ピントグラスも明るく切れがよく使いやすいカメラではあります
アルツハイマーにならなければ、、、
 
電気カメラは、さていつまで楽しむことが出来ますやら。
今のうちに楽しまないとね
ミモパワーOM1
ミモパワーOM1です

自宅のパソコンが復旧いたしましたので、復帰記念に旧作ではありますが
ライツ テリート200ミリ F4.5で撮影し一部の方にメール配信させていただいたものを
再登場させていただきます。


「こんにちは、M○です

昨年だったと思いますが、イマイさんから例会で購入した
ライツ テリート200ミリF4.5でやっとこさ写真を撮りましたので
お披露目させていただきます
d0138130_0315411.jpg

題材は会社の庭に自給自足の為に植えていた
聖護院大根とミズナが取り残しで咲いてしまった花と垣根の白い花、は何だったっけ?
庭にどなたかが植え残していたユリの仲間かな?が咲いていたものです
d0138130_0323912.jpg

表の仕事と裏の仕事?が忙しく、車通勤の為になかなか写し歩く事もママなりません
d0138130_0331912.jpg

d0138130_033592.jpg

テリートはA○さん謹製のL39-M42アダプターを介し、
アサヒペンタックスベローズタクマー100ミリの為に
セレクトさんで購入したアサヒペンタックスベローズに取り付け
ボディは、最近お気に入りのチノンCE-3メモトロンで写しました
d0138130_0344660.jpg

もっとも、この組み合わせでは、実絞り測光となるため
チノンメモトロンの特徴の瞬間絞込み測光AEはその効力を発揮しませんので
通常のM42ボディでも、また、最近のAFボディにアダプター利用で取り付けたりしたほうが良かったかもしれません」

当時のメールには実名が入っていますので検閲004.gifさせていただきました
ベローズが効いていて内面反射が少ないのか、けっこうヌケが良いような(自己満足)
テリートの本来のヘリコイドとベローズのスライドのダブル焦点調節機能です。
ベローズ無限を出しておけば、レンズのヘリコイドでピント調節できるので
手持ち撮影できなくは無いですが、三脚に取り付けたほうが無難です

昨年の春先の撮影です
おっと、メールのままではミズナの写真が抜けてますね
d0138130_0445071.jpg

d0138130_18581226.jpg

過日神戸でオリンパスWIDEを入手しましたが、レンズ、ヘリコイドを分解とグリス注入しました。レンズ、ファインダーは綺麗ですが、ボディ油切れで羽根がひらかづ分解しないとシャッターが切れない状態です。当方、頚椎故障でボディの分解を諦めました。
オリンパス ペン用 純正フィルターは、こんなのです
d0138130_2049015.jpg

by tedukuricamera | 2008-06-20 20:49 | 情報 | Comments(0)
d0138130_16354949.jpg
d0138130_16361390.jpg
d0138130_16362845.jpg

ライカマウント「M39」の手作りレンズ 2種  キューちゃん でーす。

過去にライカマウント「M39」の手作りレンズを色々と作製しましたが、今回は最近人気の??
???出てきた「オリンパスペンS」のレンズを使って、ライカマウントにしたものと、使い捨てカメラのレンズを活用して作ったものであります。

オリンパスペンSには30㎜F2.8と28㎜3.5のズイコーレンズがあって、普通に考えると30㎜のレンズの方がイメージサークルが大きいように思われがちですが、逆に28㎜のレンズの方がイメージサークルが大きいことが判りました。

24×36のライカ判のフルサイズに少しは無理がありましたが、周辺の像の流れとピントの甘さが感じられ、どうかと思いましたが、撮影の結果としてはある程度の満足感は得ることが出来ました。まあどうせ手作りのレンズですから、完全なものは望めませんが、28㎜の広角撮影がどうにか出来ることを、楽しく感じているところであります。

もう一つ作ったのが使い捨てカメラのレンズを使ったもので、最近はあまり見掛けなくなりましたが、一時は相当数売れていたようですね。

このレンズはプラスチック製の1枚の色消しレンズですが、35㎜の広角撮影が出来るものです。

解像力とかは別として、お金を掛けずに楽しいレンズを作るのが目的ですから、サービス判程度のプリントで十分見ることが出来れば良いとの結論です。

写真を見て頂ければ判りますが、どちらのレンズも薄作りで「パンケーキ」のようなまた、ボデーキャップのような面白くて、軽うーいレンズの誕生となりました。年のせいかな???
違うんです。
本当は手ごろな価格で出てきたら、その時は手に入れようとは思っていました。
何も探して今買うつもりはなかったんです。  でも買っちゃった・・!
三光からオリンパス自社工場製になったPEN S2.8です。
d0138130_22493319.jpg


ローライ35のワンメイククラブの友達が、神戸異人館『ラインの館』で開催されている『ペンスケッチ展』に先日の日曜日に行った帰りにペン S2.8を買ったらしいんです。

それを彼のブログで見て・・
コレがまたキレイなペンで・・触発されてちょっとした時間の隙間に梅田の中古カメラ屋へ・・

最初は安いのが有ったのでそれを見せてもらいました。
d0138130_230113.jpg
貼皮は品のない小豆色のビニールレザーに替えられてて、右肩に少し凹みがありました。
でもシャッターも全速快調そうだし、レンズもほんの少しクモリがあるだけでこの値段は安い!
皮も貼り替えるし問題はない。いざ買おうとしたら、絞りがf8からf22まで硬くていかない。
コレはどうもレンズ枠からの落下かも知れない。
洸軸ずれの心配もあるので、パスせざるを得ず・・
でもその頃には買いたい・欲しい~状態で、時すでに遅し。

何台か見て、価格的には上から2番目のを選んで買いました。
でも今は大満足です。 ありがとうペンスケ展に行ったみんな!

今度は撮った写真をアップしますね。(右画像は携帯カメラで撮りました。)

では  yasuでした。
d0138130_1156387.jpg
有能な会員様から パノラマ写真が案外簡単に出来るという話は聞いていましたが 初めてトライしてみました。写真は四枚を合成したものです。わが家の二階の窓からの展望で 右奥は生駒山です。ソフトは CanonUtility から PhotoStitch に入って合成します。
本当に簡単でびっくりしました。今頃こんなことを・・・とのたまう方々には脱帽いたします。
白髭。
会社から帰りまして、一服していますと、風呂から上がった長男が話しかけてきました
「あのな、お父さん、猫の子供が2匹生まれてん、カワイイデェーー」
そうかぁー、と私。
「飼いたいけどあかんなぁ」
ああ、団地やから、飼われへんな
「大きくなったら、獣医さんになりたいな、動物カワイイもん」
おお、そらぁ、もっと勉強せんとあかんな、今のままではぜんぜん足らんな
(獣医か、なってくれたら、楽できるな。でもその頃は獣医が増えすぎて儲からんかな?)

長女「お兄ちゃん、猫だけちやうで、ほかの動物も見なあかんねんで、熊も見なあかんねんで」
「熊すきやからええねん」
そうや、おまえ、熊に頭から齧り付かれても、血ぃ流しながら
良い子ですねぇー、怖く無いですよー愛情表現なんですねぇー(ムツゴロウ風に)
て言わなあかんねんで。

と、言っていたあくる朝
会社に行くべぇ、と階段を降り、車の前に行くと前輪の下にトラ柄の子猫がちょこんと。

おいおい、そんなところに居てると、踏み潰されるよ、出ておいで
下から追い出そうとすると、後輪の方へ、後ろに回ると前輪へ
怖くないんだよー、出て追いデー、おじさんに全部任せればいいんだよグフフ、とは言いませんが、、、
参ったな、と思っているとさらに困ったことに子猫はタイヤハウスの中に上っていく

そんなところに入ったらあかん!と、車にもぐりこんでみましたら子猫の姿が見えない。
まさかエンジンルームの中に入っていった?と思いボンネットを開けてみると居ました居ましたエンジンルームに子猫が2匹 えっ、2匹???
そういえば2匹生まれたと言っていたなぁ

知らずにエンジンをかけていたらと思うと「ぞぞっー」中でミンチにしてしまうところです。

夜、長男に、おい、猫に教育しとけ、あんなところに入ったら死んじゃうぞって言っとけ

次の朝、駐車場の横の駐輪場に親猫の姿が、
おい、子供たちをしっかり教育しとけよ、といいつつ鍵を開け、そんなことは無いやろうとボンネットを開けると
子猫が3匹。トラ柄2匹に茶猫が1匹。
そういえば、昨夜、親猫は子猫を3匹連れていたなぁ

あくる朝は、雨だったので、必ず居るだろうと、カメラを用意してあけるとさて、子猫は何匹でしょうか?
答えは、居ませんでした。

そして、今朝のこと。念には念を入れて、とボンネットを開けると
d0138130_915468.jpg
d0138130_9161339.jpg

ボンネット片手に支えて写したので手振れしちゃいました
会社では、またまたネタこしらえて~と言われていましたので、証明できました
猫にとっての楽しい我が家?
オリンパスE500、ISO200でF7.1の絞り優先モード、感度をもっと上げればよかった。
ミモパワーOM1
by tedukuricamera | 2008-06-13 09:19 | 写真 | Comments(3)
d0138130_8532166.jpg
皆様活発に参加されているので 私もカメラではありませんが 最近撮影した面白写真をアップします。レディスのソフトボールの試合ですが ここまで出来すぎなのはなかなか撮れません。カメラは キャノンEOS1D。レンズはキャノンズームレンズEF 75~300 ISです。
白髭
by tedukuricamera | 2008-06-12 08:59 | Comments(3)