人気ブログランキング |

<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ミモパワーOM1どえす。  春を目の前にして、少し寒さがつのります。行きつ戻りつして、春となって行き、サクラは開花の準備をするのでしょう。                           

ところで、この冬のお供に指名されたのは、少し変わった一眼レフのキャノンEX Auto。
レンズ前群のみを交換することでレンズ交換すると言う。

少し(かなり?)カメラを触っていた私のとある先輩は、これを聞いただけで
「レンズシャッター式か?」というお言葉。さすが、よく判っていらっしゃる。


ところがこのカメラは、フォーカルプレーン シャッター。レンズごとごっそり持っていっても何の支障も無いのに、レンズの前半分だけを交換し、35ミリF3.5、50ミリF1.8、95ミリF3.5、125ミリでしたっけ?の交換レンズがあります。(現在125ミリは家の中で家出中)   
通勤のお供に、、、_d0138130_20545715.jpg

キャノンレンズEX35ミリF3.5

その上、ファインダーは空中像式で、ピント合わせは真ん中のマイクロプリズムの部分でしか合わせられない。ライカフレックスと一緒!

何のためにこんな形式になったんでしょうねぇ?                                        
先の例会で、H I 様からEX35ミリF3.5レンズを譲り受け、先のレンズラインナップが完成
さて写してみるかというところなのですが、実は、このカメラの先代のEXeeというカメラをジャンクから救出したのですが、メーター不良。
どうもメーター不良のカメラをよく見かけます。さらに、ジャンクで見かけても結構綺麗。
きっと、先の理由で、使いづらいからか、あまり使われなかったのかな?
通勤のお供に、、、_d0138130_2103780.jpg

EX35ミリ

シャッターは機械式なので走るのだけど、絞りリングが無く、巻き戻しクランクのベース部にクリックのない絞り指標があり、
これでは絞り値が判らないから使いづらいと思っていたんだけど、このリングをまわすと、ファインダー内の表示に指針で絞り値をあわすことを見て、納得。

さて、使おうかと思ったら、とあるカメラ屋さんのジャンクで、もうちょっと綺麗な35ミリが付いたお供のカメラを発見。

かなり悩んだ末に、清水の舞台から無理心中。またやってしまいました。

通勤のお供に、、、_d0138130_2171441.jpg

50ミリ付きお供の図

家に帰り、ちょっとお掃除、あまり期待せずにMR-9型電池を入れてみると
ラッキー、メーターが動いているではありませんか。(PUSH-PULLさんゴメン)

ジャンクから供のものに格上げされました。

通勤のお供に、、、_d0138130_21122430.jpg

EX95ミリF3.5
このレンズもジャンクにあったのを連れ帰ったのですが、細かい傷があり、影響があるかな?

通勤途中に見る塔は、昔、出張でパリのロンシャン通りのホテルの窓から見た、朝日に輝くエッフェル塔を思い出させるのですが、パ(P)り(L)の塔という、
「さげ」でちょうど時間のようで、、、
通勤のお供に、、、_d0138130_21175842.jpg

95ミリ、お掃除の行き届いていないフロントガラス越しですから、ちょっとかわいそう。
電池交換・・・・・・・・PUSH-PULL_d0138130_955273.jpg
キャノネット顛末
仕事帰りにハンズとナニワご訪問、ハンズで工具を買おうと思ったら一度買ったものしか無く、私の欲しかったデバイダータイプがないので断念、しかしながらシンプルな工具なのに値段がどれも高い

お次はご存じ心斎橋のナニワへ、店員さんに工具を聞いたのだが扱っていないとか、中古カメラを扱うなら是非カメラ修理用の工具も扱って欲しいところだが、店にしたら工具の必要なカメラは売らないと言うことかしら(笑)

ついでに店員さん、と言っても恰幅の良いおっちゃんだが電池のことを聞くと直ぐ案内してくれ電池はもう売っていないのでこれとこれと渡してくれる、そのままレジまで案内され支払う段になってアダプターの高さに膝がガクガク喉がカラカラ、今さら要りませんとも言えないので残り僅かな我が財産を絞り出した

家に戻って早速キャノネットの電池カバを取り外し、電池と電池アダプターを装着、電池ホルダーもごらんのように錆びていず美しいのだがカメラの方はなんの反応もなし!・・・・・ガックリ

私の買い物はなんだったんでしょうね?電池560円+アダプター2600円=3160円、この金額は今入手できる完動品のキャノネットより絶対高いのでは

残された道はなんとか絞りバネとシャッターを動くようにしてマニュアルで撮影するしかないのだ
by tedukuricamera | 2008-03-03 09:58 | 情報 | Comments(9)