カテゴリ:手作りカメラ会報( 121 )

Jackです。誰が一番最初に、って言ってたのですがまだ誰もなのでお先に失礼します。

私は今回新たに入手したペンタックスESIIで臨みました。露出計連動の絞り優先オートですので割と手軽に撮れましたけど、写りは可もなく不可もないそれなりかも...カラーネガの現像だとキタムラで当日仕上げなんですね。

*写真を撮る人を撮る人を撮る
d0138130_21535100.jpg


*何を撮ろうかなっ、とブラブラ
d0138130_212581.jpg


*ひでじいさんは途中で合流
d0138130_214967.jpg


*与謝野晶子生家跡にて
d0138130_2164015.jpg


*今回の集まりを象徴するかのような
d0138130_2171212.jpg



誰かが「この会は写真を撮らないんや」と言ってましたが、ちゃんと撮ってるじゃないですか! まあ問題は何を撮っていたかですが(笑)

*私の場合
d0138130_2205036.jpg



では次の方~ お願いしますっ。
[PR]
例会の2次会「別名素顔の例会」
大阪手作りカメラ5月の例会が終わって、午後4時、つぼ八のシャツターがまだ開いていないのに、我がクラブのメンバーが続々と入店???。総勢11名で2次会が開かれました。
先ずビールの中ジョツキで乾杯。一人は焼酎???。次々と運ばれてくる料理に舌鼓を打ちながら、だんだんと声が大きくなり、それぞれが好きなことを「スポーツに始まり、政治論議」まで飛び出して、和気あいあいのうちに2時間が経過、次の目標のカメラのナニワへと向かいました。また来月が楽しみです。
つぼ八風景を見て下さいね。撮影者は画面から消えていますね。
d0138130_952680.jpg

d0138130_955567.jpg

d0138130_962427.jpg

d0138130_972081.jpg

d0138130_974161.jpg

d0138130_992477.jpg

d0138130_9105315.jpg

来月は6月12日の第二土曜日です。テーマはピンホールでーす。宜しくお願いします。
[PR]
咲き誇る桜もいよいよ今週が見納めかと言う天気のよい4月10日土曜日の例会です。

会の始まる前に、T名人提供の競りを開催
d0138130_0331353.jpg

売り上げの3千某円は志納金として会に寄付されました、T名人感謝いたします。

今月の司会はミモヤン=グレビッチですが会長のキューちゃんが代行。
d0138130_0364359.jpg

d0138130_0373036.jpg

テーマは”ストロボ”
ストロボ商品名で一般的にはエレクトロニックフラッシュ、スピードライトとも言いますね。

発表の最初はキューちゃんから。
メッツの32CT7 SCAマウント交換システムで各社のカメラに合わせたコントロールが可能なストロボ。
d0138130_0433231.jpg

電池の蓋の位置、わかるかな?

天気予報官Yさんは、リングライト2点
d0138130_0522843.jpg
サンパックとキャノン純正ML3
サンパックはステップアップリング併用で色々なレンズに組み合わせられます
リングライトは無影撮影が出来て便利です。
カメラ小僧はアイキャッチに使っていたりも致しますが…。
もう一つ、持参されたのがニコンF用のミラーアップ使用の21ミリF4
d0138130_0525297.jpg

専用ファインダー、リアキャップも揃った程度の良いもの。

HR本さんはストロボは特に無しですが、ステレオ改造のリコーマイポート
d0138130_0553786.jpg

最近近所ではポジフィルム現像に時間がかかって困っているそうです

ひでじぃはパナソニックのPE28Sを持参
d0138130_0573246.jpg

d0138130_0575094.jpg

ストロボもエルゴノミックデザイン化でうねうねしてきましたね。

PUSH-PULLさんは愛用のニコンスピードライト
d0138130_0592937.jpg

SB24とSB600です。
d0138130_112498.jpg

ブログ用のIXYの内蔵フラッシュが、時折白煙を上げるのが恐ろしい
何処も焦げてないのだけれど。
d0138130_17149.jpg
皆さんも経験されているかと思いますが、ジャンクストロボがすぐに集まるのが悩みのようです。
1割も動かないのだとか。

YASUさんは愛用していたコンパクトなパナソニックのストロボ
d0138130_12586.jpg

あるとき使用しようとすると、チャージ音充電完了後、撮影しようと顔を近づけると
突然爆発音。パニックで真っ白になってカメラを投げ出してしまったそうです。

YUEさんは先月の二次会から加入の新会員。
ストロボを持っていないので、最近愛用の”ダイアナ ミニ”とセットの専用ストロボを発表
d0138130_1101486.jpg

このカメラは途中でフォーマットを変えられる35ミリフィルム使用のトイカメラ。
ストロボも遊び心を発揮させるアクセサリー(カラーフィルター)をセットできる面白フラッシュ
d0138130_1121878.jpg

レンズの絞り値も暗いので、到達距離は1~2メーターほどらしい。

オモカメ王国 国王3ちゃんはシャランのオリジナルデザインシャランとM3シャラン
コピー?トイカメラ2台はワインダーストロボ内蔵の一眼レフの形をした透視ファインダー式のカメラ
d0138130_1162484.jpg

d0138130_120221.jpg
さらにストロボ以前のフラッシュバルブ、フラッシュバルブ発光器
初期のストロボなどなど多数持参してくれました
d0138130_1181246.jpg


H井さんはストロボはありませんが、アダムス バイドを持参
d0138130_124876.jpg
よく出来たカメラで、金属の加工、貼り革の仕上げも良く出来ているそうです
ロスの広角レンズを着けてきたつもりでしたがツァイスのレンズでした
d0138130_1242641.jpg
d0138130_1243871.jpg


A鉄工所Aさんは、いろいろ持参
d0138130_1261744.jpg

キャノン イオスデジタル用のフラッシュがうまく同調しないので端子を削ったり
悪戦苦闘しているそうです
d0138130_1275152.jpg


N波さん、N氏はともにストロボは使用しないので発表は無し。
d0138130_1291274.jpg


Kワラさんも最近はストロボに頼らず自前のレフを愛用しているそうですが、それでもストロボを持参くださいました
d0138130_1305555.jpg
d0138130_1311040.jpg

デジタルになって、ストロボの出動機会が激減
自前のレフって便利ですよね、身をもって理解できます(ミモヤン)。

白髭さん、いよいよ写真展が15日に迫りました。
d0138130_1342915.jpg

ニコンサロンbis
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/osaka/index.htm
で開催です。
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2010/04_osaka-bis.htm#03
(無断転載お許しを…)
ぜひご来場くださいませ。

発表は、現役時代に商品撮影の料理の撮影で、ストロボをトップからアンブレラバウンスで照明すると
柔らかく光が全体に回るのだけど、分厚いステーキなどは、見える手前の肉の厚みが陰になってしまう。
メインの1/3の補助光を当てると綺麗に描写されるのだが通常のフラッシュでは影が出てしまう
その点、このリングライトでは影がでずに陰になる部分を起こしてくれるので重宝したそうです。
d0138130_1451476.jpg

さすが、プロの技、道具です。

今月の新会員Kさん(ハンドルネーム決めてもらうのを忘れておりました、今度決めてきてください)
d0138130_1494112.jpg
東欧の電子化された一眼レフ、プラクチカBシリーズの最高級機BX20とその専用ストロボ。
を持参
プラクチカBシリーズはツァイスイエナ系統とメイヤー系統の優れたレンズを日本の一眼レフと換わらない使い勝手で扱える一眼レフ
実はそのストロボはオリンパスのOM-2などのTTL自動調光と互換性があることを発表
d0138130_153577.jpg

実はカメラ内の実装基盤は日本製だったりする…。

TORASANは孫撮影システムを発表
d0138130_1542475.jpg

ストロボキューブとか、ルミクエストだとかストロボをバウンスさせたりして光を柔らかくするアクセサリーも無くはないですが、効果はちょっと…。
室内での人物撮影で、こういうことを考えなくもなかったですが、なかなか実用に耐えるしっかりしたものは出来ません。
動きの激しいお孫さんを追いかけた実績ありのシステムですね。
d0138130_158761.jpg

それにしても、オリンパスのEシリーズ、無線でフラッシュ同調だけでなく
バウンスさせたストロボ光をTTL調光するなんて、優秀ですね。
TTLダイレクトならではです。

N口さんは先月発表のマクロステレオカメラの調光用に便利なサンパック オートズーム 2600を持参
d0138130_243013.jpg
フラッシュ光をフルから1/16まで絞ることが可能
絞りで、4段のコントロールは絞り固定のマクロ撮影に無くてはならないアイテムです。
さらにペンのレンズを利用したマクロステレオレンズを手作り中
こちらはレンズ間の距離が大きくて失敗
何とか収まるように手立てを考慮中です
d0138130_263912.jpg


GuGuGammoさんは、積層ではないアメリカ製の外部電源を発表
d0138130_292961.jpg
これは煮込んでも、いや、ニコンでもキャノンでもオリンパスでも使用可能な汎用性があり
アメリカ人の合理性で中のバッテリーもいつでも手に入るもの(例えばタミヤのラジコンカーのバッテリー)
さらにオリンパスOM用のT32,T20ストロボは外部電源の電圧をコントロール回路に降圧させて使用するので電池を入れなくても作動する優れもの。
軽量リサイクルタイムの早いストロボシステムを実現できるのだそうです。
d0138130_2131017.jpg


ミモヤンはストロボではないのですが、ちょっと変わったハロゲンライトを持参しました。
あれ?写真無いの?

所用があって欠席届のjackさん、終了直前に間に合いました
愛用のソニーアルファ900用の専用ストロボ持参です
d0138130_2161075.jpg

またバケペンことペンタックス67にも似合いの大型ストロボはこのブログにて発表していただいています。

デジタルになり、ISO感度を撮影中に変更でき、
また高感度ではフィルムより綺麗に撮影できるようになりストロボの使用が激減している事が判明した例会でしたが、
ストロボライトはデジタルとの相性もよいと聞きます。
フィルム時代には瞬間光の性質上コントロールに技術と経験を要しましたが、
デジタルゆえに結果を見ながらコントロールする事も可能ですので
今一度見直してみてもいいのかも知れません。

でも、難しいですねぇ ミモヤン=グレビッチ
[PR]
テーマはワンテン(110)カメラ。
おはようヘルペス君だったら、痛くて仕方が無い
ワンオーワンワンは確かカンフーする犬だったような???

コダックは起業してから今に至るまで、写真を誰でもミス無く気軽に楽しめる
そんなカメラを世に問いつづけ、その一つの形として世に出された”ポケットカメラ”
今月のテーマですが、直前に110フィルム製造打ち切りの悲しいニュースもありました。

ではありますが、そこは大阪手作りカメラクラブの面々
そんな暗いニュースも吹き飛ばす、
話題、思い出、思い入れと共に
どんな”ポケット110カメラ”がでてくるでしょうか?

例会発表は司会ミモヤン=グレビッチ。
会報取材もあるだろう、開会の宣言の後は替わってやろうとありがたいお言葉。
司会進行はキューちゃんが担当してくれました。

最初の発表は、まずはキューちゃんから。
d0138130_19414083.jpg

この回にあわせ、ナニワのジャンクからお救いされた、
ポケットカメラの本家、コダックトリムライト インスタマチック48
それと、ステレオN口さんから進呈された、デメキンカメラ
d0138130_1942161.jpg

誰でも手軽に楽しめることを目的とした、コダックの中でも高級感あふれるカメラ
距離計連動に、レンズは26ミリF2.7のエクター銘のレンズ。
デメキンは流石に魚眼レンズでは無いらしい。

時計回りにJackさんから。
110はなくとも120(倍付けの220も!)で
既にブログで紹介済みの”バケペン”ことペンタックス67
d0138130_1937667.jpg

撮影も精力的に楽しまれるJackさんですから、作品発表も期待できます
d0138130_19384210.jpg


残念ながらこちらも110無しのGuGuGammoさん
d0138130_19512634.jpg

例会前にサントリーミュージアムでIMAX3Dを見てきました(ミモヤンも)
出演者のお魚さんたちが美味しそうでした。
次の出し物の、ハッブル宇宙望遠鏡修理が楽しそうでした。
カメラはとても大きなフィルム、70ミリフィルムマガジン付きのペンタ645
d0138130_19535059.jpg


ステレオN口さんはミニマックスと、以前ミニマックスにデジカメを組み込んだ手作りの1品
そしてペンタックスの110にミノルタ110SLR MarkⅡ
そしてステレオリアリストのマイクロ専用レンズ
ピントは10cm固定、絞りはF22固定
露出はストロボで調光
ビューワーで見せてもらった近接ステレオ写真は立体感あふれるものでした。
d0138130_19582559.jpg

d0138130_19583713.jpg

d0138130_2002582.jpg


白髭さんは、
d0138130_19595694.jpg

これまたミノルタのズーム110SLR MarkⅠ
後のAPEXシリーズにつながる未来的なフォルムを持つ、ユニークなデザインの110一眼レフカメラ
d0138130_2024153.jpg

ニコンサロンでの写真展の案内と共に。

Kさん、
d0138130_20143970.jpg

すいません、発表の内容失念してしましました。
机の上には良さげなレンズが鎮座ましましていますねぇ。
d0138130_20163639.jpg


N氏
d0138130_20165993.jpg

ペンタックスオート110のレンズをマイクロフォーサーズに取り付けるマウントアダプターを自製したものを発表。
d0138130_2018088.jpg


N波さんは、オリノックスの双眼鏡110カメラ
d0138130_2022125.jpg

同じカメラが色々なブランド名ででているようですが、どうやらこちらがオリジナルらしい。
流石にピシッと写すのはかなり困難な様子です。
d0138130_20232156.jpg

H井さんから、良いカメラを入手されたんですって??N波さん!

そのH井さん
流石に110は守備範囲のお外の様子
d0138130_2025155.jpg


YASUさんは以前に110カメラでの写真集を完全自主制作
d0138130_20255141.jpg

カメラはアグファマチック4000Sensor
レンズはColor Apotar26ミリF6.3で、名前から察するにトリプレットレンズ
しかしアグファ得意のタッチセンサーのシャッターボタンが誇らしくオレンジ色のしゃれたカメラ
d0138130_20281751.jpg
 
大阪を題材に自主制作写真集、キューちゃんから譲り受けた、世にも珍しいフルマニュアルデジタル一眼レフと共に。
この後の二次会で同じくキューちゃんから、エクター付きのトリムライトインスタマチック48(前述)を譲り受ける!*¨ЫЯ☆¶

PUSH-PULLさんは、家宅捜査の結果やっと見つけた1台
d0138130_20343861.jpg

カセットポン!フィルム送りとシャッターチャージを同時にワンアクション
ファインダーで構図を決めてシャッターを押すだけの、
コダックが想定した110カメラのスタイルそのままのカメラです。
ですが、接写もできるその名も”せっしゃトルベー”
最近、友人から譲り受けたと言うミノルタのSR505とNewMC58ミリF1.2と共に
d0138130_20382360.jpg


名匠、HなTさんは
d0138130_20411293.jpg

日本のフィルムメーカーの雄、フジのポケットカメラ
”ポケットフジカ 600” 
距離計連動25ミリF2.8レンズ搭載プログラム露出の高級機
名匠らしく、ボディにしゃれた蛇革(トカゲですか?)を貼り付け、
遊び心を演出しています
d0138130_2043568.jpg


私、ミモヤン=グレビッチは、ミノルタズームSLRMarkⅠ、またはキャノン110EDを持参する予定でしたが
直前のめったに無い出張で持ってくること適わず。
キャノンの110EDは大口径F2レンズに距離計連動、絞り優先AEの高級機
欲しいなぁ…と涎を出していましたら、今回欠席の”やまひら氏”から譲り受けた思い出の品なのです。
これらは実家に置いていたので、この日は家捜しの結果でてきたコダックのポケットカメラのみ。

さて、お待たせしました。
110カメラといえば、誰でも写せる、
楽しいカメラなら、よりたくさんの笑顔が写せる!と
たーっくさんの、面白カメラが販売されました。
カセット式のフィルム、小さいフォーマットによる被写界深度の深さなど、
カメラ作りが容易なことも、後ろ支えになっているんですね。

オモカメ王国 国王3チャンの、
d0138130_2052265.jpg

渾身のコレクション(の一部!!!)公開です

まずは、フジの写るんですの遥か前に発売されていた、カメラ付きフィルム、
あなたは押すだけ、そのカメラ付きフィルムを持ってきてくださればお写真に仕上げます!のLUREカメラ
その同じカメラの名前違いLOVEカメラとその元封。
d0138130_20553017.jpg

写るんですの祖先と言えます。
また、そのアイデアをなぞったのかもしれません
写るんです1号機は110サイズ
110サイズ写るんですとその仲間たち
d0138130_20574578.jpg

飲み物、乗り物、タバコ、本などのシリーズ
d0138130_20584783.jpg

企業のノベルティグッズだったかも?
なつかしの110フィルム
d0138130_2143853.jpg

可愛いキャラクターカメラ
d0138130_2151914.jpg

d0138130_2153237.jpg

小型、精密、アイデア満載カメラ
d0138130_2161597.jpg

打ち上げ撮影用カメラ アストロカメラ
d0138130_2165731.jpg
d0138130_217781.jpg

空港で飛ばして、始末書を書いたコレクターも居てたとか…

やはりノベルティグッズはコレクションも難しい
メーカーに直接交渉するも、分けて貰えず、
しかし熱意は通じたか、当選者のうちにもそんなに必要としない方もいらっしゃるそうで
そんな方の連絡先を教えてもらい、直接交渉で入手したこともあるとかで…
いい時代でしたね!
いや、やっぱりその熱意コレクター魂には、頭が下がる思いです。
d0138130_21115648.jpg

リモコンで動くんだよ!
d0138130_21123219.jpg


会報、遅くなりました。
ミモヤン=グレビッチ
[PR]
d0138130_15222567.jpg

d0138130_15224971.jpgいつもはみーもーさんが丁寧な例会報告を徹夜作業でやってくれているのだが、2月例会はお仕事とかで私PUSH-PULLが臨時編集委員に、写真を撮りながらメモを取るというのはいつもと違って集中力が必要で、少しはメモを取っているのだが名前まではなかなか

おまけにメモが頭文字とか記号とかが多く、書いたときはよく解っているのですが、時間の経過とともに何を意味するか解らなくなると言う問題発生

会員さんの顔は全員覚えているのですが、老人力が付いてきたせいか時々名前を失念する有様、おおらかな気持ちで見てやって下さい

早朝は結構寒かったのですが、写真界会館5階の部屋は日当たりがよく、嘘みたいに暖かく参加者も20名を超えうれしい限り、オブザーバーでMさんと神戸クラカメのK林さんが参加、Mさんはブログを見て興味を持たれたとか、入会を楽しみにしております

恒例交換会はI井商店と会長の出品、どれも格安で楽しくカメラ談義、ちなみに私はPEAKのルーペを入手致しました

d0138130_1523975.jpg
交換会のお次はセレクトさんが毎回出してくれるかめらグッズの競り市、競りはいつもH井さんが手慣れた感じで進めていきます、競りも商品知識がないと出来ません、私なんぞはレンズを見ても何マウントかまるでわからないので競りは無理、いっぱいあったフードなどは1個200円でスタートしたが売れ残った分は3個50円の「もってけどろぼう」状態、今回の目玉はブラックのライカメーターかな

d0138130_15244549.jpg

d0138130_15245953.jpgY尾さんは日本で一番高いとか言われている「エルグ」の雲台を持参、コンパクトですが精密な機構です、ほかにもライカの三脚に箱入りの雲台、マンフレットの三脚はコンパクトながらしっかりしているので、ほかにも同じ三脚をお二人も持ってきておりました、かく言う私もコンパクトなの持って行こうと思っていたぐらですから(笑)

d0138130_1526134.jpg

H本さんは発表無し、続いてのO林さんはカメラならぬiPhoneの使用レポートを、携帯にすれば多機能で高額なのだが、電話とメールに関してはいまいち使い勝手が悪いとか、ネットでその話を書き込みしたらMac好きから非難の書き込みが100以上もあったとか、Macオタク恐るべし

d0138130_15263377.jpg

小さいカメラと3D大好きのN口さんは、ミノックス用の4脚と3脚を発表、小さいながらどれも非常によくできております

d0138130_15265224.jpg
PUSH-PULLは丈夫なZITZOを、高山植物などのマクロ撮影には180度開脚できる3脚が必要で、雲台も重いレンズを付けてもお辞儀しないしっかりした物が必要、この3脚は栂池から黒部、大阪近辺の植物園はすべて持参した強者ですが、3脚はやはり重い
例会で知り合ったミーモー氏のおかげで同じZITZOの横に伸ばせるバーや、カーボンの一脚を超格安で譲って頂きました、出番は余り無いのですが大事に使っております

ここでこられたS川氏は近況報告だけで発表は無し

d0138130_15283058.jpg

Y場氏は、他の会員の方と同じで3脚はほとんど使うことがないとか、持参した物はY尾さんが発表したのと同じマンフレット、彼の三脚と異なる点は何度も使ったおかげで塗装がはげていることを自慢

d0138130_15284878.jpg
Y田氏はこちらも小さい三脚持参、皆さん小さい三脚が多いようで

d0138130_1529333.jpg
I井さんはいつもながらおもしろい物をいっぱい発表してくれるので、いやがおうにも例会は盛り上がります

最初は色々なマウント組み合わせ
d0138130_15301717.jpg


d0138130_15303677.jpg

次が変わり三脚、万力型の挟んで使う三脚とグリップを離したところで固定できる雲台など
右は戦後間無しに米軍向けに作られたと言うカメラスタイルのオイルライター、ビックリするのはレリーズで着火できるのと、バラバラに出来る三脚、小さいが精工に作られています

d0138130_15305118.jpg
最後は昔懐かしの8ミリカメラ、その時代ではとても高価ななカメラでしたが現在は日本ではフィルムも現像も難しくなっております

d0138130_1533588.jpgH井さんは普段見かけることのない雲台を出品、小さいですがみんなきれいにユニクロ?メッキが施されております、小さい物なのでカメラも軽い物でないと使うのは難しそう


d0138130_15344384.jpg
A井さんは今月は発表無し、ここんとこ体調がよくなってきたとかで例会の後の恒例のつぼ八飲み会では元気に飲食されていました


d0138130_15353084.jpgN川さん、こちらもライカの三脚持参、Manfrottoと形は似ていなくもないが足の構造が少し違っております


d0138130_15332772.jpg
N波さん、ZITZOの三脚ですがこちらは非常にコンパクトに出来ております、大きなカメラには不向きかも

d0138130_15363542.jpg発表は無しで、近況報告

d0138130_15372797.jpg

白髭さんは、この4月になんとニコンサロンで写真展を開くことになっています、今から楽しみなのです、発表予定の写真はこれまでの年賀状写真の大伸ばしだとか、町の出力屋さんではA1で5000〜6000円ぐらいかかりますが、ある施設のサービスでは自分で全部操作をしなくてはなりませんが1枚千円ぐらいで出来るとか
三脚の方はブログでも発表されていた、背より高いスリックプロフェショナルを発表、運ぶには大きすぎるのでカレンダーの裏側にプリントして持ってきました

d0138130_1537471.jpg
K田さんは持参の発表無し、代わりに三脚ならぬ二脚を作られて撮影したとか、首尾は上々だったとか、他に今使ってデジカメはライブビューがあるのでピントがばっちりと確認できるので、どの写真もばっちり撮影できるそうです

K本さんは、少々体調不良で発表は無し、いつもの二次会も不参加でした

N島さんは最近見た3D映画のお話、立体映画も四種類ほど映写方法があるらしく、見るなら「アイマックス3D方式」がおすすめとか、もしアバターを見に行くなら日本に四館しかない関西なら109シネマ箕面まで行かれたしとか

d0138130_1539388.jpg

Jackさんはドイツで買ってこられた三脚「BILORA」、コンパクトですが十分背の高さまで伸びます、折角ドイツから持って帰ってきたのに雲台のネジ類にいささか問題有り、もう一つはブログでも発表された手作りバッグ、自分のカメラセット専用に作られたとかで使い心地はよろしいとか、布もネットで防弾チョッキに使う布を買って自分で縫製した、もう一つはY田さんと同じ背の高いスリックプロフェショナル、こちらも写真で発表

d0138130_15393538.jpg

d0138130_15395497.jpg最後が会長、色々な小さな三脚と一度ブログで発表されている自作マウント各種、これさえあればどんなカメラとレンズの組み合わせでできるとか

d0138130_15405744.jpg

上の会場風景ですが、思いの外沢山集まり賑やかに例会を終えることが出来ました、例会の後は各自写真会館の中古カメラやさん巡り、これも例会後の楽しみの一つ
もう一つの楽しみは一部の人間だけですがつぼ八オープンすぐの客になること、今回は総勢八名で襲撃
[PR]
平成22年の新春、宵恵比寿の晴天の下 手作り例会が開催されました。

例会開始前のいつもの楽しみ、オモカメ王国国王3ちゃんの出店
欲しいカメラがあって、握り締めていたので、写真を撮るのを忘れてしまった!

まぁそれほど、お宝品が出店されていたと言う事
スーパーセミイコンタ、イコフレックス、フランカ ゾリダなどなど皆さんお好みのカメラを手に入れて御満悦

司会は、予定のMさんが無断欠席、キューちゃんのピンチヒッター。
d0138130_0381727.jpg

最初に新規会員の報告
復帰組みの”OTOTO”さん
d0138130_044726.jpg

昨年、見学のあと、今年から正式に加入の”jack”さん
d0138130_0455867.jpg

これから、どうぞよろしく御願いいたします。

続いて、昨年度の会計報告。
会計担当白髭様から、資料とともに詳細な報告。
d0138130_042219.jpg

会計監査のSUITA(N口)さんからも問題なしと太鼓判
d0138130_0573752.jpg


いよいよ、例会発表。
キューちゃんからデジカメの歴史についてのレクチャー(このブログ1月2日参照下さいhttp://tedukurica.exblog.jp/10621907/)
d0138130_105857.jpg

キューちゃん持参の2点。
d0138130_142292.jpg

今回のテーマはデジカメで、皆さんそれぞれに思い出のデジカメを発表
天気予報官Y氏は、
d0138130_135416.jpg

動画も撮れるパナソニックの最新マイクロフォーサーズ、ルミックスGH1
d0138130_171394.jpg

久々登場MENTENINさん
d0138130_182047.jpg

d0138130_185926.jpg

ニコンクールピクス880、フジ ファインピクス2700

H本さんは、流石にフジの立体デジカメに注目とか。
d0138130_1104939.jpg

続いて、復帰のOTOTOさん
d0138130_1121056.jpg

こちらも立体好きだけに、話題になったばかりの立体デジカメ、フジW1を持参
d0138130_1132891.jpg

名匠HなTさんは、引き伸ばし機のピント調節蛇腹利用の手作りカメラの発表
d0138130_1185590.jpg

d0138130_1192966.jpg

ピントグラスバックはマミヤ製
d0138130_1202773.jpg

露光防止用赤色板の取り付け穴跡は、可愛いキツネ猿?のワンポイント
d0138130_1221069.jpg

ワタシ、ミモヤングレビッチは、E-1購入苦労話を披露
d0138130_124215.jpg

PUSH-PULLさんは、
d0138130_127927.jpg

レンズから被写体までのワーキングディスタンスがわずか1センチ!の接写が可能なデジカメ(リコーDC-3)を接写好きから購入したことと、フジのファインピクス6800を発表
d0138130_1274868.jpg

接写状況
d0138130_1295386.jpg

おや?天気予報官Yさん、大きなデジ一で取材ですか?
d0138130_1311746.jpg

こちらでは、ウィンドウズ7を例会発表したGuGuGammoさんが、ペンタックスMXで取材中?
d0138130_1324571.jpg

YASUさんは、昨年最後に入手のニコンFに105ミリを付けて登場
d0138130_1351761.jpg

痛恨のフィルム装填エラーの懺悔と
d0138130_136550.jpg

コニカの混じらない、ミノルタ純血のデジカメ、ディマージュトリオの思い入れを熱弁

オモカメ王国国王3チャンは、
d0138130_1391952.jpg

ライカブランドのデジカメ デジルックス ズームの発表と、
d0138130_1403714.jpg

デジルックスズームと、フジ ファインピクス(PUSH-PULL氏所蔵品)を並べてみる
そして、ロシアン コピーライカの、面白モンを発表
d0138130_143872.jpg

ルフトバッフェあり、金ぴかあり、レオタックス!まで、有り!
d0138130_1443752.jpg
d0138130_1445263.jpg

d0138130_1452171.jpg

d0138130_1453828.jpg

さらに、9X12大陸判のメントール フレックスをH井サンの解説で発表
d0138130_1473848.jpg

そのH井サンは、ニコンのデジ一に、先月発表の”ADON”レンズを取り付けて発表。
d0138130_1501776.jpg
d0138130_150412.jpg

さらに珍しい”LOOK35 modelA、を発表
d0138130_1541214.jpg

このカメラは、コパルなどで有名な茶谷氏と、川手氏(別名島岡氏)の両名が中心となり
京都綾部の日東精工で製造されたカメラで、距離計に難があり
後に、距離計を取り払いエレガ35として復活したそうな。
ミノルタと関係が有り、初期のレンズはミノルタのF2.8レンズの規格外レンズ譲り受け
開放値をF3.5にして、ロッコール銘そのままで搭載していたらしい。
珍しいカメラです。

N波さんは
d0138130_1562994.jpg

キャノンQ-picを持参
さらに手作りのカメラ
d0138130_221172.jpg

を発表、フル、ハーフサイズ切り替え可能ボディにコニターレンズ搭載
d0138130_235173.jpg

A井さんはEOS40D
d0138130_243472.jpg

結婚式で、レリーズ後10秒たってシャッターが切れる珍現象を発表
それを狙うK本さん
d0138130_29751.jpg

N氏は、マイクロフォーサーズのマウントアダプターを発表
d0138130_210916.jpg

d0138130_2163654.jpg

マウントアダプターとズノーのCレンズ
白髭さんは、愛用キャノンデジ一が修理代で40Dに換わったエピソードを披露
d0138130_2122010.jpg

d0138130_2124017.jpg

I阪さんは、ルミックス最新マイクロフォーサーズを発表
d0138130_2155882.jpg

d0138130_2174923.jpg

ファインダーの互換がオリンパスとは無いらしい。
K本さんは、マイクロフォーサーズにライカレンズを取り付けるアダプターを作成中と発表
d0138130_2201341.jpg

d0138130_2215714.jpg

torasanさんは、デジカメにライブビューは最高のパートナーと激賞
d0138130_2212732.jpg

SUITA(N口)さんは
d0138130_2223889.jpg

ニコン クールピクス5000とニコン マイクロテレスコ発表
d0138130_2253944.jpg

今月のトリは新人jackさん
d0138130_2243454.jpg

ツァイスレンズと、ミノルタのカメラ部門の部門の流転に思い入れがあり、
ソニー(旧コニカミノルタの血脈)アルファ900に、ツァイスをはじめ、さまざまなレンズがソニーアルファに取り付くように旋盤で改造加工したものを発表
d0138130_228048.jpg

その加工のすばらしさと、キューちゃんによって紹介された、改造加工レンズの作例のすばらしさに圧倒されました。

会長のキューちゃんは、今年は年男。
ますます若々しく活動されている事にますます頭が下がります。

その夜の新年会の模様を追加してアップします・・・・白髭
d0138130_10112258.jpg
新入会員のjackさんも参加して8人と賑やかな新年会でしたが そこにある人の知人の美人歌手(歌う滋養強壮剤)が参加!!!!! 私が参加して初めての女性の参加に 否が応でも盛り上がり 大変賑やかな会となりました。
d0138130_1023982.jpg
会長も吹き出る汗と脂をやさしい彼女に拭き取っていただくという 嬉しさに顔も脂下がってきたようですね。
d0138130_1043462.jpg

以上愉しかった新年会の報告でした。
[PR]
謹賀新年
平成22年 元旦 昨年中は大変お世話になりまして、有難うございます。本年どうか宜しくお願い致します。
d0138130_0131951.jpg

[PR]
会報アップが遅くなりました。
皆さんのご心配な様子が聞こえてまいりましたが、特に告知はしませんでしたが予定通りのアップです。

なにしろ、家庭人、勤め人でございますので。

さて、小春日和から一転空はかき曇り、予想もしない雨に降られた例会でしたが、それは会が始まって後のこと。
オモカメ王国国王3ちゃんの足を邪魔する事も無く、いつにもましてカメラ雑品の山宝探しの醍醐味やいかに
d0138130_0403668.jpg

d0138130_041169.jpg
d0138130_0411595.jpg

コニフレックス欲しかったなぁ!

例会発表に移ります、今月のテーマは望遠レンズ
トップバッターは天気予報官Y氏
持参レンズはニコンマウントの、コシナ フォクトレンダー アポランサー125ミリF2.5
d0138130_0521369.jpg

このレンズ、某コレクターが放出したものを、セレクトさんが買取り、すかさず押さえたとの事
マクロ領域までカバーしていて、三段鏡胴がズズズィーッと伸びる1品
カメラショーで覗いた事がありますが、コシナのフォクトレンダーシリーズのレンズはどれもピントの切れが良い。
ピント合わせの山の鋭さに感動したものです。
同時に出た90ミリF3.5ともども、アポの3本線は伊達じゃありません。

N口さんは、ガミ16用イタリア ミラノ ガリレオ社製
d0138130_165828.jpg

そのガミ16用の望遠レンズ
d0138130_172847.jpg

オリジナルレンズの前に取り付ける、フロントコンバーターのようなレンズのようです
d0138130_184133.jpg

d0138130_19051.jpg


ステレオ フリークのH本さんは、やはりステレオでは望遠レンズになると光軸合わせが難しいと苦労話を。

YASUさんは、ライカスタンダードの相棒のエルマー90ミリを持参するが、えびす顔で話題は、例会前に3チャンから仕入れたワイドレンズ、ジュピター12に話の中心は移っていました。
d0138130_11548.jpg


PUSH-PULL氏は、ニコンF801に、愛機が変遷してから、初めて入手したAFニッコールの75-300ミリ
野鳥などを写すのに活躍するが、もうちょっと長さが欲しいところ、
d0138130_1321529.jpg

また、シグマの同クラスの望遠ズームは、初期の頃に比べ、最短撮影距離が短くなり、マクロ機能も付いて、使いやすくなったが、このマクロの意味が今一良く分からないそうですが、
望遠マクロは、昆虫など、近づきにくい物に対して、ワーキングディスタンスが稼げるんですけれど、
一度、試して見られては???。
口で言うのは簡単ですが、写すのはなかなか難しいのですけどね。

ミモヤン グレビッチは、OMシステムの明るめの望遠180ミリF2.8
気付かぬ内に、神隠しに合っていて、思わぬ場所(押入れの天袋)で、ご対面
カビが生えていた。
ついでに、望遠とはいえませんが、OMマウントのキヨハラソフトVK70。
現代によみがえらせた、ベス単フード外しレンズではありますが、ピントが摑みづらいので、使いづらいです。
d0138130_126577.jpg
d0138130_1273041.jpg


近頃、このブログの会報を楽しみにしていただいていると言う、ありがたいお言葉をおかけくださる
オモカメ王国国王、3チャン
d0138130_1361154.jpg

望遠ネタに、王道テレローライ ゾナー135ミリF4つき、
輸出向けブランドの初期の押し出しの立派な和製ズーマー、ジュノン ZOOM F3.5 37-75ミリ、ミノルタSRマウント
さらにTAIKA Duo Focus 140ミリF4.5 エキザクタマウントレンズ。
このレンズは、レンズヘリコイド部分と、マウント部をスクリューマウントで分解接続出来、間にリアテレコンバーターを挟むことで230ミリF7.9と言うレンズに生まれ変わると言う、Duo Focusを実現?したレンズ
きっと、普通にテレコンとするよりコストが有利だったんでしょう。
手にしているのは、ドイツはウェッツラーのレイドルフ、ロードックスと、
TAMRONが用意した、その望遠レンズTAMRON AUX Tele Photo 4X
テイキングレンズの前に取り付ける、フロントテレコンバータ。
d0138130_1461870.jpg

そして3チャン真骨頂、変カメオモカメのオンパレード
d0138130_1482576.jpg

これがまた大変ユニークで、遊び心にあふれて、また、テーマにも沿っていて、
”写るんです”もZ光軸で、望遠を実現したもの、なんと絞り調節付き!
d0138130_1504346.jpg


d0138130_1512110.jpg

この、クラシカルなレンズ、パルモスや、レンズと同名のマグナ、の、クラップカメラ用に大ツァイスが用意した初期の望遠レンズ
ツァイス マグナ 450ミリF10
H井さんの、発表です。
さらに古くさかのぼる、イギリスはダルメイヤーのアドン
d0138130_1594158.jpg

バリフォーカルレンズで、レンズの間隔を変える事で画角が変化し(そのたびにピント調節が必要)となる
300ミリのF11ぐらいの望遠レンズ、レンズ構成は凸、凹の2枚構成の、ほとんど”ガリレオ”望遠鏡と同じ形式のテレレンズ。
d0138130_201424.jpg


これまた、手作りの発表名物、マウントメーカーのA井さん
ロシアの巨大なシュミットカセグレンタイプのミラー、1000ミリF11をEOSデジタルに組合さんとする苦心作
横のペットボトルと比べれば、その大きさは一目瞭然
d0138130_233331.jpg

EOSデジタルの、グリップ部の出っ張りと、ペンタ部に装備された内蔵フラッシュによるおでこの出っ張りを、
回避せんが為のテレコンバータ
d0138130_254040.jpg

この時点で、マウントアダプターによりコンタックスには使用可能も、
EOSデジタルではエラーが発生し、まだ撮影は出来ない由。
d0138130_2142254.jpg

しかし、この大きさに、メンバーは皆、興味津々
d0138130_281816.jpg


A野さんは、まだ体調不良が続いていて、残念ながら休みがち、テーマについても不勉強で、来て見て始めて知るとの事、ぜひ、この会報で、テーマをご確認いただきたいなぁ。
d0138130_211112.jpg

I阪さんは、いま、マイクロフォーサーズに興味大、
d0138130_2121824.jpg
d0138130_2123270.jpg

センサーの違いが写真にどう影響するのか研究中。
来月のテーマはデジカメなので期待しています

白髭さんも現役時代に使用していたロシア製ミラーレンズの500ミリF5.6
d0138130_2162690.jpg

このレンズには失敗談も、
フードを逆向きに被せることでコンパクトに収納しようとしたところ、フードが外せなくなった。
仕方なく、ミニ旋盤で、フードに割を入れて取り外しに成功。
また、通常のミラーレンズはF値がF8だが、このレンズは500ミリでF5.6
明るいので選んだのだが(経済的にもリーズナブルだし…)
d0138130_2234070.jpg

流石に明るい分、ピントの被写界深度が極端に浅い
絞り込んで改善を!と思ったが、ミラーレンズゆえ絞りはなし、
明るいレンズも、物によっては考え物。
ご多分に漏れず、ロシア物は動きが固い
このレンズもピントあわせが固く、ピント合わせの工夫に、フォーカシングハンドルを木から削りだし作成して使用していた
d0138130_2263765.jpg


d0138130_2222174.jpg

TORASANさんも、ミラーレンズには興味津々
現在、シャネルの3番シャッターに、ニコンのラバーフードを組み合わせ、
中判カメラを作成を企画中
d0138130_2283526.jpg


K本さんは、セレクトの競りにて入手の、キャノンFD200ミリを活用せんと、ヘリコイドから先をマウントから切り離し、M型ライカ用レフボックスレンズに改造したものを発表。
d0138130_2332869.jpg


GuGuGammo氏は、M42マウントで、ローライQBMマウントアダプター付きのオリンピアゾナーを持参
d0138130_2345927.jpg

このレンズの思い出は、某国際ジオ○ラフィックと同じ写真を欲した大学助教授が、写真使用を申請したところ却下されたので、
欲しい写真、ジャガーのお顔の正面のアップをGuGuGammo氏に
”あんなの、ネコの大きいヤツだから”とサファリパークに連れて行かれ、
”食事が済んだところだから大丈夫ですよ”と、サファリパークの職員に簡単に言われたものの
とても簡単に写す事なんて出来ない仕事だった、との事。

さて、先月、今月の視界の予定のM氏、先月は欠席で、必ず今月は、とのことながら、
階段落ちから、松葉杖生活になったとまたの欠席届けから、司会のピンチヒッターをこなしたキューちゃんは
すでにこのブログで発表済みの、ライカスクリューマウントに各社の一眼レフ用レンズを取り付けるアダプターに、
ナポレオン遠征軍の、野砲も斯くやと思わせる、クローズアップレンズ使用の望遠レンズ
d0138130_2441788.jpg

装着ボディはジャンクゆえ、このままでは撮影不能も、マウント脱着で、使えるカメラに変身可能とは、
平時に有っても、戦時を忘れぬ心がけも天晴れなり。
d0138130_2465336.jpg


この日は年内最後の例会、この後は忘年会が用意されておりました
d0138130_2481764.jpg

d0138130_249119.jpg

d0138130_2502729.jpg

d0138130_251823.jpg

d0138130_2512986.jpg
d0138130_252296.jpg

[PR]
夜来の雨風がうそのように晴れてきた午後、301回例会が始まりました
司会は、M井さんの予定でしたが、急用とのことでキューちゃんはピンチヒッター
d0138130_114783.jpg

参加人数は15人、御題はワイドアングルレンズ。どんなものがでてきますやら。
トップバッターは天気予報官Y氏
d0138130_123473.jpg
キャノンレンズで、実用焦点域をカバーするズームレンズに大口径のF2.8シリーズとF4の2系統がある、
マージャン用語にたとえて、F2.8シリーズを”大三元”
F4シリーズを、”小三元”と、言うとか言わぬとか。
d0138130_1233720.jpg

F2.8と、F4では値段に3倍からの開きがある。写真は17-40ミリF4、
といっても高性能、高価なL赤ラインレンズ
もう一方は、ブロニカ用ニッコール40ミリ、このレンズは秀逸で、
うわさではFシリーズの優秀なレンズで評判の20ミリをスケールアップしたものだとか。

ひでじぃは、発表はないのですが、会の最初に入手したイコフレックスに満足顔
d0138130_1331734.jpg

ファインダー上部にメーターの指針があるという優れもの。

ミモヤングレビッチはネットオークションで失敗したマミヤセコール21ミリF4
d0138130_1302070.jpg

M42のレンズと思いきや、監視用カメラ用レンズのようで使えない
d0138130_1312883.jpg


PUSH-PULL氏は既にブログで紹介済みのドアスコープ魚眼アタッチメントの自作とローライA26
d0138130_13673.jpg

ドアスコープ魚眼アタッチメントでは、写るはずの無い自らの画像が映っているという
不可思議な現象も発表された、PUSH-PULL氏、念写を会得か?
結局、落下防止手すりに写りこんでいる事が真相のようだと落ち着く
d0138130_139522.jpg


YASU氏はこちらも氏自身のブログにて発表済みの、ブラックペンタックスSVと、TELESAR35ミリレンズ
d0138130_1423036.jpg

d0138130_1424728.jpg

35ミリは、氏としては広角のうちに入るか悩むところ
しかし、前回持参のキャノンEX Autoに初の交換レンズとして35ミリを入手し、意気揚々

オモカメ国王国王
d0138130_1455130.jpg

3チャンは、ライカの交換レンズ(広角)が高価で買えなかった時代に花開いたワイドカメラを持参
d0138130_1473233.jpg

オリンパスワイド、ウェルミーワイド、カロワイド、マミヤワイドの4機種、
あと、デジカメ用のワイドフロントコンバーターにビックリ箱カメラ
d0138130_149359.jpg

デザイン、ロゴが笑わせてくれます

H井さんは、ハッセルのビオゴン搭載ワイド専用カメラ、SWAとSW
d0138130_1511560.jpg

d0138130_1535668.jpg

手前のレンズは4X5用のワイドレンズ各種
ツァイスパテントのロッス製造の141ミリF16やハイペルゴンなどなど。
d0138130_157125.jpg


N波さんはエンボイワイド
d0138130_1592071.jpg

d0138130_1593915.jpg

さらに今では幻の、コニカ WaiWaiワイド

N氏はオリンパス ペンワイドと、珍しい専用フード
d0138130_221246.jpg


白髭さんはキューちゃんから仕入れたベッサLとスーパーワイドへリアー12ミリ
d0138130_233558.jpg

この画角となると流石に使いこなしは難しい

GuGuGammo氏も、以前に紹介済みのスーパーワイドヘリアー15ミリ
Mマウントになって距離計に連動したが、その分ファインダー別売で、最初の同レンズとほぼ同じお値段
ファインダーが高価だが、眼鏡をかけて片目で見た画角がほぼ15ミリとわかり、ノーファインダーで使用中
(写真は割愛)

最後にキューちゃんは
d0138130_29322.jpg

こちらもブログで紹介済みの手作りワイドカメラと、廉価な魚眼専用カメラ
この魚眼専用カメラがよく写る。
ここで例会終了、三々五々カメラ店へ繰り出しいつものように二次会へ。

来月の例会後は、忘年会です
今月の欠席者で、来月参加予定の人は連絡をくださいね。

来月のテーマは打って変わって望遠レンズです。
[PR]
2年ぶりに上陸した台風一過の秋晴れの下、第300回の記念例会が午前十時から開催されました。
朝早い開催に、さて、何人が出てくるかと思いきや、予想外の人数が十時前から集まり
午前中の交換会の準備に精を出します。
記念例会と言う事もあり、会員全員の出席と言う快挙です。
がやがやと、交換会が始まります
d0138130_6908.jpg

d0138130_691988.jpg
d0138130_694478.jpg

交換会で、思い思いにカメラを品定め、普通では考えられないお値段で気に入ったカメラを手に入れました。
交換会もひと段落、記念写真です
d0138130_612863.jpg

記念写真の後は、お昼のお食事会
幹事さんたちの骨折りにより、立派なお弁当に舌鼓
d0138130_614166.jpg

例会発表の始まりです
例会発表に先立ち、オモカメ王国3チャンのカメラ人形のコレクションの一部をご披露いただきました
d0138130_6221279.jpg


d0138130_6223396.jpg


d0138130_6225778.jpg


d0138130_6231666.jpg

d0138130_62423.jpg

司会はH井さん、
例会発表に先立ち、会長キューちゃんの挨拶です
d0138130_6245379.jpg


ここで、申し訳ないのですが
今日は出かける予定がありますので、コメントは後ほど入れさせていただきます。
また、ご覧頂いた会員の方で、コメントを自由に入れていただいてけっこうです
編集から入っていただき、コメント下さいます様お願い致します。

d0138130_6274160.jpg


d0138130_6275784.jpg


d0138130_6281199.jpg


d0138130_6285753.jpg


d0138130_6291922.jpg


d0138130_6293547.jpg


d0138130_6295526.jpg


d0138130_6301386.jpg


d0138130_6303119.jpg


d0138130_6305620.jpg


d0138130_631829.jpg


d0138130_6314260.jpg


d0138130_6315757.jpg


d0138130_6324112.jpg


d0138130_6331413.jpg


d0138130_6333027.jpg


d0138130_6402182.jpg


d0138130_6405684.jpg


d0138130_6411483.jpg


d0138130_6414633.jpg


d0138130_642612.jpg


d0138130_6433169.jpg


d0138130_644392.jpg


d0138130_6441930.jpg


d0138130_6444210.jpg


d0138130_645615.jpg


d0138130_6462257.jpg


d0138130_6463768.jpg


d0138130_6465573.jpg


d0138130_647781.jpg


d0138130_6473298.jpg

[PR]