人気ブログランキング |

2014年 06月 15日 ( 1 )

さてワールドカップブラジル大会も無事開催の運びとなった6月、梅雨に入ったと言うのにカラリとしています。
でおっとり刀でやってきたミモパワ突然開放を…いや会報をPUSH-PULL様より申し付かりました。写真はPUSH-PULL様担当です。
手作りカメラ第356回例会_d0138130_232223.jpg

例会と言えばやはりこれが楽しみ3チャンの出店、みなさんそれぞれに意中の品をお求めに。

手作りカメラ第356回例会_d0138130_253211.jpg

会の進行は、どうも巡がややこしくなったらしく白髭さんが担当、来月からまた順に手分けしていきましょう
先月に引き続きオブザーバーでフジ〇様がご出席です。

今月のお題はフォーカルプレーンでございます
手作りカメラ第356回例会_d0138130_282026.jpg

トップバッターはYASU氏ご持参カメラはベッサR
レンズはジュピター3 50ミリF1.5
フォーカルプレーンシャッターの究極進化のメタルフォーカルプレーンシャッターです、とご持参。
シャッター幕がメタルなのでレンジファインダーでも幕が焼けることはありません
ただ、光がメタルフォーカルの隙間を抜ける恐れがあるので先幕は二重になっています。

手作りカメラ第356回例会_d0138130_2132018.jpg

K林さん、御題にあわせ持参されたのはゼニットS(ゼニットC)
このカメラ、ミモパワは大いに興味がありまして…
K林さんはこのカメラの説明のためにフェドもご持参頂き解説
ゼニットSのボディ横幅はフェドと変わりなく、ほぼ同じであろうシャッター機構を持ったままミラーボックスを組み込んでサイズが変わらないというのは
”機能が増えるんだから大っきくなっても仕方ないじゃんV”なんていう製品がたくさん居並ぶ中とてもすばらしいのでは無いでしょうか。
でこのカメラの交換レンズもミール37ミリF2.8、ヘリオス85ミリF1.5とご持参手元にはあの180ミリF2.8も在るそうですがカバンが破れそうなのでやめたとか…
これらはゼニットマウントと呼ぶのでしょうか、ねじのマウントのサイズは39ミリながらライカのL39とはフランジが異なるので注意が必要。

レニングラード
これは良く壊れるとレッテルを貼られてしまっているが、それは使う側の問題で、大概は空打ちするのが故障の原因だとか、巻き上げスプリングの力がもろにシャッター幕のリボンにかかってしまうのでくれぐれも空打ちされないようご用心と。

プラクティカVLC
こちらはメタルフォーカルプレーンのシャッター搭載の一眼レフ、結構頑丈なカメラ(シャッター)なんだとか
またこのVLCはシリーズの中で高級機でプリズム脱着可能、電気接点での絞り情報伝達でメータードファインダーも用意されていたそうな。

アルマス103
これはロシアのLOMO製のソビエト最後の一眼レフにあたり見た目がニコンF2にそっくり、書物によると104と言う機種もありこちらはメータードファインダー搭載でますますF2に瓜二つになっていくそうな。
シャッターはコパルに似たメタルフォーカルプレーンシャッターながら作りはかなりガタガタらしい…
手作りカメラ第356回例会_d0138130_241343.jpg


手作りカメラ第356回例会_d0138130_2422861.jpg

天気予報官Y氏はレオタックスを2台持参
ひとつは後期型になるレオタックスFV、レバー巻上げ1/1000搭載
もうひとつはレオタックスK スロー、セルフ無し1/500搭載
日本のカメラめーかーがライカに追いつこうとしながら、果たせなかったフォーカルプレーンシャッター機のオムニバスとして持参
もうひとつ、PCニッコール28ミリF3.5
シフトレンズの高いほうになり、高価ゆえ冬至はあまり売れなかった模様
保証書も未記入のきれいなものを以前に入手していたものをご持参いただきました
ニコンではオールドニッコールはAi以降のみ紹介されていて、これはデジ一にはAi以前はカメラにつけれないためだが、このPCニッコールはまったくのマニュアルレンズになるのでAi以前のレンズながら絞り伝達機構の制約が無い分デジ一にもつきます。

手作りカメラ第356回例会_d0138130_2504296.jpg

PUSH-PULL氏は青春をともに駆け抜けたニコンF2を持参
もともとは兄上氏のものを借り受け使っていたらしいのだがあるとき盗難に会い、代わりとして購入
しかしそのまま手元に在るのだとか。

手作りカメラ第356回例会_d0138130_2551241.jpg

オモカメ王国国王3チャン
売り物で持参されたラージフォーマットコムラー300ミリF6.3リンホフボード付きを発表
鏡銅が白いのはあまり見たことが無いそうです。
そしてオモカメ国王面目躍如、ローライ風スピーカー
ラジオかと思って買ってみたそうですが、正体はスピーカー
USB電源付きのスピーカーでした。

手作りカメラ第356回例会_d0138130_34346.jpg

白髭様は若いころ入手したキャノンⅡDが調子が悪いのでばらしてみたものの戻らなくなり
組み立てを目指しもう一台を入手手本にすべくばらしてみたところこちらも...
K林総合病院は現在万床なんだそうで...

手作りカメラ第356回例会_d0138130_391485.jpg

H井さん
初めてみる機構(シャッター秒時設定機構)のカメラをしばらくなぶっていたそうです。
フォクトレンダーのヘリアーカメラで、フォーカルと旧コンパーのダブルシャッターのカメラだそうです。
フォーカルプレーンシャッターの基本機構の解説があり、バルナックライカの2軸の意味が良くわかりました。
次はホワイトボードでレクチャーしてください。

手作りカメラ第356回例会_d0138130_8461511.jpg
N氏
アーガスのレンズをEOSにつけるアダプターを作成
標準は問題ないが広角レンズはアダプターが”凹み”のためピント調節に爪楊枝が必要
EOSからさらに市販のヘリコイド付きMマウントアダプターにつけるのでそれだと問題ない。


大林氏
このブログで発表済みのピストルグリップは忘れてきました。
LUMIX FZ200にテレアダプター1.7Xを取り付け、1020ミリ相当で神戸空港の飛行機を手持ちで撮影したプリントを持参。他にもエロうらやましいプリントが...

手作りカメラ第356回例会_d0138130_3264132.jpg

ひでじぃは、フランスで若いカップルから直接購入したブラックコンタックス
K林病院で完調に

手作りカメラ第356回例会_d0138130_338205.jpg

N口氏はハーフミラー利用の立体カメラ装置を自製
ひとつはミラーを投下した像を撮影、もうひとつはミラーで反射した像を撮影
それぞれのカメラの位置をずらし立体撮影、立体撮影距離のカメラ間隔をカメラの大きさを気にせず調整できるものです。
反射像は逆像ですが、デジタル処理で正像に変換するんだそうです。

手作りカメラ第356回例会_d0138130_3295651.jpg

オブザーバー藤〇氏はなんとみなが驚くニッカⅢF、黒帯ニッコール5cmF2、ケースまでついて驚きのお値段でご購入。
ああ、そんな良いことが私にもいつか起こらないかなぁ...(ディズニー調で)

手作りカメラ第356回例会_d0138130_3323648.jpg

N波氏はニコンS4を持参
フィルムが高くなってきて困っていますがまだまだフィルムでがんばるとのこと。
がんばりましょう!!!

手作りカメラ第356回例会_d0138130_334487.jpg

H本さん、今月もご出席!

手作りカメラ第356回例会_d0138130_3431867.jpg

えー私ミモパワはY氏と重なってしまいましたが持参カメラがレオタックスT
セルフなしの1/500搭載です
レンズのヘキサーが欲しくてヤフオクで手に入れたものです。
キャップを落としたのですが根性で救出しました。

手作りカメラ第356回例会_d0138130_3345237.jpg

締めはキューちゃん、自慢のシルバーライカ、グッタペルカが汚くて、なかなかきれいにはがせず、ボディシェルをなべでぐらぐら煮込んだとか
よい出汁がさぞ出たことでしょう。

え~、最近調子が上がらず、集中力も無いレポートになってしまいました。
代打ですのでご容赦くださいませ。
それ打ではまた来月~。さよなら、さよなら、さよなら。