人気ブログランキング |

2013年 04月 12日 ( 1 )

予報官 Y です。
APS-C レンズをフルサイズデジカメで使うと・・・・の第2弾です。
カメラはNIKON D700 & AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-EDです。
まず最短焦点距離の12mmでは、四隅は完全にケラレが生じ、上下がカットされた円形に写りますし、フードを付けるとさらにケラレる範囲が増加します。
NIKON D700で DX12-24mmレンズを使ってみました_d0138130_10131939.jpg
NIKON D700で DX12-24mmレンズを使ってみました_d0138130_10135034.jpg
NIKON D700で DX12-24mmレンズを使ってみました_d0138130_1014129.jpg
NIKON D700で DX12-24mmレンズを使ってみました_d0138130_10142928.jpg


15㎜でも四隅はまだケラレが残りますが、フードの影響はなくなります。
NIKON D700で DX12-24mmレンズを使ってみました_d0138130_1018241.jpg
NIKON D700で DX12-24mmレンズを使ってみました_d0138130_10181777.jpg
NIKON D700で DX12-24mmレンズを使ってみました_d0138130_10183346.jpg


18mm:ここまでなら多少周辺光量は落ちるとはいえ、ほぼフルサイズのレンズと変わりありません(周辺光量落ちをカバーするような設定も可能です)。
NIKON D700で DX12-24mmレンズを使ってみました_d0138130_10193531.jpg
NIKON D700で DX12-24mmレンズを使ってみました_d0138130_10194893.jpg
NIKON D700で DX12-24mmレンズを使ってみました_d0138130_1020141.jpg


結論から言えば、やはりフルサイズ機はフルサイズ対応のレンズを使うべきでしょう、とくに作品として外部に発表あれる方はなおさらです。
DXレンズは一眼レフ入門レベル(CANON EOS・KissとかニコンのD3000 )での使用が賢明と思います、大きて重いフルサイズデジカメで使用する意味はないと考えています。
両メーカーともAPS-C レンズは、スケールメリットも考えると、あまり種類を増やすことはしないと思います。
せいぜい安価な標準ズームか高倍率ズームに特化するような気が・・・。
by tedukuricamera | 2013-04-12 10:30 | 写真 | Comments(4)