人気ブログランキング |

2011年 04月 30日 ( 1 )

今年になって私の中でにわかに盛り上がる二眼レフカメラへの思い。
しかし、ずい分前に手に入れ、それなりに使用していたローライフレックスではありますが、最近のカメラに比べて暗い正方形のファインダーに気が滅入ることがありました。
そこで先々月、以前にS川さんに頂いていたマミヤRB67用スクリーンを加工して入れ替えました。

そうすると、ずい分明るくピントルーペを出さなくてもピント調節ができるようになり、最近とみに良く持ち出すようになりました。
今回写真はそんなカメラを自分の手足のように使いこなすためにと色々試行錯誤の一端です(笑
二眼レフ・・・by yasu_d0138130_181366.jpg
地面に置いて撮ればこんな感じになるのか?


誰かが何かに書いていましたが、ローライ二眼レフはライカに勝るスナップシューターとしての資質を備える・・
その極意は如何に
二眼レフ・・・by yasu_d0138130_1852855.jpg
レンズシャッターであるが故の静粛性と、撮影対象と現物の自分のマナコが交錯しないその撮影スタイルによる非攻撃性に対象は身構える事が比較的に少ない事にあると思われます。

さらに我、OTCの重鎮である鉄のH井さん直伝の、二眼レフは置きピン・及び目測基本の原則に則ればこれほど近くとも気付かれもしない。
それで現像すれば35mmフィルムの約4倍の大きなフィルムに結像している、若い女性の肌のきめ細かさ等、その情報量は半端ではないのです。

最近フィルムの種類も減少傾向にあり、デジタルに追いやられる運命を変える事は出来ないでしょうが命ある限りアナログカメラとその写真を楽しめるよう願って止みません。
なんせ、今頃使いこなす訓練を始めたんですから・・

at Rolleiflex2.8C with C.Z Planar80mmf2.8