人気ブログランキング |

2011年 04月 14日 ( 1 )

...とびっくりされたのでネタとしては面白いのではないかとアップします。


さる筋では昔から知られていたようですが、コーヒーには写真用現像液に使われるハイドロキノンが含まれており、コーヒーでフィルム現像ができてしまうとのことでした。他にもL-アスコルビン酸、要するにビタミンCでも現像ができると...ほーお、面白いっ!(ちょっとGammoさん調)ということでやってみました。


材料(ここのサイトにあるレシピを参考にしました) ※現像液1Lあたりの必要量です

・重曹を焼いたもの(無水炭酸ナトリウム) 54g/L
・ビタミン-C粉末(サプリメントのC1000なんとかでもいいらしい) 16g/L
・ブロムカリ(臭化カリウム) 1g/L
・インスタントコーヒー(安い物でOK) 40g/L

重曹は安いはずですが元々近所のスーパーで掃除用に買ったのが台所にありましたので値段不明。ビタミンC粉末は心斎橋のダイコクドラッグで100g990円。インスタントコーヒーはダイエー・トップバリュで200g390円。ブロムカリだけ写真用薬品として千日前ビックカメラで買ったもので50g330円です。これでしこたま作れそうなのでコスト的にはかなり安い!

これを順に水に溶かして、20℃にしたもので15分、攪拌現像します。実際には1Lも作らずいきなり必要最低量290mlにしましたが結構水の温度高めでしたので氷水で冷やして22℃で14分としました。

結果はこのように、極めてフツーに現像できてしまいました。撮影時にY2フィルターをつけていたので元々コントラスト高めのようです。カメラ/フィルムはミノルタX-700にW.ROKKOR-HH 35mm F1.8、フジPRESTO400(Gammoさんからのいただきモノ最後の一本)です。

Caffenol #1

Caffenol #2

Caffenol #7


定着は普通にフジのスーパーフジフィックスを使いましたが、海水でもできるらしいので改めて挑戦したいと思います。ありきたりのフィルム現像に飽きたら、ぜひ!