人気ブログランキング |

2010年 07月 24日 ( 1 )

下町のDPE屋さん事情?・・・・・・PUSH-PULL_d0138130_95775.jpg
ファイル形式
先日京都で集まりがあり、そのモニター写真を複数枚プリントしようとスーパーの中にある写真屋に出かけた、今時の写真屋はカメラとはおよそ無縁でプリントだけが商売、しかも機械相手にデジカメのメディアを入れて注文する

ところが私の持ち込んだメディアが読み込み装置で受け付けてくれません、今回はNikonで写していたのでコンパクトフラッシュ、お店の中にあるマシンで調べて貰ったのだがファイル形式がおかしいとか・・・

家に戻って再びMacでチェックするも何の問題もなく画像は全部jpg、もちろん写真はトリミングやカラー調整をしていて集合写真は文字入れをしている、念のためにタイトルを書き換えていたものはすべて半角英数に書き直した

再び出かけたがまただめ、メディアがだめなのかと今度はSDカードを初期化してから画像を入れて持参するも拒否、店員の女の子はあまり詳しくなさそうなので質問はあきらめ、直ぐ近くのヤマダ電機に切れかけのトナーとプリント用紙を購入し、時間をかけて何十枚もプリントすることになってしまったのだ

日が変わってブログにアップした鶴橋撮影のネガを、同じお店に現像を頼みに持ち込んだら見たことのある兄ちゃんがいたので先日のことを相談

彼からの返事は暫くDPEを頼んでいなかった私には驚きであった、少し前までどんなメディアのファイルでも受け付けていたのだが、フォトアルバムだの色々な機能を取り入れだした頃からメーカーはファイル形式を制約してしまったそうです

細かいことはよく判らなかったのですが、同じjpgでもカラー調整をしたり文字入れをしたりした画像は全部拒否、おまけにデーターの重たい高画質もだめだそうで、かろうじて受け付けるときがあるのはトリミングのみらしい

彼曰く「色々今の機械は問題があるのでそのうちどれでも読み込むようになるのでは」、一つだけ進化していたのはCDに焼き込む画質が、以前に比べるとだいぶ良くなっておりました

現在のお店のDPEの機械は私にしたら便利なようで最悪の状態になってしまっていたのです、このあたりの事情に詳しい方いらっしゃらないでしょうか?
by tedukuricamera | 2010-07-24 09:13 | 情報 | Comments(5)