人気ブログランキング |

2010年 07月 22日 ( 1 )

僕の工作室
8月の手作りカメラ例会テーマ「工具、手作りマウント、その他何でも」に基づき、僕の工作室と題して発表することとします。
マンションの一部屋の隅っこに設けられた小さな机、横には6個の引出しのある台、そして、その上には手作りカメラの製作とカメラの修理に必要な工具類を、ガラスコップや鉛筆立てに詰め込んで、いつでも直ぐに取り出して使用出来るようにしてあります。
写真 ① 工作室のある部屋の全景。
僕の工作室*****キューちゃん_d0138130_9135119.jpg

写真 ② 片隅の工作台。
僕の工作室*****キューちゃん_d0138130_9161344.jpg

写真 ③ プロクソン電動ドリル。
僕の工作室*****キューちゃん_d0138130_9183853.jpg

写真 ④ 工具類。
僕の工作室*****キューちゃん_d0138130_9194931.jpg

写真 ⑤ 大きな引出しの中の工具類。
僕の工作室*****キューちゃん_d0138130_9213617.jpg

写真 ⑥ 小さな引出しの中の工具類。
僕の工作室*****キューちゃん_d0138130_9225021.jpg

写真 ⑦ 工具箱に入れてある工具類。
僕の工作室*****キューちゃん_d0138130_924438.jpg

以上の通りですが、実際に数えたことはありませんが、その数といえば、ドライバーだけでも200本以上。
ピンセット20本、ペンチ大小合わせて30丁はあるでしょう。その他もろもろの工具類を合わせると、ナント
2畳分のカーペットの上に並べても、はみ出る程の工具類です。
若い頃から日本橋の工具店や金物店で、目に付いたものは即購入するといった買い物好きで、使用目的に合わせた工具ばかりです。
また、カメラ修理に欠かせないものの一つとして、かに目の分解には、各種大きさのドライバーをダイヤの鑢で削り、自分で作った物も多数存在します。
カメラの修理をするにも、手作りカメラの製造にしても、やはりそのものに合わせた工具が必要になりますから、いくら数が多くても、種類がたくさんあっても、いざという時にはその威力が発揮できるのではないでしょうか。いずれ例会の発表の際には全ての工具の写真を見て頂きますからどうか宜しくお願い致します。
全部持参するには軽自動車が無ければ無理ですね。
by tedukuricamera | 2010-07-22 09:44 | 情報 | Comments(5)