人気ブログランキング |

2010年 06月 26日 ( 1 )

3D カメラとビュアーの製作
クラブの7月例会のテーマが「ステレオカメラ、ビュアー、立体なら何でも」と言うことで、あまり得意としない分野でしたが、何とか面白いステレオカメラとビュアーを作成して、皆をアッと言わせたかったのです。
しかし、只単に今までのステレオ写真を見るのではなく、デジタルカメラを使用してプリントアウトせずに、撮影後直ちに見られるようにすることが、私の考えた末の発想となったのであります。
またもう一つは、デジカメプリントをリバーサル形式にして、バックライト方式で明るく見られるステレオビューアーにもなるようなアイデアを考え付いたのであります。デジカメ撮影した画像を紙に焼くのではなく、OHP用のフイルムにプリントすることで、立体画面がそのまま見ることが出来ます。
注 平行法とか交差法とかはまるで知りませんが、右のレンズで写したものを右目のレンズで、左のレンズで写したものを左目のレンズで見ると、ナント飛び出してくる立体画像が簡単に見られます。
手作りのステレオビュアーの写真。
3D カメラに挑戦*****キューちゃん_d0138130_103791.jpg

撮影に使用したカメラの写真
以前に購入していあった CASIO EXILM EX-Z700 7.2Mの番号が接近していたものをステレオ撮影に使用することにしました。
3D カメラに挑戦*****キューちゃん_d0138130_10103892.jpg

3D画面を見る①
撮影後のデジカメのディスプレーをそのままで、ビュアーで覗く。
3D カメラに挑戦*****キューちゃん_d0138130_1015774.jpg

ディスプレーの画像
3D カメラに挑戦*****キューちゃん_d0138130_10155011.jpg

3D画面を見る②
OHP用のフイルムにプリントしたものを LIGHT BOX のバックライトで覗く。
3D カメラに挑戦*****キューちゃん_d0138130_10204512.jpg

ライトボックスの画像
3D カメラに挑戦*****キューちゃん_d0138130_10212147.jpg

以上のようにテーマにもとづいて作成したステレオビュアーとデジカメ2台による3D写真の鑑賞が出来ましたが、デジタルカメラのディスプレーをそのままで鑑賞するのは、私としても始めての試みでした。また、デジカメプリントをOHPのフイルムにプリントアウトするのも、一つのアイデアだと考えています。
結論として考えられるのは、今流行のハイブリッド方式だとも考えられませんか?????。お粗末。
忘れていましたが、カメラを2台繋ぐために考えたのが、止めネジのビス部分のみを利用して、ピッタリと平行になるように工夫しました。
写真参照 止めネジ部分のビスと調整のためのワッシャー
3D カメラに挑戦*****キューちゃん_d0138130_10495859.jpg