人気ブログランキング |

2010年 06月 15日 ( 1 )

針穴で立体写真に挑戦・・・・・・PUSH-PULL_d0138130_10201065.jpg

針穴で立体写真に挑戦・・・・・・PUSH-PULL_d0138130_10202639.jpg
テーマの合体
今月のテーマが針穴写真だったのだが、発表した作品を仕舞う前に来月のテーマ「ステレオ写真」に挑戦することにした、以前はリアリストサイズのステレオカメラで色んなモノを撮影しビュアーで楽しんでいました、しかしリアリストカメラでは大好きなマクロ撮影が出来ない

そこで始めたのがマクロレンズ撮影での横移動、ステレオ写真のお作法ではフレームからこちらに飛び出してくる写真は「お下品」とされている、つまり額縁の後ろでの立体がヨロシイのだが、見るには疲れるがこちらに飛び出してくる方が面白い

で、その上品とされる被写体とレンズ間の関係ですが1/40あたりがヨロシイ、人間の眼の間隔が平均65mmあたり、つまり2m〜3mあたりの距離が一番見やすいと言うことになる
レンズの間隔を被写体の距離の1/40より短くすると画像が飛び出してくる、逆に広げると立体感が希薄になる

つまり花などをアップで撮影しようとすると、40cmの距離だとレンズの間隔が1cmと言うことになり市販のステレオカメラでは撮影出来ないと言うか接写には不向き、さらにマクロ撮影になるとレンズ間隔がミリ単位になるので、カメラをスライダーに載っけてほんの少し横移動

1枚目がかなりお見苦しいですが何とか立体視できました、赤青めがねで見る針穴アナグリフです、カメラを移動させて撮した2枚の写真の右の写真からR(赤)だけ削除し、左のR(赤)だけをコピーし右へペーストする、そして写真のズレを調整すれば出来上がりで、PhotoshopのRGBチャンネルを使えばあっという間に出来上がります、参考のサイトです
http://user.numazu-ct.ac.jp/~tsato/tsato/graphics/anaglyph/process/process_photoshop.html
色々フリーソフトが出回っていますが、MacOSX用のはほとんど出回っておりませんでした

2枚目は写真を2枚並べた並行法の立体写真で、指を一本立てて・・・云々は練習してください
針穴写真の近接でも充分立体になることが判りましたのがボケ過ぎ、天気の良い日の屋外でもう少し鮮明な写真でもう一度トライしてみます

NikonD70 穴の径2.5mmのつもり F186 ISO設定800 シャッター速度20秒

下の写真はニコンのAF MICRO NIKKOR 60mm F2.8 で撮影して作ったアナグリフ、解像度がまるで違いますね、赤青めがねでご覧あれ・・・「来た、来た、来た!」
針穴で立体写真に挑戦・・・・・・PUSH-PULL_d0138130_10204124.jpg

by tedukuricamera | 2010-06-15 10:32 | 写真 | Comments(6)