人気ブログランキング |

2008年 11月 03日 ( 1 )

リコーフレックス 3兄弟 ??? キューちゃんでーす。
暫く投稿も途切れていましたが、やっと投稿できそうな資料が集まりましたので、久し振りに皆様のお目に触れて見たいと存じ上げております。

過日大阪梅田の大丸百貨店で開催されました、中古カメラショーにて購入しました、ジャンクカメラの「リコーフレックスnewダイヤセイコーMX付」と以前にやはりジャンク並みの購入価格で手に入れた「リコーフレックスⅥ」及び「リコーフレックスミリオン」の3台を完全に使用出来る体制に修理して発表することに致します。

リコーフレックスnewダイヤセイコーMX付
リコーフレックス 3兄弟 ???_d0138130_19495623.jpg

このカメラは1957年3月にリコーフレックスダイヤに続いてて発売されたもので、レンズは3群4枚構成のリケノン80㎜3.5 シャツターはセイコー社MFX 1~500 ピント合わせはヘリコイドによる両手操作のレバー式を採用していました。フィルターとフードはバヨネット方式です。

リコーフレックス ミリオン
リコーフレックス 3兄弟 ???_d0138130_2005520.jpg

リコーフレックスミリオンは、1957年9月に発売された、ギヤーによるの前玉回転式の最終モデルで、ボテー側面にはホットシューも付き、シャツターも10分の1から200分の1までが付いています。

リコーフレックスⅥ型
リコーフレックス 3兄弟 ???_d0138130_209547.jpg

リコーフレックスは戦前のⅠ型から続いて、戦後の3型から定価6800円で発売され、プレミアか付いて人気絶頂のカメラでありましたが、フイルムの進化とともに、また、他の追従メーカーとの競争で、プレスボテーからダイキャストボデー、全群繰り出し方式にと転換して言ったのであります。

リコーフレックス3兄弟の写真
リコーフレックス 3兄弟 ???_d0138130_20181371.jpg


ここで、皆様にクイズを提供しますが、カメラ愛好者であれば、直ちに正解されるものと思い、愚問を恥じ入る次第でありマース。

以上3兄弟のうちで、只一台たけは生まれたままの完全なオリジナルではありません。さて、このカメラはどれでしょう?????????。この子はどれでしょうね。