人気ブログランキング |

2007年 12月 28日 ( 2 )

昨日で仕事納めをして本日から正月休暇に入っております。
今年も色々ありましたが何とか年は越せそうです。
皆さんはどんな年でしたでしょうか?

私は今年の締めくくりにこんなカメラを買っちゃいました。ご存知の方も多いと思いますが、東京光学製造のPrimo-Jrです。ベスト版フィルム使用の4×4二眼レフカメラです。今年最後のお買い物_d0138130_1432986.jpg
付いてるレンズが、名玉Topcor!
作りも手抜きなく6×6二眼レフよりコンパクトなだけに精密感がより強く感じられていい感じです。
私の買ったものはベビーローライを意識した女性用?グレーモデル。
難点は使用フィルムが日本では絶版になってしまったベスト判フィルム127って事。
でも今では120ブローニーから巻き替えて自作の方法もwebでは懇切丁寧に出ています。
だからブローニーがある限り安心。偉大だなぁブローニーフィルム!今年最後のお買い物_d0138130_14513692.jpg

今回はスプール欲しさにドイツMACOPHOTO製 UP-100(モノクロ)を1本714円も出して2本買いました。この正月に撮影を楽しみたいと思います。
また画像アップしますので皆様こうご期待!!

yasu
デジスコ_d0138130_10241066.jpg
デジスコとは最近カメラ雑誌で目にした言葉です。何だろうと調べてみましたら「デジタルカメラ」と「スコープ」をくっつけたものです。
一眼レフカメラと800ミリや1000ミリの望遠レンズで野鳥などを撮影しようとすると莫大な費用がかかります。それで小さなデジカメにスポッティングスコープをくっつけて望遠写真を撮影しようというものです。うまく行くものかテストしてみました。
スポッティングスコープではありませんが双眼鏡でも同じことなので ペンタックスの7×50の接眼部分に ソニーのサイバーショットのデジカメをくっつけてみたのが写真です。市販のスポッティングスコープにデジカメを取り付ける 専門の部品も販売されているのですが 手作りカメラの会員はそれでは面白くありません。「スリックプレート」(一台の三脚に二台のカメラを取り付ける板)にデジカメと双眼鏡を取り付け レンズと接眼部分をくっつけて撮影すればいいだけです。実際はデジカメを望遠の状態にして 双眼鏡の接眼ゴムになるべくくっつけ 画面を見ながら双眼鏡のピントを合わせるだけです。もちろんなるべく光軸がずれないようにすることが肝心ですが。デジカメや双眼鏡に三脚取り付けネジ穴がない場合はちょっとやっかいですが 幸い両方にありましたから簡単でした。
撮影の結果うまくゆくことがわかりました。この組み合わせで約800ミリの結構使える画面が撮影できます。高級一眼レフと何十万円の望遠レンズにはおよびもつきませんが 安くて軽い望遠カメラが登場です。しかしいかに軽くても800ミリともなればブレがひどいので 頑丈な三脚が必要です。またデジカメの画面を見ながらの撮影なのですぐにバッテリーが上がってしまう為なんらかの対策が必要ですね。

白髯。