人気ブログランキング |

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ

 中国を中心にコロナウィルスが蔓延しつつある中、ウィルス何するものぞ、とカメラ大好き人類が集結しました。
さぁてどんな話が出てくるやら。
でも、手洗いはしっかりいたしましょう。

慈照氏

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_19404997.jpg

〇キャノネットQL17のトラブル記

此の月(二月如月)の初め、純正カメラケース(革)にコニカエレクトロン純正ビニールひもを取り付けキャノネットQL17を首からかけトボトボ徘徊しながらフィルムの入っていないカメラのシャッターを出鱈目に押して放蕩無頼の興趣に浸ること小一時間其のうちにシャッターの音が聞こえない様な気がして徘徊一時停止道路際により車を避けながらガチャガチャすかすかと空しい一時を過ごしました。

日は改まって静音カメラのレンズを取り外し絞り1.7シャッター速度B原因不明左右四肢障害の両手でシャッターを押し四十数年秘蔵のジッポーオイル缶より取り出した秘薬液に浸した綿棒をランボーにシャッターと思われる部分をグルグルゴシゴシ時々バリ等と至福の時間はニ三時間其のうち有音カメラとなりました。

ここにきれいなケースに入ったカメラを披露いたします。

如月7日 徘徊老人照生記す

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_19405618.jpg

3DCAM

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16520969.jpg

3眼レフ:フォクトレンダーのステレフレクトスコープ+マミヤロールホルダー、

ヘリアー75mm F4.5 コンパー TB11/250 ・ 実画面52×127 120フィルム

ステレオ写真好きの知人からマミヤのロールホルダー付きのステレフレクトスコープを頂きました。家に帰り手持ちの「ステレフレクトスコープ」ロールホルダー付と比べてみたらボディは偽物です!ロールホルダー以外は本物との触れ込みでしたが、裏蓋を開けたらアンバー色のアルミ角パイプが見えビックリです。

前面のレンズブロックとファインダーフードのみがオリジナルの製品で、残りは手作り品です。

分解してしばらく放置していましたが、改めてよく見るとレンズブロックとボディの遮光をうまく処理すれば使えそうです。遮光はラシャ紙を重ねて使えば簡単に出来ます。

厚みの違う遮光紙(0.13mmと0.27mm)を用意してG17と液状のりで作業開始です。蟻型の噛み合わせレールをボディ内側からビス止めして、レンズブロックを接合します。

ロールホルダーの巻上ノブは平面長確保の為に順巻きを逆巻きに改造してあります。

圧板は受け金具の位置を変え延長、12cmの手製品です。実画面52mm×127mmです。

試写すると光線洩れがひどいです。ロールホルダーの開閉部を何度も手直しして試写を繰り返しました。ひどいところから順番につぶしていき、最後に樹脂接合部からの光漏れを発見しました。エポキシ樹脂は本来は透明で、表面を塗装しても遮光はできません。

接着面の樹脂が塗装されていたので気付か無かったけれど、接合部からの光漏れが特定できたので、その後は黒の薄付けパテで処理しました。試写でフィルム5本をロスしました。

 3眼のレフレックスビュー部分はミラーを45°に設定、隔壁は遮光紙で本物とほぼ同じ寸法で完成しました。3眼とも無限大のピントは出ています。重量は本物より120g軽く1180gです。逆巻きの為、バックラッシュが発生しフィルムの出し入れは暗室作業となり大変不便です


〇超ワイド6×9ハンドメードカメラ ・ オランダより購入

ツァイスの6×9ボディに 47mm/F8のスーパーアンギュロンが付いた6cm×9cmの超ワイドカメラです。実画面55×85 ・ シンクロコンパー B, 11/500 ・ 840

写角は94°、35mm版に直すと20mmです。有名なルサールのファインダーがピッタリです。特製のヘリコイドが付いています。

eBayで見つけ、恐らくプロの写真家が特注してこしらえたものと直感、即購入しました。プラウベルのベリワイド(写角97°実画面55×927枚撮り)と同じレンズです。ベリワイドに比べ画面は少し小さいけれど軽くて実用性の高いカメラです。

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16521363.jpg

K林氏

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16533588.jpg

〇ゲルツ ミニコード

 2眼レフ最小、オーストラリア製、レンズはヘリゴールF2/2.5cm

シャッター音がすごく小さい、二眼レフでは最小のカメラではないか?

〇フレクサット オートマット

メオプタ ベラ―F3.5/80mm チェコ製のおしゃれな二眼レフカメラ。購入当時はまだ珍しく高値で取引されていました。

〇ヤシカマット ルマクサーF3.5/80m

レンズは4枚玉のようで良く写るらしい、製造メーカー名はヤシマ。

〇リコーマチック44

リケンF3.5/6cm スーパースライドサイズの二眼レフ プログラムEEシャッター

プラスティックのレンズカバーは、ファインダーフードを起こすレバーを操作すると前に倒れて開き撮影態勢になる

〇ローライフレックス オリジナル

 テッサ―F3.8/75mm 以前にコレクターズニュースの粟野氏に譲っていただいたものです。オリジナルのレンズキャップが

〇カロフレックス 

 薬品会社として知られるコーワの2眼レフ、プロミナーF3.5/75m

かなりがっしりしたボディです。

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16535992.jpg

N波氏

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16550402.jpg

〇ミノルタオートコード

 昨年10月ごろに入手

 昭和30年代前半に立山に山スキーをしに行った際に、同型カメラをヤッケに入れ持っていきましたが。邪魔になって往生した思い出があります。長い間使っていたのですが、何かのカメラの下取りに出してしまいました。ひょんなことから昨年再入手。レンズフードにローライのものがぴったり合うので付けています。撮影し焼き付けてもらったのだが、最近はデジタルで読み込み、カラー紙に焼き付ける為かどうもコントラストが出ません。

〇ダイアックス 

カメラを整理しろと言われ、整理していて出てきたのがこのカメラ、小さくてかわいいレンズシャッター目測カメラで今までフィルムを入れたことは無かったのですが初めてフィルムを詰め1枚シャッターを切ったところです。

フィルターに何かないかと探すとオリンパスペンのフィルターがぴったりと付き、フードもどうだろうかと探すと、オリンパスワイドのフードがこれまたぴったりで切り欠きの部分が絞りの数値も見えるのでちょうどよい。ファインダーは小さいのでレンズは45ミリですが50ミリファインダーをつけています。

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16550894.jpg

オモカメ王国 国王3ちゃん

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16561515.jpg

ヨコ型二眼レフ

トヨカ35 (戦後発売)

メイスピー35 (戦前発売)

オモカメ

その昔、アメリカに輸出して外貨稼ぎになったと聞きますが実際はどうでしょうかね?

フレンド 二眼レフ (びっくりカメラ)

プリンス 二眼レフ (びっくりカメラ)

カメラの前でポーズをとると、シャッターを切ったとたん、レンズから毛虫のようなおもちゃが飛び出しびっくり!

中国製巨大二眼レフ、珍品 ヤルーレフの写真持参

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_17040545.jpg

ひでじぃ

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_17042973.jpg

イコフレックスが2台ありまして、うちへ来てからはは未使用品で(笑)

イコフレックス 

テッサ―F3.5/75mm シャッターのチャージ方法が判らない、巻き上げに連動しているようだが。。。

イコフレックス ファボリート

テッサ―F3.5/75mm セレンメーターは生きています。

近鉄特急12200系 日本最後の座席喫煙可能な列車が131日に姿を消すことになるので最後の日に乗ってきました。喫煙可能列車旅を楽しんできました。

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_17050174.jpg

ミモヤンG

〇ヤシカフレックスD(グレー) ヤシコール80ミリF3.53枚玉)

ヤシカフレックスDはクラシックカメラを意識しだした頃に手に入れたカメラでそれは普通のブラックの貼革の物でした。今回持参のカメラはその後に見つけたグレーバージョンです。貼革は青バージョンもあるようです。

〇オリンパスフレックスⅠ F.ZUIKO F.C. 12.8 f=7.5cm(6枚玉)

 六枚玉のF.ZUIKOに惹かれたのですが、このレンズはほとんど傷んでいるものが多い。

 このカメラもオークション画面でレンズが比較的ましに見えるものを落札したのですが、やはり白濁していました。クリーニングしてもらってもあまりきれいにならなかったが一度フィルムを通しました。やはり軟調の写りでした。純正キャップがちょいと自慢。

〇ペンタックスSL 黒

 先月例会後にペンタックスSLブラックボディを見つけました。SPかと思いつつ手にするとメーター無しモデルのSLでした。巻き上げレバー背面の軍艦部に塗装の痛み、他各部に擦れ、最も大きな瑕疵はペンタ部後陵にあるへこみ。そのためジャンクで1000円。ですがファインダーはペンタプリズムの痛みも見えず、シャッターも稼働しているし幕もきれい。先ほどの軍艦部のへこみも大きく気になることはない程度。

その昔、この会で今井商店からブラックのローライフレックスSL35を購入し気に入っていたのですが、カメラ整理中に家内が手伝うと手を出してくるのを制止したにもかかわらず、よりによってそのSL35の上にほかのカメラを落下させられて、ペンタ部は大きくへこんでしまい、その姿はあえて言うなら顔面の頭部を銃弾で吹き飛ばされた様。ローライフレックスSL黒は泣く泣く手放しました。それに比べれば今回のペンタックスSLブラックの凹みはまったく我慢できるレベルです。

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_17054417.jpg

カメラ薀蓄はなし

〇ローライフレックス3.5E プラナー75mmF3.5

2.8Eのプラナー80ミリは、焦点距離が5ミリ長いだけで望遠よりとなりあまり好きではない。たとえて言うなら35ミリ一眼レフ標準レンズの50ミリと55ミリの違いですか。

 純正ストラップを会員の3DCAM氏から頂いて重宝しています、二眼レフはやはりストラップがないと使い難い。

 プラナー2.82.8C辺りのものは良く曇ったレンズを見かけたものだが、修理屋さんがスペアのレンズを持っていて玉を交換し、交換した後のくもり玉を安く売りに出されたりしていたこともありました。

〇二眼レフ用ピントフード

国産のアクセサリーメーカーのもの2種類とローライ純正品

 ファインダーフードにかぶせ遮光性を高め視認性を上げるアクセサリーだが、使用されているところを見たことがない。使おうかと言うのではなく革を他に転用しようかと入手したものです。

〇アンスコメモ トロピカル 1927年製

ラピットフィルム使用のシングルフレーム(18X24)で24枚撮りを入れると倍の50枚ほど撮影出来るのでツーリストカメラ(旅行用カメラ)として人気があった。これは固定焦点だがフォーカシングできるものもあった。

アンスコメモは革が張られたものがほとんどだが、これは木の表面をニス塗りで仕上げ、金具も金いろのカメラ。だがあまりトロピカルとは言われないが。。。トロピカルと言われてもええのになぁ。。。

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_17073516.jpg


名前
URL
画像認証
削除用パスワード