好きやねん 大阪カメラクラブ 第1回(通算第401回)例会 会報

2018年3月、いよいよ快の名称変更後第1回目の例会スタートです。

では、今回も照生さんからスタート


貧乏な新生大阪手作りカメラクラブを改めて、好きやねんカメラ 大阪倶楽部の会員による、ネガカラーフィルムの現像とスキャンについて、事情報告。

参考資料:完璧にリストアした(2月末の倶楽部ブログに掲載)AGFA OPTIMA II S にフジカラーを詰めて撮影の1枚。

現像所:フィルム現像所『トイラボ』

135カラーフィルム現像 @540 スキャン詳細 1 ファイルあたり

TIFF W3088×H2048 30MB @1620

16BASE W3088×H2048 2.8MB @1081

4BASE W1544×H1024 1MB @540

ネットサイズ W772×512 270KB @0

JPG W1800×H1760 530KB

『トイラボ』の注意でネットサイズのスキャニングは、プリントには不向きとのことですが、貧乏な上に無頓着な某会員は、当然の様に@0を選んでいます。

......とのことですが、毎回ユーモアたっぷりですね!

d0138130_15291269.jpeg


お次は、H本さん


今回持参されたのは、OLIMPUS PEN Lite E-PL3 + LUMIX 3D レンズです。

専らステレオ写真なので、いろいろと改造されたそうです。

大変興味深いのは、デジカメに不要な誤作動を防ぐために、電気接点を紙で隔離したことですね!

アイディア斬新且つ超実用です!

SONY αシリーズにマウントアダプターを付けた場合、アダプター後部がマウントにある電気接点に接触することもあり、ピント拡大機能が使えなくなることもあるので、このアイディアは解決ヒントになりますね!

d0138130_15323762.jpeg
d0138130_15333049.jpeg


では、お次はH井さん


SONY α7 II を使用し、各種レンズで撮影したりして楽しんで遊んでいるそうです。

いつも同様、今回も珍品レンズを持参!

オリジナル Leica マウントの アンジェニュー 90mm f1.9 (超惚れ惚れで、いろんな意味で入手難!!!)

ヘクトール28mm f6.3

Super Wide Heliar

コンタックス G1 マウント ビオゴン 28mm f2.8

ニコンマウント ダルメヤ アドン2種 可変ズーム 300〜1600mm

これは凄いですね、とにかく最短撮影距離は長く、会議室を出ないと発表者の撮影は出来ません(笑)!

d0138130_15355978.jpeg


では、お次は国王3ちゃん様


今回のお題はデジタルカメラで、それに相応しい、建物のような初期型超大型デジカメも登場!

ニコン (FUJIX)ネームのカード型カメラ、これはド迫力ですね!しかも現役使用可能!

フジノンTV f2 ズーム Cマウント

ヤシカ 5.0 EZ

VISTA@VEST オモカメ風

SQ8と言う、兎に角小さいから収集されたとか

フジ BIGJOB ワイドコンバーター付き

タバコラジオカメラ

タイヤラジオ、タイヤカメラ

......

超ド級のおフランス製カメラ、ジュメイユ カゼット手札(1899年/明治32年!)が、登場!

これは典型的なフランスカのエアーシャッターメラですね!

スローシャッター使用時に、シャッターをチャージしてからレリーズするまで数秒間が必要、シリンダーに空気が充満する時間を与えなければ、正確なシャッター速度は出ないそうです!

そしてブラレックス(中判) Tessar 30cm付 もカッコイイ!

1935年のWelta Superfekta Carl Zeiss Jena Tessar 10,5cm f3.8 69 & 645判が、3週連続登場!

d0138130_15381375.jpeg
d0138130_15381447.jpeg
d0138130_15381677.jpeg
d0138130_15381872.jpeg
d0138130_15412298.jpeg
d0138130_15381541.jpeg

では、お次はSH-Kさん


いつも改造と手作りを楽しんでいるそうです。

今回持参カメラは

Pentax Q10 + Fujinon 25mm f1.4 Cマウント

とにかく安かったので買ったそうです。

そしてFuji X-T10

Fuji A-1, M-1 に引き続きファインダー付きの当X-T10 も購入。

シルバーのエンプラ部分はA-1より質感が鈍いように思います。

d0138130_15463985.jpeg


では、お次は秀じぃさん


いつものように、今回もオモシロカメラ登場!

キエフ 10 + ヘリオス 81 50mm f2

『ウルトラセブン』に登場するキングジョーもどきスタイルのカメラですね!

扇形メタルフォーカルプレーンシャッターは故障が多く、ソ連カメラらしいですが、この個体はとても元気で完動品で、しかもセレンメーターは意外と生きて、自動絞りも機能しています!

ライカM5 ズミクロン50mm f2 フード付の登場!

デザインがライカらしくないから、ず〜とケース入りで寝てたそうです。

前期のシルバーボディで、露出計も内蔵し、ファインダー内にシャッターが確認でき、絞り換えながら撮影が出来ます。ポジフィルムの撮影には本領発揮ですね!


ただスタイル的には、まるでライカのテロ機みたいですね!(失礼しました)

d0138130_15475139.jpeg
d0138130_15475308.jpeg
d0138130_15475210.jpeg

はい、お次はYasuさん


愛用カメラなのか愛蔵カメラでしょうか?のNikon D700を持参しながら、先日の大腸癌検査過程のご報告!

内視鏡による大腸癌検査は、初体験だそうです!

まずは触診から......

最近のレントゲンも含めデジタル化されている→お題につながりましたね!

デジタル化は現像の手間もなく、すぐでも見られるのはとても便利です。

しかし!カメラ挿入までが大変!!

腸洗いと称して、2リットル以上の吸収されない水を飲んで下から出すの繰り返し!

色が薄くなるまで、(美人!)看護士さんに確認して確認してもらわなければならず!

かわいい看護士さんが担当で赤面......

(ライン交換したかな〜)!

結果:ポリープ!


なので、ず〜とお持ちのローライフレックス楽しむことは、可能ですね!(余計なお世話だ!)

d0138130_15493511.jpeg


では、MT氏の登場


フィルム写真機へ回帰ながら、いつもの愛用機α7R II に1959年製 Orion-15 28mm f6を持参。

最近特にソ連レンズに惚れ込んでいますね!大ツァイスの技術で安くていいものを造っているからです。

デジタル時代では、デジカメで撮影してスマホに転送、そしてクラウドに保存と言ったスタイルですね!時代が便利になしました!

でも、秀じぃさんのKievー10を見て......欲しくなり、その内に登場かも(爆最近)!

因みに欧州の出入国審査所に、撮影禁止の警告マークは、このキエフ10のイラストが使われています!その警告マークを見て、このカメラを欲しくなりますね!

そしてちょっと珍しい写真機シュタインハイル CASCA II を持ってきました。

が、実は写真会館の下で最後の1枚を取ってから巻き戻す際に、フィルムが切れた事故発生!

カメラにフィルム装填後カウンターリセット(手動タイプ)を忘れて撮影してましたので、最後の1枚が気づかずに通常時の手加減で巻き上げたところ、寒い気温も影響し、つい切れました!

でも、事故経験は大事ですよね!

d0138130_15504674.jpeg


では、お次はミモヤン グレビッチさん


持参されたカメラはジャンクからの救出品で、

キャノン EOS Kiss III BP-200付

ヤフオク調達のデッケル ー EOS マウントアダプター

以前から持っていたレチナー グルタゴン 28mm f4 を使いたくて、やっと実現しましたね!

先日の某用事で暇つぶし散策中、ズミタール用のイエローフィルターを見つけ、しかも500円でゲートしたそうです!奇跡に近い!

専用だけに芸が細かい、とても満足な笑顔!

そして、ストロボ関係の詳しい解説をホワイトボード使ってされた後、持参の道具を使ってカンタンデジカメ撮影技を披露しました。

まず取り出したのはノートパソコン(道具の一部に過ぎなかった)のモニタを立て、これは写場のスタンド代わり、

その上に大型カメラで使用する冠布を頭からかぶらずモニターにかけて簡易ホリゾントとします。これで奥行きが無限に広がるわけです。

次のポイントは、幕の下に台を入れて被写体を浮かせて置くことですね!台に直置きよりも影が出なくなり光もまわしやすく立体感が出ます(気がする)。

オフィスや大阪写真会館の例会会場であれば室内蛍光灯が多灯となり面光源に近くなるのでそのままでも十分きれいな物撮りができます。

影になる部分を起こすレフ板は、コピー紙を利用してやれば、暗部を起こすことができます。

もし家庭内で蛍光灯が1灯しかなく余り面光源がつくれないなら便利なグッズがあります。

使い捨て(失礼)コンビニなどでも売られている雨傘の、乳白色タイプをアンブレラレフとして使用することができます!

当日は快晴なのに白い傘を持ってきた意味、漸く分かりました!

ご苦労様でございます!

d0138130_15515477.jpeg
いちおうライティングのネタフリでストロボ光の話と光源の違いを説明?。。。
d0138130_15515312.jpeg
で、撮影風景がこちら
d0138130_15515526.jpeg
傘なしで
d0138130_19252705.jpg
レフ板(コピー紙)追加でシャッターダイアルと巻き上げノブの点面がちょっと見えるようになります
d0138130_19264317.jpg
で、傘で面光源だけだとちょっと眠くなり気味なので傘の柄にリングライトを通して傘に反射させて
d0138130_19275247.jpg
ちょっとはメリハリ付きましたかね~
自己満足の域かも。。。


最後に、本日進行司会を務めるK林さんのご登場


今回も例外なく、重量級の珍機材達を持参!

デジタルカメラのキャノン IXYですが、完全修理は無理なバラバラ状態で、前カバー無しの状態でも一応撮影可能だそうです!ある意味で芸術品ですね!

FinePix40iと言う大昔のデジカメですが、これも修理品でちゃんと直り、きちんと動きます。

戦前型 キネ エキザクタ タイプII プリモプラン58mm f1.9付

キネ エキザクタ バレックス IIa テッサー50mm f2.8付、羨ましいデザイン最後のエキザクタ

エキザクタ VX1000 クセノン50mm f1.9付、これは最後のエキザクタで、クイックリターンミラー付、すぐでも壊れてしまう機種ですが、この個体は完動です!

ヤシカ オート ヤシノン80mm f3.5付、ちょっとイキなグレー2眼レフ、ツートーンは美しい!

そして、超珍しいエキザクタ 接写専用TTLメーター!これは世界初のTTLデーターだそうです!

d0138130_15531118.jpeg
d0138130_15531081.jpeg


や〜、毎回の内容は濃いですね!知識が増えますし、目の保養にもなります!

では、次回もお楽しみに!


[PR]
Commented by mimopowerOM-1 at 2018-03-12 19:48
MTさん、初会報上梓おめでとうございます。
写真もなかなか良いじゃないですか。
オリオンでは寄りの写真は無理だろう、急に会報を頼んで申し訳なかったなぁ
の杞憂もなんのそのの出来栄えですね。
会報順繰りで行きましょう
来月はyasuさんお願いしますよ!
Commented by tedukuricamera at 2018-03-13 09:03
ありがとうございます。
初体験とは、ええもんですね!
よろしくお願いします。
Commented by yasu at 2018-03-13 09:37 x
早速の解放ありがとうございます。
随所にMTさんらしさのあるレポートが新鮮です。
これからもよろしくお願いします。
Commented by hmryo9301 at 2018-03-13 17:25
ありがとうございます。
Macが苦労しました。(笑)
よろしくお願いします。
Commented by tedukuricamera at 2018-03-15 15:27
SH-Kさんの記事を一部修正しました。
ミモヤングレビッチ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード