人気ブログランキング |

たかがデジカメ、されどデジカメ

jackです。投稿がないので連投しちまいますぜ~


さて2月の例会のお題はデジタルカメラとのこと。私が元々このクラブに入ったのはデジタル一眼用にレンズマウントの改造をやっていたので、改造ネタの情報や他の方の改造作例を見たくて参加したんですよね。それが今やフィルムカメラにどっぷり...

まあそれは置いといて、実際にはデジタルカメラで改造というのはけっこう面倒で、一眼の場合はほとんどマウントアダプタで他メーカーのレンズをつけるのが中心になるのではないでしょうか。加えてバックフォーカスの短いミラーレスカメラの台頭で、多様なマウントアダプタが店頭に溢れかえっています。

かつてはマウントアダプタって「遊び」扱いで日陰者の存在だったように思うんですが、今や知的な大人のパズルゲームといった趣きがあるように思います...しかしハードな改造野郎は、やっぱり自分で工夫してナンボだと思うんですよね~ということでまたダラダラと前置き長いですが要するに改造レンズ&マウントアダプタで写真撮ってきたよって話です(汗)


私はデジタル一眼はソニーα、特にフルサイズのα900がお気に入りで、しかしもう発売翌月に買って丸4年経ってしまいました。でもトータルではこれを越えるαはまだ出ていません。他社は眼中にないですし...ところがマウントアダプタは数えるほどしかありません。M42、ハッセルブラッド用、ペンタコンシックス用、ほぼ以上です。補正レンズありならミノルタSR/MDも付くんですけど。

そこでヤシカ・コンタックスマウントのレンズをつけるためにマウントパーツを自作したというのが前回までの話で、今回は素直に市販のハッセルブラッド用マウントアダプタで、2本のS-プラナーの撮り比べをしてみました。マウントアダプタはebayで入手した激安中国製、プラナー80mm用のダミーチップ付きです。確か3千円ちょっとだったかと...

Hasselblad S-Planar C 120mm F5.6 Black

これは開放F5.6、最小絞りF45のモデルですが、構造的に見ると...いや整備せざるを得ないジャンクだったのでシャッター羽根のバラシまでやったんですが、開放F5.6というのは実はすでに少し絞り込んだ状態になっています。そのためか開放からシャープで、絞ってもあまり変わらないという説があります。

winter daylight

ところがこれを2段絞ってF11にすると...

S-Planar C 120/5.6 @F11

あれ、カラーバランスが変わってしまいました。AWBは晴天に固定しているんですけど、こんなに違うもんですか...

さすがにモノコートのCレンズですから逆光には弱いようですけど、この開放時の立体感は風景を撮るのにいいかも知れません。逆にブツ撮りには最短距離3feet=約900mmと長いのが災いして、エクステンションや接写レンズを使わないと不便です。ハッセルでモノクロフィルムで撮るためにebayで入手したものですけど、ポートレートに使ってるって人が多いってのは分かるような気がします。

さて、もう一本のS-Planar、こちらはヤシカ・コンタックス用S-Planar T* 2.8/60 AEGです。ご存知マクロプラナーの前身ですけど、こだわりのドイツ玉。

spring colors

これは開放ですが、プラナーらしい柔らかい前後ボケ、開放ではピント面もややソフトな感じで、こちらは2段ほど絞るとシャープさが増します。ただし絞り羽の形が手裏剣になるので、光芒は独特の形に、ボケはややうるさくなります。

winter colors

でも、あんまりカリカリとシャープなのって好きじゃないんですよね。そういうのは現代の純正レンズに任せておけばいいと思ってます。


...さて、これを出したら例会当日は何を発表しようか?自分でハードル上げてしまったかもですね。
by tedukuricamera | 2013-02-02 22:25 | 改造カメラ | Comments(2)
Commented by push-pull at 2013-02-03 09:23
写真で見る限り、重装備のレンズですね
プラナーの開放って思い切りボケますね、すごい
Commented by 白髭 at 2013-02-03 09:50 x
手作りカメラの伝統がJACKさんに引き継がれているというのは嬉しいような恥ずかしいような古参会員の気持ちです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード