人気ブログランキング |

双眼鏡で太陽観察!・・・・・白髭

金星太陽面通過の写真がこのブログでも色々出ましたが そのなかでK本さんの写真が大変きれいなのに撮影法が簡単のようでしたので教えてもらった方法で自分でもやってみました。
d0138130_11543232.jpg
私の持っているペンタックス7×50の双眼鏡です。
d0138130_11553031.jpg
中心部の焦点合わせノブの先端に螺子穴がかくされているのを発見しましたの三脚への取りつけが簡単なことが分かりました。
d0138130_11562663.jpg
L字型の金属で双眼鏡を三脚に取り付けます。
d0138130_11572130.jpg
太陽に向ければ接眼レンズの後方の白紙にたしかに太陽像が投影されます。
d0138130_11583230.jpg
投影される白紙を影にするために双眼鏡のレンズ回りを覆います。
d0138130_11592087.jpg
たしかにきれいに太陽像が投影されました。
d0138130_120240.jpg
この太陽像を別のカメラで撮影して画像整理ソフトで調節するときれいな太陽像ができます。この日は金星はありませんがたしかに写ることは間違いありません。

この方法は私が望遠レンズで四苦八苦しながらの撮影よりぐっと簡単でいい画像が得られるようです。K本さんのご教授ありがとうございました。金環食は105年先だから無理でしょうが 部分日食は私が生きている内にまだ何度か見られそうなので 孫たちに見せてやったら喜ぶだろうなと思っています・・・・・・・無理かな?????
by tedukuricamera | 2012-06-13 12:02 | 手作りカメラ | Comments(1)
Commented by GuGuGammo at 2012-06-13 18:21 x
.。o○昔々、天文部とか天文班とか天文倶楽部だったらみんな知っているんですけどね。。\(^o^)/
ちなみに、高校時代、水星の日面通過があったので、いろいろな方法撮影しました。わたしは直焦点担当だったのですが、ミニコピーを減感するやらなにやらで大変でした。撮影結果は、それはそれは美しいものでした。。~('O')~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード