人気ブログランキング |

土門拳が封印した写真・・・・・白髭

私がいつも利用している図書館で ふと入り口の新着図書案内を見ると 「土門拳」という名前が目に入ったのですぐに借り出しました。
土門拳が封印した写真・・・・・白髭_d0138130_11495083.jpg
「土門拳が封印した写真」という題名で著者は倉田耕一。新人物往来社刊です。
ほとんどの土門拳関係の本は読破したという自信がありましたが これは始めてで それもそのはず 2010.7.17発行でした。

土門拳が軍の依頼で予科練のアルバム作成をしたということはあまり知られていませんし 本人も隠していたようです。結局アルバムは出版されませんでした。柳行李いっぱいに詰まった写真があったとのことですから それを封印してしまったようです。

終戦の前年(昭和十九年)に海軍省の依頼で 土浦海軍航空隊で予科練の少年兵と起居を共にして撮影したようです。戦争嫌い軍隊嫌いの土門拳は 従軍写真報道班員を拒絶しながら やはり軍に協力していたことは私としては驚きですが 当時としては食うためには仕事をしなければならなかったのでしょう。

ところがこの本の内容は題名とは大違いで 土門拳が撮影した少年兵たちがその後どんな戦いや生涯を送ったか・・・(大勢が神風特攻隊員として出撃した)・・・という内容で 写真そのものはグラビアに20枚程度しか掲載されていません。物凄くねばって撮影したとのことですから さぞや素晴らしい写真があっただろうと見たくなります。台湾や朝鮮出身の少年兵がいたとの珍しい話もありますが。

「文楽」などの乾板やネガは防空壕の奥深く厳重に保存していたとのことですが この写真がほとんど残っていないことは 軍に協力という彼としてはあまり自慢にならない話で 保存や発表に執着がなかったんでしょうね。
by tedukuricamera | 2010-09-23 11:59 | 手作りカメラ | Comments(5)
Commented by jack at 2010-09-23 15:53 x
『土門拳の伝えたかった日本』を読みました。
絶対非演出の絶対スナップを標榜する同氏にとって
依頼で作った写真集は不本意だったのでは...
Commented by キューちゃん at 2010-09-23 17:04 x
思い出しました、私が航空通信学校を卒業して、班長になった時にも、台湾や朝鮮からの少年飛行兵も沢山いましたね。
Commented by 白髭 at 2010-09-23 17:49 x
jack さん。この時の土門拳はやらせがすごくて少年兵がうんざりし 彼にフケ飯を食わせたそうです。
Commented by 白髭 at 2010-09-23 17:51 x
キューちゃん 。台湾や朝鮮からの少年兵たちは 幸い特攻隊には間に合わなかったようです。
Commented by 49er at 2011-08-02 21:13 x
百田尚樹 著 「永遠の0」を読んで感涙した私は近所に住む予科練出身の旦那さん(10年前に物故)と生涯を共にしたお婆さんの所へ「0」を上げに言ったところ、お返しにこの本をいただきました。
二冊合わせ読むと、戦争といふものについて、また若くして逝った人たちについて幾分なりと思いを馳せることが。
写真につひては門外漢なれど「土門拳」の名は知っています。
「生活のため」「不本意」とはいえ 戦争さなかの当時
他の誰でもない土門拳の写真
敗戦後66年 悲劇を繰り返さぬよう語っているのではないでしょうか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード