Lマウント 28㎜ レンズの作成 ***** キューちゃん

ペンタックス28㎜パンケーキレンズ
ライカマウントの交換レンズの中でも高価な28㎜レンズを作ることにしました。
レンズはアサヒペンタックスKマウントの28㎜パンケーキレンズを利用して、作りました。少しむづかしいところがありましたが、先ずKマウントの中間リングのボデー側のマウントをビス5本により取り外しました。

そこにペンタックスSマウントのBリングを厚さ1ミリ程の金属板を円形に切り、中央にまた円形の穴を開けてレンズを付けてインフを見ると、ピッタリでしたから、2液混合の接着剤で固定しました。

このレンズをニッカ3Fのボデーに付けて、ファインダーはライツ用の28㎜を利用し、レンズフードはニコン用を使って、パンフォーカスでの撮影をすることにしました。

上から見た写真
d0138130_1040212.jpg

正面から見た写真
d0138130_1040493.jpg

斜めから見た写真
d0138130_10412052.jpg

以上作成したものを紹介しましたが、デジダルカメラと違って直ぐにその場で確認できませんので、明日にでもカメラのナニワで現像とCD処理を依頼することになります。出来たらまた報告します。
[PR]
by tedukuricamera | 2009-09-27 10:43 | 手作りカメラ | Comments(3)
Commented by mimopowerOM-1 at 2009-09-27 11:22
おお、これは垂涎のリケノン28ミリじゃないですか
チープな作りですが最近人気上がってるらしいですね。
Commented by e-leitz-yasu at 2009-09-27 11:45
う~ん
中でもファインダーが一番高価だろう(笑
ベビーパールといい、フィルムカメラは出来上がり迄に
少し時間がかかるので私は楽しめます。
Commented by 白髭 at 2009-09-27 17:15 x
距離メモリがはっきりしているので 目測で使いやすいですね。このワイドでは距離計は必要ありませんものね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード