人気ブログランキング |
 カラー印画紙ネガの焼き付けをしました。 放蕩老人照生_d0138130_14412474.jpg
  ネガ

 カラー印画紙ネガの焼き付けをしました。 放蕩老人照生_d0138130_14411514.jpg
  べた焼き カラー調整はナカナカできませんねえ。
Rodenstock Rogonar 4.5/90mm 絞り16 12秒 M-20 Y-30 C-15 キレイにナナメに入ってるKodak Royal大ガビネです。



# by tedukuricamera | 2020-03-28 15:02 | Comments(3)
 国家緊急事態発動されれば、アンダーグランドに潜り込んで開催するしかない。。。
と悲壮感はこれっぽっちもなくけろっと開催しました。

しかしながら、いたずらにクラスターとなるのも如何なものか?
会の対策として、単独距離計を持ち込み、距離を測り、パーソナルスペースを確保し飛沫感染を防ぐことといたしました。。。
第25回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ デジタルカメラ_d0138130_17063917.jpg
司会はMT派氏
早速発表に移りましょう。

ミモヤンG
 デジタルはやっていないのですが、今日は子供の就学旅行用にと購入したオリンパス ペンEPL2を持参しました。
長男は高校の部活(卓球部)の練習用の動画撮影、長女も旅行に活用しており、現在の所有権は長女に移っています。
でなぜ持参したかと言いますと手を出すまいと心に誓っていたシネレンズに手を出してしまったからなのです。
 〇シネアルコ12.5mmF1.8 プリセット絞り、メタルのレンズキャップが渋い!
 アマゾンでアダプターを探しペンEPL2に装着、残念ながらイメージサークルが小さく、マイクロフォーサーズでもカバーせず円形に画像が映ります。 レトロフォーカスの金属感たっぷりの外観がペンに似合います。
 〇ペトリFTE用のEE AUTO C.C PETRI 1:3.8 f=135mm
 会へ来る途中でジャンクでペトリFTE用のEE AUTO C.C PETRI 1:3.8 f=135mmを1000円で購入。ペトリFTEはシャッター優先EE機で、EE機構対応レンズなら、露出計の針の動きを、レンズ側のピンの押し具合で伝達し絞りをコントロールする。
このレンズは汚れも少なく、すでに持ってはいるものの、レンズリアキャップが付いていたので買いました。
第25回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ デジタルカメラ_d0138130_17072397.jpg
yasu

 個人的には会員の高齢化問題からコロナ騒動のため会は中止すべきではないか?

実はリフレッシュ休暇にサッポロ雪まつりに行きましたので、念のためマスク着用しています(潜伏期間は過ぎてますけど。。。)

第25回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ デジタルカメラ_d0138130_17092708.jpg

〇リコーGRⅡデジタル+ワイドコンバーター(35ミリ換算21ミリ相当)

 このカメラを持ってサッポロ雪まつり、小樽など撮影してきました。

〇ソニーサイバーショットU 2メガピクセル機 

 会で購入、使うために購入したメモリースティックがボディ価格の10倍!

第25回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ デジタルカメラ_d0138130_17095476.jpg

SH-Kさん

 2000年頃は撮像素子にCCDが使われています、最近のCMOS使用カメラは物によっては塗り絵のような絵になるというようですが、CCDのころのカメラはそんなことはありません。

〇ペンタックス OPTIO750Z

 700万画素 7.839mm(35ミリ換算37.5187.5mm)F2.84.6

背面モニターが回転する、探すとなるとなかなか出てこなかった。

Casio エクシリムP600 (キャノンレンズ採用)

600万画素 7.128.4ミリF2.84.0

Canon パワーショットS2is *is=手振れ補正

 500万画素 6.072.0mm(35ミリ換算36432ミリ)F2.73.5

以上3台ともメタリック仕上げでデザインが個性的で興味が持てる。

OPTIO750Zはグッドデザイン賞受賞製品。

第25回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ デジタルカメラ_d0138130_17102179.jpg

オモカメ王国 国王3ちゃん

第25回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ デジタルカメラ_d0138130_08382673.jpg

 〇 ライカネームのデジカメ フジフィルム製

 レンズ名にエルマーだのエルマリートだのは無いのだがライカマークがばっちりついているのが面白くて入手したものです。

 〇 ヤシカ 簡単デジカメ

 トイカメラと皆から言われるのだが、さてどうだろう、香港ヤシカのデジカメ

ちなみにググってみますと、アマゾンの奥地で発見しました。これによると

 幅110×高さ66×奥行48mm 重量約125

1/2.5504万画素CMOSイメージセンサー レンズスペックは不明と言う一品。

 〇 ニコン1 ボディのみ

 ニコンワンと呼ぶのが正式なのでしょうが、どうしてもニコン1型と呼んでしまう。。。

そのうち専用レンズ、マウントアダプターなど手に入れてみたい。

 〇 ニコンFフォトミックF2.5/105ミリ、モードラ付きのカットモデル。

 標準レンズとのセットのカットモデルはよく見かけますがこれは望遠レンズ付きなのが珍しい。 

第25回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ デジタルカメラ_d0138130_17111778.jpg
第25回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ デジタルカメラ_d0138130_17120001.jpg

K林氏

第25回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ デジタルカメラ_d0138130_17124506.jpg

 持参カメラ

〇ニコン SP ニッコール2/50

 今井商店で、初めて購入したカメラ、ライカM3を求めようとしたところ在庫無く、代わりに出てきたカメラがこれで、それまで持っていたイメージよりコンパクトなボディに驚きました。

〇エキザクタ VXⅡa エキザクタ―F2 50mm

 ボディは花文字エキザクタ、エンボスロゴがきれい、レンズはエクザクター銘ですが多分メイヤーか?

〇イロカⅡa ジリター3.5/45 

 ピントリングを動かしてもレンズは動かない、故障かと思いきや、ピント合わせは後玉回転式 刻印がありアメリカ海軍PX向け販売されていたようです

〇バルダマチックⅢ 

 デッケルマウントレンズ交換式 バルダクセナー2.8/50 デザインが良い。

〇オリンパスフレックス F.ズイコー2.8/75mm 

 珍しくレンズがきれい。

第25回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ デジタルカメラ_d0138130_17131247.jpg

MT派氏

第25回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ デジタルカメラ_d0138130_17133779.jpg

議題:デジタルカメラ

 持参:ソニー α7R II

〇 Carl Zeiss Jena Tessar 2.8cmf3.5

Icarette 6×6 Tessar 7.5cm f6.3

 私にとってのデジタルカメラは、改造を含めて各種レンズ使えることが、最も意味あることだと思います。

 最近入手したこの2.8cm3.5 Tessarは奇妙なレンズで、鏡体の先が細長いフードのような構造になっており、フォーマットは小さくフルサイズをカバーしません。画角はフルサイズとすれば約45mmに相当になります。これは、シングルフレームや16mm映写機用のレンズでしょうか?

 このレンズが装着されていたカメラは何になるのでしょう。心当たりのある方はいらっしゃいませんか?

 Icaretteですが、最近Tessarに興味が移り、なるべく短いf6.3Tessarレンズが欲しくて入手しました。クリーニングして補修しているウチに、カメラ自体が結構可愛く感じてフィルムを入れて撮影してみました。意外と面白かったので、カメラがまた増えてしまいました。

 ボディのシリアルからは製造年代はわからなかったのですが、少なくともレンズは1912年頃のものでした。シャッターはバリオ、3速チャージ不要のエバーセット式、もちろん気が済むまで多重露出が出来ます。現在120スプールのツバを削って使ってます。フジのブローニーは削れば全く問題ない。イルフォードのブローニーは削っても裏紙が厚いのかきつくて取り出しにくい。

そして後付けだと思いますが、ブルーグラスのファインダーは相当セクシーです。

第25回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ デジタルカメラ_d0138130_17135774.jpg

カメラ薀蓄ばなし

〇アダムス マイネックス トロピカル 9×12

カメラの王様

 明治41年頃のカメラ ぼろぼろボディで色々部品が欠落していたので、黒革貼りの同じ9×12から部品移植。シャッター制御部品4か所真鍮より自作、前カバーも作った。板の色味を合わせるのがなかなか難しい、また傷み具合も合わせておかないと違和感が出てくる。

シャッター幕交換を試みたら幕の先軸、後軸ともに2回ずつスプリングが折れてしまった、その都度また組みなおす。今は調子よく動いている。

 トロピカルは第二次世界大戦後の1947年頃まで40年近く製作されていました。注文生産で年間45台程度の生産量です。

〇アダムス マイネックス 名刺判 

 こちらは15年前に幕交換しているが今でも調子が良い。

第25回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ デジタルカメラ_d0138130_17141948.jpg


3月はコロナで例会に行けなかったので投稿します。  ホンコン製YASHICA3DCAM

ブランド名を買い取った中国製のYASHICA 2台、

これは日本のヤシカとは無縁の代物です。YASHICAは今でも怪しげなデジフィルム

カメラをアマゾンで売っています。

YASHICA EZ F924  2008年頃の発売 YASHICALENS 7.5mmF3.2搭載

912万画素コンデジ デジタル8倍ズーム Youtubeに簡単アクセス可、固定焦点

撮影モード:静止画、動画、 音声録音、ストロボ有り、単32本、2.4型液晶

レンズ銘をYASHICA LENS と付けたのには感心しました。


ホンコン製YASHICA 2台/3DCAM_d0138130_13025945.jpg














YASHICA EZ F521 2010年頃の発売 レンズの銘は無し、ビューファインダー付

504万画素 デジタル4倍ズーム 固定焦点 一般と近接切り替え

撮影モード:静止画、動画、ストロボ有り、単43本、2.4型液晶、

両機は作りが単純でCDマウントレンズの載せ替えが簡単に出来るとの記事を

見て6、7年前にヤフオクで購入した。当初はTVカメラか16mm撮影機のレンズを付ける

つもりでしたが、PENTAX Q10が出たので改造は中止しました。

久しぶりに取り出すと合皮はネバネバです:無水エタノールで拭くと一発でOK 

ホンコン製YASHICA 2台/3DCAM_d0138130_13165540.jpg




















※このカメラは電池を入れるプラスチックの蓋の掛りが物凄く脆い、

数回の開閉で掛りが割れたので蓋をビス止めにしました。

プラスチックのビス止め方法

プラスチックの下穴あけにはピンバイス精密Bタイトネジ(ウイルコ)を使う。

プラスチックの下穴に電動工具は禁物、ドリル刃の熱でプラスチックは溶け下穴が

拡大しスカスカのバカ穴になります。

ホンコン製YASHICA 2台/3DCAM_d0138130_13224568.jpg


# by tedukuricamera | 2020-03-17 13:33 | Comments(0)
 中国を中心にコロナウィルスが蔓延しつつある中、ウィルス何するものぞ、とカメラ大好き人類が集結しました。
さぁてどんな話が出てくるやら。
でも、手洗いはしっかりいたしましょう。

慈照氏

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_19404997.jpg

〇キャノネットQL17のトラブル記

此の月(二月如月)の初め、純正カメラケース(革)にコニカエレクトロン純正ビニールひもを取り付けキャノネットQL17を首からかけトボトボ徘徊しながらフィルムの入っていないカメラのシャッターを出鱈目に押して放蕩無頼の興趣に浸ること小一時間其のうちにシャッターの音が聞こえない様な気がして徘徊一時停止道路際により車を避けながらガチャガチャすかすかと空しい一時を過ごしました。

日は改まって静音カメラのレンズを取り外し絞り1.7シャッター速度B原因不明左右四肢障害の両手でシャッターを押し四十数年秘蔵のジッポーオイル缶より取り出した秘薬液に浸した綿棒をランボーにシャッターと思われる部分をグルグルゴシゴシ時々バリ等と至福の時間はニ三時間其のうち有音カメラとなりました。

ここにきれいなケースに入ったカメラを披露いたします。

如月7日 徘徊老人照生記す

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_19405618.jpg

3DCAM

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16520969.jpg

3眼レフ:フォクトレンダーのステレフレクトスコープ+マミヤロールホルダー、

ヘリアー75mm F4.5 コンパー TB11/250 ・ 実画面52×127 120フィルム

ステレオ写真好きの知人からマミヤのロールホルダー付きのステレフレクトスコープを頂きました。家に帰り手持ちの「ステレフレクトスコープ」ロールホルダー付と比べてみたらボディは偽物です!ロールホルダー以外は本物との触れ込みでしたが、裏蓋を開けたらアンバー色のアルミ角パイプが見えビックリです。

前面のレンズブロックとファインダーフードのみがオリジナルの製品で、残りは手作り品です。

分解してしばらく放置していましたが、改めてよく見るとレンズブロックとボディの遮光をうまく処理すれば使えそうです。遮光はラシャ紙を重ねて使えば簡単に出来ます。

厚みの違う遮光紙(0.13mmと0.27mm)を用意してG17と液状のりで作業開始です。蟻型の噛み合わせレールをボディ内側からビス止めして、レンズブロックを接合します。

ロールホルダーの巻上ノブは平面長確保の為に順巻きを逆巻きに改造してあります。

圧板は受け金具の位置を変え延長、12cmの手製品です。実画面52mm×127mmです。

試写すると光線洩れがひどいです。ロールホルダーの開閉部を何度も手直しして試写を繰り返しました。ひどいところから順番につぶしていき、最後に樹脂接合部からの光漏れを発見しました。エポキシ樹脂は本来は透明で、表面を塗装しても遮光はできません。

接着面の樹脂が塗装されていたので気付か無かったけれど、接合部からの光漏れが特定できたので、その後は黒の薄付けパテで処理しました。試写でフィルム5本をロスしました。

 3眼のレフレックスビュー部分はミラーを45°に設定、隔壁は遮光紙で本物とほぼ同じ寸法で完成しました。3眼とも無限大のピントは出ています。重量は本物より120g軽く1180gです。逆巻きの為、バックラッシュが発生しフィルムの出し入れは暗室作業となり大変不便です


〇超ワイド6×9ハンドメードカメラ ・ オランダより購入

ツァイスの6×9ボディに 47mm/F8のスーパーアンギュロンが付いた6cm×9cmの超ワイドカメラです。実画面55×85 ・ シンクロコンパー B, 11/500 ・ 840

写角は94°、35mm版に直すと20mmです。有名なルサールのファインダーがピッタリです。特製のヘリコイドが付いています。

eBayで見つけ、恐らくプロの写真家が特注してこしらえたものと直感、即購入しました。プラウベルのベリワイド(写角97°実画面55×927枚撮り)と同じレンズです。ベリワイドに比べ画面は少し小さいけれど軽くて実用性の高いカメラです。

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16521363.jpg

K林氏

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16533588.jpg

〇ゲルツ ミニコード

 2眼レフ最小、オーストラリア製、レンズはヘリゴールF2/2.5cm

シャッター音がすごく小さい、二眼レフでは最小のカメラではないか?

〇フレクサット オートマット

メオプタ ベラ―F3.5/80mm チェコ製のおしゃれな二眼レフカメラ。購入当時はまだ珍しく高値で取引されていました。

〇ヤシカマット ルマクサーF3.5/80m

レンズは4枚玉のようで良く写るらしい、製造メーカー名はヤシマ。

〇リコーマチック44

リケンF3.5/6cm スーパースライドサイズの二眼レフ プログラムEEシャッター

プラスティックのレンズカバーは、ファインダーフードを起こすレバーを操作すると前に倒れて開き撮影態勢になる

〇ローライフレックス オリジナル

 テッサ―F3.8/75mm 以前にコレクターズニュースの粟野氏に譲っていただいたものです。オリジナルのレンズキャップが

〇カロフレックス 

 薬品会社として知られるコーワの2眼レフ、プロミナーF3.5/75m

かなりがっしりしたボディです。

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16535992.jpg

N波氏

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16550402.jpg

〇ミノルタオートコード

 昨年10月ごろに入手

 昭和30年代前半に立山に山スキーをしに行った際に、同型カメラをヤッケに入れ持っていきましたが。邪魔になって往生した思い出があります。長い間使っていたのですが、何かのカメラの下取りに出してしまいました。ひょんなことから昨年再入手。レンズフードにローライのものがぴったり合うので付けています。撮影し焼き付けてもらったのだが、最近はデジタルで読み込み、カラー紙に焼き付ける為かどうもコントラストが出ません。

〇ダイアックス 

カメラを整理しろと言われ、整理していて出てきたのがこのカメラ、小さくてかわいいレンズシャッター目測カメラで今までフィルムを入れたことは無かったのですが初めてフィルムを詰め1枚シャッターを切ったところです。

フィルターに何かないかと探すとオリンパスペンのフィルターがぴったりと付き、フードもどうだろうかと探すと、オリンパスワイドのフードがこれまたぴったりで切り欠きの部分が絞りの数値も見えるのでちょうどよい。ファインダーは小さいのでレンズは45ミリですが50ミリファインダーをつけています。

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16550894.jpg

オモカメ王国 国王3ちゃん

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_16561515.jpg

ヨコ型二眼レフ

トヨカ35 (戦後発売)

メイスピー35 (戦前発売)

オモカメ

その昔、アメリカに輸出して外貨稼ぎになったと聞きますが実際はどうでしょうかね?

フレンド 二眼レフ (びっくりカメラ)

プリンス 二眼レフ (びっくりカメラ)

カメラの前でポーズをとると、シャッターを切ったとたん、レンズから毛虫のようなおもちゃが飛び出しびっくり!

中国製巨大二眼レフ、珍品 ヤルーレフの写真持参

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_17040545.jpg

ひでじぃ

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_17042973.jpg

イコフレックスが2台ありまして、うちへ来てからはは未使用品で(笑)

イコフレックス 

テッサ―F3.5/75mm シャッターのチャージ方法が判らない、巻き上げに連動しているようだが。。。

イコフレックス ファボリート

テッサ―F3.5/75mm セレンメーターは生きています。

近鉄特急12200系 日本最後の座席喫煙可能な列車が131日に姿を消すことになるので最後の日に乗ってきました。喫煙可能列車旅を楽しんできました。

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_17050174.jpg

ミモヤンG

〇ヤシカフレックスD(グレー) ヤシコール80ミリF3.53枚玉)

ヤシカフレックスDはクラシックカメラを意識しだした頃に手に入れたカメラでそれは普通のブラックの貼革の物でした。今回持参のカメラはその後に見つけたグレーバージョンです。貼革は青バージョンもあるようです。

〇オリンパスフレックスⅠ F.ZUIKO F.C. 12.8 f=7.5cm(6枚玉)

 六枚玉のF.ZUIKOに惹かれたのですが、このレンズはほとんど傷んでいるものが多い。

 このカメラもオークション画面でレンズが比較的ましに見えるものを落札したのですが、やはり白濁していました。クリーニングしてもらってもあまりきれいにならなかったが一度フィルムを通しました。やはり軟調の写りでした。純正キャップがちょいと自慢。

〇ペンタックスSL 黒

 先月例会後にペンタックスSLブラックボディを見つけました。SPかと思いつつ手にするとメーター無しモデルのSLでした。巻き上げレバー背面の軍艦部に塗装の痛み、他各部に擦れ、最も大きな瑕疵はペンタ部後陵にあるへこみ。そのためジャンクで1000円。ですがファインダーはペンタプリズムの痛みも見えず、シャッターも稼働しているし幕もきれい。先ほどの軍艦部のへこみも大きく気になることはない程度。

その昔、この会で今井商店からブラックのローライフレックスSL35を購入し気に入っていたのですが、カメラ整理中に家内が手伝うと手を出してくるのを制止したにもかかわらず、よりによってそのSL35の上にほかのカメラを落下させられて、ペンタ部は大きくへこんでしまい、その姿はあえて言うなら顔面の頭部を銃弾で吹き飛ばされた様。ローライフレックスSL黒は泣く泣く手放しました。それに比べれば今回のペンタックスSLブラックの凹みはまったく我慢できるレベルです。

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_17054417.jpg

カメラ薀蓄はなし

〇ローライフレックス3.5E プラナー75mmF3.5

2.8Eのプラナー80ミリは、焦点距離が5ミリ長いだけで望遠よりとなりあまり好きではない。たとえて言うなら35ミリ一眼レフ標準レンズの50ミリと55ミリの違いですか。

 純正ストラップを会員の3DCAM氏から頂いて重宝しています、二眼レフはやはりストラップがないと使い難い。

 プラナー2.82.8C辺りのものは良く曇ったレンズを見かけたものだが、修理屋さんがスペアのレンズを持っていて玉を交換し、交換した後のくもり玉を安く売りに出されたりしていたこともありました。

〇二眼レフ用ピントフード

国産のアクセサリーメーカーのもの2種類とローライ純正品

 ファインダーフードにかぶせ遮光性を高め視認性を上げるアクセサリーだが、使用されているところを見たことがない。使おうかと言うのではなく革を他に転用しようかと入手したものです。

〇アンスコメモ トロピカル 1927年製

ラピットフィルム使用のシングルフレーム(18X24)で24枚撮りを入れると倍の50枚ほど撮影出来るのでツーリストカメラ(旅行用カメラ)として人気があった。これは固定焦点だがフォーカシングできるものもあった。

アンスコメモは革が張られたものがほとんどだが、これは木の表面をニス塗りで仕上げ、金具も金いろのカメラ。だがあまりトロピカルとは言われないが。。。トロピカルと言われてもええのになぁ。。。

第24回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 二眼レフ_d0138130_17073516.jpg


“本家T*コーティングと、ローライHFTコーティングの違いを試してみる”

気になったので私の SL35 を調べてみました。

おヨヨ!Planar には[T]マークが有りません。何故だ!調べてみました。

[T]マークはローライフレックスⅤ、スパーイコンタ等のテッサ―には有ります。

倍数系列のシンクロコンパーのテッサ―、プラナーには[T]マークは有りません。

1954年以降ツァイスは[T]の刻印を止めたようです。

フォクトレンダー社は1960年にツァイス・イコン社に合併され、1972年には

ローライ社に吸収された。フォクトレンダー社の優秀な光学部門を引き継いだ

ローライはその後のレンズを自社ブランドとした。血統書付きです。 

 ”HFTPlanar”誕生:カール・ツァイスがPlanarと認めている⇒優れものです

ひーさんへ  私のRolleiflex SL35です      3DCAM より_d0138130_00165175.jpg
写真 Rolleiflex SL35 W/Plnar 1.8/50mm MAID IN GERMANY


# by tedukuricamera | 2020-01-31 00:31 | Comments(4)
令和最初の正月を皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
 松の内もあけたばかりの第二土曜日、カメラ好きの面々が集まりました、正月早々全開です。今月のテーマは一眼レフ。

司会はyasu氏
例会最初に、会計担当慈照氏から昨年の会計報告、健全です。
年間スケジュール案の提案もありました、ま、こちらはほぼ例年どおりです。

発表。

ミモヤン グレビッチ

〇オリンパスOM-3

 オークションで入手、高校生のころOM-4OM-3発表会に出向いては、OM-3のデモ機を借り出し操作しては、ああ、欲しいなぁ。ですが現実には入手できず。OM-4Tiが出るころには中古でもかなり高価でした。オークションで、そのころの相場より安く入手できました。当時の発表会では同時発表されたパンケーキレンズの40mmF2レンズも発表されていました、これも製造中止からかなり高額になってしまい、いまだに入手できていません。

 正月早々、以前から目っこに入れていた マクロスライダー(ベルボン製) を、やっと買ってもいいかな?と言う値段のものを見つけ入手しました、二千円なり。

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17065442.jpg

MT派氏

議題:一眼レフカメラ

持参:Ihagee Exakta Varex IIa

   Travemat TTL EyeLevel Finder

   Art Deco EyeLevel Finder

Flektogon aus Jena 20mm f4 Zebra

Enna Lithagon 28mm ff3.5 Zebra

Carl Zeiss Jena Tessar 5cm f3.5(1915)

Biotar Jena 58mm f2

 以前から欲しかったこのカメラ、よく学習して決めたのはこのバレックスIIaでした。 エクサクタ モデルⅡaとならびⅡbも欲しかったのですがネームが花文字のⅡaになりました、ベスト判のフィルムをスキャンしてデジタル化するには、なかなかできないので諦めました。

 キネ エクサクタも格好いいですが、ファインダー交換ができなくてウェストレベルのみなので、少々不便だと思いました。 そしてエクサクタ ヴレックスに辿り着き、最終バージョンのヴレックスIIaに落ち着きました。

 エクサクタ1000になりますと、銘板文字の書体は活字になり、幾分クラシックモダンになって、別の雰囲気の魅力もありますが、やっぱり長徳さんが言うバロック風が好きです。

 特にエクサクタ1000に似合いそうなTravematファインダーとアールデコファインダーを付けると、その強烈なコントラストは、堪りません! また、当時の国有コンビナートに参加拒否したエクサクタの強さが伺えます!

 左利きカメラではないとの説もありますが、結果的に一般的なカメラ操作習慣と違って、左手が重要視されてます。私の効き目は左なので、左手と干渉することなく、気持ちよく使えるのです。そしてこのテッサ―3.5が素晴らしい。これからの常用機種にしたいです。

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17085842.jpg
第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17240827.jpg

ひーさん

[Rolleiflex SL35 E] 1978年製 (シンガポール)

 電子式シャッター機 絞り優先AE及びマニュアル操作機B.1~1000 16842.の連続した数字が明記されている金属膜シャッター。

セルフタイマーは電子式で約10秒で作動する。セルフタイマーレバーの下に緑のバッテリーチェックボタンがあり、電圧OKであれば、レンズマウント上部右側に赤色のLEDランプが点灯する。シャッターボタン右上にシャッターロックレバーがある、ファインダー右には巻き戻しレバーがあり左が巻き戻し、右側がマルチ撮影時となる。ローライSLシリーズは、SL35,SL350(1970),SL35M,SL35ME(1976), SL35E(1978),SL2000,2000F と発展していったこの形状での最終型になる。

 初期型のSL35SL350の相違は、SL35は絞り込み測光、SL350は開放測光でファインダー内下側にシャッター速度の表示があり、メーターの針形状の違い、ファインダースクリーンもSL35のマイクロプリズムからSL350はスプリットマイクロプリズムに変更されている。外観の相違はSL35のフィルムカウンターは巻き戻しレバー右下にあるが、SL350SL35の絞り込みボタンの位置にある。SL35M35Eの機械式タイプの廉価版、35MEはそれが絞り優先AE機になった物、フォクトレンダーVSL-2のローライ版です。 SL35Eはローライとフォクトレンダーの技術の結晶らしいです。

 ファインダー左側にシャッタースピード表示とシャッタースピードを示す赤色LEDが点灯、点滅で適正なシャッタースピードを指示する仕組み。

バッテリーのインジケーターとAE露出計、セルフタイマーは作動するが、シャッタースピードの制御は作動不良。

SL35Eはシャッターレリーズ時の‘‘コトン‘‘という音とデザイン、プラナーのレンズを使えるカメラとして購入した。プラナー50mm/f1.4に関しては皆さんご存知のレンズなので説明省略します。 ですが、本家T*コーティングと、ローライHFTコーティングの違いを試してみるのも楽しいかもしれません。

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17235638.jpg
第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17264698.jpg

ひでじぃ

 コンタレックス ブルズアイ プラナー50mmf2 専用フード付き

15年前にフランス ヴィエーブル村のカメラ市で購入、当時850ユーロぐらいでした。

セレンメーターは完動です、重たいのでほぼケースにいれたまま寝ています。いまだにフィルムは入れていません。

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17281461.jpg

SH-K

 EXAⅠb、Ⅰc持参

小さくてかわいいので気になっていました、両機ともM42マウントなのでレンズが多種使える。

 最近凝っているCCDデジカメ

キョウセラ M410R 2004年発売

1/2.7CCDセンサー使用400万画素

35ミリカメラ換算37370mm f2.83.1

 光学ファインダーがあって使いやすいがこの機種は不具合があってリコールになっていた。

デザインが格好良いと思っている。

この頃のCCDカメラはあまりソフトで色をいじっていない、フィルムの感覚に近い気がします。

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17285600.jpg

オモカメ国王3ちゃん

 一眼レフと、おもちゃと分けて持ってきました。

中国製一眼レフ、フェニックス、未使用。シーガル ボディのみKマウントこちらも未使用、てんごして買ってしまったものです。

ミノルタ、SRT303b輸出用、MCロッコール1.7/55 鏡胴が少し違うよう名気がする。

ペンタコン 東ドイツのM42 Jena T(テッサ―)が付いている。

ローライSL350 ローライナー35-105ミリ 

ペーパークラフト ニコンF、作られたものを分けてもらっている。

ホワイトボードに張り出している、ニコンF2のシャッターを切ろうとしている猫の写真

雑誌に載っていたものを分けてもらった。カーシェードはアメリカの展示会で見つけた

ミノルタ、マクサム7000(α7000)の物、非売品だったが何度も足を運んで頼み込んでとうとう譲ってもらった。

カプセルトイの一眼レフ、最近のものは、デジタル一眼レフのシルエットになっている

EOS-M

キャノンⅣsbに135ミリ、28ミリのセットが付いているものがあり、これを譲ってもらえた時は嬉しかった。

古いおもちゃカメラでスペルがニコンではなくミコン、ペンタックスではなくペンックス

オリンパスではなくオンパス。

ニコンFフォトミック、200ミリ。1/8の真鍮ロストワックス製法のミニチュアカメラ。

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17295466.jpg
第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17323323.jpg
3DCAM氏

 FUJICA GS645 Professional-フジカGS645プロフェッショナルの蛇腹取替

GS645は約20年間愛用したパールⅣの代替機として、S 58年発売と同時に購入した。良く写ると評判のカメラです。

愛用した小西六パールⅣは格好がよく使い勝手も最高なカメラであったが、巻上機構に欠陥が有り、噛みこんで巻上が不能となるケースが発生して悩まされた。巻上が正常ならば今でも欲しいカメラです。

 パールから乗り換えたG645、4~5年前、久しぶりに取り出しレンズボードを開けてビックリ、蛇腹がハチの巣状でこれではジャンク品!!

既に製造中止のカメラでメーカー修理も叶わず、蛇腹を交換しないかぎり2度と使えません。

蛇腹の修理をいろいろ検索したところ「大阪手作りカメラクラブ」で蛇腹の折り方ソフトを発見、これが当同好会に入るキッカケとなりました。

年末、部品探しでヤフオクを覗いていたら「GS645」の蛇腹が出品されていました。

 その説明文では“日本の蛇腹職人(歴50年)で、業界では「神」と言われ品質は1級品”とありました。うたい文句に釣られ早速購入。しかし、到着した製品は1級品と呼ぶには「?」が付きました。

 蛇腹の寸法がオリジナルと異なり、先スボミが左右のみで上下は有りません。その為に先端の固定金具の上下はダブダブ、蛇腹と完全にはフィットしません。 ⇒ 固定金具がズレなうようにボンドで固定。

 蛇腹の接手が一直線で畳だ時に接手が同一箇所で重なります。オリジナル品は接手を斜めに傾け接手の重なりを避けています。裏蓋を開け完成品を見ると、収まってはいるけれどノリの厚みもありチョット窮屈そうです。“1級品”とはとても思えません。耐久性は?です。

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17384072.jpg

・ローライフレックスのシャッターメンテナンス

00 (f:3.5)使用機

Rolleiflex 3.5C&3.5D(MX-EVS-T1,T2),3.5E(T1,T2),3.5E2,3.5E3,3.5F(T2T5)

    Rolleiflex 3.5T  ・ Rollecord V,Va,Vb,

0(f:2.8)使用機:Rolleiflex2.8D,2.8E1,2.8E2,2.8E3,2.8F

写真―1 :00番シャッター (S29~    )

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17370263.jpg

写真―2: 00番シャッター のEscapement (脱進機)通称:スローガバナー

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17375511.jpg

従来は洗浄後1秒と1/15秒を調整により、整えていたが、シンクロコンパーのリペアマニュアルを入手し、グーグルなどの助けにより解読勉強したところ、実際はそんなものでは正確にならないと判明しました、以下に簡単に紹介します。

Escapement(脱進機:スローガバナー)による速度調整

 シャッターのO.Hはベースプレートに固定されたもの以外は全て取外しベンジンで洗浄する。

絞りは油汚れを拭取るだけでも良い(速度には影響しなし)、ベースプレートに元通り部品を組み立て速度調整をする。

脱進機は長短2本のビスによりベースプレートに固定されている。

1秒の調整:ベースプレート固定されたビスを少し緩め、長ビスを軸にして脱進機を旋回して調整

赤枠で示した調整法は既に変形して狂ったものの調整法であり、通常は触らない。

1/15秒の調整:デイテントピンを曲げて調整

1/500秒の調整:脱進機レバーのピンを曲げ調整

上記の3速を調整すれば、その他の速度は自動調整される。0番も00番も調整法は同じです。

写真―3: 0番シャッター のEscapement(脱進機)通称:スローガバナー

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17375874.jpg

 シャッター速度の計測は、カシオのカメラを入手しの動画機能、1秒千コマ撮影可能と言う機能があるので、撮影し、動画分析ソフトでシャッター動作を撮影、駒数をカウントすることで秒時を判定しています。

今回、シャッターの調整を紹介しようと思い立ったのは、ネット上で紹介されている修理や調整がでたらめなものが多いので、簡単ですがリペアマニュアルを紹介した次第です。


N波氏

アサヒフレックス(1952年発売)

スロー無しボディ 初期型?

裏蓋にAsahi Op.Coの押し印

スローありボディ

 いずれも今日オーバーホールされ戻ってきました。

交換レンズがないので、この後に出たペンタックスとフランジバックが同じと聞いているのでペンタックスジャンクが手に入ったら前板を取り換えてM42レンズで使ってみたい。

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_17351419.jpg

K林氏

〇コーワSETR2 コーワ1.8/50

レンズシャッター一眼レフの完成型、レンズもレンズシャッター一眼レフでは最速のF1.8.

〇マミヤ プリズマット レンズはキャノン製OM1.9/50

OMって、オリンパス?OEMのマミヤ向けの意味?

〇スポルト 世界最初の35mm一眼レフ、後継ぎ無し。

〇エキサクタ66 装着レンズはマウント改造のオリンピアゾナー2.8/180

〇ぺリフレックス イギリスの、ライカマウントの一眼レフ。ルマックス1.9/45

潜望鏡がシャッター動作に連動して上昇!1型から進化しましたが、この進化が命取りに。

潜望鏡の隙間から盛大なる光が。。。


慈照氏

令和二年 庚子 与の年始め。

 去年ほど愉快ならざること多かりし一年を過ごせしは久しく成かざりしことなり。

心機一転 起死回生 新たなる年の初めに際し忘却の彼方とすっかり意識の外にあったカメラ

PENTACON Six TL Carl Zaiss Jena Biometer 2.8/80付きを看つけ、他にレンズがあったはずと目をやると奇麗な革ケースに入ったaus Jena Flektgon 4/50を 発見。

 革ケースの蓋を開け目の前の大きな前玉を凝視すること数十秒視点は微動だにせず靄の如き波紋に与の衰えし老眼は瞬き一つせず茫然自失狼狽するばかりなり。此の想定内の事態に与の対策は適切極まりないもので早速ホームセンターへ走り豊田化工製シリカゲル50個入りを三袋贖い手当り次第にラックケース・コンテナの蓋を開け変色著しいシリカゲルを新しいものに替える作業に没頭すること正月中三日を費やす。作業路半ばなれど忙中閑あり新たに気になるカメラを発見。

 此のVoigtlander Vitomatic Ⅱをご披露します。

与の適切なる継続対策作業は忘却の彼方となりました。

惰老人照生記す

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_18362471.jpg

yasu

唯一、のAF一眼。

 イタリア旅行に行く前に、もしも取られたとしても惜しくないようなAF一眼レフをと思い立ち入手したニコンF100 本体4500円、これにニッコール28ミリF3.5を取り付ける。

 外装はペンタ部が何故かやすり掛けされている。動作は完動品、合わせるレンズはこれもピントリングの鉄リングが擦れ擦れの28ミリF3.5。

この見た目でイタリアではアメリカあたりから来た観光客に声をかけられるなど、コミュニケーションツールとして役に立ちました。

 せっかくのAF機なのでAFニッコール1.8/50を用意しました、ボディの値段の倍!

ですがこのレンズではまだ撮影していません。また、初買いで、今井商店さんから先ほどスーパーバルディナを買いました、蛇腹カメラで視差補正付きファインダー搭載、レンズもクセノンのF2.これから手入れするのが楽しみです。

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_18242737.jpg


カメラ薀蓄はなし

イギリス 一眼レフ

英国 ダルメイヤー社発売 ATOM判 フォーカルプレーンシャッターはダルメヤースピード№9

シビルレフと同構造のカメラ、シャッターはニューマン氏の作、製造はニューマンガーディア

ダルメイヤー ペンタック F2.9 f=4

テレダロンF5.6 f=9


Roth製 ロス フォーカルプレーンカメラ

アトムレフ テッサ―F2.7 120

Cook 42 F2.5

Tessar F4.5 105

アドン ズーム


 ボディのみで入手。プラズマートが入手できるまでは、ボディ側をニコンFマウントに替えてある(復元可能)

他本体は一切加工していない。

イギリスのカメラは製造、販売がごっちゃになっていてわかりずらい。

第23回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 一眼レフ_d0138130_18274461.jpg


いよいよ年末に押し迫った12月の例会、テーマにゲルツ、ツァイスが急遽提案され、また例会会場で忘年会も開くとなり、かなり駆け足の例会となりました。どうもカメラより呑みが優先されるような。。。
幹事H氏より忘年会の説明
第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_19032814.jpg
それでは例会発表です、まずはミモヤンGから

今月のテーマに、ゲルツ、ツアイスをねじ込まれた会員の方がいらっしゃったとかで

小生にもM42一眼レフマウント改造ドグマ―レンズを持ってこいと依頼がありましたので、引っ越しの収拾つかない部屋から掘り出して持ってきました。

今日のようにこの倶楽部にゲルツ菌を伝播したのは、いやそれまでもゲルツ菌は潜伏し、時折姿を現しては居たのですが、伝説はたまた、まぼろし~の域を出なかった?ものを実際に某氏に感染させたのは何を隠そうこの一品です。

 ある日パソコンで、YHのトップ画面に、カメラの画像がちらちらと出るようになり、詳しく見てみるとそれはジャンクのテナックス,たしか500円なり、送料別(たしか2000円)

貯めに貯めたTPをつぎ込み、追い金僅か夏目氏1人前以下で手にした猫である。

シャッターはTで開くので、タスキも壊れているボディから取り外し、手持ちの極薄L39-M42リングをもとのねじ穴利用で取付。アマゾン奥地の中国地方から取り寄せたM42ヘリコイドリングに装着、プラバン切り出しの焦点調整ワッシャーにより無限から撮影可能としました。

 ツァイスブランドで、コンタックスDを持参、京セラのメカニカル一眼レフCONTAX S2のカタログに掲載されたコンタックスSのシルエットに一目ぼれ、欲しいほしいとのたまわっておりますと、業界の先輩からペンタコン スーパーDと言う、コンタックスSの末裔を譲っていただいた、RFコンタックスを持たぬのに。名前程度の違いなのにコンタックスが良いとのちに手に入れたのがこのDです。Sはさすがに手も目も届きません。

シャッターが不安定ですが、暖かくなればしゃきっとするでしょう、なにしろロートルですから。

 ひーさんの、先月持参カメラに対するディスカッションから空中像式の一眼レフを拝見したい、お見せしましょうと、これまた発掘できたキャノンEXEEも持参、レンズは前群交換式の90ミリF3.5、これが付いていたもので...(写真付け落ちです)

 例会前H氏の個人販売で入手したリコーXR7、電磁シャッター搭載のマニュアル機。なかなか通好みと思いません?セットレンズ(リケノンP2/50)のチープさもグッド。好事家も一周まわってこのあたりのレンズに注目が集まっているとかいないとか。

また、性懲りもなく、出張の空いた時間でニコンミュージアム行ってました。

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_19042785.jpg

ひーさん

コニカⅠ ヘキサー5cmF2.8

 最近入手しました、距離計連動、シャッターレリーズは沈胴レンズ周りのシャッターについています。シンプルで作りのしっかりしたカメラです。

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14440019.jpg

 ゾルキーの距離計がずれているので調整してみた。左右のずれは調整窓から修正できたが、上下のずれはどう調整すればよいか相談しようと持ってきました。

 会員からのアドバイスは、軍艦部を開けないと調整できないでした。

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14440675.jpg

MT派氏

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14455339.jpg

持参

Goerz Dagor 100mmf6.8

Goerz Dagor 150mmf6.8Negative付き

Contax Ⅰ(Ver.2

Zorki-10 & Industar-63

Goerz Dagor 100mmf6.8

ゲルツのテレチューブ(Ⅳb)を利用し、向きを逆にして本来ならネガティブレンズを装着するところにダゴールを付け、本来ならレンズを装着するところにマウントアダプターリングを加工して取り付けています。ネガティブレンズ調整用ピニオンギアをヘリコイドとしてフォーカス調整にします。左手でギアノブを回してピント合わせを行う大変乱暴な発想、手法ですが慣れてしまえば何の不自由もなく使えます。

Goerz Dagor 10cm

手に入れてみたのですがどうも焦点距離が12cmぐらい?よくよく見ると、どうも後ろの2枚が変えられているようで、すっかり騙されました。

Goerz Dagor 150mmf6.8Negative付き

ゲルツのネガティブレンズ付きテレチューブの正しい使い方です。市販のフォーカシングヘリコイドにアダプターリングを製作して取り付けたものです。ネガティブレンズチューブと鏡胴の長さですが、両方とも長ければ長いほど拡大倍率が高い。因みにこのネガティブレンズチューブに対して鏡胴長を最大にすると焦点距離が550mmになります。すごいですね。

Contax Ver.2

バージョン2のブラックコンタックスですが、このタイプが欲しかった理由として、キノコ型のレリーズボタンが挙げられます。グループ化したシャッターダイアルは使いにくい! 取り付けている5cm専用のフードはⅠ型では収納時にシャッターダイアルに干渉するので、おそらくⅡ型以降用ではないかと思われます。

Zorki-10 & Industar-63

 ひーさんのリクエストで持ってきました、AEカメラですがカラーでは露出は怪しいです。

モノクロならなんとか使えるかな?

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14461467.jpg

やまひらさん

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14472634.jpg

久しぶりの出席です。忘年会が楽しみで来ました。

古いレンズを活用するためにフルサイズのデジタル一眼レフを購入しました。

2年落ちのペンタックスK1で価格ドットコムの最安値14万円ほどで横浜から購入。

古いレンズの活用を考えてのことでしたが新しいレンズが欲しくなってきました。

今回組み合わせに持参したレンズはAF85ミリF2.8、ピントはAFですが露出は絞り優先のみ、

解放F2.8からF5.6まではソフトフォーカス、F8からF32は普通の中望遠レンズとして使えるレンズです。

来年は出席率を上げる努力をしたいと思っています。

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14473439.jpg

yasuさん

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14483042.jpg

オリンパスPen FT FV化改造

 メーターが不動だったのでプリズムのメーターに光を導くハーフミラー面に表面強を張り付けたことで視野が明るく、メーターなしのFV化改造、貼革もオリンパスブルーに。

オリンパスPen EE

こちらも貼革をオリンパスブルーに換えています。

改造に使ったミラーは反射率90パーセントのもので当時60cmX60cm4000円ほどで購入PenFTの改造には2cmX1cmを切り取り使用。残りは二眼レフのミラー交換に使用しました。

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14483336.jpg

SH-K

 デジカメの撮像素子はCCDC-MOSの2種類らしく、今まで詳しく知らなかったのですが、今回勉強しました。ややこしいので詳しくは省略します、各自勉強してください。

初期デジカメ3台持参(撮像素子にCCDを使用しているデジカメ)

オリンパス E-100RS 100万画素

 2000年頃の発売 当時の高級機 レンズはキャノン手振れ補正付き サンヨー製撮像素子(CCD

オリンパスC-2100UZ 200万画素

 E100RSの後継機か?外観はシルバーですが見た目はそっくり、違いは撮像素子だけか?

最近はこういうデジカメを愉しんでいます。

カシオ EX-Z4  400万画素

2005年頃のもの レンズの鏡胴に、”ペンタックス スライディング レンズシステム”が採用されている。

ズームレンズはレンズの枚数が多く、前後に縮めるのには限界があり厚みをある程度以上薄くできない。これはズームレンズの群中の1群を上部にスライドさせて光軸からずらし、残りの群を前後に知事めることによりレンズの収納時の全長を短くし、結果、カメラボディの薄型化を実現した。ペンタックスから兄弟機のOPTIOが出ている。

以上3機種ともファインダーが付いているのでカメラらしい撮影気分が得られます。

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14494611.jpg

オモカメ王国国王3ちゃん

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14511505.jpg

持参カメラ

 ダゴールはないので、その時代のレンズでダルメイヤー8インチを持ってきました。

コーンウェル6X6 一眼(中国)F3.5/80 

ミラーシャッターの一眼レフ何故か好きなカメラで一時たくさんありましたがいつのまにか売れて行って手元にあるのはこれぐらいです。久しぶりに出てきたので持ってきました。

レニングラード f2/55

動いています。K林さんに空シャッターは切ってはいけないと言われましたので、これからは空シャッターは切らないことにします。

ドルーク トリガーレバー巻き上げ F2/50

これもトリガーレバーが折れやすいそうな。

ゴールデンライカ

ゾルキー ステレオホルダー付き

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14532319.jpg

 このアクセサリーがあれば、エルマーでもなんでも流用可能?なかなか良いアイデアのアクセサリー。

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14543953.jpg

コンタックスTVSデジタル

 買い取ってみるとデジカメでした、チャージャーもないので確認できず。動けばめっけもの。

キャノンRMのオリジナルブラック、きれいなボディ、

ローライレフ6002 プラナー80ミリF2.8付き

 見かけは堂々たるもの、これもチャージャーがないので動作確認できません。


N波さん

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14551691.jpg

コンタックステーマでしたが、持っているのにコンタックスTVSデジタルまでは思いが至りませんでした。

コンタックスⅡa、重たいです、標準レンズはゾナーF2、広角は日本製フォクトレンダーのカラースコパー35ミリ、長焦点はロシア製の85ミリF2135ミリのF4.これはすべて叔父からいただいたもの。まだ1回しかフィルムを通していません。

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14550645.jpg

K林氏

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14561220.jpg

持参カメラ

コンタックスⅡ Z番 ゾナーf2/50

  コンタックスⅡ極初期型 試作に近いもの輸出型

コンタックスⅢ Z番 Ⅲ型の極初期 ゾナーf2/50 Ⅱ型改造Ⅲ型。

コンタックスⅡ 謎のアルメニアの刻印有り

これも初期の型

コンタックスⅡ R番 ゾナーf1.5/50 ハイブリット鏡胴

   コンタックスⅡの番号リストにない謎のコンタックス戦後の混乱期のコンタックスか?

ネタックス テッサ―f2.8/50

   バラバラの状態で半ば強制的に引き取り修理しました。コンタックス一族として持参しました。

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14561714.jpg

3DCAM

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14573932.jpg

L.GAUMON TCie(ルゴーモン)フランス製 1900年頃(万博グランプリマーク無し)

 ステレオ、パノラマ切り替え機、6X13cm 乾板12枚撮りマガジン付き

 脱着式手作り120ロールフィルムホルダー付き

レンズ DOPPEL ANASTIGMAT Ⅲ 75mm C.P.GOERZ BERLIN

(ダゴール銘が付けられる前のレンズ、レンズは同一)

シャッター エアーシリンダー式5速ギロチン(T,B,1/25,1/50,1/100,1/200

絞り 虹彩絞り CI表示の絞り 0.45,0.5,1,2,4,8,16 (f6.8~f40

ピント調節 直進ヘリコイド

1900年のパリ万博でグランプリを獲得、それ以降のカメラには“万博グランプリマーク”を刻印している。

②ベラスコープ フランス製 1900年頃

ステレオ4.5X10.5cm 乾板12枚撮りマガジン付き

レンズ DOPPEL ANASTIGMAT Ⅲ 54mm CP.GOERZ BERLIN

    (ダゴール銘が付けられる前のレンズ、レンズは同一)

シャッター 2速切り替え式の穴絞り F6.8F16

ピント調節 固定焦点

③ル・ステレオ・パノラミック・ルロイ フランス製 1905

ステレオ、パノラマ切り替え機、6X13cm 乾板12枚撮りマガジン付き

合体式手作り120フィルムロールホルダー付き

レンズ DOPPEL ANASTIGMAT DAGOR Ⅲ 80mm 18.5 CP.GOERZ BERLIN

シャッター ロータリー式5速ギロチン

絞り 虹彩絞り(f8.5~f45

ピント調節 固定焦点

④ステレオテナックス ドイツ 1912年頃

ステレオ4.5X10.5cm 乾板12枚撮りマガジン付き

レンズ DAGOR Ⅲ 16.8 F=6cm C.P.GOERZ BERLIN

シャッター コンパウンドシャッター T,B,11/1501/250のものも有り)

絞り 虹彩絞り f6.825

ピント調節 4本アーム繰り出し式

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14574812.jpg
第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_14585089.jpg
慈照氏とH本氏

慈照氏

NIKON F-6 AF NIKKOR 2885 13.5-4.5

FUJISUPERIA XTRA 400 自家現像

LUCKY ENLARGER V-70

Kodak RA-4

日和下駄        霜月二十五日

ご無沙汰の高津三丁目は大八食堂ご亭主に挨拶してうどんを切らしたと言うので肉そばを汁まで残さず飲んで其のまま東へ松屋町筋を渡り源聖寺北横の階段を上り生玉神社境内を看る。

工事中の生玉公園を横目に谷町筋を渡り北へ歩く。千日前通の交差点手前を右折れして其のまま東へ歩くと都ホテルの建物が見えてくる。上町筋を渡らずに北へ上2交差点辺りの小路を左折れすると空堀商店街になっております。きれいなコンクリレンガ舗装と装飾街灯に飾られています。人通りは疎らで時々車も通ります。ダラダラの下り道を愉しみながら歩いて松屋町を抜けると其処は島之内目の前に心斎橋が見えてくる。心斎橋を長堀方向へ歩きながら一二葉人の多い写真が撮れました。

怠情老人照生の或日


カメラうんちく話

今月はダゴール祭りと言うことで、

古いダゴールで写した写真が出てきたので、その撮影に使用したカメラを持ってきました。

リンホフⅠ Wプロター付き

 30年位前の同カメラでの作品2枚持参

ダゴール各種

 30cm Zeissマーク付き、オリジナルダゴール

その他真鍮製ダゴール

レンズの元箱、通称モナカと言います。(2個が限度やろ?)

 古いレンズは、焦点距離の表示が275ミリ、中途半端なミリ数のものが多いが、これはインチ表示に合わせているのでこういうものが多いのです。

第22回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ 手作りカメラ、修理教室、急遽提案ゲルツ、ツァイス祭り_d0138130_15030598.jpg


11月例会報告 今月のテーマ 日本製カメラ

今回11月例会はの都合により、ひーさんが急遽する羽目になり、通常の例会報告と異なり

読みづらいかもしれませんが、ご容赦ください!

今月の司会はオモカメ王国国王ちゃんです!

トップバッターは慈照さん

○写しくらべ

”霜月十一月快晴の一日竹でも腕でもない熊野本宮大社と小栗半官は湯の峰温泉写しくらべの一幕へいざ”

ツワイス イコンと日本製カメラの写し比べ、初めてフィルムを入れた!6X6と思っていたが、四半だった、古い現像液(1年半経過)で、10年前のDカメで現像したものを撮って、パソコンに取り込みました。

好きやねん 大阪カメラ倶楽部 (旧 大阪手作りカメラクラブ)_d0138130_23594175.jpg


次はH本氏

本日の持参カメラはありません!体調が悪いとオモカメ王国国王と雑談が始まり、こんどは、ipadが調子悪くなり買い換えたが、アップルストアでの接客が悪く対応に着いて行けないと愚痴をこぼし、皆に賛同を求める!最後は全員に3D写真展のポストカードを配り無事終了!

好きやねん 大阪カメラ倶楽部 (旧 大阪手作りカメラクラブ)_d0138130_23595712.jpg


続いて3DCAM

本日は4台持参、①ローレルフレックス ②コニフレックスⅡ ③ミノルタフレックスⅢ ④リコーフレックスニューダイヤー、

①ローレルフレックスⅡ

東京光学が製造した二眼レフで服部時計店より195154年に発売されました。

発売価格:32,500円985g(ちなみに1951年の大卒初任給は4,500円です

シムラー付の兄弟機に大沢商会から発売されたプリモフレックス2型があります。

レンズ:JSimlar75mm/f3.5 4枚構成、シャッター:00番セイコーシャラピッド B.1~1/500

コダックシンクロ付 6×6 120フィルム12枚撮り、ファインダースクリーン(トーコーブライト)は中央部に2cmのフレネルレンズ

が付き見やすいものですが、マット面のフレネル線は(現状品に比べ)やや粗目です。

尚、両機には廉価版のトーコレンズ付きもあります。

JSimlarの頭文字はイエナグラス(JENNAER GLAS)‐(独)の"J"を表し光学ガラスの品質を

うたったものです。機能的には、「ローライコード1a」のデッドコピー機(互換性有)です。

操作性:繰り出しはスムーズで軽く巻き上げやシャッターも快調です。

外郭寸法は同じでも、お手本のローライコード(760g)に比べればかなり重いのが欠点です。

レンズ銘に惚れてもう一台購入しましたが、レンズボードに歪があり、ピントを出すのに苦労

しました。当時のプレス加工は精度にバラツキがあり、カメラにも当たり外れがあったようです。

②コニフレックスⅡ

レンズ:ヘキサノン85mm/3.5 5枚構成、シャッター:1番セイコーシャラピッドB.1~1/400 独シンクロ

×120フィルム12枚撮り、スタートマーク式セミオートマット、2重撮り防止(多重露出可)

ピントグラス:平凸型コンデンサーレンズ装着(一般のすりガラスより10倍明るいといわれた)

発売:1955/7月発売-32,000円 ケース-18001080g(型-1952/12発売:47,000円

「開発能力に優れた」さすが小西六と思わせる2眼レフです。

ローライコードⅢ、Ⅳのコピー機ですが、独創的な箇所も随所に見られます。

例えば、ファインダーのスクリーンにコンデンサーレンズを採用、ポートレート写真向けに沈胴式

85mm撮影レンズと周辺光量に優れた1番シャッターを採用、(コンバータ式135mm望遠レンズ装着可)

スクリーンに用いた独創的な”コンデンサーレンズ”(光学ガラス製)はフレネル線も無くクリヤー

で今でも大変見やすいものです。(プラスチックと違いコスト的に高くついたと思われます。)

小西六はファインダーの明瞭度に特にこだわり、他社としのぎを削っていたのが窺えます。

コニカやパール等の補色式ファインダーは、今でも2重像が飛び抜けて鮮明です。

コニフレックスの各ノブ類には珍しく"ニッケルメッキ"が使われているので、温もりを感じます。

(ニッケルエルマーの影響か?)

③ミノルタフレックⅢ

レンズ:ロッコール75mm/3.5 4枚構成(ローライに倣いB1のバヨネットマウントを初めて採用)、

シャッター:00番セイコーシャラピッドF接点 B.1~1/500ドイツシンクロ

×6 120フィルム12枚撮り、スタートマーク式セミオートマット(2重撮防止機構無し)

ピントグラスはフォーカスアイ装着:スリガラス中央部に平凸レンズを張貼付けたもの、

ビューレンズの上にシャッターと絞り値の表示窓が付いた(ローライの模倣)。

発売は1954年、35200円 980

繰り出しノブを装着した(ミノルタでは)最後の型、その後はヘリコイド式になった。

次の型から、シャッターはシチズン社とセイコー社の併用となった。

④リコーフレックスニュダイヤー(板金からダイキャスト製になってから2代目のカメラ)

レンズ:リケノン75mm3.54枚構成(富岡光学?)

ローライに倣いB1のバヨネットマウントを始めて採用、

シャッター:00番セイコーシャMX B 11/500 ドイツシンクロ、

×6、120フィルム、12枚撮り、スタートマーク式セミオートマット(2重撮り防止無し)

フレネルレンズ付きブライトスクリーン、発売:

1957年、1020g、16000円、(リコナー+シチズン仕様1/40012800

標準に80mmを採用したセイコーシャ付きの2眼レフは珍しいので購入、

機構的にはローライコードⅢ型と同じ、自動巻き止めで耐久性のあるシャッターなので、

今も良く動いており、使いやすい2眼レフです。

好きやねん 大阪カメラ倶楽部 (旧 大阪手作りカメラクラブ)_d0138130_00001230.jpg

”写真”

次はK林さん

本日のカメラはゼノビア35、ローヤル35、オリンパスM-1、アイレスバイスロイ

キャノンS2ゼノビアはスプリングカメラを作っていた会社の唯一の35mmカメラで最終型はf2が付いていた、ローヤル35はレンズ交換出来る予定で作ったが、最終的に固定型レンズで販売していたカメラ。アイレスバイスロイは、アイレスカメラの中で、唯一の6X

カメラで、タカミネ光学のミネシックスをそのまま使ったもので、レンズはコーラルが付けられていた。キャノンS2okupaitoになる前の型で、作りが最悪、やすりの跡が残っていたり、ネジはバラバラで、スローガバナーもガタガタで造りが悪い、戦後の物の無い次期に部品の寄せ集めで造った物、当時の焼け野原の中で造られたカメラです。しかし、レンズはレア物らしく、カメラの購入価格の価値はあるらしいようです。最後のM-1はライカに文句を付けられたいわくつきの機種でその後OM-1の名称になりました。このM1

ジャンク箱にあった物で、OM-1とは内部の造りが違い、配線はプリント基板では無く、配線という方法を採用してあります。手づくり感満載の趣があります。

”写真”

好きやねん 大阪カメラ倶楽部 (旧 大阪手作りカメラクラブ)_d0138130_23550126.jpg
好きやねん 大阪カメラ倶楽部 (旧 大阪手作りカメラクラブ)_d0138130_23372284.jpg

アマチュア用暗箱、明治32.3年の頃の物、良い状態で残っていた、国産レンズ付きで、

フィルム入れの箱にすりガラスが2枚入っている、ポートレートと風景写真に使い分け出来る様に作ってある。もう一つの、”シンタックス”銘のカメラは、A・アドラーと云う

カメラに似ていて、シンタックスの銘板だけ移し替えたのではないかと思う。また、コレックスと云うカメラにも似ている。

好きやねん 大阪カメラ倶楽部 (旧 大阪手作りカメラクラブ)_d0138130_23375122.jpg

続いてMT派さん

今日のカメラはキャノンフレックスと”ダゴナール”と云うレンズ

キャノンフレックスは1万位で購入した物で、オーバーホールに25千位掛かった、このカメラは19595月に発売されたもので、私と同じ還暦祝いに購入しました、発売価格は59500円で595月に語呂合わせした値段設定ではないかと思います。レンズキャップはオリジナルはネジ式なので、ネジ式キャンプに改造しました!カメラと連動式の露出計も購入したのですが、連動用ギアの調整をしようとして中のバネが飛んでしまい、見つかりません、(外野から、そうゆうときは、”磁石を床に転がして探す”とアドバイスが入るが、後の祭りです!グリップした時の状態が良くないので外して使用してます。

次に”ダゴナール”風邪薬の名前のようだと野次が入る!このレンズは宮崎光学製の2

6枚の構成で材料はドイツより購入して造った物で、40mmf6.3 フルコーテイング、

シリアルナンバーは000番、0番は120mm、00番は90mm、000番は60mm、なので40mmは0000にして欲しかった!(思いは伝わらず!)レンズの描写は素晴らしい、ダゴールらしい写りです!逆光にも強い!

好きやねん 大阪カメラ倶楽部 (旧 大阪手作りカメラクラブ)_d0138130_23553196.jpg

”写真”

続いてひーさん、カメラはアルコオートマットDです!

このカメラは最終型1956年発売なります、(大阪通天閣が再建された年)これ以前に、アルコ35、アルコオートマット2.83.5などがあり、距離連動式蛇腹カメラで、オプションでビューアルコ(1954年発売)と云う2眼式になるビューファインダーも販売されていましたが、機種ごとのタイプがあり、全ての型はないそうです。(外野のオブザーバーの助言)レンズはアルコ5cmf2.4付きで、45枚のクセノタール型のようです、シャッターはセイコー社MXシャッターでセルフコッキングタイプレバー巻き上げ、左上の巻き戻しハンドルの下のギザギザの円盤で距離(フィート表示)を合わせます。ファインダーは2重像合致式ですが、2重像の境目が分かりにくいタイプです、パララックス補正が付いていないので外付けのパララックス補正ファインダーが付いていたようです。カウンターは自動復帰式の順算式です、裏蓋は蝶番式開閉型で巻き上げレバーのしたのレバーを起こします。巻き戻しのクランクがユニークで、力がかかると外側に外側にレバーの一部が出てくるのですが、細くて頼りなく、ゆっくりと回さないと折れそうな感じですね、全体の造りも丁寧で魅力的なカメラです。*アルコはポルトガル語で”弓”の意味らしい

”写真”

好きやねん 大阪カメラ倶楽部 (旧 大阪手作りカメラクラブ)_d0138130_23384940.jpg

最後にオモカメ王国国王ちゃんです。カメラはピーコック、エリオートレフ2眼、オリンピック、豆カメラのクロマー、グッチー、と安原一式です。エリオートレフは大橋巨泉の

父親が造ったカメラで、巨泉のプロダクションより譲って欲しいとの連絡があり、2台所有していた1台を20万円程で購入してもらった、オリンピックと云うカメラは来年オリンピックの年なので高く売れるかも!。2眼レフのピーコックと云うカメラは珍しく44番で

アーガスと云うカメラを小さくした様な国産カメラはあり、リコーフレックスに似ている

レンズはトリナー(写真を撮りな~!)が付いていて珍品カメラです。安原一式は中国製

であるが、初期型はレンズ装着のネジの部分の不具合があったり、巻き上げレバーのガタがあったりと欠点もあったが、後期型になって改善された。オリジナルのレンズは50mm

1..8が装着されている。

*製作者の安原 伸さんは、京セラの開発部に所属していた技術者で”CONTAX AX”の開発にも携わっていた、AXの開発に疑問を感じ退社したようです。オリジナルのレンズは50mmf2.8でした。  B.1~1/2000SPDに依る縦走り金属フォーカルプレーン

TTLシャッター幕面反射、500SR44電池2個、500

後に”秋月”と云う35mm連動距離式プログラムAE及び絞り優先の電子式レンズシャッター機を制作しています。バッテリーはCR123Aリチウムイオン電池を1個、500

”秋月”という名前は、パートナーの通訳者の名前から命名、自分としては、こちらのカメラのほうがオリジナルと思っているとの事!     安原製作所 回顧録より

好きやねん 大阪カメラ倶楽部 (旧 大阪手作りカメラクラブ)_d0138130_23391445.jpg

”写真”



11月カメラ倶楽部11月例会の報告

11月例会の出席者
8名でした!今月の司会は今井さんにお願いしました。

会員の提案で12月例会は、ダゴールとコンタックス祭りも併せて開催したいの申し出がありました。関連カメラやレンズをお持ちの方はご持参ください!

また、例会は、少し早めに切り上げ、同じ部屋で、忘年会を開催する事になりました。
飲み物、寿司などは、当日の出席者が購入に行く予定です、個別の買い出し等の役割分担は未定です。寿司は堺筋通りの回転寿司の店に電話連絡し受け取りに行く事になっております。飲み物等は、舟堀橋交差点角の、ヤマヤで良いのではという事です。

例会の通常報告は準備中ですのでしばらくお待ちください!

 例会を予定していた12日は最大級の台風到来の報により例会日を一週間延期しました。信州、関東方面の被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。

 日程延期によるものか、参加は少し寂しげですが楽しんでまいりましょう。
司会はひでじぃにお願いしました。
第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_02590539.jpg
それでは発表です。
ミモヤン
トイカメ
〇とれーるトレイン スルット関西販売の大阪市営地下鉄バージョン

スルット関西に加わっている鉄道会社のものがそろっていたはずですが南海のを買っていないのは当時なかったのか?

〇ケンタッキー フライドチキンカメラ フィルム直前にケンタッキーフライドチキンが写り込むプラスティック板が入っています。

〇しまじろうカメラ ベネッセの幼児向けの雑誌の付録カメラ、つい最近家のゴミ箱から回収。

トイカメと言いますか入門カメラの部類になりますか

〇アンスコ カラークリッパー ブローニーフィルム使用 絞り付き(明るいとき 暗いとき)シャッターは単速。沈胴式がおしゃれ。簡便ボックスカメラ、例会ではアグファのOEMと言ってしまいましたが、よく見ると純粋にアメリカ製。

 休み明け、お江戸へ行くのですが、オリンパスの瑞古洞と言う名前のミュージアムが改装オープン(1012日、創業100周年)したので予約を入れ見てこようと思います。

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03000460.jpg

オモカメ王国国王ちゃん

オモカメ

 クラカメ専科に掲載されていたトイカメラを国王みずから解説、掲載品はほとんど3ちゃんが以前持参されていましたねぇ。

 〇缶カメラ 3点

〇サッカーカメラ(学研)

〇スパイアタッシュケースカメラ

 126フィルム使用のカメラ内蔵、カバンの中はラジオ、暗号機、

モールス信号発信機(ミラー)パスポート、ドル紙幣など

 スパイ活動に必要な小道具満載のおもちゃ、元箱付きはあまり見ないものです。

〇エキザクタ66 縦型中判一眼レフ テッサ―F2.8/80mm

 交換レンズ(改造)ダゴールF6.8/180mm付き

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03085174.jpg
第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03155360.jpg

慈照さん

カメラ活動報告

〇暗室活動

924日 手作りタンクと湯煎ケースによるカラーペーパー現像

詳細 ネガ ヤシカELECTRO 35CCFUJICOLOR-100を使用

使用薬 オリエンタルカラー BAP-1R BAP-2R 6月にカラー現像使用液をコーヒードリップ用濾紙を二重にしたもので濾過し新液200cc追いガツオのたれをコダックロイヤル大ガビネに反応させる。

引き伸ばし器はLUCKY ENLAGER V70 FUJI2.8/50mm。

今回スナップ写真をテストプリント1ショットに3枚強、全て大ガビネで現像すること総枚数20枚程度。「老体の疲労感に達す」

〇Panasonic 広角TVドアホンの設置を行う

10月初め広角カメラドアホン・ワイド画面モニター親機・モニター子機・スピーカー子機を取り付け稼働させることができました。

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03171314.jpg


3DCAM

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03205582.jpg

ステレオ・ジュメィユ(H・ベリーニナンシー フランス)1894

HBellieni & FilsNancyFrance

8X9cm乾板用 12枚連射可能

レンズ:ゲルツ・ドッペルアナスティグマット ルドルフ絞り162(=f8) 110mm

焦点調節:ヘリコイド全群繰り出し式

絞り  :13枚虹彩絞り

シャッター:5段変速ギロチン

乾板送り 向かって左側に乾板を送り出すノブがある。1枚ごとにノブを引き出す、2回引き出しでステレオ1組撮影。

向かって右側に重ねた24枚の乾板を順に左側に送る方式で、ステレオで   12組が撮影できる。

裏蓋をあけると乾板抑えのバネ付き圧板が飛び出してきてびっくり。当方での呼び名はびっくり箱です。

現状でのシャッター速度をデジカメ動画(120コマ/秒)で測定してみた。

結果は 5速:1/501/60Sec  1速:1/30Sec程度

5段変速ではあるが1速~5速まで、さほど差異があるようには感じられなかった。1/100Sec程度出るかと期待していたのですが、経年劣化によるものです。

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03211310.jpg

K林さん

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03213921.jpg

〇ペンティ トリオプラン3.5/50 ダブルカセット方式 珍しいケース付き

〇ヴォーカー マークⅠ ヴォーカー2.8/50 アメリカの電機メーカーが作ったカメラ 探していたがなかなか見つからず、中古市で藤井商店で見つけました。

〇フェド 初期のもの タイプ3? フィルムにピントホールがある、yasu氏に譲っていただいた。持っていたフェドのレンズを組み合わせる。フェドはロットが異なるとピントリングのツマミの位置がずれたりするがこの組み合わせは相性が良くピントもぴったしでした。

〇ナーゲル ピュピレ エルマー3.5/50 ヘリコイドが収まりきらない状態でしたが何とか分解しました、苦労しました。

〇コンタックスⅠ ブラックコンタックスのバージョン3 極初期型

シリアル番号はAU218**ごく初期型はスローシャッターがない。テッサ―3.5/50付き

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03215072.jpg

ひ~さん

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03411856.jpg

本日持参カメラ 変カメ とまではいきませんが形が十分変わったカメラ

〇 Jena Pentina E (1961)テッサ―50mmf2.8

レンズシャッター式一眼レフ。レンズ交換はスピゴットマウントブリーチロック式

(ロックリングはカメラボディ側についています)B,11/500

交換レンズは、35mm、85mm、135mm12枚がある。ファインダーは一眼レフファインダーでスプリットイメージ付き。

 最初WEBで見かけ面白いカメラだと興味を持ち、大阪写真会館内の鈴木特殊カメラさんにてショーケースの目線の高さに展示されているのを発見、さっそく手にし各部チェック、各作動及び外観も良く購入しました。

このカメラが発売された頃1958ミノルタSR2 1959ニコンFがある。

ペンティナの気に入った点

 シンメトリックデザインで軍艦部上面がフラット(フラッシュソケットレール有り)

ピントリングとレンズ脱着リングが幅広のスリット入加工で脱着リングはC面加工したヘアライン仕上げ、ピントリングはC面加工無しの粗目スリット加工

ストラップ取付金具は凸型でマミヤ645用フックが利用できる。

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03413921.jpg

SH-Kさん

 先月購入のレンズと、同クラスのレンズ2本の計3本を持参

〇ドイツ ドレスデン ファインメス社製 ボノター 前期型 4.5/105mm

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03423658.jpg

 アルミ鏡胴でレンズは3枚構成 試写したが、最短撮影距離1.7mです。

琉球アサガオを撮ってみました、なかなか良い写りをしています。

以前も持参しましたがよく似たスペックのレンズ2本も比較として持ってきました。

Enna製 3.5/100mm Argus Cintagon

Enna製 4.5/100mm Argus Tele Sandomar 

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03430192.jpg
第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03430689.jpg
第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03431018.jpg
3枚ともファインメス社製 ボノター 前期型 4.5/105mm フジX-T10

yasu

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03495995.jpg

〇undus Color65

 フランス製16mmカメラ19601970年頃 レンズ サムベルチオ20mmf2.8

外観は16mmムービーカメラみたいですが、1ショットづつの純粋なスティルカメラ。

 10フィートフィルムを入れると350400枚撮影できる、これではいつ撮影し終えるか分かったものじゃない、よって撮影したことなし。

発表の前に、K林さんとの間でトレード成立 Mundusがピュピレに。

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03501114.jpg

ひでじぃ

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03512986.jpg

〇フィネッタ(Finetta)ドイツ製のカメラ

 35ミリフルサイズカメラですレンズはフィネター43mmf4 シャッターはB,1/25,1/50,1/100,1/250 デザインが変わっていてドイツらしくない見た目が好きです。

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03513805.jpg
カメラ 薀蓄はなし

〇ニューマンガーディアレフレックス

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03543573.jpg

 ニューマンガーディアのボックスカメラ、パターソンBを一眼レフに仕立てたカメラ。1902年頃(明治34祢年ごろ)

チェンジングバックに乾板12枚を収め、トップの革袋でつまみ上げ前に差し入れることで12枚撮影可能、カウンターもある、ただ革袋が縮こまっいるのでこのままでは乾板交換できない。

ユニットシャッターになっている、オープンスリットシャッター、露光時間はスリット幅を変えることにより変化させる。

レンズボードも、オープンスリットシャッターのため、巻き上げ時光線漏れを防ぐため蓋がたくさんある。

ゴムチューブを用いてシャッターを開放することができる機構が付いている。

装着レンズはツァイスの英国パテントのプロターレンズ。

このレンズはダブルアナスティグマットレンズで、前玉を外して長焦点レンズとして使え、

レンズボード底には後群のみ使用時の距離刻みがある。

第20回 好きやねん大阪カメラ倶楽部 例会報告 今月のテーマ トイカメ 変カメ_d0138130_03535761.jpg

 一眼レフだがピントグラスでのピント合わせもでき、撮影時には乾板をピント面に合わせるためにピントグラスをチェンジングバックの後ろに差し入れる。

撮影するためにいろいろ手順があり、一つでも忘れると撮影に失敗することになる。