d0138130_935691.jpg

今朝の新聞の広告で私の知らないカメラを見つけた、広告主は東京海上日動、この頃銀行も保険会社も合併を繰り返し訳がわかりません

広告のテーマは、リオから帰ってきた選手のトランク、水中眼鏡が入っていたから競泳、シンクロ、飛び込み・・・のどれかだと思われる、広告にはオリーブの冠も写っていたので表彰台に上っております、驚いたのは選手に同行したカメラがデジカメではなくフィルムカメラのようだ

ちとバルナック型のライカに似ていなくもないが、違うのでアップした次第
[PR]
# by tedukuricamera | 2016-08-23 09:11 | 情報 | Comments(5)
d0138130_9485612.jpg

d0138130_949844.jpg

今月は第2土曜がお盆と重なるので第1土曜に変更、テーマは写真の基本であるプリント、司会は欠席者が多かったので飛んで飛んでN波さん、会長は聞くところによると電話にも出られないとか、I井商店さんは別業の骨董の集まりに参加で欠席、ヒデ爺は病気でリハビリ中・・・皆さん大変です、猛暑で出席者が少ないのが寂しい

d0138130_951445.jpg

トップバッターはK樹さん、プリントと言うことなので引き延ばしのうんちく、わざわざ先月末に熊野から吉野へ撮影に出かけプリント、引き延ばし機のラッキーのV-70で悪縁苦闘とか
なかなか印画紙への焼き付けか思い通りに行かないそうで・・・、それにもかかわらず近々におもさ120kgもあるラッキーM130?の引き延ばし機を買う予定とか、今時は引き延ばし機も生産されていないのだそうです

d0138130_9532633.jpg

お次は3D一筋のH本さん、ビューマスターのパーソナルステレオの記事が掲載されていたので購入した本「50の名機ととアイテムで知る図説カメラの歴史」を紹介、掲載されている50の内3台持っているそうですが、この本はなかなかカメラの選択が面白く、レイアウトも読みやすそうな本です

d0138130_9542791.jpg

d0138130_9544379.jpg

お次はレポート役の私ことPUSH-PULL、N波さんのガラスの乾板を先月預かったのをきっかけに、色々な昔の乾板とフィルムのスキャニングとプリント、6X9のフィルムは日本人の写真で1922年頃のアメリカでの生活が写されておりました

ガラスの乾板は雪の渓流釣りと風景写真、どんなカメラで撮影したのか判らないがどの写真も面白い、写真を見ているだけでドラマが出来そうです、3D写真もガラスの乾板でスキャニングに気を遣います
ほかに2000年に私が作っていた手作りカメラの会報を持参、今から考えると頑張っていましたなあ〜、ブログなんて無い時代でしたから

d0138130_9574565.jpg

子連れミーモーさんは最近入手したミノルタTD,ロッコール45/2.8とレオタックス2台、ミノルタの方は前玉回転というところが珍しいそうです

ライカそっくりのレオタックスのレンズは、トプコール50/3.5の新旧、古い方はエルマータイプで絞りが1枚目と2枚目のレンズの間にあり、回すのも前から、新しい方はテッサータイプで2枚目と3枚目の間に絞りが付いております
来月頭に甲状腺手術で入院されるそうです、早く回復し9月の例会も参加されるのを待っております

d0138130_9583650.jpg

K林さんは、バカでかいカメラ、六桜社(コニカ)のアイデアスプリング、日本海軍仕様、キャビネ判でヘキサーSer1 48/4.5が付いております
2台目はツァイススーパーセミイコンタ1型(1935年頃)、テッサー70/3.5、真っ白なレンズのジャンクカメラだったそうですが、ちゃんとクリーニングして持参
次はヤシカマート、ルマクサー80/3.5、日本橋のトキワさんで格安で入手
前にI井商店さんからカビだらけのキャノンF1を入手、ちゃんとカビを除去、なんとオキシドールでクリーニングしたそうです、メーターもOk
最後が市販の35㎜ポジのヌード写真(写真に入っていなかった)、カメラを買ったときにバックに入っていたそうです、古いヌード写真は構図が変にアートしていて面白い
何時ものことながら彼の技術力は凄すぎてビックリいたします、これからも蘊蓄よろしく

d0138130_1012644.jpg

d0138130_101402.jpg

司会のN波さんは、九州まで出かけ博多祇園山笠を撮影プリント、どの写真も生き生きとして躍動感があり素晴らしい写真ばかり(天井の照明が移り込みすみません)、また博多から博多南まで特急で旅行、初めて聞く駅の名前です
持参カメラはこれも珍しい、ドイツのダイアックス、面白いデザインのカメラです

d0138130_1023035.jpg

Y田さんは昔のアマチュアスポーツ写真を発表、さすがプロどの写真も躍動感がありさすがです、この写真を撮っていた頃はメモリーカードをけちってしまい低解像度で撮影、大伸ばししたらデーター不足のノイズが出てしまっています
今ではちゃんとRAWの高解像度で撮影しているそうですが、今度はパソコンの能力の問題が・・・、今では外付けのHDが安くなり助かっているそうです、この写真などでまた写真展を開催したいそうです

そう言えば私のデスクトップも、後で増設した内蔵HDが1TBで余裕なのですが1万円もしませんでした

d0138130_1041666.jpg

Y尾さんは昔にユーミンの追っかけを20年も続けていたそうで、その時代の1998、1999年のライブ写真を大量に発表、よくぞまあコンサート会場で撮影した物ですが、どの写真もよく撮れておりますなあ~

d0138130_1064679.jpg

d0138130_107748.jpg

H井さんは10代の頃鉄道にはまっていてその頃に撮った写真を大量にプリントして発表、アルバイトをしては北海道など色々なところへSLを追っかけ撮影していたそうです、その頃の使っていたカメラはペンタックスとミノルタオートコード、6x6は高く付くので殆どが35ミリのペンタで撮影
面白いのは20過ぎに機関車写真を卒業したのは良いが、なんとその後国鉄に入社し運転手をするというホンマに電車好きでビックリ
d0138130_107455.jpg

30年前に購入した100枚入りの印画紙がそのまんま使わずに残っていたので、古い印画紙で焼き付け、コントラストは悪くなっていますが、逆にレトロ感満載のプリントができあがっておりました
持参カメラは最近買ったと思われるSONYα7!!!、コンタックスG1のレンズを点けて楽しんでいるそうです、コンタックスは故障したら終わりなのでが、αのおかげでプラナー、ディスタゴン、ゾナーなどの高級レンズが楽しめるようになったそうです
他にも大昔の写真館で撮影したプリントも持参、私もそうですがミラーレスカメラのおかげでオールドレンズが再使用できるのが嬉しい限り

d0138130_1081189.jpg

d0138130_108241.jpg

昔会員だったF田さんがブログを見て飛び入り参加、1枚の写真で3Dになる写真を自分でプリント発表、この写真はカメラが2台から4台までの画像で作るそうです、下記のアドレスの会社から3D制作ソフトをダウンロードできるそうです
1枚のプリントがスリット状の凹凸のあるプラスチック板を前に当てるだけで、はい立体画像が!
株式会社テクネ
http://www.texnai.co.jp/jap/stereo3D/index.html

d0138130_1085050.jpg

d0138130_109362.jpg

最後が遅れてやって来たM脇さん、会員ではないのですが時々見学に来られます
ニコンのバッテリーのお話、ニコンのダブルバッテリーのホルダーは純正しか認識しないそうですが、一度認識すると後は安い中国製のバッテリーでも認識してくれるので使用可能になるそうです

同じく安いテレコンとワイコンとヘリコイドを発表、次に来られるときは是非手作りカメラにご入会ください
お土産に持ってきてくれた瓦せんべい、なんと彼の無線のコールナンバーが入っております、因みにJA3の3は大阪などの関西ローカル番号ですな
d0138130_10434693.jpg

飲み会は飛び込み参加の二人を加えて六人で賑わいましたがちょっとトラブルがあったのは残念でした。
[PR]
d0138130_10492325.jpg

久し振りに図書館へ行って写真集を眺めていました。目の前にあったコーネル・キャパ写真集「われらの時代」を取り上げました。
d0138130_10503567.jpg

その中ほどに面白いページを発見しました。1964年に南米ボリヴィアのラパスで撮影された写真です(右ページ)。
d0138130_10514297.jpg

道端に座っている女性のバックに描かれた絵に写っているのは間違いなく「オリンパスペン」です。壁に描かれたもののようですが広告でもないようです。この時代にこの国でもオリンパスペンは日常的に有名だったようです。

ご存じのように「コーネル・キャパ」は「ロバート・キャパ」の実弟です。ライフで暗室作業などをしていたのですがその後ライフのカメラマンとして活躍しました。その後マグナムにもに参加しましたが兄の死後ICP(国際写真センター)を設立したのが有名です・・・参考までに!!!・・・白髭。
[PR]
d0138130_15483791.jpg

今月もI井商店の中古カメラでスタート、会長からは連絡もなく欠席されています、レポートはpush-pullですが中古のCASIOのコンデジが充電器もあったので格安で早速購入、バッテリーは上がっているのでテストできず、動かなければ返品可、例会中に充電したのですが液晶が何とかついたのですがレンズが出てこない・・・がっくり、

来月は会館の都合で日にち変更で8月20日(土)に決めましたが。その後連絡をしたらその日は満室!、空いているのが前の週の6日しかなかったので決めました、部屋も今使っている部屋は詰まっているのでお隣のBになりましたのでご了承ください

今月の司会はH井さんで始まり始まり、7月のテーマは大判カメラ、トップバッターは名古屋からはるばるお越しのB野さん

d0138130_15544912.jpg

・左が1936年と古い3AコダックシリーズⅡ
・写真の真ん中がオフナーシックス(1954年)大船光学、中学時代に初めて使ったカメラだそうです
・右が手作りのステレオカメラ、イカステレオ6x13+3AコダックシリーズⅡ、レンズは105ミリのテッサー、それに合わせてファインダーはエンサインの6x9用

手作りと思えないほどきれいな仕上がりです、120ロールフイルムが使用でき、フイルムカウンターの窓も自分で加工

d0138130_1555114.jpg

お次はH本さん、持参カメラはステレオ用に購入したのだがまだ使っていない、カメラの名前も判らないそうです、面白いことにカメラを見た直ぐに、会員さんから「それはコダック」の発言が、さすが手作りカメラです

d0138130_15553596.jpg

K樹さんは大判カメラで撮影した池原ダムの写真、カメラはリトレックビューとホースマンL-45、しかし重いので持ってこなかったとか(笑)、自宅で色々と現像を楽しんでおられるのですが、詳しい説明ははしょられました・・・残念

d0138130_15555521.jpg

お次は私PUSH-PULL、フィルムサイズの35、中判、大判の話をしようと思ったが話のネタのiPadminiを家に忘れてきてしまったので簡単な説明のみ、最近テレビのバラエティに出ていた美人のカメラマン「ヨシダナギ」さんの写真集を衝動買い!
全裸のカメラマンとして有名になったそうですが、そんなこととは関係なくスリ族の写真集は衝撃的で良くできております

d0138130_1556172.jpg

何時も楽しいカメラとパーツを一杯持ってきてくれるI井商店さん、珍品のZEISSのミローフレックス、9x12の手札サイズ、レンズはなんとテッサー付きです、このカメラ見た目より結構重たくカメラの開閉には力とこつが必要、帰って調べたら1885年と100年以上も前のカメラでした
・ほかにも上海ライカで軍艦部の刻印が印象的です
・Canon 4sbF1.5 海上自衛隊のマーク入りという珍品、これもライカ型ですがF1.5とは明るいレンズです
・昔のムービーと言えば必ず出てきていた16ミリフィルムのベルガ16、きれいな箱と説明書も付いていましたがこれ又重い、こんなの持って走り回っていたのかしら?

d0138130_15564719.jpg

ヒデ爺さんはKodak Duo 620、620フィルム使用のカメラなのですが、620を調べたらコダック独自規格のロールフィルムでした、120と違うところはフィルムは同じなのですがフィルムを巻くスプールの径が細いことでした
レンズはテッサーの75/3.5、一緒に写っているコンデジは格安で買ったもの、バッテリーも充電器もありません、PanasonicのLUMIXなのですがレンズがライカと言うことで買ったそうです

d0138130_1557641.jpg

S川さん、発表のメモなし、仕事で使っているポジリースのお話、以前はグラフィックの仕事用に大阪市内にはレンタルの写真ライブラリーが何軒かあったのですが、今はすべてネットからダウンロードだそうです

d0138130_15573520.jpg

Y場さんは50肩がまだ直らず、服の着替えからお風呂まで不自由しているそうです、肩が痛いので一番軽いエンサインプレビューを持参、6x6のインスタントカメラでイギリス製

d0138130_155819.jpg

N場さんは大判カメラならぬ大判の古いガラス乾板持参、透過で見たらピラミッドが沢山写っておりました

d0138130_15582354.jpg

若い方のY田さんは超広角を装着したフォクトレンダーのBessa-L、レンズはウルトラワイドへリアー12/5.6、35㎜フルサイズでで12㎜と言うのは最広角、現役時代にどうしても欲しくて買ったそうですが時代はデジタルへ、ほとんど使っていないそうです
上に載せたファインダーもレンズと同じくらい値段が高いそうです、レンズがもったいないのでアダプターでL→Mマウントを付け、キャノンのEOSM3に装着し撮影したら凄いシャープで凄いレンズだそうです
何故かEOSでは写真をオートで3枚合成するHDR(High Dynamic Range Imaging)撮影だけが出来なかったそうです

d0138130_1558424.jpg

お天気屋さんはゼンザブロニカ専用レンズ2本
・ニッコールH 50/3.5、ニコンの広角レンズ28/3.5を拡大設計したレンズだそうです
・ニッコールD・C 40/4.0、初期のブロニカ「D,S,S2,EC,EC-TL」に付けられていたレンズで、ニッコール付き中判カメラがセールスポイントだったそうです
当時は和製ハッセルと評判、このマウント(フォーカルプレーンブロニカ)はEC-TLⅡで終わり、以後はレンズシャッター式に変更されました

d0138130_15585943.jpg

K林さんは、1955年のスエーデン製の航空カメラ「ブラウベル」、120フィルムの6x9サイズ、陸軍用に60台製造されたそうですが資料がほとんど無い、1985年頃にドイツのオークションに3台出品されたとの記録がある、肝心のブラウベルの製品リストにも載っていないという謎のカメラだそうです、グレーで軽そうに見えたのですこれ又重いカメラでした

他にもゼンザブロニカS ニッコールP 75/2.8、ブロニカDXとS2とSのマガジンの違いを説明、ブロニカを使ったことにない私には難解な説明でした(笑)

d0138130_15592064.jpg

遅れてやって来たM本さん、オリンピックにちなんでオリンピアゾナーの親戚と言われているニッコールPオート 180/2.8、持参のNikomartに装着して説明がありました

d0138130_15593815.jpg

最後は司会のH井さん、大判のホフマンプレス、調べたら1955年発売でした、レンズはヘキサー120/4.5とテレヘキサー30/6.3、京都のホフマン光学で製造、ホースマンの原型とも言われているそうです

最初に書いた超格安のカシオのEXILM、家に戻ってバッテリーをフル充電、おそるおそるONにしたら少しレンズが動いた、薄いフタの動きをフォローするとなんとレンズが出てきたではないか、日時を設定したらちゃんと作動いたしました、下がワンコインで入手したカメラです

d0138130_155954100.jpg


※文章に色々と問題がありそうなので、間違っていたら修正よろしく
d0138130_9122577.jpg

早速の例会報告ありがとうございます。飲み会の写真も追加しておきます。六人の参加で天狗で焼酎三本を空けるという盛り上がりようでした。その後いつものようにカメラのナニワを訪問しました。ところが入った途端に言われたのは「そこに鞄を置かないで下さい!!!」でした。集団でワイワイガヤガヤの割には買い物をしないので歓迎されなくなったようです・・・白髭。
[PR]
昨夜の大雨で私の散歩コースの生駒川は大増水でした。どうもある場所は川の水が堤防を越えたようです。川沿いの野菜畑は水で洗われたらしく作物が全滅の様子です。近辺の家の玄関も水が襲ったらしくごみ箱が転がっていてガラクタガ散らばっていました。
d0138130_1115455.jpg

ただ面白いことに増水して荒々しい川面に鳥たちが出てきたのです。特に最近見かけなかったカルガモの親が小さな子供を五羽も連れて泳いでいました。平和なときに見かけなかったのにこんなときに出てくるなんて面白いことです。
d0138130_1117169.jpg

さらにめったに見かけない川鵜が現れて翼を広げていました。たいへん敏感な鳥でこれだけ近寄れるのは大変珍しいのです。それも一羽だけでなく三羽もいました。
d0138130_11175423.jpg

川鵜とカルガモ親子が出会うシーンもありました。
d0138130_11184511.jpg

さらに白鷺までやって来て川鵜と並んでいました。増水で巣などが荒らされたのでしょうか? 不思議なことです。

Panasonic DMC-TZ60 で撮影
[PR]
今月も会長から連絡なしでしたがどうしているのか心配です、今月のテーマは「シャッターあれこれと世界のライカ型カメラ」

d0138130_13102439.jpg

例会の方はI井商店さんのカメラグッズ販売、何時ものことながら楽しみです、司会は先月お休みだったyasuさん、最近両肩とも五十肩だそうですが合わせて百肩に、服を着替えるのも大変なのだそうです

d0138130_13104426.jpg
トップバッターは気象予報士さん、キャノンEF,F-1ベースの高級AEカメラでコパルスクエアーシャッター(ハイブリット型)、高速シャッター(~1/1000)は機械式で低速(1~2S)は電気式というユニークな設計
箱に隠れてしまったがレンズはFL50/1.2の大口径標準とFL19/3.5で当時としては超広角レンズ
・箱入りのオリンパスXA2,XAの簡易型とか、35/3.5
・ちっこいのはフジカラーのウルトラコンパクトカメラMC-007,元箱に取説にフィルムにストロボと全部揃っております

d0138130_1311144.jpg
お次は居酒屋に行っても瓶ビールしか飲まないH本さん、KONIKAのボディーにSEIKOのシャッターを改造したのもを取り付け、レンズ付きフィルムカメラのレンズだけを4枚外し、4眼(ステレオ写真2組)にした労作、なかなか良くできておりますがフイルム巻き上げに難があり、2重撮りになってしまうとか

もう一つは年代が不明ですが、レンズシャッターが付いていたので持参、直ぐに他の会員さんから「フォクトレンダー ベルクハイル」ではないかと、私が見たことのないカメラでも知っている人がいることがこの会の面白いところかも

d0138130_1311216.jpg
K樹さんは最近はまっている現像のお話、現像液は日にちがたてば写真がぼやけるとプリント持参、LUKYの切玉?の話もあったのですが、申し訳ないよく聞いておりませんでした

d0138130_13114288.jpg
みーもーさんはフジカSTF持参、このカメラはシャッター機構がミラーシャッターで珍しいそうです、いや~これもそれほどでも~
ライカ型カメラの方は非常に状態の良いニッカ5型、オークションで安く仕入れたのは良いが巻き上げの時にスリップ発生とか
他にこれも珍しいそれほど珍しくは有りません、年代なりにやれた値段相応のオリンパスOM-1の黒と、写真会館で入手したシーガルDF3000? ←これは自宅でじっくり見たところDF300XDと消えたプリント跡から判別出来ました。んで、こっちはくすぐっているうちに休み休み動き出したPeafowlDF1
ともに上海海鷗照相機。
どうも同じカメラで名前違いの”パンダ”なるカメラが有るような(涎)

d0138130_1312169.jpg
お次はレポート役の私PUSH-PULL、最近はお酒に弱くなり飲み過ぎるととんでも無いことだらけで大変、カメラの方はライカ型カメラ
ロシア製のZork4K ジュピター50/2.0、まさにソ連のコピー文化の粋です
他には国産のライカLマウントの安原一式Canon50/1.8と、Bess-Rホクトレンダー35/2.5、どちらも使いやすくデザインも気にっております
この頃から私自身デジカメの方へ興味が移りあまり使いませんでしたな

d0138130_13125443.jpg
ヒデ爺さんは昔フランスに出かけたとき、カメラ市で買ったフェイクライカ、1930年のオリンピックの刻印が入っております、それにしてもすごいカラーリングです

d0138130_13132723.jpg

d0138130_1314159.jpg
快速運転さんは珍しいシャッターを発表、見たこともない機構で面白い、パノマチックシャッターとか言うそうですが、この頃はスプリングやエアーやひもなど色々な使われております、デザイン的には私の大好きなまさにスチームパンク!
持参ライカはこれ又高そうなライカD2の黒とD3の黒、どちら保存状態が良く売ったら会員全員で宴会が出来そうだ

d0138130_13143913.jpg
何時もカメラグッズを一杯持ってきてくれるI井さんは、あまり見たことのない貴重なライカ型カメラ持参
よく解らないので名前だけ列記、オーナー35,メルコン35(タナック)、ニッカの元となるヤシカYF(ヤシコール)
本物かコピーか見間違いそうなライカA型エルマックス?付き、ロシアカメラのようですが本物だったがとんでも無く高額だとか
d0138130_13145721.jpg
他にも旧式のレンズ付きシャッター、これ又珍品揃い
d0138130_13151185.jpg
最後が鉄アレー並みの重量のフジックスニコン、デジカメの始まりだそうでその頃で80万ほどの高額だったとか、メディアが大きなコンパクトフラッシュ、充電器を通して電気を接続したらちゃんと動いてくれました、すごい

d0138130_13153170.jpg
名古屋から来阪のB野さん、持参カメラはコニフレックス2,スーパーイコンタⅤ531-Ⅱ、スーパーイコンタ530、コニカパールⅢT-3
他にスプリングカメラのシャッターの講義がありました、パールのコニラビットのコダックシンクロとドイツシンクロの違い、デュラックスのドイツシンクロ、セイコージャラビッドMXとMXL,セイコーになってからメカが簡単に
ほかにもコンパラビットやシンクロコンパなど色々ありましたが実物がなかったので省略
持ち込まれたカメラも一度分解し組み立て完動品に、傷んだ皮もきれいに張り直されています、分解の時のメモと写真の写真がすごい

d0138130_13155168.jpg
最近超忙しそうなJackさん、和歌山で針穴写真のグループ展(6/22~7/4,和歌山市ギャラリーTEN)出品のためにプリントした写真発表、プリントの苦労話が面白い、長尺プリント用紙を入手、サイズは2L長辺幅の処分品のロールを入手できたそうです
又アルバイトでWebサイトの翻訳をやり始めたそうですが専門用語が多く大変だとか、笑ったのはギャラがカメラ用品のみの購入に使えるポイント、おまけに半年の有効期限付き!LOMOGRAPHYのサイトにJackさんの翻訳文章がアップされるようです

d0138130_1316966.jpg
何時も一杯発表してくれるK林さん、重いカメラを提げて和歌山からとは頭が下がります
発表はゲルツミニコード ヘリゴール25/2.0、珍しくオーストラリア製で16ミリフイルム使用、小さいけれど2願レフ付き、ギロチンシャッターなのですが音がしません、でも巻き上げの方の音がでかい
・アルマス103、旧ソ連製でヴォルナ50/1.8、ソ連最後の頃の1願レフカメラ、メタルフォーカルプレーンシャッター(オリジナル)
・スポルト これもソ連製でインダスタール50/3.5、色々論議がありますが世界最初の一眼レフ?とか、変なメタルフォーカルプレーンシャッター付き、コンタックスのシャッターを真似ようとして失敗したとか言われております
・ご存じコンタックスⅠ型、テッサー50/2.8、名品です
・ロボットロイヤル36 クセナー45/2.8、ドイツ製のカメラでメタルロータリーシャッター、2基のゼンマイで立て送りなので軍幹部がでっかくしかも重い
・ヤヌア エッセイジ50/3.5、イタリアのライカ型カメラ、外観は似ておりますが中身はライカとは全く違います
d0138130_13162236.jpg

最後が超珍品のロワイエ、テレロワ ソムベルチオフロール105/3.5、ユニークな連動絞りが付いたスプリングカメラです、確かにファインダーを覗くと面白い場所にピント窓がありました

d0138130_1317610.jpg
最後が司会のyasuさん 持参カメラはフォカ(ワンスター)スタンダール、なかなかかわいいデザインのカメラです、他に星が2つの物と3つの物があります、例会の後4階の鈴木特殊を覗いたら3台とも陳列されておりビックリ
[PR]
前回の私のHDR(のような?)写真は大変極端でしたので軽く効果をかけたものを作ってみました。
d0138130_11222721.jpg

これがストレートの写真です。
d0138130_1123159.jpg

これは少々軽く処理したものです。

ストレート写真は何かというといろいろ問題があります。フィルムに写ったものそのままがストレートかと言えるでしょうか? フィルターをかけたり引伸しの際に覆い焼きをしたりしたのはやはり人間の視覚に近くしたいためです。

風景写真に偏光フィルターを使うのは常識ですがこれは視覚とは全く違って写ります(見えてないものが写っています)がストレート写真で通っています。ですから原画をいろいろ技術的に処理したものがストレートではないとは言えません。

フィルムでは露出アンダーで写っていない部分も目ではその部分を明るく(虹彩を広げる)して見ています。オーバーな空の部分は暗くして見ています。人間の目の明暗の感覚はとてもフィルムやデジタル画像で捉えられていません。

それをHDR処理をしたからといってストレート写真ではないからダメだとは言えないでしょう。私には二枚目の方がそのときの私の視覚に近いと思います。

結局は世の中の人たちにおかしいと思われるか思われないかの程度の問題のようです・・・巨人の六連勝に大喜びの・・・白髭。
[PR]
今流行っている「HDR(high dynamic range)写真」が面白いのでやってみました。

本来なら「Photomatix」という有料ソフト(8000円ぐらいらしい?)を使って作るようですが貧乏人の私には似合いません。また私の持っている「キャノンEOSm3」にはそのアプリが組み込まれているのですがこれではあまり面白くないので「photoshop 8.0」で加工したものです。
遊びとも言えますが突っ込んで研究したらとても面白いものが出来あがるようです。皆様も試してみたらいかがでしょうか?

①田植えが終った田んぼに遊ぶカルガモの番いです。
d0138130_1644289.jpg

d0138130_1645238.jpg

②アベノハルカス屋上からみた京都方面の風景です。
d0138130_16454828.jpg

d0138130_16461259.jpg

③ミャンマーの寺院の夜景です。
d0138130_16465586.jpg

d0138130_1647169.jpg

④ミヤンマーの寺院の完全逆光の風景です。
d0138130_16482191.jpg

d0138130_1648444.jpg

⑤戎橋の雨の夜景です。
d0138130_16492167.jpg

d0138130_16494354.jpg

途中の作業でいろんな数字を変えることによって出来上りが違ってくるのですがまだその極意には達していません。取り敢えず出来たものをご覧いただきます・・・白髭。
[PR]
d0138130_10522029.jpg

今月も会長は連絡もなくお休みでした、I井商店さんが上の写真以外にも大量の中古カメラとパーツを持参、例会が始まるまでみんなでジャンク?を手に取りわいわいがやがや、みんなこの手のカメラが大好きみたい

d0138130_10532261.jpg

司会はミーモーさん、今月のテーマはトイカメラ・変カメ・ミニチュア・カメラ風グッズなどなどなど

d0138130_10534076.jpg

I井さんが用事があるとかでトップバッター、さすがオモカメの主でトイカメラが一杯、後ろのでっかい箱が「写るんです」の店頭用のディスプレイ、ちゃんとストロボが点滅するそうです、他にも卵形のカメラ「カメタマ」に自動車や飛行機型のカメラを発表です

d0138130_10541015.jpg

二番手はステレオ一筋のH本さん、今月も自作のステレオカメラ、6X6のトイカメラ「MIRAGE」2台を合体、プラスチックのブックエンドを加工してフレーム制作、接着剤が合わなかったのかちょっと仕上がりに問題が、ピントが同調していないのでこれ又問題かも

d0138130_10542768.jpg

K樹さんは、NikonF6で撮影したプリントを発表、春日大社に私のよく知らない高見峠など、奈良と三重の県境の方まで出かけて撮影してきたそうですがオートフォーカスがやはり便利だとか(笑)

d0138130_10551754.jpg

お次は私PUSH-PULL、富山旅行の話と持参は日光写真、懐かしの映画スターのネタ紙、ちゃんと感光していないフィルもあります

d0138130_1055338.jpg

お次が白髭さん、珍しく水中カメラのニコノスⅤ、レンズはUW-NIKKOR2.8/20と専用ファインダー、ダイビングのライセンスを取りダイバースーツからアクア用品一式を揃え白浜で潜ったそうですが、水中では老眼でファインダーなどがよく見えず苦労したそうです

その後体をこわしてから潜る元気もなくなり一式眠っているそうです、水中では画角が狭くなるのでワイドレンズでないと役に立たないそうです

d0138130_10555084.jpg

N波さんはZEISS IKONのボディにニコンマウントをセットし撮影したプリント発表、長田の鉄人28号などどれもよく撮れております

d0138130_10563287.jpg

元天気予報士さんは、日本カメラ博物館のお土産で革製のライカⅢfのキーホルダー、小さいけれど良くできていますな、そう言えば私事ですがまだカメラミュージアムに行ったことがありませんって言うか長いこと東京すら行っておりません

d0138130_10564714.jpg

こちらはお気に入りで買ったライカDⅢの絵画、レンズはズマールの5cm/f2が付いております、写真を取り忘れたのですがその後に手に入れた現物の同じカメラも持参
発表の時は作者不明と言っておりましたが、額を開け作品の裏を見たら「林哲夫」のサインがありました
この絵の持ち主さんから訂正があり、絵のレンズは沈胴式の「ズミタール5cm/2」だそうです

d0138130_1057475.jpg

珍しくS川さんの発表がありました、トイカメラのPixie16mm、なんとフィルムマガジンを自作したそうですが、出来映えは上々、残念ながらこのカメラでの撮影はされていないとか、来月も発表よろしく

d0138130_10572237.jpg

お次は司会のミーモーさん、カメラメーカーのおもしろグッズを発表、ブロニカのオイルライター、考えればブロニカはライター会社がカメラを制作したのでしたな、岸和田市民フェスのフリマで見つけたそうです

時計の方はコニカの景品、何枚も応募して奥さんが書いた物が当たったそうです
カメラはオリンパス35Ⅳ、ネットのオークションで格安で入手、なかなかかわいいデザインですね

d0138130_10574154.jpg

d0138130_10575517.jpg

いつも大量の珍しいカメラを発表してくれるK林さん、ベークライトのおもちゃカメラはアメリカ製のUNIVEX、裏蓋を開けて見せてくれたのですがフィルムサイズが判らなかったそうです、写真との照合は各自でお願いします
・これもアメリカ製のVOAR12.8/50、資料はほとんど無く1948年頃らしい、どうも電機メーカーが作ったらしいのですが詳しくは判らずじまい、レンズシャッターで中はピッカピカ
・真ん中の面白い色のカメラが、ドイツはゾリンゲン製のモンタナス?金属部分はハンマーストーン仕上げで、一番はヘビ柄と言うところ
・デルタモンイアナスティグマット 3.5/50
・クロスタープリンセス 2a クロスターゼメン2.8/50付き、変わっているのはピント合わせが軍艦部のセンターにあり特許を取っている、シャッターも直ぐ横で使いにくそう、イタリア戦のちょっと変わったカメラです、資料も全く見つからなかったそうです
・ちょっとニコンのS2に似ているローヤル35,レンズはトミノール2.8/50、もともとレンズ交換式に設計されたのですがレンズは作られなかったらしい
・双子カメラはロシアカメラのスメナⅡ、もう一つがそれをコピーした中国製の崋山でちょっと変わったオモカメです、他に長江というのもあるらしい
・ラストがオランダ製の変なカメラのNEDINSCO-VELO 3.5/45
色んな国の知らないカメラがまだまだあるのですな

d0138130_10583284.jpg

最後の発表は元快速運転手さん、かなり変わったデザインのカメラがしょうわ6年にされた国策精機のオートキーフ、レンズはKOL keef3./60、ベスト判の12枚撮り
他にピコレット型のライターとライト、どれも戦前のものです
真鍮製のプレートがダケレオの銘板のレプリカの大小、ホンマ物だととんでもない値段が付くそうです
d0138130_8393755.jpg

その後の飲み会は五人の参加で賑わいました。以前行った店で応募し抽選で割引券が当たったのでまた行ったのです。しかし余り安くなったとは思えませんでした。今回は下ネタの話題で盛り上がりました。
[PR]
# by tedukuricamera | 2016-05-21 19:54 | Comments(6)
今年のGWはいかがだったでしょうか?

d0138130_1132030.jpg

(丹後半島・経ヶ岬にて)

私はここ10年、毎年この時期に海外出張が入っていたので家族(おもに妻)からは文句言われっぱなしでした。せっかく行くんだからと、休みを取って自分だけついでにあちらこちら回って帰ってくるわけですが、家族はどこへも連れて行ってもらえない、と...ごもっともです。でもしゃあない。

それが今年は体調が悪く、特に胃潰瘍と食道炎が4月の韓国出張で悪化したようなので大事をとって出張自体を取りやめたんですね。元々今年は例年より時期が早く、GW前に予定していたので連れていけなくはなかったのですが...まあ結局娘を連れて実家に帰ったぐらいだったわけですが、例の暴風が吹き荒れたのでチューリップフェアも閉園、実家は停電とさんざんでした。

そんなGWさなかの5/2、たまたま私だけ休み、しかも降水確率ゼロという状況で誰が家でゴロゴロするでしょうか?...ということで丹後半島ソロツーリングに出かけました。阪神高速からR173を通って川西、能勢、篠山を抜け、京丹波みずほICからは京都縦貫道で天橋立まで。これだと車でも片道2,000円ぐらいで済みます。オール高速だと5,000円以上かかりますし。

d0138130_11331621.jpg

(天橋立にて、誰か知らない人)

そして天橋立でお昼を食べた後はR178へ入って海岸沿いをひたすら走り、伊根を目指します。伊根は舟屋群といって、海岸沿いに舟屋一体型の民家が建ち並ぶことで有名なのですが、道の駅が展望台になっていて、湾内を一望できるようになっていました。

d0138130_11325366.jpg

(道の駅『伊根舟屋の里』より)

ところが快調だったのはここまで。これから先は通ろうと思っていた道が工事で全面通行止めになっていて、道なき道を迂回してタイムロスしたうえに、予定していた経ヶ岬までかなり遠回りすることになってしまい、そこから先の予定地が全部ぶっ飛んでしまいました。当初は夕日が浦で日没を、などと考えていたんですが早々に引き上げることにしました。

d0138130_11344254.jpg

(今見ても一体どこを走ったか分からない...)

何事も思いつきで行動するのは良くないなと思った次第でありました...
で、申し訳ないのですが明日の例会は法事のため欠席します。
[PR]
# by tedukuricamera | 2016-05-13 11:40 | 写真 | Comments(2)