<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昨日、今年最後の第374回大阪手作りカメラクラブ例会が開催されました。
また、例会後には大忘年会も予定され当日は13名と当ブログを見てオブザーバー参加をいただいた1名の合計14名が例会参加です。(所用で忘年会だけ参加の方もいてはります・・)

それでは今年最後の例会テーマは当クラブ名の通り『手作りカメラetc.』
例会レポートはyasuがお届けします。

トップバッターはこのブログを見て参加を思い立ったと言う今回オブザーバー参加のM脇さん
何でもエレクトロニクス部品の写真を接写し雑誌に投稿しているため、その接写装置の手作りをしているとの事。
d0138130_10252869.jpg
大判のNIKON PB-4の代わりにToyo viewを使用して工夫。
レンズのバックフォーカスを取るためには100均の配管部品を流用したりとアイデア満載。充分入会資格を満たしています、是非とも継続入会をお待ちしております。

お次は少し偏屈?H本さん
d0138130_1031814.jpg
この間U田さんが持ってこられた書籍の『図解カメラの歴史』を持参
大変勉強になる。
また、現在尼崎文化センターで開催のH本さんお得意の立体写真展を紹介
さらにAPSフィルムが欲しいが、今はもうどこにも無い。α7も欲しいがステレオするには2台必要で悩む・・
α7は差し上げられないが(持ってもいませんが)、確か期限切れのAPSフィルムは手元に在庫があるので差し上げますのでご安心あれ。

まだ入会新しいフレッシュな国Kさん
自宅現像を試みるが、薬液である酢酸の臭いに奥方が非常に敏感。
そのせいで家庭内立場が危ういとか。やってるこちらはな~んにも気になりませんけどね。
d0138130_10403389.jpg
今日はしかしカメラではなく永井荷風の『荷風外傳』昭和54年初版本を古本で探し購入し持参。
生涯独身を通した荷風の一風変わった女性遍歴の話に、荷風外傳の作者秋庭太郎に習って、外出時の荷物包みとして風呂敷を今日は使用。以前にテレビで見ましたが風呂敷は大変優れたもので、その使い方でいかようなものでも包め、運ぶことができます。下手なバッグより有用性があるのでぜひ極めてください。

いつもダンディな装いの秀じぃ事、Y田さん
やはり年末は仕事が忙しく、我々サラリーマンと違い終業時間はあってないもの。
従業員を帰した後も一人黙々と仕事を続けることはもはや日常茶飯事。
おまけに若い頃と違うのはその手先などの衰えがあること。それでも90歳までは頑張るで~
d0138130_1052214.jpg
今日は貴重なライツのセルフタイマーを持参?いやいや今先ほど別の会員から購入されたことを私は知ってます(笑
でもこれでかれこれセルフタイマーコレクションは100に届く頃ちゃいますか?

今回も会報写真をご担当いただいたU田さん
今日はEマウント手作りレンズとそれで撮った写真に上原ゼンジのカメラ本を数種類持参
d0138130_1057457.jpg
このNEXを購入したことを契機としてEマウントレンズの手作りを開始。
初期はライツのレンズアダプターにレンジファインダーCONTAXのマウントアダプターを作りツアィスレンズを使用。写真のこれは以前I井商店さんから購入した正体不明のレンズを加工したもの。
確かにレンズはフジノンレンズで期待は持てるものの、絞りは無くヘリコイドだけがある。
これで写真を撮ったが、ピントばっちりは1枚だけ。どうも片ボケするのはヘリコイドのせいか?
他の会員からはおそらく電動監視カメラのレンズで電動でヘリコイドを動かす物ではないか?等の意見が。
I井さんからまだ同じようなものがあるとの声を聞いて、購入して創作意欲が湧いているご様子です。

お次が私yasu
今日は以前発表したやんごとなき事情によりヤフオクで落札したトプコンREスーパーの露出計調整を再度実施したものを持参。
さらに、『なんや、ジョイントカメラやないか』と悪口を言われた中判の一見コンバーチブルホースマン様の手作りカメラ。
d0138130_1113024.jpg
レンズは35mm用バルダのラジオナーのためフィルムバッグはグラフィック用だけれどもイメージサークルは中判をカバーせず、およそ5cm直径の円い写真を量産。
何が一番苦労したかと言うと、このカメラを作った当会会長から強奪すること(笑
いえいえ、穏やかにこのカメラでいっぺん写真を写してみて欲しいと言われ、そのフィルムと写真を見せた時に『じゃこのカメラあげる』と頂戴したのです(笑
しかし、ちゃんと使えるようにカメラ前面の手を切りそうなエッジを鑢で丸めるなどのカスタマイズは私が実施。

それでは重鎮H井さん
今日はフランス・ゴーモン製のブロックノートを2台
d0138130_11274613.jpg

1台は故障していたが高級仕様のE.KクラウステッサーF6.3/75mm付き
なんとこれは英国輸出仕様でチェンジングバック付き
ただし、修理するにもどこにどういった部品が使われていたのかが分からず思案していたところに現れたのがもう1台のブロックノート
これは廉価版でベルチオの単玉が装着されており絞りも省略されているが、このカメラを分解することで構造も理解でき、もう1台も完動となる。おそらく明治39年頃から大正中期頃まで販売されており、1920年頃までは輸入されていたとの事。

驚きの難波さん
以前から発表のあったスリットカメラで今話題のエバンゲリオンのラッピング電車を撮影してきた。
d0138130_11335549.jpg
車両は500系こだま8両編成。
武庫川から前方に邪魔者が無いところで撮るが、ラッピング電車は何本も走っているものでもなく、ダイヤで調べて苦心の力作。スリット幅は0.8mmくらいにしてキャノンのモードラのモータを利用して、しかしこの長尺のプリントが簡単にできないのが悩みの種。それにしても会員皆の『よく撮れている。』と感嘆の声には、さもありなんでした。他には山陽電車のシニアパスを購入した話など。

ストイックな白髭のY田さん
手作りと考えていたら、当ブログでjackさん発表の万華鏡カメラから思い出した『手作りプリズムレンズ』を発表
d0138130_1145497.jpg
おもちゃのプリズムレンズを使用してどうにか写真が撮れないか考えて52mmのレンズキャップに取り付けることを発想。
そのお陰でNIKONの50mmレンズに取り付け、キャノンのEOS M3にF⇔Mマウントアダプターを使用して写真を撮った。なかなか面白い写真が出来上がったのをご覧あれ。
しかし、現在はライカマウントアダプターでコシナフォクトレンダー製ウルトラワイドへリアー12mmf5.6がお気に入り。ライカマウントレンズをEOS M3に使うにはこのレンズが最適との事。
他に、ビッグカメラに寄ってきたが同じ商品でもメイドインチャイナとメイドインジャパンではその価格差が3倍あることに何かしら納得がいかない思いがしたとの事。

Y尾さん
残念ながら何もなし、最近の気象の話も無く残念。

当会の知恵袋K林さん
先月社員旅行でお休みしたので先月お題の資料本として『300ライカコピー』を持参。
d0138130_11585392.jpg

この本はアマゾンでも無く散々苦労して、先日別のカメラの会でそこの会員さんに譲ってもらったとか。
一般的によく知られたライカコピーカメラ以外にも出ており、いかにも楽しそうな本ではありました。
d0138130_1235934.jpg

他には資料とは違ったなぞのフェドSに試作機と思われるリコレットⅡ、アトム版の珍しいイタリア製カメラ アルバNo.63
エキザクタVX1000の珍しいブラック仕様、別で手に入れたメーター付きファインダにはなぜか透視ファインダ付き
最後に今年購入した最安値(300円)のコーワ140など

今回司会のI井さん
d0138130_129974.jpg

今は無き粟野さんの遺作カメラを紹介や久保田さん作成の写るんですカバーにI井さんが10数年前に企画制作した『ライカヌル風写るんですカバー、2002年ラピタに『いつもシャッターが閉まっているなぞの写真機店』として写るんですカバーともども紹介されました。
d0138130_1291974.jpg
他にはオモカメ国王の本領発揮の品々です。

おつぎは、遅れてきたS川さん
d0138130_121297.jpg

お題を忘れ、今回は仕事で作った年賀状を紹介
デジカメで背景をぼかすことはなかなかできないが、長焦点レンズで今回は上手くぼかしを入れた絵ができたことなどを発表

最後に我等が会長、キューちゃんの近影です。
d0138130_2303371.jpg

あれっ会長、発表しなかったんでしたっけ?

以上、皆さんやはり手作りにかける工夫など面白くためになるものでした。
この後、名幹事 秀じぃの下、場所を今年はテングに移して盛大な忘年会で今年の憂さを打ち上げたのでした。
d0138130_16405141.jpg

また、来年も皆様変わりませず、よろしくお願いいたします。
新規会員の募集も随時致しておりますので、ご興味のある方いつでも参加をお待ちしております。
尚、来年の各月お題は本年と同様です。詳しくは当ブログトップ右側に毎月のお題を掲載しますのでご確認ください。

番外、2次会へ向かう怪しい奴ら(笑
d0138130_13142216.jpg

[PR]
jackです。申し訳ありませんが家庭内の用事で例会は欠席しますので、先行して手作りのネタを発表します。どなたかまたレポートよろしくです...忘年会は出席予定です。


さて先日、デジタル時代の手作りの師と密かに信奉する(?)上原ゼンジ氏の記事が「デジカメWatch」に掲載されました。

以前にも「宙玉レンズ」を開発されたのを参考に自分で作ってみたことがありましたが、これも面白そうなので作ってみることにしました。が、時間がないとか何とかありましたので、材料を探しているうちにアマゾンで見つけた「万華鏡組み立てキット」で間に合わせることに...表面鏡高いんだもん。

ところが届いたものを見てビックリ、えらく小さい!(確かめてから注文すべし^^;)
d0138130_13235022.jpg


これでは一眼はおろかコンデジにも使えないので(そもそも焦点が合わないのですが)、スマホのカメラにあてがってみたところ、おお!いい感じ。ということでスマホ専用にすることにしてアダプタを厚紙で工作しました。手で支えないといけないものの、まあスマホですから、細かいことは気にしない♪
d0138130_13241172.jpg


残念ながら先端にはめるビー玉が透明度悪いうえに、表面鏡でもプラ板にメッキしたものではいまひとつクリアさに欠けますが、なかなかのファンタジーワールドではないでしょうか?円筒形は1つで材料費千円ちょいでした。ちなみに三角錐タイプは中央に塊になって写ります。
d0138130_13242748.jpg


暖かくなったら次は一眼でやってみましょうかね!
[PR]
諸処ゆえあって今月も例会欠席させていただきます。
d0138130_23205193.jpg

顔向けできませぬ。
オリンパスOM-1n G.Zuiko28ミリF3.5
ミモヤン グレビッチ

アスカには行くぜよ― (埼玉県 加須市のホテルより)
d0138130_23254570.jpg

ロケ地 松尾寺
[PR]
by tedukuricamera | 2015-12-08 23:28 | Comments(0)