<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先日は満月のスーパームーンを撮影しましたがもう一つ月のクレーターがよく分からないので三日月の時を狙って撮影しました。10月18日午後7時頃撮影。レンズは「BIG 808ZE 800~1250ミリ F9.9~15.6」です。
また今回は私が二個持っている「ニコン・テレコンバーター TC-200 2×」を使うためにニコンマウントに変換して「キャノンm3」で撮影しました。
d0138130_17434588.jpg
1250ミリで撮影
d0138130_17445620.jpg
850ミリに×2テレコンバーターをかませて撮影(1700ミリ)
d0138130_1746863.jpg
1250ミリに×2テレコンバーターをかませて撮影(2500ミリ)
d0138130_17465741.jpg
1250ミリに×2テレコンバーターを二個かませて撮影(5000ミリ)
d0138130_17481631.jpg
三脚とレンズとカメラ
d0138130_1749255.jpg
カメラとコンバーター接続状態

今回はスリック・プロフェショナルⅡという大型三脚とベルボンPH270Dという大型雲台でがっちりレンズを留めました。しかしレンズ自体が細長くて弱いのでたわんでしまってユラユラ状態は変わりませんでした。特に5000ミリ状態ではファインダーのまん中に捉えるだけで精いっぱいでした。

満月のときと違って三日月のときは月のクレーターの陰影がハッキリして凸凹がきれいに見えました。

今回は一切画像に手を加えていません。RAWで撮影したそのままです。コントラスト・ピント・カットもしていません。

またニコンのテレコンバーターも昔の簡単なものですので二個もつなげたらピントがいい訳はないでしょう。しかしまあ一万円のレンズとコンバーターでこれだけ撮れるというのはちょっとした試みとしてなかなか面白いものでした。

巨人が負けたので心も欠けて三日月の・・・白髭 でした。
[PR]
昨日、第372回大阪手作りカメラクラブ例会が総勢14名の参加の下、大阪南船場は写真会館にて盛大に開催されました。
今回はめでたく会長であるキューちゃんと今年2回目となるH山さんも参加と相成り、一同和やかな中で開会の宣言を司会も勤めていただくH山さんから発せられ始まり始まりとなりました。
今回お題は『国産カメラ』銘品・珍品のご披露お願いします。

それではトップはキューちゃんこと、我等が会長どうぞ・・!
d0138130_22154644.jpg
今日、自宅でうとうとしていたら危うく例会に遅れるところで、あわてて家の中の国産カメラを探したけれど見つからない。
ようやくこのコニレットを発掘したがこれは専用フィルムを使用するため今は使えんなぁって、良いんです来年卒寿を迎える会長よりはるかに若いカメラで苦労することなんかありません・・手慰みで充分です。

お次はK林氏
いつもながらの中古カメラ店開店を思わせるおびただしいカメラたち。
d0138130_22243260.jpg
自身初めて自腹で購入した10万を超えるNIKON-SPがこのカメラ遍歴の入り口とか・・
それではSP以外の今回持参のほんの一握りのカメラを列挙すると
岡谷光機ロード・マーシャン(火星人とのネーミング?) 
コルゲンコーワが作ったカロ140レンズ交換式なれど交換レンズは見たこと無い。
コニカⅢM、生きているファインダー(パララックス自動調整)にセレンがファインダーを覆い、使用するときにはトランスフォームする。
マミヤ・エルカ、それほど代わったことの無い露出計連動カメラだが、エルカといったサブネームがはじめてついたカメラが珍しい。
オリンパス35Sは当会H井さんより格安で譲ってもらったが、調べると1955年の5月から10月までのわずかな期間に作られたきわめて少ない貴重なカメラと知って大興奮(笑
最後がアイレス・バイセロイ、タカミネ光学のミネシックスのアイレス向けカメラ等々
いつもながら体力要りますなぁ

Y尾さん
戦前・戦後にNIKONを追うキャノンのカメラレンズを持参
d0138130_15464065.jpg

しかしキャノンの一眼レフのマウントに問題あり。
初代スーパーキャノマチックRから採用のRマウントは取り付け時にハッセルのようにボディ・レンズの巻き上げに注意しなければならず、それを改良してFX/FP/FTで採用したFLマウントは絞り込み測光のみ。
ようやくF-1/Ftb/AE-1/A-1で採用したFDマウントが開放測光に適合したがそれもスピゴットマウントノため装着方法に難を残し改良したため前期・後期がある。
ようやくNIKONのFマウントを凌駕するのは1987年ごろ発売のEOSシリーズのEFマウントの電子マウントでヘリコイドの電気モーター駆動とした事でしょう。


白髭のY田さん
キャノンレンジファインダーカメラとレンズの数々
d0138130_224337100.jpg

仕事で使用してもっとも信頼を置いている7s型は35mmレンズを使用するには最高で、ウラブタ開閉式でライカのM3/M2よりも使い心地は群を抜いている。
他にバルナックタイプからデザインを現代的に変更したⅤ・Ⅵ・Ⅶに発売当時は散々文句を付けられたトリガー巻上げのⅤT型に常用25mmf3.5・35mmf1.5・50mmf1.2・100mmf2.0等々

N波さん
今日は重いのでレンズのみ持参と思ったが・・
d0138130_22491889.jpg

最近フィルムカメラで写真を撮ることは本当に道楽になってしまったことを実感。
フィルムの種類減少に現像時間のかかること・・全く同感です(笑
レンズは28mm・50mm・85mmの3本だがファインダーが当時物ではなく単独でパララックス補正に違いがある。
今回持参レンズで作例写真も持参されてましたが、よく写っている事もさる事ながら写真がウマイ!
見習いたい・・

国産カメラでも造詣の深いH井さん
d0138130_2303443.jpg
今回持参カメラはマーク入りで現存はこれだけという上田BOX(スイート判)掛け落とし式シャッターにトーゴーカメラの前に作成されて大正年間に非常に良く売れたアダムBOXは1枚撮り。
他に木製で単玉レンズで手作りカメラと勘違いしたBOXカメラに学童用のさくらBOX(ベスト判)
これらシートフィルムを使用するBOXカメラの前に乾版や湿版フィルムを使用するカメラがあったが、先週東京写真博物館でその湿版写真のワークショップに参加してきた。
幕末からの写真術でかの島津公の写真もこれにより撮られている。
非常に手間隙がかかり現地で撮ってもらって1枚7,000円と言われたけれど、これは安い!
しかし聞き及ぶにさすがに湿版には手が出せそうにありません・・

オモカメ国王サンちゃん
d0138130_23134910.jpg
コーワキッドはマスク交換で撮影枚数が変わるためウラブタ赤窓は2つあり、明治35年ごろの木製暗箱にダゲレオレプリカ(写真博物館で似たのを売ってるらしいけれどもこれは特製)
また、円カメのピストルは持っているカメラの中でも最高に愛着のある一品でシャッタースピードは手加減でOK(笑
最後はソ連製のちょっと見は全く本物と見分けがつかないライカA型
おそらく本物の部品も使用されてるのだろうとの事。。

push-pull、U田さん
最近友人知人の展覧会続きでその後の飲み会も続き・・
今回古い国産カメラでは他の会員には負けるので比較的新しいカメラを持参
d0138130_2322547.jpg
独立して仕事で必要に迫られ購入し散々ぱら使用したNIKONの801S。良い仕事してますねぇ。
また、最初のデジタル一眼レフのNIKON-D70
それにしてもこの会に入会して一気に古いカメラが増えた。これはケルンのオークションが大いに関係がある(笑
他に兄からもらった古い?ボールペンだが、その替え針の種類の多いこと。いろいろ探したが同じものが無く同じ方式の寸足らずを購入して長さを継ぎ足し何とか使用できるようにしたことなど・・

黒髭のY田さん
中学1年生の時に買ってもらったはじめての一眼レフカメラのアサヒペンタックスSVとこの間当会で購入した島津製作所製顕微鏡カメラのピンホール仕様
d0138130_23302777.jpg
島津のカメラは昨日大急ぎでピンホールとライカスクリューのリングで作成したもの。ピンホールは金の箔板で作成したが、つや消し黒塗料が無く別の塗料でごまかしたらそれがバリとなっていると先ほど指摘された(笑
また、ペンタックスSVは高校生の時に全国のSL写真を撮りまくっていた、貴重な青春の思い出カメラ。
あるときは夢中になり川に落とした事もあったと言う。
大慌てで水にもぐり救出したけれど、フィルムは現像すると変色で使い物にならず残念。
しかし、このカメラは水から引き上げてから水を切り、町のカメラ屋でシリカゲルを大量購入して一緒に保管したら今でも充分使用できる。
本来すぐにさびが出ると思われるが、情熱がさびを食い止めたんでしょう(笑
良かったですね、でも頭はベコベコ・歴戦の勇士の貫禄充分です。

お次は私yasu
d0138130_23404182.jpg

国産カメラの変り種と思い持参したのはK林氏と最近流行のかぶり婚じゃ無いけどかぶってしまった岡谷光機のロード1型
マーシャンと違い鉄の密度高く、小さいくせに重たいカメラ。
他にはいまさらながらはじめて購入したデジタル一眼レフのNIKON-D100
前回AFレンズが無いと言っていたら、心優しい当会会員のY尾さんからこれあげるとコンパクト28ー200ズームを頂き、本当にありがとうございます。
また、push-pullさんには無理言って広角ズームを格安で譲ってもらい本当にありがとうございます。
これで私も現代仕様に変身です(笑

ステレオ大王H本さん
やはりステレオ(笑
d0138130_23484519.jpg

今回ハーフサイズのオリンパスペンのステレオ仕様
見てください、この秀逸のシャッター同調機構
これも手作りとは恐れ入ります。でもハーフなので80コマ×2でマウントするのは大変だとか(笑
まぁ好きこそものの上手なれと言うことわざもあり、常人を凌駕する3Dを今度楽しみにしています。

mimoさん
今回も東京にカメラの仕入れ?!(笑
d0138130_23542330.jpg
いや仕事の出張とは言うものの、それにしちゃお土産が多くないかい?(笑
今回は地元で(笑)手に入れたペトリFTEにロモのもとになるコシナのCX-2とどうしても欲しかったブラックのニコマートEL、オート不良のジャンクで購入するが電池を入れ替えると全く正常、どうも電圧が足りなかっただけのようで・・
そしてこれは東京で仕入れたNIKONのF、FTファインダー付き驚く購入価格は・・ここでは内緒(笑

飛鳥から参加Y原さん
稲刈りの手伝いして急いで参加とはご苦労さん(笑
以前にSカメラで購入したNIKON-F4にF2等機材が増えてNIKON純正カメラバッグを購入
d0138130_064830.jpg

肩掛けではなく背負えるタイプにしてガンガン写真を撮りに今度広島へ友人と行く予定。
若いってすばらしい、会員からもおおきいカメラバッグを今度プレゼントするとのありがたい申し出。
若いうちは何でもトライ&エラーでやってみて、失敗したら修正してもう一度やる!がんばれ!

ではおおとりH山さん
今日は今年2回目の参加とは寂しい限り
しかし今回鈴木光学のプレスパン用レンズであるタクマー75mmf3.5を持参
d0138130_0131440.jpg

いろいろ加工がされており、アサヒフレックス用マウントが取り付けられているがヘリコイドが無いためこれにアダプターとヘリコイドを付けると無限が出ない。
いったいどうして使用していたのか謎だらけ?
とりあえずM37→M42→アダプターK→ヘリコイド(PK用)としてK10で使用したが無限が出ない。
他の会員から固定して複写用に使用していたのでは?等々出るがいまだ分からず・・
ただ、このレンズを購入したことによりミネシックスのことなどいろいろと勉強になったのは確かとの前向きな言葉をいただきました(笑

以上、いつもより時間をオーバーしながら例会は盛況の内に閉会となりました。
後はいつものごとく2次会になだれ込むのでした・・・
d0138130_11353953.jpg

今回会報を担当した私yasuは体調不良で不参加で残念です(笑
[PR]
d0138130_934747.jpg
抜群に面白い
最近の本屋さんは単行本が非常に少なくなり、文庫本が増えたのだが文庫本と言って侮るなかれ、中には千円を超すものもある

おまけに最近の文庫の表紙は大半がイラスト入りで、上の写真のようにおじさんが買うには少々抵抗感があるものが多いのだ

同じような表紙だが、古本が好きで買ったのだその後テレビドラマまでなった「ビブリア古書堂の事件手帳」、コーヒーが好きで買った美人バリスタの「珈琲店タレーランの事件簿」も面白く、バリスタが使う同じような手回しのミルを買ってしまったぐらい

そして今度は中古カメラ修理のオーナーが謎解きをする、出だしからライカM3にⅢfの買い取りの話から始まる
第1話・私も手にしたことのないドリュー2-16
第2話・ベッサⅡと部屋を使ったピンホールカメラ
第3話・猫の首のぶら下げられた、110フィルムのハリネズミカメラ
第4話・リコーオートハーフ
第5話・NIKONに変わる前のNIPPNOGAKUの時のニコンF
第6話・双子の兄弟とステレオグラフィック
第7話・ライカⅢfと黄色のフィルターとコダックEAR、赤外線カラーリバーサルフィルムと現像

どの話の謎解きも面白く、各お話の終わりにに作者が描いたイラストも入っております(下)、またこの中古カメラ屋さんで働く女性の名前が「来夏」って言うのは出来すぎかな(笑)

最初中古カメラの話なので作者は男と決めていたのだが、作者名前の「柊サナカ」という名前が気になり調べたら、なんと神戸女子大卒でありました、これはビックリの一言
中古カメラと本の好きな方是非読まれたし
d0138130_94046.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2015-10-07 09:07 | 情報 | Comments(5)
50肩に悩まされているyasuです。  本当に久しぶりの投稿です。

今回古くて新しく、私にとってまともに動く初めてのデジタル1眼レフカメラを手に入れましたのでそのご報告です。
それは、いまからおよそ10数年前登場し、価格もこなれたプロのサブ機かハイアマチュア用とされたNIKONの3桁機初代のD100です。

そもそもデジタル一眼にはそれほど興味も無かったのですが、少し前欧州旅行のために購入した盗難にあっても惜しくないNIKONのF100を手に入れたことから始まりました。

このF100は私にとってはじめてのAF一眼レフで(笑)、まともなAFレンズも持っていないことからU田さんからレンズを譲って頂くこととなりました。
それで、それならデジタル一眼レフもあったほうがそのレンズも使うだろうなぁと思ったのがきっかけです。

それでも現行フルサイズ機他であれば、とても私ではコストパフォーマンスが悪すぎます。
それにおそらくデータはブログ用など軽くすることを考えれば、端から画素数は求めません。

結果、ヤフオクでめでたく6Kほどで落札した次第です。
d0138130_1245310.jpg

先ほど近所の公園で撮ってきた、幼稚園の運動会

まぁこれだけ写れば立派なものです(笑
u田さん、次の例会・レンズ楽しみにしています。

camera:NIKON-D100 lens:35-80/f4-5.6D
d0138130_17360456.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2015-10-03 12:09 | 情報 | Comments(7)