<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

jackです。2回連続で例会を欠席なんぞ初めての事だったのですが、これもお仕事ですから。


ということで今年も仕事の出張でドイツへ行ってまいりました。例によって半分はシュツットガルト限定なのですが、今年は南西端の都市・フライブルク近辺に在住する大学時代の先輩の招きで残り半分の休みは黒い森のど真ん中に滞在することとなりました。また先輩がクルマ好きで、周辺の古い街へ連れて行ってくれるというので大いに休みを満喫することができました。
My cameras
※今回持参したカメラ。実はα900はほとんど使ってない...

滞在したのは黒い森・シュバルツバルトと呼ばれる地域のちょうど真ん中辺りに位置するElzach(エルツァッハ)。お宅があるのはさらに山奥に入ったところなので、周りじゅう黒い森という風景撮りには絶好のロケーション!
Schwarzwald - black forest

というかほとんど他に何もありません...
Schwarzwald - black forest

そこを中心として、2泊の滞在中にフライブルク、隣国フランスのアルザス地方、ロットヴァイル、エスリンゲンといった、普段電車じゃまず行こうとは思わないひなびた、しかし味わいのある街を回ることが出きました。
at Freiburger Münster
※フライブルク大聖堂の尖塔(116m)から見た街並み

Hochburg bei Emmendingen
※エメンディンゲンの古城跡

Waterfalls in Triberg
※トリベルクの滝

old town, at Rottweil
※ロットワイラー犬で有名なロットヴァイルの街

at Esslingen
※エスリンゲンの聖ディオニス教会にて

ただ...残念なことにどうも私と先輩の相性が悪い(?)らしく、私の雨男属性が最大限に引き出されてしまった様子。毎日必ず一番いいところでどしゃぶりの雨に遭うというおまけがついてしまいました。ま、クルマですから、移動中に降るぶんにはいいんですけど~

残念ながら例によって土日の休みですから、行く先々で見つけたカメラ店はことごとくお休み。不幸中の幸いと言うべきか...? その他たくさん撮りすぎていまだ整理がついていません(汗)ので、一部ですけどFlickrのアルバムでご覧ください!
[PR]
by tedukuricamera | 2014-05-23 00:40 | 写真 | Comments(3)
快晴の5月10日大阪写真会館で大阪手作りカメラの第355回例会が開催されました。
今回は急遽私yasuが書記と司会を担当し、例会写真はPUSH-PULLさんの担当でおおくりします。

まず冒頭に、約1年ぶり・・いや10ヶ月ぶりに我等がカメラクラブ心の支えである会長のキューちゃんが参加と嬉しい限りです。
心持ちほっそりとはされましたが、そのお元気そうなお顔を見た喜ばしさに当日参加の会員の皆が笑顔で言葉をかけていました。

会長曰く
『足はちゃんとついているので安心召され・・』
それでは最初にその会長から会員の皆さんにはご心配をかけたが、潰瘍性大腸炎とは難病で原因判明・治療完治とはならないもので一進一退で付き合うしかなさそうだとのこと。
しかし最近はすこぶる調子もよく来月からも例会には参加するとのことですからこれからもよろしくとのことで、拍手喝采です。

で落ち着いたところでいよいよ例会の開始ですが、今回はさらに嬉しいことに新会員となるべく2名の方の見学がありました。
d0138130_21531347.jpg
奈良から参加の大〇さんと、寝屋川から参加の藤〇さん
お二人ともこの手作りブログを見てのご参加とのことですから、今回の例会レポートも力が入ります(笑
例会後の写真会館の徘徊から2次会の宴会もご参加いただき感謝です。
大体のカメラクラブの様子もお分かりいただいたことと思いますので来月もご参加および発表をお願い致します。

さて・・
いよいよ、今回トップを切っていただいたのは、私と不運にも(笑 目が合ってしまった吉〇さん事 白髭さん
今月のお題は『おもちゃカメラ』略して『オモカメ』
d0138130_221375.jpg
報道カメラマンの半生におもちゃカメラなどは全くの無縁・・
とは言いながら、後半生でこのクラブに入ったのが運のつき
クラブ仲間からの横流し品や、ガチャポン入手などで何だかんだでミニチュアカメラがこんなにも・・
キャノンの300mmf2.8通称『サンニッパ』の交換レンズまであるのはさすがです。

お次はおもちゃカメラじゃなくて、カメラがおもちゃと言い切るOTOTOさん
今回持参は防水デジカメ
d0138130_229503.jpg
レモンイエローのこのカメラコンデジの部類ながら画質も十分
プールで泳いでいる女性などを撮るのには十分な防水性能に画質を備えている。
実際プールではないが撮影画像をタブレットで回覧していただきましたが、一同納得
しかし、女性を撮らせれば絶品ですねぇ  あやかりたい(笑

同じくカメラがおもちゃ派の小〇さん
今回は一応世間一般で言うところのオモカメとして『学研大人の科学』の二眼レフカメラを持参
しかしここにもこだわりがあり、開封ながら『新品・未組み立て』(笑
d0138130_22174477.jpg
これだけじゃ終わらない。
オモカメの元祖、ロシア製LOMOにローライA110は父親譲りの取説つきにローライ35・コニカ3Mはセレンもも生きており、極めつけはバンタム版のアメリカ製『バンタムスペシャル』
このバンタムスペシャルがこれまた傷へ込みもない極上品。
シリンドリカルプリズムの距離計を持ち、同じく持参のコダックエクトラを見ると古き良きアメリカそのものです。彼曰く、こんな工業生産力を持つ国に戦争を仕掛けたのは心底間違いだった・・
確かに今は大雑把そうに思うけれども、月に人を送り込んだのもこの国ですからねぇ

今回大きく話題をさらったネコカメを持参されたのは〇波さん
d0138130_22264487.jpg
曰く『家に迷い込んできたのはこの2匹の白い猫。まだ黒猫もいるとは聞いているのだが・・』なんと付属品で液晶を付けることもできることもさることながら、全くカメラとは思えない愛らしさで女性にモテそうなオモデジカメです。

お次はお天気予報官の山〇さん
d0138130_22325824.jpg
基本的にいいものをたくさん派ながら、今回はオモカメでもライカ
皮製ライカのキーホルダーに、精巧なライカM6キーホルダー   『何だもんくあっか!』

今日こそは発表お願いします、堀〇さん
d0138130_2392376.jpg
え~私は立体写真が趣味で・・
先日もスライドバーに2台のカメラをセットしたステレオ撮影用機材を持って撮影していたら、子供が寄ってきて『おっちゃんこれ何?』って感じで引っ付きまわる。なかなか離れず往生しまっせ(笑

ここでもう一人の若い方の吉〇さん事、hideじぃ
d0138130_22371435.jpg
I井さんプロデュース『ウルライカ』カバー
レンズ付フィルムに被せるカメラカバーであのラ@タにも紹介された?
だがしかし、ここが彫刻職人のhideじぃにかかるとブラック塗装で手ずれの真鍮地まで再現
おまけに軍艦には『Leico』の刻印・・そう『Leica』じゃ有りません、『レイコ』(笑

そして今回写真を担当していただいたPUSH-PULLこと上〇さん
オモカメの話より何より、先月生まれて初めて財布を無くした話
現金もさることながらカード類の再発行にクレジットなどのストップ作業が大変
皆さん、財布に何のカードを入れているかすらすら言えますか?
先日知人にそんな事を話したら、『大丈夫、全部控えてる』・・・よほど落とし慣れていると変なところで感心(笑
d0138130_2250227.jpg
てな事じゃなく、オモカメはローライミニデジ(私の先を越された・・)に愛用のトラックボールを分解整備使用したときの工具関係の話。

さて次が大御所、堀〇さん
木製の大きなカメラや金属製の四角い今身売り話が出ているハッシッシじゃなかったハッセルのカメラなどはたくさんあるが、オモカメとしては幼児用『カラトル』ギヤの音やなんだで触って子供が喜ぶ仕様のプラスチックカメラ型おもちゃ
d0138130_22563614.jpg
他には、ほらやっぱりあったハッセルの関連品(笑 いやハッセルのネームタグやピンバッジにパーレットタイプの懐中電灯など

ここらで私も
本来おもちゃカメラではなく、れっきとしたカメラなれど最近のデジタルカメラに押されてフィルム事業縮小から空シャッターを切って喜んでいるオリンパスペンFの入手話などをひとくされ、ホットシュー付のペンFなんか見たことある?
d0138130_232367.jpg

それとローライミニデジのストラップを自作して首からかければオサレと思えども鏡に映るわれを見て『ただのおっさんやんか』(残念

いよいよオモカメ王国 国王サンちゃん事、I井さん
昔は面白いものを探して買いあさっていたが最近はそれをしなくなっていた。
しかし良くしたものでサンちゃんせずとも子供がせっせと面白そうなものを買ってきてくれるとの事。
なんかいい親子関係でうらやましい限り・・
でもサンちゃん、オモカメのことは人に譲れません。
d0138130_2381188.jpg
娘が買ってきてくれたカメラ型クリップや、カメラを印字したカップは数あれどオモカメだけを印字した珍しいカップ等
他にはホルガダイアナ様の魚眼レンズに、見えだけは良いドアスコープ改だと思われる魚眼ファインダー
これらを吹き飛ばしてくれたのが本日のI井さんのファッション
長袖の黒いロンTの胸に珍しい35mm2眼レフの『ヤルー』のプリントと思われたものは刺繍で、知り合いの方の手作りで、いやぁオサレ~
皆さんの手にとって見ていただけなくて残念です。

さてさて最後はキューちゃん
冒頭の挨拶でよいかと思っていたら『まだわしは発表しとらん』とお叱り
して発表は
d0138130_23222028.jpg
普通のカメラは光をカメラ内部に導いてフィルムに感光させるがこれは逆に光を発する。
まぁ要するにシャッター押せばレンズが光るっていうおもちゃカメラでした。
それより何より当日不参加の会員の皆さんにキューちゃんの元気な顔をごらんいただければ幸いです。

また来月もキューちゃん節でバシバシ盛り上げていきましょう。
この後は、いつもの2次会に行ったことは言うまでもありません、尚キューちゃんも参加で『酒とカメラなくて何が人生ぞ』でした・・
[PR]
nishiです。
タムロンの古いTV用レンズ(何用かは??です。)がジャンクで転がってました。
ピントリングと絞りは何とか有りますがマウント部分が有りません。
スペックは16mm F1.8
NEXだと周辺が大きくケラれますが、PENTAX Q7用だとちょうど良い感じです。
ただ、Qマウントの純正ボディキャップは軟質プラのかぶせタイプなので、いつものように加工してアダプターを作る事ができません。
色々考えて、レンズも小さくて軽いので強度もそれほど必要無いとかってに決めてマウント部分を自作しました。
絞りリングから下の部分(約1cm)が改造箇所です。
出来上がってみるとマウントが白い以外は純正と見た目も操作性も変わりません。
強い衝撃に注意すれば大丈夫そうです。
残念ながらタムロンTVレンズのピントはかなり甘く若干ハロも出ます。
d0138130_1123241.jpg
d0138130_1124190.jpg

[PR]