<   2013年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

jackです。連投すいませんがちょっと情報が入って来ましたので。

先月の例会でいよいよH井さんまでがSONY NEXを(本当は「ネックス」ではなくて正式には「エヌイーエックス」です、念のため...)買われたということでしたが、H井さんはCONTAX Gレンズを使ってみたいとのこと。

先ほど知り合いがCONTAX G→NEX E用のAFアダプタが完成したらしいという話をしておりましたのでお知らせします。いつ国内販売されるのかハッキリしませんが、いずれ出てくるんでしょうね。リンク先はいずれもYouTubeに上がっている動画です。

d0138130_18481256.jpg



・製品外観
『 DEO TECHART CONTAX G lens to Sony NEX camera AF Adapter test』
昨年末にできてはいたようですね。

・35mm F2の使用例
『Contax G Lens to Sony NEX AF Adapter Demonstration - Friendship』
なかなかの合焦速度ではないでしょうか!?

・90mm F2.8の作用例
『Contax G Lens to Sony NEX AF Adapter Demonstration - Happiness』
これは怪しい?換算135mmで手ぶれ補正なしですから...


ついでにNEX用のビューファインダーを自作された方が紹介ビデオをアップしていらっしゃいました。ホームセンターで売っているものを利用した固定方法がスマートで感心したのでご紹介。
『SONY NEX-5 Handmade View Finder』


私にとってはバッド・ニュース?...まあ私はNEXは買わないと思うのですが。今のところ。
[PR]
by tedukuricamera | 2013-01-28 18:36 | 情報 | Comments(2)
またまたjackです。どうせならトコトンやりましょうか...ということで、リサイズの際の設定の違いを見てみます。

前回のフォトショップですが、ちょっと古いバージョンでは用途について書いてなくて、単に「バイキュービック法」とかになっていたと思います。ペイントショップ・プロなど他の画像編集ソフトでもそういう表記が多くてヘルプを見ないと違いが分からないようになっていました。「縮小に最適」ってちょっとした工夫ですけどアドビ偉い。

ではどれだけ違うものか?ちょっと分かりにくいかもですけどサンプルをいくつか。

今回の元画像はRAWで撮ったものをLightroomで調整し、オリジナルサイズ(4032×6048)で出力したものです。
d0138130_17122691.jpg

※これは「ちびすな!!」で縮小しました

これをフォトショップCS3の「ニアレストネイバー法」で最大640ピクセルに縮小。
d0138130_17145772.jpg

かなり直線部分が劣化します。

同「バイリニア法」で。
d0138130_17152749.jpg

ちょっとはましですが...

同「バイキュービック法」
d0138130_17155880.jpg

以下の3つはほぼ問題ないと思います。

同「バイキュービック法 - 滑らか(拡大に最適)」
d0138130_17165028.jpg



同「バイキュービック法 - シャープ(縮小に最適)」
d0138130_17171729.jpg

これだけ輪郭強調されるようでちょっと感じが変わりますね。このサンプルはすでにレタッチ済みなのであまり目立ちませんが、元画像よりくっきりする感じです。

以上、拡大するまでもなく全体のイメージが損なわれる場合もあることがお分かりでしょうか。アップロードの際に勝手に縮小されたりするとどうなるか分からないので、できるだけ適切なサイズまで効果的に縮小することをおすすめします。


ちなみに、最近(っていつの話だ^^;)話題のFacebookですが、デジカメ写真などは839ピクセルという半端なサイズに縮小されてしまいます。最初から839ピクセル以内に縮小するか、整数倍のサイズにするといいらしいです。
[PR]
by tedukuricamera | 2013-01-28 18:05 | 情報 | Comments(0)
d0138130_1342508.jpg

d0138130_13423012.jpg
d0138130_1443129.jpg



予報官 Yです、またまたのアップで恐縮です。
1月25~26日の二日間は、阿倍野近鉄百貨店9階において「中古カメラフェア」が開かれておりました。
昨年は、取材などもあり大勢のメンバーとお会いできましたが、今年は会長のキューちゃんと、I井さんのみお会いしました。

写真はそのときのゲット品(光カメラのジャンクコーナー)で、リンホフの旧型三脚と、BREEのカメラバッグです。
このタイプのリンホフの旧型三脚(エアーバルブ付き)は、かって所持しておりましたが、N島さんの方に嫁いでしまったので、再度迎入れた次第です・・・・・懲りもせず。
さらにこのバッグを見て「ライカ純正品」と解った人は、かなりライカウィルスに感染しておられる方です。
なぜなら、まだ梅田第三ビルに レモン社(カメラプラネットに変わる前)なるカメラ販売店が存在していた頃、ライカ純正のカメラバッグとしてたぶん¥40.000近い価格で販売されていたものです。
その頃は、まだまだそのような高価なカメラバッグは買うことはできませんでした(セレクトでタムラックの中古などは、ん千円程度でかなり安かった)。
ライツ時代の中古のコンビネーションバッグ類も、昔は大丸カメラ市のワゴンセールなどで、わりと安く買えたのでいくつかあったのですが、オークションを始めた頃に、かなりいい値段で売れてしまいました。
っというわけで、久しぶりのライカのバッグですが、当時はライカはすでにその経営権はスイスのウィルド社に移っており、このバッグもドイツの有名なバッグのメーカー「BREE」にて設計製造のOEM品です。
なんか20年ぶりに巡り会った、旧知の友人のような気がしています。
[PR]
by tedukuricamera | 2013-01-27 14:12 | 情報 | Comments(1)
jackです。それではツールを使った場合をいくつかご紹介します。

(1) Photoshop(これはCS3)の「画像解像度」でピクセル数を変更します。「画像の再サンプル」でどれを選ぶかによっては結果が変わってきます。プリント用でない場合解像度はモニタ画面に合わせ72pixel/inchとします。
d0138130_0133260.jpg


(2) 「縮小専用。」というツールを使います。設定してからファイルをドラッグ&ドロップしてやると変換されます。これも「画像効果」次第で結果が変わります。ダウンロードはこちら。Windows、Mac、Linuxにも対応しているようです。
d0138130_015519.jpg

※ただし私の環境では縦構図の写真が変換できませんでしたので、旧バージョンを使いました。

(3) 同じく「ちびすな!!」というツールを使います。これは入出力フォルダを別々に指定します。やはり「オプション」の設定次第で結果が変わります。ダウンロードはこちらです。
d0138130_0495073.jpg

※公式にはWindows XPまでの対応のようですがWindows7 64bitでも使えました。

元画像はこちらにあるもの、フルサイズ一眼レフ(α900)で撮影した撮って出し無編集のjpegファイルを、それぞれ圧縮率90%で変換してみました。画像サイズは4032x6048ピクセル、ファイルサイズは5.3MBちょっとあります。

(1) Photoshop CS3
d0138130_027374.jpg


(2) 縮小専用。
d0138130_0273633.jpg


(3) ちびすな!!
d0138130_0482944.jpg



...さあ、どんだけ違って見えたでしょうか?まあそういうものです。ちなみにファイルサイズはそれぞれ(1)46KB、(2)52KB、(3)81KBと若干差がでました。ヘンですね、条件同じなはずですけど...?

他にもVectorソフトなどを探せば無料のツールがゴロゴロしていますから、お好きなものをどうぞ。
[PR]
by tedukuricamera | 2013-01-27 00:36 | 情報 | Comments(3)
連続投稿の Y です。

写真は絞り優先AE CANON/ D60+アダプター Makro-Planar 1:2.8 100mm(150mm相当)

PUSH-PULLさん、ご教示ありがとうございます、やはりフォトショップでしたか。
現役時代は午前11時と午後11時の2回、「読売新聞用天気図」の加工をフォトショップでやっておりました。
天気図の加工で、高・低・前線の三角や半円形などを、切ったり、貼ったり、動かしたり位のことを、マニュアル通りにやっていた程度です。
残念ながらフォトショップは、私には使いこなせないソフトと思っていました。

ところで今日、NIKON・D300Sの取説で、「画像サイズの変更」&「画質の変更」の項目をを熟読しておりましたところ、たまたま「リサイズ」という項目がありました。
そのページを読みますと、まさにその「画像サイズが0.3M」に変えられる「リサイズ」する方法が記載されてありました。
D300SはSDとFCの2種類のメモリーカードが同時にセットできる機能があり、カメラ内のメモリーカード間でリサイズ加工ができるようです。

size pixel
2.5M 1920x1280
1.1M 1280x856
0.6M 960x640
0.3M 640x424

この機能でEOS/D60と同等のファイルサイズ画像が作成できそうです。
しかしどうもPC上で画像をいじるという作業は、面倒が先に立ってしまいます、年齢でしょうか?
d0138130_1541217.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2013-01-23 14:12 | 写真 | Comments(1)
d0138130_20231158.jpg
Yさん書き込みありがとうございます、jackkさんコメントありがとう
私も皆さんがどんな方法で画像サイズを縮小しアップしているか非常に興味があるところなので、是非お聞かせくださいな

ブログ投稿に100KBまでと書いたのは理由があります、写真がMB単位の画像だとちょっと古いPCではブログを開くのに時間がかかり「パッパ」と言うわけには参りません

このブログを開設したときはブログサイトの許容容量が低かったこともあり、写真サイズを極力軽くしようと思っていました、現在のエキサイトブログの許容容量は1GBと増量されております、パソコンのモニターだと解像度をあるレベル以上あげても差はほとんど解りません、大きい写真でもエキサイトのブログは自動的にフレームサイズが変更されてしまいますが(jackさんのコメント参照)、今のスキン(ブログレイアウト)は一番大きくなるものを選んでおります

ちなみに私のブログと比較すると、私の方は8年以上毎日アップして現在使用中の画像容量は283MB、手作りカメラの方は5年ですが約445MBとすでに半分近く使用してしまっています、この差は私の方は特別な写真をのぞき写真容量を50KBあたりに押さえているためです

無料のアプリを含め色々画像圧縮方法はあります、私の場合を報告すると、仕事がらみで使っているPhotoshopを使用、上の写真は最近はまっているSONYのNEX-5Nで撮影してから加工しました、カメラの解像度は1670万画素のFINEモードで撮影したときは
4912x3264pixel=4.8MB
フラットな画面だともっと容量は減りますが

これをPhotoshopで編集、このソフトは一度加工した行程(明るさ、トリミング、サイズ、解像度など)を記憶できるので、2回目からは1クリックで同じ物ができますのでワンクリックすると
737x490pixel=1.03MB (260mmx172mmで72dpi)
と1/5に

さらにPhotoshopにはweb用に保存という方法があり、サイズはそのままで画質を4段階で落とすことができます、その中の標準画質を指示するとあっという間に
46kb 
と撮影したときの1/100程になりました、所要時間はトリミングなど特殊な加工をしなかったので10秒ぐらい、で今日の写真にアップいたしました、画像ファイルは仕事では加工する度に劣化するjpgは使いませんが、ブログでは何の問題もないのでずっとjpgのまま加工しました
[PR]
by tedukuricamera | 2013-01-22 20:38 | 情報 | Comments(0)
第2作投稿の 天気予報 Y氏です。

写真はタイトルとは関係ありませんが1月14日午前11時頃に、家の窓からみた景色・・・南岸低気圧による雨が雪に変わった頃(230KB)です。

ここから本題です、手作りカメラクラブのブログ投稿の説明書に「アップする写真サイズは・・・100kbまでが望ましい・・・」と記載されていて、実はこれが、かなり長い間、私の投稿のネックとなっておりました。
ヤフオクなどの出品用写真(サブネイル用」写真)の場合は、「500kbまで・・・・最近は1MBまでOK」とされています。

そこで今までやっていた方法は、
1、EOS50Dで最小のファイルサイズ(スモール/ノーマルで0.9MB)撮影する・・・・約500KB。
2、NIKON・D300Sでは、サイズS/BASIC(16倍圧縮)して、約500KB
これで、特に不便なく出品写真をアップしていました(ただ、ストロボ発光させないと時々オーバーサイズとなってしまいます)。

以前その話をYasuさんにしたところ、「リサイズのフリーソフトでサイズダウンすればよい」とのお返事でしたが、これが私には面倒でついつい登校拒否・・・・・いや投稿遠慮という事態になっておりました。
ところが最近入手したEOS・D60では、記録画質モードが従来のL・M・Sとその2倍圧縮モードがあり、新設のS3モード(このファイルサイズは0.3MB)なので、これがあったのでようやく思い切って投稿できました。
ちなみに、前回投稿写真は、レンズの写真が150KB、作例写真は170KB前後でした。

そこで会員の皆様に伺いますが、皆様方の投稿写真は、
①ソフトでサイズダウンしてから投稿、
②カメラ本体からPCに移す際にリサイズする、
③はじめからカメラ本体内で画素数を少なくしてで撮影する。
いかがされておられるのでしょうか? 
d0138130_22163553.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2013-01-21 22:24 | 情報 | Comments(3)

第339回 大阪手作りカメラクラブ例会



jackです。今回はyasuさんお休みですので私がレポートいたします。



恒例I井商店さんのセリ市に続き、まずは会長・キューちゃんより年頭の挨拶、および連絡事項について。

会長の隣の席、いつもは司会進行役をつとめるGu-Gu-GammoことN島氏がいるのですが家庭の事情でやむなく退会されたとのこと。会には欠かせない幅広いカメラ知識&知恵袋だっただけに惜しまれますが、ぜひ復帰されることを望みます。その他会計報告について前会計・白髭さんより説明があった後、会員発表へ。



今回のテーマは『二眼レフ』。かつては空前のブームで国内にはAからZまでのブランドがひしめき合ったこともあったわけですが、現在では平成の仮面ライダー劇中に登場して以来?密かなブームになっているようで、意外と若い女性にも人気があるようです。当クラブでも根強いファンが多く、予想通り新旧大小さまざまな二眼レフが集まりました。



大変申し訳無いのですがひどい頭痛で画面が見ていられないので個々の説明は端折らせていただきました。



まずはお天気予報官Yさん。二眼レフはお持ちでないとのことでキヤノンのリングライトの紹介。



実は私も二眼レフらしいものはガッケンフレックスしかないので、先日格安で買ったパチもん系のLEDリングライトでもと思っていました。後日紹介。


続いてN口さん。ローライキン装備のローライフレックスを持参。



もう一台は近所のカワセミさんのためについに買ったという光学42倍ズームつきの一眼型デジカメ、ニコンP5100。手ぶれ補正付きの24~1000mm相当だそうですがピタッと止まるのは数枚に1枚とか?




続くH本さんは二眼レフはお持ちでなく、発表もなし。


お次はK林さん。グリコのおまけに始まって、ミノックスのデジカメ、ローライフレックス、プリモフレックス、フレクサレット、メントレットにまつわるウンチクなどなど。





さすがの古参会員も感心するやら呆れるやら...?



もちろんK林さんお得意の「バラしたらこうだった」情報もありました。




続いておもカメ国王三ちゃんことI井さん。今回も珍品ぞろいです。



この方のすごいのはカメラだけにとどまらず、カメラに関連した小物にまで並々ならぬ愛情を注がれる点。今回はメモ帳、トランプ、などなど。



カメラもぬかりなく珍品ぞろい。もっとも私にはどれが何だかよくわからないのですみません。






続いてミモパワことM本さん。ワルツフレックスを持参。




お次は秀じぃことY田社長。35mmのAGFA・フレキシレッテを持参。



専用のフードが気に入ってて、という話に会員からは「何で2つのレンズ別々にする必要があったの?」と質問。確かに...




続いてPUSH-PULLことU田さん。ローライコードを持参。




お次のS川さんは発表なし。


続いてH井さん。今回は控えめながらメントレットと、他の会員から「H井さんもついに!?」と声が上がった逸品を持参。



それは...ダルメイヤーなどののレンズをマウントアダプタにつけた...



SONY NEX-5N!



PUSH-PULLさんなぞは「仲間が増えた~」と大喜び。H井さん曰くこれでこういったレンズも使う機会が増えるということでした。コンタックスGのレンズも性能はかなりいいのにカメラボディのAF精度が悪くて評判悪かったのが、これで本来の性能で撮れると。




お次はN波さん。商店街の福引で当たったミノックス35ELを紹介。この方は買ったカメラは必ずフィルムを通してみるというのが立派だと思います。



二眼レフはマミヤフレックスC220を持参。通常はマミヤセコールですがマミヤ工機でカスタマイズしたものがあり、この個体はテッサーが取り付けられているそうです。




続いてN川さん。この組み合わせがとても気に入っているというグリップとプリズムファインダー付きのローライフレックスを持参。



フィルム交換時にはグリップを外す必要があり、三脚をつける際はグリップを外して、代わりに三脚用アダプタに付け替えないと底が歪んでしまうそうです。


続いてK田さん。カメラはリコーフレックスを持参。



なんと子供時代にこれで撮ったプリントがあったとのこと。さらには大判で撮ったらしい100年ほど前のプリントもあったのでと持参されましたが、当時の様子がすごくよく撮れていると一同から感嘆の声。




お次は白髭ことY田さん。現役カメラマン時代に使い倒したC220が良かったので、自腹で買ったというマミヤフレックスC330を持参。




そして会長・キューちゃんはリコーフレックス・スーパーを持参。




ラストは私、jackですが二眼レフはなし。クリスマスに妻からプレゼントされた二眼レフ型の鉛筆削りという秘策があったのですが忘れてきてしまいました。残念!



こちらは先日amazonで702円で購入したiPhone/iPad用放射能検知器で、黄変したsmcタクマーの後玉を測定しているところです。針は一気にレッドゾーンまで振り切り、最高で30マイクロシーベルト/時ほどを記録しました。肌身離さず持っていればかなりヤバい数値です。



さて、この日はセリ市が長引いて例会の始まるのが遅く、発表自体も内容が濃かったため白木屋での二次会のスタートは5時近くになってしまいました。会長は風邪気味ということで欠席、新年会?としては少ない参加者5名でしたがその分濃い論議が続きました。



以上、写真はSONY RX100で撮りました。すべてこちらにありますので会員の方はどうぞ。会員外の方は無断引用お断りしますので、必要な方は会までご連絡ください。よろしくお願いします。

今回は珍しく女性の見学者がありましたが、例会は常時オープンですので見学はご自由にどうぞ!また現在の会員は30名ほどですが、入会希望も常時受付中です。例会は毎月第二土曜に大阪写真会館5F会議室でやっています。その他問い合わせ等は同会館4Fの鈴木特殊カメラさんへ。
[PR]
 初めて投稿します、お天気予報Y氏です。

 最近入手した大口径長焦点レンズ「CANON EF85mm/F1.2 のⅠ型」です。
初期のCANONの大口径レンズ(50mm/F1.0と85mm/1.2)は、焦点合わせ用の内蔵モーターユニットに故障が多かった、(大きくて重いレンズユニット全体を移動させなければならないため?)ので、50mm/1.0は製造中止に、このレンズも今のモデルはⅡ型に変更されています。
ご多分に漏れずこのⅠ型レンズも、2009年11月にキャノンSSで¥9240をかけて、修理されたもので今は快調に動きますが、そのスピードは最新のものに比べるとあまり速くはありません。
とはいえ大口径特有の被写界深度の浅さと、ボケはいい感じです。


 次は同じ被写体を、名玉の誉れ高い旧ヤシカコンタックス用のプラナー85mm/F1.4 で、マウントアダプターを介してキャノンディジタルD60に装着しています。
MMJとレンズ構成などは全く同じプラナー85mmF1.4ですが、一部マニアのみぞ知る600万台ブルーコーティングのAEGプラナーです。(AEGでも後期型や、MMJのものと比べると前玉の反射色が違うのですぐにわかります)。
こちらもピントの良さや、ボケの良さは周知の通りで、甲乙つけがたい描写ですが、わずか半絞りの違いで、大きさと重さがここまで違うとは・・・・重量1050gと650g  最大径9cmと7cm。
いずれも使用カメラはCANON D60/マニュアルフォーカスで絞り優先AE・F2まで絞っています。

d0138130_157264.jpg
d0138130_1524574.jpg
d0138130_1541117.jpg
d0138130_1551218.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2013-01-14 15:23 | 写真 | Comments(3)
会員およびブログをご覧の皆様、遅ればせながら明けましておめでとうございます。
本年最初のカメラネタですが、残念ながら昨年の話でございます。


昨年最後の例会でハッセル用プラナー6枚玉のキズ物を安く入手した話をしました。その時は本気で年明けにでもかの山崎光学研究所へレンズ研磨を依頼するつもりでしたが、その後年末ギリギリに意外な展開がありまして。

Planar 80mm F2.8 with many scratches

何気なくオークションをのぞいていると、なんと6枚玉のレンズだけが出品されているではないですかっ!すかさず入札、意外にもと言うか予想通りというか期待通り大した対抗馬もなくわずか1,100円で前玉のキレイなレンズを入手することができました。前群前玉以外はキズがあったので、前玉だけ移植することでほぼ完全な光学系となりました。めでたい!

Planar 80mm F2.8 with many scratches

絞りもセルフタイマーもスローシャッターもほぼ完全に動作する状態にまで整備できましたが、マウントが歪んでいるのかボディにつけるとピントリングがやたら硬くなるのが困ったところです。

Two Planars

通常の7枚玉(左)と6枚玉(右)とは前玉の曲率がこんなにも違います。写りにはどれだけ違いが出るか、昨日試写したフィルムを今夜現像しますので今度の例会ではお見せできると思います。

(1/11追記)
比較作例作ってみました。散歩がてら手持ちで撮ったのですが一応条件は揃えてます。
違いがあると言えばある。6枚玉はややソフトな感じ?どちらがいいかと言われれば...

Planar vs Planar

Planar vs Planar

ちなみにここまでのキズ玉で撮ると、こんな具合になります。(SONY α900にて)

Planar 80mm F2.8 (F5.6) with many scuff marks

ところでこの6枚玉プラナーは元々のシリアルナンバーが2825086で偶然にも私と同じ1961年製、入れ替えた前玉は1595337でしたので1956年製のようです。同様に普段使いの7枚玉は5046161で1970年製というのがこちらのサイトで分かりました。便利!
[PR]