<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

会員の皆様へ!!!

平成24年もあと僅かになりましたが、日々ご健勝のこととお喜び申し上げます。平素は大阪手作りカメラクラブの運営と発展のために、種々ご協力を頂きまして、本当に有難うございます。

発足以来、300回を越しまして、毎月の例会を楽しく開催されています。これもひとえに会員の皆様のご協力とご支援の賜物と、厚く御礼申し上げます。

やがて新しい年の始まりとなりますが、これからは、寒さに向かう季節ですから、ご健康には十分留意されまして、平成25年からの例会を益々盛り上げていただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

本年は色々と有難うございました。来年もどうか宜しくお願い申し上げます。

平成24年12月29日
     大阪手作りカメラクラブ
          岡  部     毅

[PR]
by tedukuricamera | 2012-12-29 08:51 | 情報 | Comments(3)
寒いですね。いまは雨が降りだしたのですが、昨夜は星空を見上げてましたjackです。

d0138130_2318355.jpg


ここしばらく朝の散歩をサボってました。寒くなってくるとネコたちが布団の中へ入ってきて寝るようになるので、明け方出たり入ったりするたびに二度寝、三度寝してしまい仕事の時間ギリギリに起きるような日が続くためです。

d0138130_2318518.jpg


ある朝思い切って早起きして、近くの公園まで自転車で走りました。まあ何が目当てというわけでもなく、朝から天気が良かったのでちょっと公園の中を歩いてみようかと...

d0138130_23191071.jpg


しかし、ふと足元を見ると、なんと霜が降りている!しかも周りじゅうまったくそんな気配もないのに、公園内のこの一角だけ。色とりどりのもみじの落ち葉などがフリーズドライされたかのように白く縁取りされてとてもキレイです。

d0138130_23194410.jpg


気がつくと仕事の時間まぎわ。あれ、ほとんど歩かずに終わってしまった!!

d0138130_23202348.jpg


(写真:ソニーα900+バリオゾナー2.8/24-70)
[PR]
by tedukuricamera | 2012-12-14 23:21 | 写真 | Comments(3)
天気も良く、昨日本年最後の大阪手作りカメラクラブ例会が少し少なめの16名の参加により開催されました。今月例会の後には私にとっては今年最初の忘年会も待ち受けています。

例会発表の前にまずは長年の会計の労を頂いた白髭のY田さんに感謝の拍手と共に次回会計をお願いするpush-pullさん事U田さんにお願いしますの拍手をお送りいたします。
お休みのときのサポートは会長以下全力で埋めますから御安心を・・(笑

続いて会長から来年例会開催日程の発表です。
おおむね毎月度第二土曜日の開催は決定
ただし、開催の部屋が1月から3月まではいつもの5階奥の部屋ではなく一つ手前の部屋となりますのでご注意を・・

また、来年の毎月度設定のお題は会員相互からの意見抽出して来月プリントを参加会員には配布を、1月不参加の会員には郵送いたします。
肝心の1月分はこのブログの右上インフォメーションでご確認をお願いします。

それでははやる気持ちを抑えていよいよ例会の開会です。

今月お題はプラスティック・金属以外の変わった素材のカメラ
ではいよいよ発表です。
定例司会のGugugommmoことN島さんからのトップバッター指名はjackさんこと、T井さん
先日来より当ブログでの購入詳細から作例発表もされているlomoのBelair X 6-12 City Slicker
d0138130_9461736.jpg
なんと蛇腹は成型のゴム製で、おもしろいのは58mmと90mm用レンズ用のファインダーがあるのは良いがどうも近眼専用で外付けファインダーのピントが合わない(笑
あとはついに6枚玉のハッセル用プラナーを手に入れたは良いが送られてきたものは傷多く、交渉すると破格の15k円
これならかの山崎磨きに出したいが電話も繋がらず、誰かどうすりゃ良いか知りませんか?

お次は今回も怪しげな笑みを絶やさない当会知恵袋、K林さん
持参は東郷堂の木製おもちゃカメラ『ナイス』レンズはプラスティック単玉で木目がナイス?
他にアイビーとは関係が無い木製のVAN Press、戦前の英国製で縦走りフォーカルプレンと距離表示はヤード!?
d0138130_1023815.jpg

さすがヤード・ポンドの国ですが1ヤードはいったい何m?だとしばし会員の中でざわめきが・・
まだまだ続く、アーガスオートロニックのアーガスの最終カメラでベイクライトボディ
コンパーラピッドでautoも効くが、巻き上げは紐で巻く?それに何ともアメリカン?なデザインセンスが光る逸品
最後は何の変哲も無いリコレットと思いきやこれは製造番号がNO.5という量産試作機か?
d0138130_1045058.jpg

今回今年最後のI井商店ではライカ・NIKON・アンジェニューの28mmと高級ラインを仕入れ価格の値札そのままに即売?してくれたI井さん
ボディ素材ではないが、大型望遠使用時には重宝しそうな手作り?のライフルグリップ
d0138130_1092010.jpg
他にはケースの出来が良いベイクライト製のベビークローバーの本物と日本製コピー
で、良く見りゃ
d0138130_10222181.jpg
ライフル銃座はレミントン製!こりゃモノホン!

お次はステレオ大臣N口さん
d0138130_10271053.jpg

プラスティックカメラのステレオロッカにイタリアのデュープレックス
さらにアメリカ製のステレオはハーフサイズで4眼もあり・・
どうもこれは改造されたもののようだがその改造に関してのマニュアルもあるという懲りよう
d0138130_10291219.jpg


次はH本さん
めぼしいものは何も無く・・



お次がマイスターk本さん
そんな安っぽいものは無い?(すみません、私の創作です)

白髭のY田さん
鉄・プラスティック以外のカメラは家の中を見回したがそれらしいものは愛娘からのプレゼントでもらった陶器製の焼き物カメラ
d0138130_10521749.jpg
今自分が陶芸教室に通っているが、陶器でこの合わせ目をぴたりと合わせるのは至難の業で当時の娘さんの努力が垣間見えます(涙
d0138130_10553050.jpg
いつかレンズを流用しようと考えて冷蔵保存している今は無きkonicaのwai/wai/wideレンズ付きフィルムと共に・・

お次はいつもは作例と共にカメラ持参のN波さん
d0138130_10594126.jpg
今回ベイクライト製の頂き物のファルコンカメラ
良く見るとすでにボディにクラックがあり使用に耐えない。もらい物だから・・
d0138130_1113066.jpg
露出計も入って、見掛けはカッコがよろしいが。現在は下駄箱の上の飾りとなってます(笑

次はご近所N川さん
ボディ素材がベイクライトのシグネット35を持参
その後期シグネット80も持ってきたが、これは等倍のプリズムを使用したファインダで尚且つレンズ交換が出来る代物。
d0138130_11101687.jpg
しかし交換レンズが見つからなさそうで、現在はkodak Wide Angle35mmが付いている。露出計もついた高級品となって商売的には失敗作

PのオーソリティH山さん
今年手に入れたPの4本のレンズを紹介
一番のお気に入りはタクマーの最初の広角レンズである35mmf4.0
また新しいペンタックスMレンズの35mmf2.0も持ってきたが断然初期の35mmf4.0のほうが高級感がありこれらレンズをK1につけて色々楽しんで撮影をした。
d0138130_11175312.jpg


待ってました黒髭のY田さん
今回持参は以前に例会交換会で手に入れた当会高岡名人作の木製ブローニーカメラ
いざ写そうと思ったらレンズに絞りがありませ~ん。
要するにレンズは開放オンリー
今の持ち主と同じで開放的でコリャよろしい・・
d0138130_11292575.jpg

それと今回友人と二人でインド旅行に行ってきた話をされましたが、行くまでの壮絶な(笑 ドラマはとてもじゃありませんが筆舌に尽くし難い(笑
はしょって書くなら出発1週間前に娘さんから手術すると聞かされ、出発前日にはお母様が倒れられ緊急入院。
普通ならキャンセルするところ、病院の看護師さんと女医さんから『今落ち着いているので、私なら旅行に行きますよ』に背中を押され強行決行!!
友人の『天晴れな人でなし!』とは今だから笑い話です・・

次は私yasu
シグネット35のベイクライトボディにも気が付かず持参は無し・・
それより現在家庭内で巻き起こる妻との壮絶なカメラ・関連書籍・写真集に関する攻防を皆さんに訴えましたが、確たる解決策は無く今も大きな火種がくすぶり続けております。
d0138130_11362228.jpg

それ以上にあろうことかカメラの要らないのは引き受けるから捨てるんだったら連絡ちょ~だい、なんてなんて心のこもったひとでなしの面々なのでしょう・・

キューちゃんこと、会長
私の話に最早独り者になれば気が楽であるとの変な慰めをありがとうございます。
d0138130_1227972.jpg

また、ベイクライトのカメラなどは買ったときから割れているのはざらであると、ある意味人生の先輩としてさすが達観されている(笑

次が皆の興味をひきつけて離さないH井さん
木製のフォートン(エンサイン)のサンダーソンを3台

何でも明治34年製造に32年製造と100年以上の逸品がこんなに綺麗なのは怪しい(笑
d0138130_11424797.jpg
一台は何に使用したのか色々穴が穿ってありファインダーを付けたのか、距離計をつけたのは今では調べようも無い。それを真鍮の板や真鍮釘で塞いでいる。こんなほうが使われてきたようで納得である。またこれにはゴルツのフォーカルプレンシャッターがオプションで付くようにもなっており、そのシャッター幕には偽物防止のためかシルクスクリーンでメーカー名をプリントするほどの高級感
d0138130_1254510.jpg

しかしこれらは今で言う高級アマチュアが使用しており、プロはもっと安いカメラで仕事をしていたとのこと。
やはり趣味の世界はお大尽だったのでしょう・・

ようやくpush-pullことU田さん
ベビーブローニスペシャルを持参
d0138130_12291926.jpg

おそらく1939年から1959年までの製造
ベスト判フィルムを使用する、金属プラスティック製以外ではこのベイクライト製が唯一。
また、かねてよりsony nex-5で挑戦の針穴写真は径を0.1にしたがまだぼける。
それに針穴にするとレンズの時には気付かないCCDのごみがはっきりくっきり・・
sonyサービスセンターのお兄さんに自分のレンズ交換風景を見られると『早くレンズを付けて下さい、埃のあるこんなところでレンズを外さないで下さい。』と過剰に説教を食らったとのこと。
d0138130_12315217.jpg

それは少しU田さんが無頓着すぎるのかもしれませんね。

本日おおとり
発表せずに帰るつもりだったN島さん(笑
d0138130_11551448.jpg
これはファインダー倍率×視野率のファインダーをのぞいて感じる快楽数値
ベストはF3・次にMX後期にOM-1とおおよそ数値化で見えてくるものがあるとのこと。
d0138130_12301898.jpg

尚、この発表は某雑誌にN島さんより発表済
どの雑誌かはご本人にお尋ね下さい。

##jack追記##
手持ちのカメラで計算してみましたら、CONTAX N1が95%×0.73で69.55、ミノルタα-7が92%×0.8で73.6、SONY α900が100%×0.74で74.0だったのに最新のα99では100%×0.71で71.0と後退してしまいました。やはりα900のファインダー最高!


以上を持ちまして本年最後の第338回例会発表は終了です。
その後、心斎橋『にし家』に場所を移して大忘年会を挙行いたしました。
d0138130_1233851.jpg
d0138130_1234761.jpg


それでは末筆となりましたが、本年は皆様多大なるご理解とご鞭撻を頂き、誠にありがとうございました。
来年も趣味のカメラと写真のことで楽しく・健康に留意しながら盛り上がれたらと思っております。

本年はお世話になりありがとうございました。
来年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

最後まで目を通していただき感謝します。

photo:jack
text:yasu

##jack追記##
オリジナルの写真はコチラ...yasuさんチョイス&レタッチでやけに彩度が高いような気がしますけど、ウチのモニタがおかしいんでしょうか?
[PR]
jackです、連投スイマセン。先週の土曜日、午後から晴れてきたのでロモのベルエア X 6-12に今回は58mm F8をつけて連れ出してみました。フィルムはこれまたロモのアールグレイ B&W 100というISO感度100のモノクロフィルム、アールグレイと言いながらフィルムベースが青っぽいのです。

Belair X 6-12 & 58mm 6x6

用事で日本橋の電気街まで行くついでがあったのですけど、なんばではなくあえて新今宮で降りて新世界を目指して歩いてみました。阪堺電車霞町駅の踏切越しに『あべのハルカス』が見えます。いつの間にか、って実は8月らしいですけど300mを越えて日本一の高層ビルになったとか。そこへミスマッチ感バリバリのレトロなチン電。6x6ではちょっと狭っ苦しいですけどいいですね~

Belair X 6-12 & 58mm 6x6

スキャン後にソフトでかなり補正してますけど今回こういう街角でのカットはすべてどアンダーでした。このベルエアX6-12、絞り優先AE専用カメラなのですが調整できるところというとISO感度ツマミしかありません。AEロックもできないので露出補正もこのツマミでやるしかないのか...幸いISO50から1600まであるので、今回のように全体的にアンダーならISO50として撮ってみるかですかね。

Belair X 6-12 & 58mm 6x6

晴れた空に順光ならけっこうしっかりと写るようです...当たり前か。6x12をカバーする(はず)のレンズを6x6で切り取っている関係か変な歪曲も出ないのはいいですが、若干左端が白くなってるのはナゼ?それに片ボケしてるような気がしないでもないです...これが6x9や6x12、カラーネガだったらどうなのか。次回の課題です。

Belair X 6-12 & 58mm 6x6

ま、絞ってF16、開放でもF8なので高ISOのフィルムを使うかストロボでも点けないと暗い室内とか難しいかなー...軽いので旅行に持って行くにはいいですけど、そこまでしてブローニーにこだわるか?しからばまた35mmアダプターを作るか?それにピンホール化どうなった?とか。ネタは尽きません。
[PR]