<   2012年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

会長からあじさいの話がありましたので...にひっかけて最近買っちゃったコンデジ自慢です(笑)

ざっくり系模様の本革

先月の例会ではソニーのDSC-HX30Vという1,820万画素機を紹介しつつも、新製品のDSC-RX100が出たので見てきたという話をさせていただきました。その後秀じぃさんがセレクトさんでWX100を買うのに背中を押してしまったのですが、自分はRX100を買っちゃったという...なんか手作りカメラにあるまじきコンデジ祭り状態で(汗)

ちょっと細かい模様の革

ま、そこはワタシのことですから、せっかくのデザインを壊さないように配慮しつつも、グリップ感に乏しいボディを本革仕様にしてみたり...他にも黒檀削り出しの貼付けタイプのグリップを作ったりはしているのですが。

RX100 Hi-res #4

肝心の画質は、従来の1/2.3インチの約4倍になる対角1インチの大型センサーに2,020万画素を配しただけあって、今どきのミラーレスにも匹敵するとの声。手軽にパンフォーカスで撮れるので、一眼より手軽じゃないかとさえ思うんですが...

RX100 Hi-res #5

レンズは35mm換算で28mm~100mm相当(3:2フォーマット時)、F値は広角端でF1.8~望遠端でF4.9となります。F1.8ではかなりソフトになります。広角端で最短撮影距離5cmはけっこう面白い画が撮れます。ズーム倍率3.6倍と低めなのはカールツァイス銘のバリオ・ゾナーだから...ツァイス銘では高倍率ズームを出さないのです。というか基準を満たすには倍率を抑えないと無理なので出せないとも。

RX100 Hi-res #6

特筆すべき点はいろいろあるのですが、とにかく軽量・コンパクトで高画質、手ブレに強く動画も撮れて、これで安けりゃ文句なし...はっきり言って高いです。しかし1:1フォーマットが選べるので、露出抑え目でモノクロで撮ったりするともう買うしかありませんでした。

RX100 monochrome 1:1

お間違えの無いように、このモデルの狙いは本格的な一眼を超えるものではありません。マイクロフォーサーズとかの向こうを張るものでもありません。あくまでも一眼のサブ機、コンデジからのステップアップ狙いと開発の方が言ってましたが、その通りだと思います。


※あじさいは堺市都市緑化センター、商店街は新世界
[PR]
by tedukuricamera | 2012-06-25 18:21 | 写真 | Comments(3)
梅雨の合間に日本棚田百選千早の棚田へ
夜来の雨があがり、現地へ 葛城山をバックに北東斜面に広がる小さな棚田である。大阪平野、六甲山が遠方に、時折雉が鳴く長閑な所だ
d0138130_1533268.jpg
コシナ400mm

今が見ごろのアジサイ
d0138130_15352755.jpg
FA43mm

オールドレンズで棚田を 結構気にいってます
d0138130_15392183.jpg
アサヒフレックス135mm

アップで
d0138130_15401844.jpg
コシナ400mm

秋には畦道に行燈が点灯され幻想的ですよ 一度足を運んでみては如何でしょうか
[PR]
by tedukuricamera | 2012-06-23 15:50 | 写真 | Comments(8)
レントゲンカメラの改造
 ジャンク品のベビーパール ヘキサー50㎜4.5付きを格安で購入しましたが、張り革はボロボロ。蛇腹は穴だらけ、レンズは曇りガラス、フイルムは127と撮影には不向きでしたので、レンズとシャツターをボデーから取り外し、35㎜フイルムが使えるカメラに復元することを目的に思案することになりました。
 先ずレンズの曇りを取り除くために、シャツターから取り外したレンズを1枚ずつエーテルと無水アルコールの1対1のレンズクリーナーにより清掃しましたら、非常に綺麗な状態に復元することが出来ました。
 シャツターは完全に作動していますので、このレンズを以前購入してあった、キャノンレントゲン用のボデーに取り付けることにしました。 
 このボデーはレントゲン専用のため、24㎜×24㎜のスケアーサイズですから、36枚撮りフイルムで50枚撮影できるものです。
 レンズのフランジバックの調整のため色々な部品を使いましたが、主としてペンタックスのBリング使用して、
M42のボデーキャツプにシャツターに合わせた穴を開けて取り付け、インフをピッタリ合わせました。
写真①
d0138130_9234917.jpg

写真②
d0138130_9264995.jpg

写真②はカメラの前面ですが、フイルム巻上げには鎖を利用して1枚ずつ送るようになっています。勿論ダイヤルでの巻上げは可能ですが、ラチェツト方式ではないので途中で手を離すと画面の間隔が崩れてしまいますのだ、鎖で1枚ごとに巻上げるのが良いようです。
 作業の順序としては、レントゲン用の遮光版を取り外す。次に前面のマウントの取り外し。インフ調整のため
M42とM39の変換用Bリングと厚さ調整のリング2~3枚。フイルム面に摺りガラスを当ててルーペで遠方の建物にピントを合わす。ファインダー取り付けるためのアクセサリーシューを取り付ける。
レンズ 小西六ヘキサー50㎜F4.5 前玉回転  シャツター ROX B 25 50 100
ファインダー ライカ用50㎜ 
感    想  小型軽量のカメラが出来たが、ストラップの釣環がない。カメラの底に止めネジが無い。
         シャツター速度では、スローが無い、高速が100分の1までである。
         まあ、モノクロフイルムで撮影して、自分で現像するのも楽しいのではないかな???

         
[PR]
d0138130_16401822.jpg

d0138130_16433828.jpg購買欲を増長させる雑誌
自分の趣味の本を読むと碌なことはない、知識が増えるのは良いがその次に所有欲が確実に増える

ここしばらくカメラウイルスに感染しなくなったので安心していたのだが・・・手作りカメラの例会の後はまず写真会館のクラカメ屋さんを順に回った後、毎回酒好きだけで安い居酒屋でカメラ談義の2次会が行われる

飲んだ後は心斎橋のナニワへ行くのがお決まりのコースなのだが、出しなに左の日本カメラMOOKの部分刷りのNEX-7をいつの間にか手に持っていた、次の日パンフを読み始めたら填ってしまったのである

ここ1年押さえていたデジカメにオールドレンズで試したい願望が出てしまった、私の手持ちのデジイチやコンデジはすべて不可、それがマイクロフォーサーズに始まるミラーレスで簡単に装着できるようになった

そして昨日本屋で見つけてしまった上の写真の「オールドレンズ・ライフVol.2」、こんな雑誌があることすら知らなかったのだが、ぱらぱらの眺めただけだがなかなか面白い

勉強不足で恐縮だが2008年に初代のミラーレスカメラのルミックスで始まったマイクロフォーサーズは、フランジバックが20ミリでオールドレンズが装着できるようになった、しかしレンズの焦点距離が2倍相当になり画角に問題が

最近のソニーのNEXシリーズを始めリコーのGXRはAPS-Cセンサー搭載で1.5倍だという、本を見ている(読むところまでは)間にどんどんと深みにはまりだしたのだ、残るは先立つものやなあ〜!

初心者向けのカメラ比較もあり判りやすいのだが、マウントの種類はCやEだのGだの知らないのが一杯、フイルム至上の方には申し訳ないが、この手カメラを使われている皆さん、是非仕様ならぬ使用レポートをよろしくお願いします
[PR]
by tedukuricamera | 2012-06-20 16:46 | 情報 | Comments(4)
第332回 大阪手作りカメラクラブ例会


今回の例会はN島さんの司会で、まずは来月に迫った333回記念例会の告知をY尾さんから。骨折りお疲れ様です。

来月7月14日(土)、午前10時より交換会、10時半から会食(会費千円)となりますのでお間違えのないようお願いします。


トップバッターはレポートの都合で私、jackから。今回は例会中の写真がありませんのであしからず。

デジタルカメラとしては先月買ったSONY DSC-HX30Vで撮った写真のA4サイズプリントを持参。多少コントラストを上げてあるものの、会員からは大判並みとの声。


※今回の写真はコレで撮っていますが、解像度低目で撮ったので拡大するとイマイチです。

これはWiFiルーター機能やGPSなど便利な機能があるものの、画質は新製品のDSC-RX100には及ばず、実は西梅田のソニーストアでRX100の発表会を見てきてグラっときています。

他にはデジタル一眼α900にいよいよSONY製ツァイスレンズをつけた話。それを収めるためにドンケF-2用にインナーバッグを作った話。金環日食と金星通過を撮影した話を紹介。



続いてK林さん

デジカメは携帯しか持っていないので、とプラクチフレックスを5台持参。

たまたま見つけて速攻で買ったという一台は戦前の一眼レフ、エキザクタと共に作られた現在の一眼レフの原型となるもので1940-46年ごろのもの。クイックリターンミラーではなく、シャッターボタンを押している間だけ開いているタイプ。詳しい資料がなく存在すら確かではなかった幻の?カメラ。

M40のはずなのにM42マウントがついており、しかしピッチが合わずM42レンズは取り付けられないとか、巻き戻しのノブがボタン式だったりレバー式だったりと戦前~戦中~戦後といろいろな不思議なバリエーションがあるものをコンプリートしたという話。

もう一台はメントールを持参。


お次は引越し最中で大変、ということで今回持参カメラは少なかったおもカメ国王三ちゃんことI井さん。

セサミストリートのキャラクター、エルモに仕込まれたレアかも知れない?トイデジタルカメラを紹介。


お天気予報官Yさん

ニコイチことNikon 1のJ1を持参。

白のダブルレンズキット、NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6とNIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6の二本のレンズで135換算25-75mm、85-350mmをカバーするのでたいがいはイケる。軽くて小さいので大きな一眼を持ち歩くのが面倒になってきたとか。


秀じぃさん

来月相馬の馬追いを見に行くので何か適当なデジカメがないか探しているとのこと。体調が悪くて点滴を打ちながらいる、と言いつつその実態は口からの点滴?

実は例会の後立ち寄ったセレクトさんで、ソニーのWX100をお買い上げ。


白髭さん

現在愛用しているEOS Kissデジタルを紹介。

EOS 5D markIIも持っているが重いので持ち歩くのはもっぱらこちらとか。


N川さん

iPhone用カバーにライカの写真の寸法を合わせてオリジナルカバーを作成。

紙に印刷したものを挟み込んでいるだけで、終わったら外すとのこと。さっそくI井さんにプレゼントとなりました。


会長キューちゃん

カシオの初代デジカメ、QV-10を持参。

もちろん最近のデジカメの方が写りがいいけれど、古いものでも大事にしているとのこと。


N口さん
ニコンCOOLPIX5000を持参。オプション類がそれぞれ高価でぼちぼち買っている内に生産中止になってしまった。

これの魚眼アダプタは望遠鏡用アダプタを取り付けることでミノックス用として使えると紹介。


H本さん

富士フィルムの3Dデジカメ初代W1と後継機W3を持参。

W1は故障したのでこれから修理窓口に持って行くとのこと。


PUSH-PULLさん

ここしばらく家庭の事情で二次会のみの参加が続いていたのですが、ご本人は元気そうです。

カメラはRICOHの35万画素機DC-3を持参。1cmまで寄れるマクロ機能が便利でよく使っていたそうです。今も電池が生きているけれども、PC接続ケーブルを紛失してしまって取り込めないのが残念とか。


N波さん

初めて買ったデジカメらしいカメラがCONTAX TVS Digitalを持参。まだ動くのがスゴイ。それ以前はフロッピーを入れるマビカを持っていたとのこと。

その他、最近いいことと悪いことがあった話を紹介。いいことはドンケのカメラバッグをもらったこと。悪いことは大きなスイス製の自由雲台(あとで聞いたらどうもFOBAみたいです)を手に入れたのでEOS 1Nを載せて撮りに行ったらカメラが壊れてしまい、修理代で中古が買える値段になってしまったとのこと。

液晶表示が点かないだけで撮れるものの、直そうかどうしようか思案中だそうですが...帰りにナニワをのぞいたらEOS 1Nボディなら数千円台からあるようですね。


マイスターK本さん

ニコンのD700を入手された?(録音不鮮明ですいません)

14-24mmを入手するのは24-70mmを買ったので手が回らない、などなど。


YASUさん

デジカメは触手が動かないと言いながらも、交換会で入手したゼロックスの130万画素機を使えるようにするために充電器やら何やら買い込むなどの話。自宅には何だかんだで10台もあったそうです。

リコーGRデジタル28mmがワイコンで20mmに。普段付けっぱなしだったので一度外すと付け方がわからなくなったとか。手カメらしく鏡筒に革を貼るなどして愛用しているそうです。


M井さん

ちょっとお久しぶりでしたが、右目だけ白内障の一種の病気で手術されていたとのこと。視力表の一番上でさえぼやけていたのがスッキリよく見えるようになった。デジカメ等は孫にあげてしまったが視力が戻ってレンジファインダー機も見えるようになり、Lumixの新しいのを買ってまた写真を撮ってみようと思っているとか。

この手の病気は自覚症状もなく進行するそうなので気をつけないといけないですね。最近は手術方法も改良されていて、ほんの少し切って折りたたんだレンズを入れて広げるだけなので簡単になったそうです。




デジカメはα7700の後ニコンD1を購入。富士フィルムのFinePixS3も使っていた。今はキヤノンEOS 5D2やG1X、D1Xなどが3Dを撮るためそれぞれ2台ずつ、20台ぐらいあるそうです。


トリはH井さん

意外な気もしますけど、デジカメはニコンのCOOLPIXをお持ちでした。

時刻表とかのメモ代わりに使っているとのこと。それ以前はニコンD5000を買ったけれど一度も使ってないとか、それなら納得?

他には今回は明治時代に作られたらしいビューカメラを持参。美しい木製のボディはパタパタと折りたたむことができるようになっています。

やはりこういう木のぬくもりのあるカメラっていいですね~


以上、jackがレポートしました。家庭内のゴタゴタで遅くなりましてすいません。

写真:SONY HX-30V(コンデジ)/5Mモード、バッテリー切れで最後1枚だけSONY α900
[PR]
金星太陽面通過の写真がこのブログでも色々出ましたが そのなかでK本さんの写真が大変きれいなのに撮影法が簡単のようでしたので教えてもらった方法で自分でもやってみました。
d0138130_11543232.jpg
私の持っているペンタックス7×50の双眼鏡です。
d0138130_11553031.jpg
中心部の焦点合わせノブの先端に螺子穴がかくされているのを発見しましたの三脚への取りつけが簡単なことが分かりました。
d0138130_11562663.jpg
L字型の金属で双眼鏡を三脚に取り付けます。
d0138130_11572130.jpg
太陽に向ければ接眼レンズの後方の白紙にたしかに太陽像が投影されます。
d0138130_11583230.jpg
投影される白紙を影にするために双眼鏡のレンズ回りを覆います。
d0138130_11592087.jpg
たしかにきれいに太陽像が投影されました。
d0138130_120240.jpg
この太陽像を別のカメラで撮影して画像整理ソフトで調節するときれいな太陽像ができます。この日は金星はありませんがたしかに写ることは間違いありません。

この方法は私が望遠レンズで四苦八苦しながらの撮影よりぐっと簡単でいい画像が得られるようです。K本さんのご教授ありがとうございました。金環食は105年先だから無理でしょうが 部分日食は私が生きている内にまだ何度か見られそうなので 孫たちに見せてやったら喜ぶだろうなと思っています・・・・・・・無理かな?????
[PR]
Photo by MeisterKajimoto

Posted by GuGuGammo
d0138130_12433156.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2012-06-06 12:44 | 写真 | Comments(2)
わはは、やっぱり皆さん頑張ってらっしゃいますね。私も先日の金環日食では中国製のバリND400に泣かされましたので、リベンジのつもりで...って何も準備してなかったんですけど。

d0138130_12201418.jpg


朝のワイドショーで広島の実況映像を見て、ああ、晴れてたらいいのに...とつぶやいた途端に窓に日差しが!よっしゃキター、とばかりにあり合わせの材料でカメラに取り付け、玄関に出てみました。お、見える♪

d0138130_1222598.jpg


最初は前回と同じミノルタAF ZOOM75-300/F4.5-5.6に2倍テレコン。カメラはα900をフルサイズのままですから600mm相当ですね。ND4とND8、PLフィルタの3枚重ねでしたがまあ何とか写ってるのは拡大して分かる程度。

d0138130_12244622.jpg


いったん仕事に入って昼前にもう一度、今度は600mmF8のシグマMFミラーレンズに2倍テレコンで1200mm相当としてみました。合うフィルタが86mmのPL一枚しかないので55mmのをそのまま中心からずらしてテープで貼り付け、4枚としました。

d0138130_12271080.jpg


おっ、今度はノートリミングでも十分見られる像になりました。やってみるもんですね!
[PR]
by tedukuricamera | 2012-06-06 12:31 | 写真 | Comments(0)
d0138130_11561287.jpg
次の機会は105年あとしかないという珍しい金星の太陽通過があるというので 私もトライしました。朝はどん曇りで太陽も見えませんでした。ところが時間が進むにつれ雲が晴れて見えるようになりました。
大きな白い丸が太陽面でそのなかにある黒い丸が金星のかげです。そのほかに黒子のような黒点も見えますね。

これ以上は真上に来すぎて私の首と三脚の雲台が回らず中止しました。
本日 午前11時12分 の状態です。

早速三脚とカメラを引っぱりだして撮影を試みました。
カメラ・・・・・キャノンEOS5DマークⅡ
レンズ・・・・・古い古い シグマ400ミリF5.6  勿論マニュアル
コンバーター・・・2倍のものを2個使用・・・計1600ミリの筈
PLフィルター二枚を重ねてNDフィルターとして使用。
[PR]
GW後半に出張でドイツへ行ってきてはや1ヶ月、まだ写真の整理がついてません(汗)

The tram and the bicycles in Jena

昨年も出張ついでに休みを取って古城街道沿いを回って来ました。今年は別の街道ぞいに旧東エリアのライプツィヒ、イエナ、ドレスデンを回って来ました。

Optical Musium  in Jena

持って行ったのはデジタル一眼(SONY α900)、中判フィルム一眼(ハッセル500C/M)、そしてコンデジ(SONY DSC-HX30V)、あとiPhone4でした。なんか忙しくてまだフィルムスキャンが終わってなかったりするのですが、コンデジの写りがあまりに良くて見分けがつかないため整理するのが大変で、ブログでの紹介にも時間がかかってます。

今回ハッセルはモノクロと針穴を撮っています。ドイツまで行って針穴?と思うことなかれ、一応『針穴普及委員会』メンバーであります。

St. Nikolai Church by pinhole

詳しくは私のブログ『こんなことをやってみた 新館』にて公開しております。

あと、京都と長居の写真展に来ていただいた方、この場をお借りして御礼申し上げます。
おかげ様で盛況のうちに終了しました。どうもありがとうございました!m(_ _)m
[PR]
by tedukuricamera | 2012-06-06 01:20 | 写真 | Comments(1)