<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


今朝の関テレ「よ〜いドン」の隣の人間国宝のコーナーに、我が大阪手作りカメラクラブの会長岡部さんが出演、先日の日テレBSの白髭さんと言い我が会も凄いですね

よく行く鈴木特殊カメラで撮影でしたが何故か社長が登場せず、懐かしの塩昆布カメラが登場しておりました

さらに嬉しいことに、テレビを見て直ぐにこのブログを検索しコメントを残してくれた人がいたこと、カメラ好きの方是非例会覗きに来てください、毎月の第二土曜に大阪写真会館5Fで午後1時から騒いでおります

TV放映動画追加いたしました。
大林光克
[PR]
by tedukuricamera | 2011-11-30 11:10 | 情報 | Comments(9)
d0138130_23424100.jpg

11月の例会の後の飲み会に参加しなかった人にはハガキで案内していると思いますが
念のために再度忘年会のお知らせです、ふるって例会と忘年会のご参加を


※白木屋は心斎橋駅前店もありますのでお間違えのないように
[PR]
by tedukuricamera | 2011-11-29 20:26 | 情報 | Comments(3)
① オリンパスレントゲンカメラの改造
今年の4月例会に出席して以来、半年間は病気のために欠席が続き、カメラどころではありませんでした。
11月の例会に久し振りに出席をしてからは、またまたカメラに対する欲望???が湧いてきましたので、ガラクタカメラの中から見付けた「オリンパス」のレントゲン用のジャンクカメラがありましたので、工作日程が少し長くなりましたが、4日間をかけて作り上げました。
レンズはコダック35の「コダック スペシャル47mmF4.5」で、蛇腹とシャツター部分をビス4本で取り外し、スプリングの調整でインフを出し、前玉回転方式で距離は目測シャツターは手動でセットするものですが、35mmフイルムは使用出来ず、バンタムフイルムのため、現在は発売されていないので、35mmフイルムが使えるように改造することにしました。
ファインダーはフイルム巻上げノブの1回転で、止まるのを活用して、2回に一度は逆方向から覗くのですが、
ライカの50mmファインダーの等倍を利用して、なんとか撮影に不便を感じなくなりました。
d0138130_16374219.jpg

②ロシヤライカのレンズ「フェド50mm3.5」
ヘリコイドが無限から10mまでしか動かないロシヤライカ用フェドレンズを1.000円で購入して、キャノン50mm1.8レンズの後部が曇っているのを、これまた1.000円で購入し、距離計連動のレンズを作りました。
ロシヤライカはボデーはお粗末なものですが、レンズはライカのエルマーのような描写がするとのことを聞きましたので、このレンズを使って撮影を試みるべく、日本とロシヤの合体レンズを作りました。
まだ、撮影はしていませんが、良いお天気のときにでも一度撮影して見たいと思っています。
d0138130_16552021.jpg

[PR]
d0138130_994335.jpg

d0138130_9101098.jpg
老人力強化中
10月16日に頂き物のニコンFEの話しをアップいたしました、その時に電池を入れてもシャッターが切れずM90の設定だけシャッターが切れる話を書いたところ、電気的な問題ではの指摘が・・・

しばらくカメラをほったらかしにしていたのですが、小さな電池を使う用事が出来たときにもう一度FEに挑戦することにしたのである、電池はアルカリの一番ポピュラーなLR44が2個

「ガ〜ン!!」なんとわたしゃ前回は電池を逆さに入れていたんやんけ、てっきり⊕が上だと思っていたのだ、言い訳になるが普通は電池を入れるところには蓋なり横なりに+−の表示があるのだがNikonには無い

F2に始まってF3・・・と何台も使ってきたのに、しばらくデジカメに気を取られている間にこのざまで恥ずかしい限り、何よりもバカなのは前回そのことに気づかなかったことである

50/1.4と80−200/4.5のレンズも美しく、一緒に貰った東芝のストロボもサビを掃除したら問題なく発光、唯一気になる点があると言えば、フォーカシングスクリーンの中に極細の糸のようなゴミが・・・簡単にピントグラス外れるのかしら?

インターネットって便利です、取説が無くても何とか見つかるモノですね、下の
写真①・曲がった金属部分をそっと引き上げてやると、なんと
写真②・パカンとスクリーンが金枠と一緒に倒れてきたのだ、スクリーンガラスの突起物をピンセットでつかみ取りだした

直ぐにクリーナーで1㎝程の極細の繊維を拭き取った、他の小さなゴミも掃除して戻してやるとファインダーはばっちり、何処からこんな場所に入ったんやろなあ、しかし手作りカメラ会員レベルからしたら当たり前の話しだったかな(笑)
d0138130_9155164.jpg

d0138130_9161028.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2011-11-23 09:17 | 情報 | Comments(4)
第325回 大阪手づくりカメラクラブ 例会 by Jack


11月の例会は待望の会長・キューちゃんの挨拶と復帰報告からスタート。司会はGuGu-GammoことN島氏。
d0138130_16183835.jpg

闘病中はかなり大変だったと伝え聞いておりましたが、見た感じ少し痩せたものの逆に毛が増えた?だけで顔色もよく、まして中身は以前と変わらない様子でした。
d0138130_1619656.jpg

またカメラを再開されるようでメンバー一同ほっとひと安心...


さて今回のテーマは二眼レフ。某変身ヒーローもので二眼レフのトイカメラが登場したのがきっかけでにわかに注目されるようになったような気がします。さらに最近増殖しているカメラ女子にも人気があるらしく時々街中でも見かけることがあります。もちろん本会メンバーがお持ちの二眼レフは伝統的な由緒正しい二眼レフですね、たぶん。


ということで会員発表のトップバッターはK林さん。
d0138130_1620538.jpg

例によってこだわりの逸品を4台持参。中でも右端のヴェルタは中判二眼ながら非常にコンパクトで私も欲しい!と思えるものです。一回貸してもらえんかな~
d0138130_16204736.jpg


続いて私、Jackですが今回は二眼レフの持参はなし。学研の付録、ガッケンフレックスは持っているのですがかぶるんだろうなと思って代わりに1952年のアサヒカメラ臨時増刊『国際写真サロン』を持参しました。当時の二眼レフの広告や値段が書かれているのですが、国産でも現在の物価に換算して二十数万円していたのですね。ローライに至っては百万越え...

次のK本さんも二眼レフはお持ちでないとの事でパス。

続いて白髭さん。カメラマン時代に自腹で購入したというマミヤC220のポロフレックスファインダーつきを持参。マミヤCシリーズは現在でも人気があるようですね。
d0138130_16275672.jpg

仕事で使っていた330が重かったので220を買ったと前回も話されていました。ポロフレックスファインダーは日本光学製らしいです。
d0138130_16482465.jpg


次のMさんは珍しい(のか本人も良くわからないという謎の)シーガルと件のガッケンフレックスを持参。このシーガル、型番らしいものがなく、ネットを探しても同じものが見当たらないので製造時期等もわからないそうです。
d0138130_1649034.jpg

シーガルの作りは悪くなく、かといって写りはそこそことのことです。ガッケンフレックスはさんざん遊んでシャッターにガタが来ているというあたりトイカメラ好きのMさんらしい。
d0138130_16504683.jpg


続いてN波さんも二眼レフはお持ちでないとの事でパス。今日は意外と多かったですね...

いつもはここでコの字型に回っていくのですが、なぜか列を飛んでお天気予報官Yさんへ。白髭さんと同じC220のようですが、箱に書いてあるのはC220f。シリーズ最終型なのだそうです。
d0138130_18154494.jpg


続いてローライフレックスと何やら変な箱を持参したのはN口さん。
d0138130_18123268.jpg

なんとこれがローライ製のプロジェクターで、ローライフレックス本体を逆さにしてセットすると実質無収差でスライド上映できるという優れもの。ケルンのオークションで買ったとのことですが、こんな重たいものよく持ち帰る気になりましたね~立派です。
d0138130_1901357.jpg

実際の投影画像を食い入るように見つめる会員たち...もちろん見ているのはカメラ?
d0138130_191751.jpg

他にも海外の立体写真集を持参、こちらも驚きの声が。実際見ましたが立体感がすごかったです。
d0138130_192727.jpg


続くT岡さん、OTOTOさん、H本さんは二眼レフの持参なしということでパス。

そしてPUSH-PULLさんはローライコードとヤシカフレックスを持参。
d0138130_189144.jpg

並べてみると確かに似ているけれど、発売年はたった1年しか違わない。見てから作ったのでは遅くなるはずだし、偶然の一致かはたまた...とナゾな二台でありました。
d0138130_1871269.jpg


お次はYASUさん、ローライフレックスを持参。
d0138130_184328.jpg

ブログには女性を写すには絶品と書いているとかいないとか...
d0138130_1853138.jpg


そしてH井さん。期待通り三台のフォクトレンダー・スパーブを持参。スパーブは前期型と後期型があるそうですが、なんと一台は赤窓を塞いであるという中間型?でした。
d0138130_17583532.jpg

d0138130_1834050.jpg

d0138130_181741.jpg

二眼レフの専門サイトでも書かれているように、『ライバル・ローライフレックスが採用した機構を出来るだけ避ける仕様となっており、「へそ曲がり」と称されたフォクトレンダーの意地が見える二眼レフに仕上がっている。』なんてすっごく私好みなんですが(笑)、H井さん曰く「とにかく使いにくい」のだとか。
d0138130_1813152.jpg

そんな風には見えませんがね...ホントかな~使ってみたいですね。

ここで会長・キューちゃんの発表。
d0138130_2011494.jpg

退院祝いのいただきものだそうですがきれいなリコーフレックスでした。
d0138130_1942376.jpg


そして授業参観で遅れてきた子連れ狼・M本氏登場。
d0138130_1955764.jpg

今回はオリンパス製のオリンパスフレックスを持参。ずーっと悩んでたですけど結局I井さんから買ったマミヤプレス一式、無事使えたんでしょうか...
d0138130_19121397.jpg


そしてトリはこれまた自治会の用事で遅れてきたI井さん。
d0138130_19124934.jpg

今回も恒例の開会前の出張販売なしでしたが、途中から発表なんだか販売なんだかわからない状態に...
d0138130_19145389.jpg



なんとも締りのない閉会となってしまいましたが、その後の白木屋に場所を移して開かれた二次会での協議の中で肝心の忘年会の連絡ができていなかったことが発覚。

次回12月10日(土)は例会後、白木屋心斎橋店にて忘年会ですっ!会費千円。お忘れなく~
場所:白木屋 南船場心斎橋筋店 大阪市中央区南船場3-12-3 心斎橋セントビル 地下1階
電話:06-6251-7588


以上、録音したはずのデータがパソコンとウィンドウズもろともぶっ飛んで記憶の怪しいJackでした。適宜加筆修正して下さいまし...
写真:SONY α900、ミノルタAF50/1.4、ストロボF20AMつけたりつけなかったり。
[PR]
BS日テレの昨日(11月12日午後6時から)の番組「よい国のニュース」のなかで10分程度取り上げてもらった私の「42枚の年賀状」を報告します。
d0138130_1541342.jpg
我々夫婦が室内で記者の質問に答える方式でその時々の年賀状を紹介するというものです。
d0138130_15423080.jpg
d0138130_1543861.jpg
d0138130_15433447.jpg
写真展を見ていただいた人にはよく分かると思いますが 改めて見てもなかなか楽しいですね。我々夫婦も実態とはちがってたいへん仲よく映っていました。約五時間の撮影を10分程度に縮めたのですがよくまとめてあると思います。まあ我々家族にとってはたいへん貴重な記録になって喜んでいます。

ケーブルテレビの楽見録という装置にHDDで録画はしたのですがそれをDVDにダビングしようとしましたが一度限りの録画しか許されないようでどうしても出来ません。見てない人に贈ろうと思ったのですが無理なようです。
[PR]
岡部会長が例会復帰の上にテレビ出演が決定したことはとてもおめでたいですね。

ところで私にも一昨日突然東京のテレビ番組プロダクションから電話があり 昨年私が開いた42枚の年賀状展についてインタビューをしたいと言ってきました。若い女性の声で明日にも取材に行きたいということです。ネットで調べても怪しい会社ではないようです。まあネタに苦しんでいたところに私のことが引っかかってきたようです。

そして昨日わざわざ東京から記者とカメラマンが二人ずれで朝の十時にやってきました。そして午後の三時ごろまでまあ細かく熱心に取材撮影していきました。明日の土曜日の午後六時から七時にBS日テレの番組で紹介したいとのことです。まあ10分程度の番組にしたいようです。

取材する方は慣れていますがされる方はありませんので大変疲れました。いつもの散歩コースまで引っぱりだされました。最近すたれてきた年賀状をこういう形で発表している面白い人を取り上げたようです。さあどうなりますか???

実は放映されるかどうか私も半信半疑なのです。別に悪いことに利用されているとは思いませんが。よっぽどネタに困っていたんでしょうね。

ところがついさっき電話があって明日(11月12日)土曜日の午後六時から10分程度放映することが決定したとの連絡がありました。皆さんもしも見る機会があったり録画できるようでしたら 見ていただければ幸いです。

白髭でした。
[PR]
会長が復活!これは若手もがんばらないといけませんね~ということで前回の例会ではまだ製作途中だったスヌートを完成させてみました。
d0138130_22435543.jpg


ストロボ光をイジるものでは、ディフューザーというのは本来ストロボの鋭い光を拡散して柔らかくするために使われるもので、スタジオ用ではライトボックスとかアンブレラ、あるいは一般用には乳白色のカバーとかストロボの発光部分にかぶせるようなものがあります。

スヌートというのは逆に指向性を強くし、スポットライト的に使うものです。スタジオ用のものは円錐型のカバーをスポットライトにかぶせたりしますが、一般用ではまず見かけません。ところが某海外サイトでドリンク用のカラーストローを使って格安で作れるというので作ってみた次第です。正確にはスヌート・グリッドと呼ぶべきもののようです。

さて何に使うか?...それはこれから考える、と(笑)


まず材料は画材店などで売っている黒ケント紙。コシがあって硬いほうがしっかりしていそうですが厚みがあると都合が悪いかもです。それと黒いカラーストロー適宜。
d0138130_2236155.jpg

十数本もあれば十分だと思いますが、この手のは業務用ショップで500本入りとかしかないので...大量に余ってますので欲しい会員の方はお電話下さい。ちなみにこれは船場の店舗什器のお店で買ったもので外径6mmのタイプです。500円くらいだったと思います(忘れた)
d0138130_22363887.jpg

ケント紙を適当に筒型にし、ストロボの発光部を覆い隠すように取り付け方を考えます。あとはその筒部分に適当な長さに切ったストローを詰め込んでいくだけです。必要な本数が決まればいったん引っぱり出して接着剤で固めた上で押し込んでやればできあがり。
d0138130_22432842.jpg


さて効果のほどは?このように普通にストロボを焚くと壁全体が明るくなるはずのものが...
d0138130_22445860.jpg

中心だけ丸く明るくなります。ちなみにこれは例会の部屋の壁です。なぜ丸になるのかはナゾです。
d0138130_22451159.jpg


実際にブツ撮りするとかポートレート撮影に使うとこんなイメージですかね。これが...
d0138130_22452586.jpg

こうなります。なんかいいかも!
d0138130_22454719.jpg

自宅の廊下なんで1m程度と近い距離ですけど、もっと広いところで、正面ではなくケーブルで離して横から当てるなどすると面白いのではないですかね?...ま、こんなんフォトショップとかでできるやん、って言われてしまいそうですけど...作ることに意義がある!


作ると言えば、次回例会のお題は二眼レフ...私は学研フレックスしか持ってないですけどカブるんだろうな、きっと。
d0138130_22481124.jpg

[PR]
関西テレビよーいどん「となりの人間国宝」
d0138130_847296.jpg

会員の皆様"""長い間ご無沙汰していましたが、体調も徐々に回復してまいりましたので、一言ご挨拶申し上げます。病気入院中や自宅療養中には、沢山のお見舞いを受けまして有難うございました。厚く御礼申し上げます。

6ケ月もの間例会を欠席いたしまして、皆様に大変ご迷惑をお掛けしましたが、11月の例会には皆さんと共に楽しい例会に出席できるようになりました。これもひとえに皆様の暖かいご声援のお陰と喜んでおります。

ところで、11月3日に関西テレビのよーいどん「となりの人間国宝」の取材を受けたので、ご報告致します。
午前10時から午後2時までにわたって、手作りカメラの作品の撮影や、街頭に出掛けて、手作りカメラでの撮影風景等を取材し、リポーターとして、円広志さんから色々と質問や対話形式の取材を受けました。

この結果、関西テレビのよーいどん「となりの人間国宝」月~金の放送予定が決まりましたのでお知らせいたしますので、どうかご笑覧下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

11月30日(水)か12月5日(月)の9時55分~11時10分です。変更もあるとのことです。録画お願いします。
[PR]
by tedukuricamera | 2011-11-05 09:11 | 情報 | Comments(8)