<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

先週の金曜日3月18日の営業を持って、つぼ八は閉店してしまいました。
ああ、ざんねん。
d0138130_12472377.jpg

お世話になったボトルタグ。
[PR]
by tedukuricamera | 2011-03-22 12:50 | Comments(5)
今回の例会テーマはマクロレンズ、クローズアップレンズ、ベローズ等接写に関するものということでした。大震災直後にもかかわらず参集した各会員はさすがにいつもより少なめでしたが、めいめい工夫したレンズや思い入れのあるカメラを持ち寄って、その接写テクニックを披露しました。

まずは会長の挨拶から。隣はお孫さんではなくてミーモさんのお子さんです。すっかりマスコットガールみたいになってしまいました。将来は写ガール確定?
d0138130_23193137.jpg


続いて会員よりブログでの会報の是非を問う動議があり、とりあえずブログ記事を編集するスキルのある方の持ち回りで会報として続けていくことになりました。

しかし、記事内容については「見ればわかることをいちいち読まないし、書き慣れない会員は大変なので細かく書かないでもよろしい」ということですので、以下流れに従ってアウトラインだけご紹介します。

まずはK林さん。SWITAR装着のALPAほか二台のカメラを紹介。
d0138130_23194595.jpg


続いてN口さん。Retina用ステレオアダプタ他を紹介。
d0138130_23202733.jpg


天気予報官Yさん。キヤノンとニコンのマクロとミノルタのベローズを紹介。
d0138130_23203997.jpg


そして会長キューちゃん。ライカマウントに交換したキヤノンのペローズと各種万能アダプタリングを紹介。
d0138130_23205773.jpg


ミーモさん。今回も子連れ狼状態でカメラを語る。多段チューブ?の仕掛けが面白い。

補足です、といいながら、例会でこのチューブの名称がでてこなかった、かなり記憶力も危なくなってきたミモヤンです。
このチューブは”オートエクステンションチューブ68-116”と言うお名前になります。
オリンパスOMのマクロアクセサリーグループの接写リングの仲間です
良くあるものは、厚みを換えて何種類かあるのです
OMでも7ミリ、14ミリ、25ミリと3種類あり、それぞれ単独、または組み合わせて使えて
”自動絞り”に対応しているものですが
この”65-116”は名称どおり65ミリから116ミリまで自由に伸縮し、なおかつどの位置でも自動絞り気候が連動するものです!
あ、そんなことは良くご存知で?そりゃごもっとも。
d0138130_23211933.jpg


久々の登場、I田さん。
d0138130_23212945.jpg


マイスターK本さん。徐々に活動再開しているとのこと。
d0138130_23515054.jpg


白髭さんは何やら合体メカ風のアダプタ類の集合体を紹介。(ニコンFマウントのあらゆるリングを繋いでみたもの)
d0138130_23214149.jpg


H井さんは大きなボックスカメラを紹介。
d0138130_2321525.jpg


私、Jackは今回マクロ3本と、100均で買ったメンテに便利なシリコン刷毛を紹介。
d0138130_23564241.jpg


Yueさんは今回の震災に赤十字を通じた募金を提案、会員全員が快く募金しました。
d0138130_2322396.jpg


N波さんはゴールドのIXYにまつわる話を披露。
d0138130_23221314.jpg


お待ちかね、おもカメ国王三ちゃんはポラロイドと珍しいラッキーカメラを紹介。
d0138130_23222741.jpg


Yasuさんはプリモ-JRほかを紹介。今日は体調良かったのか夜は暴走気味でしたな。
d0138130_23223722.jpg


OTOTOさん。デジイチ二台連結したステレオカメラは誰のだったのでしょうか??
d0138130_23224624.jpg


締めはPUSH-PULLさん。ニコンのウエストレベルファインダーほかを紹介。
d0138130_0423847.jpg



そして例会終了後、いつもの二次会会場であるつぼ八へ移動したのですが...いよいよ今月限りで閉店!ということで料金も破格、店長以下みんな思い出話に花が咲き、いつも以上にフレンドリーな対応でした。
d0138130_23283020.jpg

残念ながら、迷惑この上ないワルノリ会員の◯◯ハラ攻撃も笑顔でかわす我らのアイドル、桃ちゃんともいよいよお別れです。転勤先の店まで会いに行くぞツアーの声も聞こえてましたが...あの勢いならホンマに行きかねませんね。
d0138130_101553100.jpg

おだやかに撮影した記念写真です。(白髭)



さて今回の写真および原稿作成はjackです。またもや突然のご指名でしたがまさかマクロでポートレート撮ることになるとは。録音してましたがゆっくりリライトする時間がありませんので簡単に失礼します。あ、今気が付きましたが司会のGuGuGammoさんの写真撮り忘れてました!すいません~

個人的なことですが、Yueさん同様に震災がらみでバタバタしております。知人がまだ見つかっておりません。仕事そっちのけでこんなことをしていていいのか、と思いながらもここ数日被災者の避難所情報に目を配り、ツイッターのタイムラインに目を配り、しまいには数カ所に散らばっている避難者リストを集約してアップしたり、なかなか肩こりが治りそうにありません...

できれば会員諸氏の手で補足説明を入れていただければ幸いです。


最後に、震災で亡くなられた方のご冥福と、消息不明者の早期発見・無事帰還、被災地の一日も早い復興をお祈りします。
[PR]
Re VOLTES
100均=DAISO
ある日近くの100円均一の店「DAISO」で買い物していた時のことでした。MR-44の電池を購入して、フト横を見るとナント、充電可能な「Ni-MH専用」の充電器と電池が見付かりました。それが係りの人に値段を聞きますと、充電器が100円電池が1個100円とのことで、その充電器と、電池を2個合計300円也を支払って帰りました。この充電器は、単3と単4の両方を充電出来るので、非常に便利で格安だと思い、このブログで発表することにしました。写真を見て下さい。なお、参考のため、現在発売されている、充電用電池と充電器のセットが、電池2本付きで、Panasonicは1980円 サンヨーは1600円でした。
① 
d0138130_13143924.jpg

② 
d0138130_13153077.jpg

③ 
d0138130_13221586.jpg

このあと、もうワンセットを購入して、同時に4本の電池を充電できるようにしましたが、以前から所持している
サンヨーのeneloopも充電できますので、便利に使用しているところです。
[PR]
by tedukuricamera | 2011-03-13 13:23 | 情報 | Comments(5)
Jackです。例会前に用事が入った上に肩を痛めてあまりアレコレ持って行けなくなりましたので事前発表としたいと思います。


マクロレンズについてはすでに何度か発表に入れていますが、現在α900では改造レンズばっかり常用しています。そのきっかけになったのがそもそもマクロだったんですね。

d0138130_22355633.jpg

当初は旧ミノルタ製のAF100mmF2.8マクロを使用しておりました。中古で買ったもので設計も古いですし、等倍まで可能なレンズでしたのでピント合わせが非常に遅くって。写りは素晴らしいのですがフルサイズでも100mmはちょっと長めで不満に思うところも多々ありました。

d0138130_22361355.jpg

そこで目をつけたのがCONTAXのMakro-Planarで、100mmと60mmがあること、60mmはさらに古いドイツ製のS-Planarがあることを知り、ちょっと高かったこのレンズを買いました。で、マウントパーツを改造というか新たに作ることでαマウントにしたわけです。中国製のAFチップをつけることで絞り優先AEや手ぶれ補正も動作し、Exifも記録されます。

d0138130_2335611.jpg

その他にも50mm用のヘリコイドエクステンション(マクロテレプラス)があったので、これもマウント改造してPlanar50mmF1.7を付けてみたり、リバースアダプタを使ってみたり、クローズアップを使ってみたり...これは後日ひらやまさんに同じものを頂いたので、CONTAXボディとαボディで同じレンズが使えることになりました。

d0138130_235073.jpg

ところがある日たまたまオークションで超ジャンクのレンズを見つけ、格安で入手して整備したところ使えるようになってしまったのがシグマAPOマクロ180mmF2.8でした。塗装が溶け、絞りも壊れていたので躊躇せずマウント改造しました。これが大当たりで、最短距離こそ65cmと長めながらマクロレンズとしてはすばらしいのでした。

以下、作例で~す。

まずはミノルタAF100マクロ(F2.8)。
d0138130_2353619.jpg


そしてAPOマクロ180mm(F2.8)。
d0138130_238956.jpg


なつかしのドイツマルクでS-Planar60mm(F4)。
d0138130_2385265.jpg


AF100マクロ(F4)。
d0138130_2310772.jpg


Planar1.7/50+2xマクロテレプラス(F4)
d0138130_23105519.jpg



実はニコンのマイクロニッコール55mmF2.8なんてあるんですが、半年ほど寝かしたまんまになってまして。ホントは間に合わせるつもりだったのですが...次回!
[PR]
先月の例会のテーマの”フィルムカメラ”の御題として持参いたしましたレチナⅢcとレチナの接写アクセサリー
おお、そういえば、来月(当月3月のこと)の御題はクローズアップじゃないか、こりゃ勇み足でしたね。
まぁ今月の例会テーマ先取りと言うことで、撮影現像上がりを載させて頂きます。
これで課題クリアー。
d0138130_13214535.jpg

確かNⅠフィルター使用

例会でも言いましたように、フィルム一眼レフの標準レンズの最短距離よりも引き気味の絵が出来る程度
今では陳腐といわれるかもしれませんが、まだ一眼レフが特殊な時代?ですからね、その分色々なギミックを楽しめます。
d0138130_18583641.jpg

露出は、倍数とか考えないといけないのでしょうが、エイヤッと適当です、ちょっと失敗です。

例会でも話しましたが、通常三脚を立てて、なんて話になるのでしょうが、クローズアップの度数と距離計のカバーする範囲が異なり被写体とカメラとの距離の自由度が狭いので、三脚なんかを立てますと却って不便なんです。
構図も意外に制約されちゃうでしょ。
d0138130_1965943.jpg

で、使い方は、クローズアップ距離計でもって、構図を決めながら距離を測り、そのスケールの範囲をカバーするクローズアップレンズ(Ⅰ~Ⅲ)を装着し、距離計に表示される”フィート”表示の距離目盛にピントリングを動かし撮影となるのです。
d0138130_1972842.jpg

距離計のスケールにⅠ本線からⅢ本線までにそれぞれ∞から最短あたりまでの目盛りが切られているのがお分かりいただけると思います。
ちなみにレンズにはNⅡのクローズアップフィルター付けていますから、このスケールの距離は守備範囲外となるわけです。
距離計のダイアルをくるくる回してゆきますと、それに連れてパララックスを補正するため距離計のベース部分がティルトするんです。

問題は、距離計目盛りが”フィート”なのに、手持ちのレチナでクローズアップフィルターを装着できるモデルは”メートル”表示
これでは移し変えるときにこんがらがること請け合い。
それでなくてもピントを置き換えるときに誤差を含むわけですから、ピントの浅くなる近接ではピンボケを大量生産するに違いない。
この誤差は、三脚固定でも発生するのは同じことですしね。

そんなわけですので、フィルターを最初に選び取りつけ、カメラのピントリングの位置を∞、またはそのときのスケールのに書かれているフィート表示に合わせて置き、距離計も同じ目盛りにしてから、距離計ファインダーを覗きながら前後移動し、距離計が合掌する位置まで前後させて合掌したら息を止め、月夜に夜露が落ちるがごとく、レリーズする!

写し終われば立ちくらみが待っています(^^)

そんなレチナ接写アクセサリーでした。

フィルターは入手したときからNⅢが欠品。
この番手のフィルターが、今まで見たことが無いのです。
どこかに無いかなぁ。
 
レチナⅢc ヘリゴン50ミリF2+レチナ クローズアップレンズ
ミモヤン=グレビッチ
[PR]
実際に撮影をしましたので、見て下さい。
写真 ① 撮影に使用した装置とカメラ
d0138130_17171367.jpg

写真 ② 中国の硬貨 1元 表
d0138130_17183253.jpg

中国の硬貨 1元 裏
d0138130_17195822.jpg

写真 ③ 英国の硬貨 1ポンド 表
d0138130_1722297.jpg

英国の硬貨 1ポンド 裏
d0138130_17233316.jpg

ビデオライトを2個付けて、机の上で撮影しました。殆ど等倍撮影が出来ました。どちらも銀貨ですが、ライトの影響からか、金貨のようになりましたが、ストロボを上手に活用したら、自然な仕上がりになるのでしょう。
撮影カメラは富士ファインピックスs1プロ、撮影レンズは引き伸ばしレンズ、フジナーE105㎜4.5です。
[PR]
by tedukuricamera | 2011-03-08 17:28 | 情報 | Comments(3)
マルチ クローズアップ システム
今月の例会テーマが「クローズアップ」とのことで、紹介することとします。
キャノンFL用のベローズがありましたが、当時はキャノンの一眼レフは1台も所持していませんでしたので、思い切って、キャノンのマウントを前後共に取り外し、前部にはライカMマウントの接写用アダプターを取り付け、そこにMLリングを付けて、引き伸ばしレンズを利用することにしました。
また、一眼レフ用のレンズも付けられるようにするために、マウントも作りました。
後部はM39のマウントにして、取りあえずニコンマウントとアサヒペンタックスMマウントを作成しました。
① ニコンのボデーをつけたところ。
d0138130_11135559.jpg

② アサヒペンタックスのボデーをつけたところ。
d0138130_11152858.jpg

③ 後部の手作りマウントとベローズ
d0138130_11172569.jpg

④ 前部に色々な一眼レフ用のレンズを取り付けられる手作りマウント。
d0138130_11194228.jpg

⑤後部のマウント部分
d0138130_11202198.jpg

3月の例会に持参しますので、宜しくお願いいたします。
[PR]
by tedukuricamera | 2011-03-06 11:29 | 情報 | Comments(5)
オペラ座に怪人が棲む様に
大阪写真会館にもレンズの怪人が棲むらしい
d0138130_112025.jpg

ま、他にもいろいろ怪人はいらっしゃいますが...。



d0138130_114138.jpg

撮影 ミモヤン=グレビッチ
キャノンⅡD+ミノルタスーパーロッコール5cmF2


---- 2011.3.11 / Jack 追記 ----
怪人といえば、こんな怪しげな一団も...安っぽいテロリストの親分・子分、みたいな。
d0138130_1305022.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2011-03-06 11:06 | Comments(4)
昨日、いつもより少し仕事を早く切り上げて車を運転していたら、ABCラジオからCMソングの特集番組が聞こえてきました。
ラジオのCMが初めて放送されたのは1951年だそうで、もちろん生まれていないミモヤンはまったく存じませんでしたが、その最初のCMソングが老舗のコニシロクのCMだったというじゃありませんか。
古い音源がラジオから流れてきて、その歌詞の楽しいこと。
クラブの諸先輩方はもちろんご存知のことで、何を今更と言うことかもしれませんが、ここにご報告するしだいです。
そのとき、何故か手元に新しく加わった仲間がいたんですけどね
d0138130_20314281.jpg

ミモヤン=グレビッチ

国産最古のカメラ・フィルム感材メーカーである小西兵衛店、後の小西六が最初のCMソング発注・メディアに登場とは当時の写真に対して高揚する期待感のようなものを感じます。
d0138130_2220610.jpg
寄寓にも少し前にシャッター不動で手に入れたミモヤンと同じカメラ
こちらは純正レンズキャップは無けれども、純正フードをおごってみた(笑

ミモヤン=グレビッチとの共著となるyasu
割り込みゴメン(笑

割り込み熱烈歓迎
我欲求情報CM歌
ミモヤン=グレビッチ
[PR]
by tedukuricamera | 2011-03-01 20:33 | 情報 | Comments(11)