<   2010年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

jackです。
ステレオカメラの流れをぶったぎって申し訳ないですけど、こんなものを作ってみました。

『宙玉(そらたま)レンズ』と申しまして、元は実験写真家の上原ゼンジ氏が開発された(?)アタッチメントですが、早い話マクロレンズの前にアクリル球やガラス球を取り付けただけのものです。

(玉だけに)たまたま買ったアクリル球の真球度があまり良くないので、思ったようなクリアな像にはならなかったのですが、なかなか楽しい絵になります。写真ではコンタックスのS-Planar 2.8/60につけていますが、F8程度に絞ったほうが雰囲気が出るようでした。

d0138130_2259556.jpg
#外筒は塩ビ継手、ちょうどメタルフードにフィット


d0138130_22594036.jpg
#球の周辺がボケて、球は天地逆に写るため画像を180度回転させます


d0138130_23010100.jpg
#至近距離で球に合焦させるためマクロレンズかクローズアップレンズが適しています
[PR]
3D カメラとビュアーの製作
クラブの7月例会のテーマが「ステレオカメラ、ビュアー、立体なら何でも」と言うことで、あまり得意としない分野でしたが、何とか面白いステレオカメラとビュアーを作成して、皆をアッと言わせたかったのです。
しかし、只単に今までのステレオ写真を見るのではなく、デジタルカメラを使用してプリントアウトせずに、撮影後直ちに見られるようにすることが、私の考えた末の発想となったのであります。
またもう一つは、デジカメプリントをリバーサル形式にして、バックライト方式で明るく見られるステレオビューアーにもなるようなアイデアを考え付いたのであります。デジカメ撮影した画像を紙に焼くのではなく、OHP用のフイルムにプリントすることで、立体画面がそのまま見ることが出来ます。
注 平行法とか交差法とかはまるで知りませんが、右のレンズで写したものを右目のレンズで、左のレンズで写したものを左目のレンズで見ると、ナント飛び出してくる立体画像が簡単に見られます。
手作りのステレオビュアーの写真。
d0138130_103791.jpg

撮影に使用したカメラの写真
以前に購入していあった CASIO EXILM EX-Z700 7.2Mの番号が接近していたものをステレオ撮影に使用することにしました。
d0138130_10103892.jpg

3D画面を見る①
撮影後のデジカメのディスプレーをそのままで、ビュアーで覗く。
d0138130_1015774.jpg

ディスプレーの画像
d0138130_10155011.jpg

3D画面を見る②
OHP用のフイルムにプリントしたものを LIGHT BOX のバックライトで覗く。
d0138130_10204512.jpg

ライトボックスの画像
d0138130_10212147.jpg

以上のようにテーマにもとづいて作成したステレオビュアーとデジカメ2台による3D写真の鑑賞が出来ましたが、デジタルカメラのディスプレーをそのままで鑑賞するのは、私としても始めての試みでした。また、デジカメプリントをOHPのフイルムにプリントアウトするのも、一つのアイデアだと考えています。
結論として考えられるのは、今流行のハイブリッド方式だとも考えられませんか?????。お粗末。
忘れていましたが、カメラを2台繋ぐために考えたのが、止めネジのビス部分のみを利用して、ピッタリと平行になるように工夫しました。
写真参照 止めネジ部分のビスと調整のためのワッシャー
d0138130_10495859.jpg

[PR]
d0138130_11454659.jpg
TDCはかっこいいのだが、使い勝手がもう一つ(笑)
前回針穴のステレオというなかなか見づらい写真をアップしましたが、今度はまともに撮影致しました

Gammoさんの発表を平行法だと勘違いしてしまって申し訳ない、今日のはすこぶる立体です

上が平行法3D、下がアナグリフ3D(赤青めがねで見て下さい)

Nikon D70 SIGMA18~50の30mmあたり、ISO設定200
スライダーに乗っけて横移動約20mm
d0138130_1146022.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2010-06-24 11:49 | 写真 | Comments(6)
★★★★★きょうの料理★★★★★

.。o○出来うる限りイキのイイ下記の食材を
  2尾準備します。

d0138130_8441685.jpg


・・・・続く・・・・
To be continued......

Posted by GuGuGammo
[PR]
d0138130_10201065.jpg

d0138130_10202639.jpg
テーマの合体
今月のテーマが針穴写真だったのだが、発表した作品を仕舞う前に来月のテーマ「ステレオ写真」に挑戦することにした、以前はリアリストサイズのステレオカメラで色んなモノを撮影しビュアーで楽しんでいました、しかしリアリストカメラでは大好きなマクロ撮影が出来ない

そこで始めたのがマクロレンズ撮影での横移動、ステレオ写真のお作法ではフレームからこちらに飛び出してくる写真は「お下品」とされている、つまり額縁の後ろでの立体がヨロシイのだが、見るには疲れるがこちらに飛び出してくる方が面白い

で、その上品とされる被写体とレンズ間の関係ですが1/40あたりがヨロシイ、人間の眼の間隔が平均65mmあたり、つまり2m〜3mあたりの距離が一番見やすいと言うことになる
レンズの間隔を被写体の距離の1/40より短くすると画像が飛び出してくる、逆に広げると立体感が希薄になる

つまり花などをアップで撮影しようとすると、40cmの距離だとレンズの間隔が1cmと言うことになり市販のステレオカメラでは撮影出来ないと言うか接写には不向き、さらにマクロ撮影になるとレンズ間隔がミリ単位になるので、カメラをスライダーに載っけてほんの少し横移動

1枚目がかなりお見苦しいですが何とか立体視できました、赤青めがねで見る針穴アナグリフです、カメラを移動させて撮した2枚の写真の右の写真からR(赤)だけ削除し、左のR(赤)だけをコピーし右へペーストする、そして写真のズレを調整すれば出来上がりで、PhotoshopのRGBチャンネルを使えばあっという間に出来上がります、参考のサイトです
http://user.numazu-ct.ac.jp/~tsato/tsato/graphics/anaglyph/process/process_photoshop.html
色々フリーソフトが出回っていますが、MacOSX用のはほとんど出回っておりませんでした

2枚目は写真を2枚並べた並行法の立体写真で、指を一本立てて・・・云々は練習してください
針穴写真の近接でも充分立体になることが判りましたのがボケ過ぎ、天気の良い日の屋外でもう少し鮮明な写真でもう一度トライしてみます

NikonD70 穴の径2.5mmのつもり F186 ISO設定800 シャッター速度20秒

下の写真はニコンのAF MICRO NIKKOR 60mm F2.8 で撮影して作ったアナグリフ、解像度がまるで違いますね、赤青めがねでご覧あれ・・・「来た、来た、来た!」
d0138130_10204124.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2010-06-15 10:32 | 写真 | Comments(6)
6月例会です、
入梅前の良い天気、初夏を思わせる暑い日ながらも湿気も少なく過ごしやすい日でした。
明日から入梅の気配なんて信じられないなぁ。

今月のテーマはピンホール。
デジカメ利用で手軽に出来るので盛り上がりましたねぇ。
このブログでも、既に皆さん発表済み。
制作秘話も出てくるでしょうか。

ミモヤンはブログの盛り上がりで作らにゃならんような気がして来ました。
で、何とかちょっとでも違うものをと、缶発泡酒の底の凹みを利用して
ピンホールの焦点距離を変える二焦点ピンホールレンズに。
穴の大きさ、形に気を使い、投影機を利用して作成。
簡単に向きを変えられるようにマウントは両面テープの粘着力を利用し、
ヤフオクで以前に入手していたフォーサーズマウントのリバースリングでカメラに取り付け。
ワイド?時に光漏れが出るのを58ミリフィルターのリングのみをねじ込んでカバーしています。
ほんとはこのフィルター枠でピンホールを押さえるつもりだったんだけど。
d0138130_2316957.jpg


おもカメ王国3チャンは、紙で出来たカメラに囲まれて登場
d0138130_2317471.jpg

もちろん発表はこれだけにとどまらず
d0138130_23182836.jpg

組み立てキットのピンホールカメラ、海外向けに作られた一枚撮りの組み立て(折りたたみ?)ピンホールカメラ
d0138130_23201453.jpg

などなど、
d0138130_23341923.jpg


キューちゃん、嫁に出した娘と再会。
綺麗にしてあげました
d0138130_23352314.jpg

キューちゃんの自慢の娘達
d0138130_2336990.jpg


白髭サンもピンホール制作に挑戦
d0138130_23371133.jpg

こちらもこのブログで成果を発表済みです。

yueさん、手軽に写せる小型軽量一眼レフを物色中。
めぼしを着けていたリトルニコンことEMは、手持ちのAi以前のレンズを活用できずにちょっとガックリ。
次ぎの候補のミノルタX-7は持病のプリズム腐食あり。
このプリズムの再メッキに挑戦。
でも、危ないから良い子は気軽にまねしないでね。
プリズム再メッキは綺麗に仕上がっていました。

今月司会のGuGuGammoさん
ピンホールの解像度について説明
例えば35ミリで0.3ミリのピンホールなら、35を0.3で割って約100、
最初の頃のデジカメぐらいになるとのこと
d0138130_2344512.jpg

ブログで発表の45ピンホールは作品も出てくる予定です。

天気予報官Y氏
d0138130_23484784.jpg
キャノンのデジタル一眼のマイルストーンD30を発表
販売価格30万程度と手が届くところまで来たカメラ
そのすぐ後の10Dとは比べ物にならないぐらい反応が遅いカメラ。
d0138130_2349731.jpg

後から出てくるものほど劇的に良くなるデジタルの宿命でしょうか。

PUSH-PULLさんはピンホールの穴径を4種類用意
撮り比べてます
d0138130_23505344.jpg

デジタルのおかげでピンホールの夜景撮影も成功
d0138130_23514093.jpg


Kさん、ニコンSを持参
d0138130_23522888.jpg

このカメラ、わかる人も少ないと思いますが、シャッター音が少し甲高い。
手持ちのジャンクのニコンFのチタン幕と交換、それゆえシャッター音がちょいと甲高い?
シャッタードラムの径が少し違ったのは幕の材質によるものでしょうと言う。

N波さん、以前に写真工業のピンホール特集の応募で当たったピンホールを持参
d0138130_23563141.jpg
d0138130_23564281.jpg


N口さん、ホルガピンホール持参
d0138130_23583178.jpg

それと同窓会でロードの不動になったものを譲り受けたらしい。
レンズの曇りが取りきれなかったのが残念
d0138130_00165.jpg


N氏
マイクロフォーサーズでピンホールに挑戦
d0138130_023922.jpg

さらにマイクロフォーサーズのボディキャップレンズ付きを制作
ポケットカメラのレンズを組み込み
このレンズたち以外に優秀な描写力を発揮
d0138130_042583.jpg


jackさん、こちらは極細ドリルを制作してピンホールを作成
d0138130_052336.jpg

マウントは自製、キリンの缶の、キリンのデザインの目に穴を穿つ。
龍の目のホロゴンに習い…、何でしたっけ?JACKさん
d0138130_081581.jpg


A鉄工所社主Aさん、今日も元気ですが発表はいつもの迫力はありませんな
d0138130_094335.jpg


しめはH井さん
ケンコー発売のピンホールレンズと、アンスコ メモ
d0138130_0105246.jpg

カラートカセットを探しているそうです。
それにしても、このアンスコ メモ、木の地肌のものは珍しい。
綺麗なカメラでした
d0138130_0121867.jpg
d0138130_0122974.jpg


さて、来月のテーマはステレオ。
うーん、困った困った(By ミモヤン)


 
[PR]
.。o○ピンホールカメラのお題なんで梅雨に入る直前に作ってみました。
d0138130_14455042.jpg

456PH--->4×5-6枚連射PinHole
。。\(^o^)/
明日は仕事の都合上持参できないので
456PHの勇姿をアップしておきます。
ちなみに計算上は、4×5ならば針穴は
直径0.5mmとなるので簡単です。
GrafmaticFilmHolder装備なんで6連射
できますが、針穴ではねえ。。~('O')~
d0138130_14445623.jpg


Posted by GuGuGammo
[PR]
ミモヤン=グレビッチです

ピンホールは、2焦点レンズに挑戦してみました。
望遠?側です
d0138130_12411229.jpg


ワイド?側です
d0138130_12414776.jpg


ええ、いつもの通り、たいしたことはしていません。
缶発泡酒の底のディンプルを利用しただけでございます。
向きを変えれば焦点距離が替わるだけのこと。
望遠のとき
d0138130_12433394.jpg

ワイドのとき
d0138130_12451954.jpg


大判レンズの凹みボードのイメージで作ってみました。
ミラーの大きさの割りに、フランジが長いフォーサーズならでは?
もっともマイクロフォーサーズならもっと遊べるはずですが。

湾曲した部分にピンホールを空けるので、穴の形に気を使う為に投影機で穴を確認しておりました。
露光時間は1/3 Sec ISO400
穴の大きさが同じなので、焦点距離で明るさが変わりますね。
[PR]
d0138130_942212.jpg

d0138130_944356.jpg
降臨写真
できあがった堂島川の朝日の逆光を見て驚いた、空から虹が注いでいる、こうなってくるともう何が原因かよく解らないのだが、ありがた〜い写真ができあがった

2枚目の順光写真だと何の問題もない、朝の散歩なので一番軽い三脚を持ち出したのはいいが大失敗、シャッターを押すたびにカメラがグラリ、今時のカメラはレリーズは使えずリモコンは行方不明でセルフは面倒ときたもんだ(笑)

Jackさんの指摘があったゴミは、何度かのミラーアップと清掃で何とか除去できたみたい、普通の撮影だと絶対気づかないゴミですね

NikonD70 穴の径は0.2mmのつもり F233 シャッター速度1/2秒 ISO設定200
一眼レフにファインダーを載せると、どこか変!

d0138130_945729.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2010-06-11 09:17 | 写真 | Comments(4)
d0138130_8453248.jpg

d0138130_8454861.jpg

夜のお散歩
三脚とカメラを提げて国道2号線へ、フィルムカメラだと間違いなくキッチリと換算表でシャッター速度を計算するのだが、デジカメだとなんとええ加減なことか(笑)
長時間露光の写真を撮るのは久しぶりで、結果面白い光の滲みと流れが記録されていました

NikonD70 レンズ0.25mmのつもり F186  シャッター速度 30と20sec

デジタル一眼はシャッター速度が秒単位になると、液晶モニターに絵が出てくるのに非常に時間がかかるのを初めて知りました、他のカメラも同じなのかしら?
レンズも付けいないカメラで交差点でボサッと立ってるサンダル履きのオッさんは、かなりの不審者みたい(笑)
[PR]
by tedukuricamera | 2010-06-10 08:55 | 写真 | Comments(10)