<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

先日手に入れた初めてのデジタル一眼レフカメラ・・by yasu
なんだか嬉しくて色々撮ってみたくて仕方が無い。
しかしCCDのゴミが気になって、明日にはフォトショップで修正する仕方をPUSH-PULLさんに教えてもらうつもり。
また、先日自身のブログに書き込んだらブロアでゴミを飛ばしてみたらとのコメントありで、さっきやってみました。

で・・
d0138130_20191510.jpg
私の携帯を50mmマクロで撮ってみた。
落としたキズも鮮明に写ってます。ゴミは?

1/8秒 f3.5開放  勘露出も決まってる?
[PR]
by tedukuricamera | 2010-02-26 20:22 | 写真 | Comments(7)
jackです。やっと現像が上がってきました。今回はリバーサルフィルムのベルビア100Fですので、プリントはしないでスリーブをスキャナで取り込みました。うちのはエプソンのGT-F500というちょっと古い機種です。

実はこのへんが面倒でめったにしないのですが、今回は特に新たに買った中古のα-7だったためボディ内のホコリがひどかったようで、取り込んだ画像のゴミ取りにえらく時間がかかってしまいました。といってもフォトショップでクリックするだけなんですが...

さて、先のデジタル一眼での写りと比べてどうでしょう。確か同じ場所で同じレンズを付け替えて2台で撮ったような気がするのですが、日数がたつと忘れてしまったみたいです。どのレンズで撮ったかさえも怪しい...ちゃんとメモしておけばよかった。α-7は絞り値とシャッタースピードはフィルム7本分まで記憶してくれるので便利なんですが、Exifにはかないません。

*CONTAX プラナー85mmF1.4 + 中間リング (α-7、Velvia100F) 1/60 F5.6
d0138130_1171580.jpg


*CONTAX プラナー85mmF1.4 + 中間リング (α900) 1/100 F5.6
d0138130_1183056.jpg



*ミノルタ AF24-85mm/F3.5-4.5New (α-7、Velvia100F) 1/60 F4.5
d0138130_119142.jpg


*CONTAX S-プラナー60mmF2.8 (α900) 1/100 F5.6
d0138130_11101960.jpg




この間ミノルタの元技術者の方にSRマウントのレンズとカメラをもらったので、次はSRマウントで撮ってみようと思いつつ、貸してくれるとのマキナ67も気になっている私です。

--- 2/25 編集 ---
同じ所をデジタル一眼で撮ったものがありましたので並べてみました。明るさとコントラストは補正していますが色味はいじっていません。
--- 2/26 訂正 ---
3枚目の写真のレンズが間違ってました。
[PR]
by tedukuricamera | 2010-02-25 00:58 | 写真 | Comments(6)
デジタル一眼レフカメラ by yasu
私はいまだこの方デジタルカメラに対して心を開いてはいない(笑

世の趨勢がデジタル一辺倒になろうとも・・
私が日々の糧を得る術をデジタルに頼っているとしても・・

しかしそんな私にしてからがフィルムカメラで撮った写真を広く皆に見せたくて自身のブログを始めてみたりと、デジタル方面を無視しては趣味の領域を広げることも適わなくなってきたのです。
故にコンパクトデジタルカメラを手に入れては使うようになったのですが、さすがにデジタル一眼レフを購入してまで使用しようとは思っていませんでした、ついこの間の手作りカメラ例会が終わるまでは・・d0138130_21275098.jpg

そうなんです。
ついに今日、私の始めてのデジタル一眼レフカメラを手に入れました。

先日の例会後、会長と話していてこのS1プロなら譲るとの言葉、ありがたく頂きました、思いっきり格安で・・(謝

さすがにレンズまではと思っていると、すかさず会長から手作りのMAMIYA-SEKOR 1:3.5 f=100mmをボディキャップ代わりと頂きました。

とここでレンズヘリコイドを良く見ると
d0138130_21375992.jpg
made in ITALYのレクタフレックス!
言わずもがなのNIKONマウントです。

さてさて肝心の写りはと言うと
d0138130_21412126.jpg
本日午後5時20分頃
夕暮れです。適当な写真とはいえませんが、絞り開放・スローシャッターです。本当はミニスカートの女性でも横断歩道を渡ってくれてれば良いのですが信号待ちでのショットです。

今度は日中、このデジタル一眼レフカメラを持って写真を撮りに行きたいと思うのでした。
追記:ちなみに会長曰く、このカメラはAE・AFともに故障しており、私の得意とする感露出オンリー(涙
[PR]
平成22年2月22日 22時22分22秒 
今日の午後10時22分22秒で、2の数字が11個付く記念の日ですね。11年前の11月にも、1の数字が12個付く日がありましたが、この後では年号が変わらない限り、このような数字の付く日は等分ありませんので、あえてブログアップしました。
このほか駅名とか、地名等で、色々と語呂合わせが゜ありますが、考えて見ると面白いものだと実感しました。
d0138130_1257130.jpg

この画像は今人気のある鉄人28号です。
どうやら今日からは、春の兆しが見え初めて、このまま暖かい春の訪れと思っても良いのではありませんか。
でも、まだもう1回程は寒さも戻るのではと思っています。
また、今日22日は何故か「猫の日」らしいですね。
[PR]
by tedukuricamera | 2010-02-22 13:01 | Comments(4)
jackです。日曜は毎週用事があって忙しいので出かけるときはいつも土曜です。今日は天気がよかったのでぷらっと万博記念公園で13日からやっている『梅まつり』へ行ってみました。予定してたわけではなく、駅のポスターで見かけたので衝動的に決定したんですけどね。

梅園はモノレールの駅から入場門をくぐってわりとすぐでした。『つばき祭』もやってたようですが、えらく遠かったのでパス。着いたのが遅くて昼過ぎにはもう曇り空になってしまっていましたけど、せっかくなので夕方まで粘ってみました。

今回はデジタル一眼とフィルム一眼の2台で、レンズはどちらもαマウントなので共用してみました。現像上がりに日数がかかるので、とりあえずデジタル一眼の方だけアップします。例によって全部マウント改造のコンタックスレンズです。

玉垣枝垂
d0138130_0482150.jpg

d0138130_049268.jpg

なんだかしだれ系が好きになってしまったみたいです。

玉牡丹
d0138130_049182.jpg


こちらもまだまだつぼみが多いので、満開はもうしばらく先かと思います。
[PR]
by tedukuricamera | 2010-02-21 00:57 | 写真 | Comments(3)
私が現役戦場カメラマンだったころの愛機・・・・ライカM3。 弾丸の下をくぐり ベトナムの泥の中で泳ぎ 戦火を浴びた御陰でボロボロになってしまった。
d0138130_106926.jpg
てなことを書きたいのですが 本当は後輩からゆずってもらった使い古したカメラで ガタパシャは保存中にボロボロと落ちてしまいました。

ボディーは№899058 で これは1957年に製造されたものらしい・・・・おお その年には私はまだ生まれていないではないか???????

レンズはカナダ製の ズミクロン35ミリF 2。眼鏡附きなのでこのまま35ミリファイッダーに使えます。

しかし本題は上にのっかっているライカメーターです。わが会のオークションで 珍しく高額で声が飛んだのですが 私が大枚2500円で落札しました。他にもブラックのCDSのものが出品されて もっと高額で落札されています。

この値段では当然光を感じません。しかしセレン・メーターなので 工夫すれば復活することが出来るかもしれません。そのノー・ハウを持っておられる方が会員の中に居られるようです。助力を得てトライしてみたいですね。

ブツ撮りはまだまだMPOさんには及びませんが お許しください。
[PR]
d0138130_15222567.jpg

d0138130_15224971.jpgいつもはみーもーさんが丁寧な例会報告を徹夜作業でやってくれているのだが、2月例会はお仕事とかで私PUSH-PULLが臨時編集委員に、写真を撮りながらメモを取るというのはいつもと違って集中力が必要で、少しはメモを取っているのだが名前まではなかなか

おまけにメモが頭文字とか記号とかが多く、書いたときはよく解っているのですが、時間の経過とともに何を意味するか解らなくなると言う問題発生

会員さんの顔は全員覚えているのですが、老人力が付いてきたせいか時々名前を失念する有様、おおらかな気持ちで見てやって下さい

早朝は結構寒かったのですが、写真界会館5階の部屋は日当たりがよく、嘘みたいに暖かく参加者も20名を超えうれしい限り、オブザーバーでMさんと神戸クラカメのK林さんが参加、Mさんはブログを見て興味を持たれたとか、入会を楽しみにしております

恒例交換会はI井商店と会長の出品、どれも格安で楽しくカメラ談義、ちなみに私はPEAKのルーペを入手致しました

d0138130_1523975.jpg
交換会のお次はセレクトさんが毎回出してくれるかめらグッズの競り市、競りはいつもH井さんが手慣れた感じで進めていきます、競りも商品知識がないと出来ません、私なんぞはレンズを見ても何マウントかまるでわからないので競りは無理、いっぱいあったフードなどは1個200円でスタートしたが売れ残った分は3個50円の「もってけどろぼう」状態、今回の目玉はブラックのライカメーターかな

d0138130_15244549.jpg

d0138130_15245953.jpgY尾さんは日本で一番高いとか言われている「エルグ」の雲台を持参、コンパクトですが精密な機構です、ほかにもライカの三脚に箱入りの雲台、マンフレットの三脚はコンパクトながらしっかりしているので、ほかにも同じ三脚をお二人も持ってきておりました、かく言う私もコンパクトなの持って行こうと思っていたぐらですから(笑)

d0138130_1526134.jpg

H本さんは発表無し、続いてのO林さんはカメラならぬiPhoneの使用レポートを、携帯にすれば多機能で高額なのだが、電話とメールに関してはいまいち使い勝手が悪いとか、ネットでその話を書き込みしたらMac好きから非難の書き込みが100以上もあったとか、Macオタク恐るべし

d0138130_15263377.jpg

小さいカメラと3D大好きのN口さんは、ミノックス用の4脚と3脚を発表、小さいながらどれも非常によくできております

d0138130_15265224.jpg
PUSH-PULLは丈夫なZITZOを、高山植物などのマクロ撮影には180度開脚できる3脚が必要で、雲台も重いレンズを付けてもお辞儀しないしっかりした物が必要、この3脚は栂池から黒部、大阪近辺の植物園はすべて持参した強者ですが、3脚はやはり重い
例会で知り合ったミーモー氏のおかげで同じZITZOの横に伸ばせるバーや、カーボンの一脚を超格安で譲って頂きました、出番は余り無いのですが大事に使っております

ここでこられたS川氏は近況報告だけで発表は無し

d0138130_15283058.jpg

Y場氏は、他の会員の方と同じで3脚はほとんど使うことがないとか、持参した物はY尾さんが発表したのと同じマンフレット、彼の三脚と異なる点は何度も使ったおかげで塗装がはげていることを自慢

d0138130_15284878.jpg
Y田氏はこちらも小さい三脚持参、皆さん小さい三脚が多いようで

d0138130_1529333.jpg
I井さんはいつもながらおもしろい物をいっぱい発表してくれるので、いやがおうにも例会は盛り上がります

最初は色々なマウント組み合わせ
d0138130_15301717.jpg


d0138130_15303677.jpg

次が変わり三脚、万力型の挟んで使う三脚とグリップを離したところで固定できる雲台など
右は戦後間無しに米軍向けに作られたと言うカメラスタイルのオイルライター、ビックリするのはレリーズで着火できるのと、バラバラに出来る三脚、小さいが精工に作られています

d0138130_15305118.jpg
最後は昔懐かしの8ミリカメラ、その時代ではとても高価ななカメラでしたが現在は日本ではフィルムも現像も難しくなっております

d0138130_1533588.jpgH井さんは普段見かけることのない雲台を出品、小さいですがみんなきれいにユニクロ?メッキが施されております、小さい物なのでカメラも軽い物でないと使うのは難しそう


d0138130_15344384.jpg
A井さんは今月は発表無し、ここんとこ体調がよくなってきたとかで例会の後の恒例のつぼ八飲み会では元気に飲食されていました


d0138130_15353084.jpgN川さん、こちらもライカの三脚持参、Manfrottoと形は似ていなくもないが足の構造が少し違っております


d0138130_15332772.jpg
N波さん、ZITZOの三脚ですがこちらは非常にコンパクトに出来ております、大きなカメラには不向きかも

d0138130_15363542.jpg発表は無しで、近況報告

d0138130_15372797.jpg

白髭さんは、この4月になんとニコンサロンで写真展を開くことになっています、今から楽しみなのです、発表予定の写真はこれまでの年賀状写真の大伸ばしだとか、町の出力屋さんではA1で5000〜6000円ぐらいかかりますが、ある施設のサービスでは自分で全部操作をしなくてはなりませんが1枚千円ぐらいで出来るとか
三脚の方はブログでも発表されていた、背より高いスリックプロフェショナルを発表、運ぶには大きすぎるのでカレンダーの裏側にプリントして持ってきました

d0138130_1537471.jpg
K田さんは持参の発表無し、代わりに三脚ならぬ二脚を作られて撮影したとか、首尾は上々だったとか、他に今使ってデジカメはライブビューがあるのでピントがばっちりと確認できるので、どの写真もばっちり撮影できるそうです

K本さんは、少々体調不良で発表は無し、いつもの二次会も不参加でした

N島さんは最近見た3D映画のお話、立体映画も四種類ほど映写方法があるらしく、見るなら「アイマックス3D方式」がおすすめとか、もしアバターを見に行くなら日本に四館しかない関西なら109シネマ箕面まで行かれたしとか

d0138130_1539388.jpg

Jackさんはドイツで買ってこられた三脚「BILORA」、コンパクトですが十分背の高さまで伸びます、折角ドイツから持って帰ってきたのに雲台のネジ類にいささか問題有り、もう一つはブログでも発表された手作りバッグ、自分のカメラセット専用に作られたとかで使い心地はよろしいとか、布もネットで防弾チョッキに使う布を買って自分で縫製した、もう一つはY田さんと同じ背の高いスリックプロフェショナル、こちらも写真で発表

d0138130_15393538.jpg

d0138130_15395497.jpg最後が会長、色々な小さな三脚と一度ブログで発表されている自作マウント各種、これさえあればどんなカメラとレンズの組み合わせでできるとか

d0138130_15405744.jpg

上の会場風景ですが、思いの外沢山集まり賑やかに例会を終えることが出来ました、例会の後は各自写真会館の中古カメラやさん巡り、これも例会後の楽しみの一つ
もう一つの楽しみは一部の人間だけですがつぼ八オープンすぐの客になること、今回は総勢八名で襲撃
[PR]
ハッセルブラッド→マミヤ645
明日は手作りカメラクラブの2月例会です。テーマは三脚と雲台ですが、レンズ変換マウントの発表をしますので、ブログにもアップすることにしました。
ハッセルブラッドのレンズをマミヤ645のボデーに付けて撮影できる変換リングです。実はハッセルの中間リングを利用することとしましたが、一番薄いリング「8㎜」「10㎜」が無くて、そのまま組み立てると、インフが来ないことが判明し、色々と考えた結果、凹レンズ「マイナスレンズ」を間に入れることで解決しました。
凹レンズ「マイナスレンズ」は以前眼鏡店の閉店の際に20数枚頂いたものから、度数の違うものを選んでファインダーで覗きながらインフを見てピッタリの度数がありましたので、完成しました。
写真 ①
d0138130_17104952.jpg

写真 ②
d0138130_17122950.jpg

写真 ③
d0138130_1713177.jpg

手作りカメラの製作上で一番の難題は、レンズのフランシ゜バックよりも短いボデーの場合には、間にリングとかワッシャー等を入れることで、簡単にインフが調整できますが、長いボデーの場合時には、苦労することがありますね。でもこの方法で解決出来ますので、参考にして下さい。但しそのレンズの解像力等の保障は出来ませんので、遊びのつもりの手作りカメラの場合に限ることをご理解下さいね。
[PR]
わが大阪手作りカメラクラブの2月の例会が 明日13日開かれます。皆さんこぞって参加してくださいね

今月のテーマは「三脚」。私はこれを題材にしようと思いましたが 非常に重くて大きく とても持って行くことはできません。写真プリントで我慢していただこうと思っていますが 先にアップしておきます。
d0138130_9235458.jpg
三脚は「スリックプロフェショナル Ⅱ」で 雲台は「ヴェルボン PH-270D」。 一時4×5の撮影にのめり込もうとしたときに購入したものです。カメラはご存じ スピグラ・・・・。とても古いもので 社からお古を下げ渡し戴いた時 ジャバラはスダレのように穴だらけでした。テープと塗料でふさぎましたが 分厚いジャバラで蓋が閉まりにくくなってしまいました。

結局双方ともあまり使うことなく眠っています。もうデジカメ時代になりましたから 再び活躍するかどうか???????
[PR]
42年間の年賀状を集めた展覧会用の写真は A3サイズは自分でプリントしたのですが 何枚かは A1サイズぐらいの大判にしたいと思ってあちこち検討したのですが 発注すると3~6000円はするようです。
d0138130_1134226.jpg
ところが大判プリントが出来る EOSON PX-9000 プリンターを利用できるところを教えてもらいましたので 早速行ってきました。A1サイズをプリントしてみたら気持ちよく ジージーいいながら出てきました。一枚15分程度かかります。
d0138130_11345964.jpg
立派なプリントルームにパソコンがあり 動画用編集システムもあります。詳しくは今度の例会で発表します。
d0138130_11355655.jpg
なんと立派なプリントが出来上がりました。しかしよく見るとA3プリントでは目立たなかった写真の画質の悪さがあらわになってきました。私の年賀状は 初期は文字の部分を手書きで書いてミニコピーに複写し 写真の上に二重焼き付けをして作りました。ですから文字と写真のフィルムを別々にスキャンして原稿を作り それをフォトショップで重ねなければなりません。

そのフォトショップ上の作業が難しくて どこかを間違っていたらしく 写真のデータが大変小さくなってしまったのです。仕方なく今また作り直して再プリントしようとしています。

フォトショップや大判プリントに詳しい人には簡単なことでしょうが 未熟な私には大変です。いい写真展になればいいのですが。
[PR]