<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

LINHOF WIDE
来月の大阪手作りカメラクラブの例会テーマが「ワイドレンズ」ですので、急遽作成したのがこのLINHOF WIDEです。
写真はLINHOF WIDE の前面
d0138130_1449231.jpg

以前作成していた、ホースマンコンバーチブル用の交換レンズとしての「アンギュロン65ミリF6.8」「LINHOFシャツター付き」を活用して、マミヤRBのロールホルダー部に取り付けることとしました。
ファインダーは35ミリ交換レンズ用28ミリを使って、画角に合わせ、マミヤRBのホルダー、グラフレックス用のホルダー、ホースマン用のホルダーも全て取り付ける事が出来るようにしました。
写真はLINHOF WIDE の裏面
d0138130_152288.jpg

このRB用のロールホルダー部は6×7判のものですが、6×9判のロールホルダーでも撮影が可能であると判断しました。
特徴としては、レンズ前板のスライド方式を採用している関係から、ホースマンコンバーチブルのレンズも兼用で使用出来ますので、非常に活用範囲が広く、システムカメラとして使えるものであります。
いずれ近いうちにはテスト撮影をしてご覧に入れることとしますが、今まで使ったレンズのうちでも一番切れ味の良いアンギュロンは私の好きなレンズの一つであります。
[PR]
d0138130_825558.jpg
中古カメラフェアー
はがきを持っていたのに初日をすっかり失念、このブログで知る始末(恥)
で、最終日の日曜日の昼前に梅田大丸15階へ、写真を見るとわかるが日曜だと思えないぐらい閑散としている、ひょっとしたらクラカメファンは平日の方が動きやすいのではなかろうか

おかげでゆっくりと見学できましたがどのカメラ結構なお値段であり、デジカメ全盛期にもかかわらずフィルムカメラは不況知らずというか値崩れしていない、でも買っても撮さへんねんやろな〜

初日と違って会員の方の姿は見えず、かろうじてI井さんが上町カメラのケースの向こう側に立っておられました

いつもよりオークションカメラの出品が多くなっていたぐらいでほかは変わっていないような、もちろん私の財布は空っぽだったがカメラを買うという意欲が激減しているのにはびっくり、がらくたコーナーで見たことのないブリキカメラ?が千円であっただが、レンズやシャッター周りが不動で断念

東京のカメラショーもこんなに空いているのかしら?誰かと食事でもと思って出かけたのだがそのまま帰宅、ちゃんと昼ご飯時には家に、我が家は梅田まで乗車時間が約五分、会員の中では最短時間で往復できるのでは

※ノートの方から自分のブログアクセスは問題ないのだが、手作りカメラの方はまた拒否されてしまいデスクトップから書き込み、なんでだろ
[PR]
by tedukuricamera | 2009-10-26 08:42 | 情報 | Comments(4)
d0138130_922658.jpg
チェーンソウアートというものを目の前で始めてみました。高さ1メートル直径30センチぐらいの杉丸太を立てて チェーンソウで彫刻するものです。
我が市の園芸フローラムの催しで 家内が参加しているボランティア団体がバザーに出展するというので引っ張って行かれたら そこの広場で始まったのです。
d0138130_9235531.jpg

私も庭木の剪定用に電動チェーンソウは持っていますが これはエンジンで動くもので 5台を並べていましたが 実際に使ったのは3台位でした。
d0138130_9252935.jpg
なにせ 鋸は勿論 鑿、彫刻刀、ドリル、サンダーなどの役割をチェーンソウだけで果たすわけですから凄いものです。それにしてもよく切れましたね。杉の生木だから柔らかいんでしょうが 固定するわけではなくただ立てているだけで 強力に押し切ることは出来ないのです。ただ チェーンソウの刃先は太いものから細いものまで特注のもので チタン製のようでした。
d0138130_9333021.jpg

なにかの小説で 快慶か運慶が仏像を彫刻しているのを見ている人が 「これは仏像を彫っているのではなくて 木の中にいる仏様を ただ掘り出しているだけだ」と語っているのを読んだことがありますが まさにその感じで 45分位で彫ってしまいました。作品と家内の記念写真です。

キャノンIXYデジタルで
[PR]
d0138130_975499.jpg
 

中古カメラがズラリと並んだウィンドウを前にして 一心にのぞき込むお年寄りたち。あれ どこかで見たことある人が??? その背後には テレビドラマ「お買物」のような 深―い温かいドラマがあるのでしょうか?

昨日(10月22日)から梅田大丸で「クラシック&中古カメラフェア」が始まりました。キャノンカメラの修理に梅田に行く用事があったので 覗くことにして 会長に連絡してお会いし 昼食をご一緒しました。手作りクラブの会員達・・・・H井、A井、N波、さんちゃん、A野、Y尾・・・・さんなどの顔も見えました。

ウィークデーの初日とはいえ やはり人影はまばらで 賑わうところまでは行かなかったようです。とはいえ あちこちで購入する人たちもいたようです。

一階下のレストラン街では 高価なお店が多いのに 打って変わって大変賑わっていました。景気のいい人たちもいるんですね。

カメラフェアは25日まで開いています。
[PR]
d0138130_8552278.jpg
平成21年10月10日10時から。
300回記念例会
大阪手作りカメラも発足以来早くも25年が経過し、大阪写真会館5階の会議室で、300回記念の例会が催されました。

会員の皆さんが朝の早くから???参集し、発足以来始めての全員出席の新記録を達成しました。ここにご挨拶を兼ねた経過報告「会報」を添付して、紹介することとします。

大阪手作りカメラクラブ 300回 記念例会
平成21年10月10日10時 大阪写真会館5階 会議室にて
大阪手作りカメラクラブ
岡 部   毅
大阪手作りカメラクラブは、昭和59年11月に7名の会員により産声を上げました。それから早くも300回「25年」の歳月が流れて、会員数も一時は50名にも達する程の盛況を見せ、会員各位の熱心なカメラに対する情熱と融和により、毎月開かれる例会を楽しみに、趣味の会としての充実な歩みを辿って参りました。
台風一過の爽やかな土曜日、朝から会員の皆様が集まって交換会が開かれ、会場一杯に並べられたカメラやジャンク品がそれぞれの希望される会員に行き渡り、中には掘り出し物を見付けて、ほくそ笑んでいる姿も見られました。
12時にはお弁当とお茶、そして左党にはビールもあり、和気あいあいの中での昼食会となりました。
午後1時からは堀井会員の司会により、今月のテーマである「シャツター」についての発表があり、色々な珍しいシャツターも発表されていました。
この300回記念の例会には、過去に無かった素晴らしい実績が見られたのであります。それは会員の全員が出席するという珍事実???でありました。
 当日の記念写真を同封いたしますので、楽しかった300回記念例会を思い出しながら、大阪手作りカメラクラブの発展と益々の活躍、会員各位のご健康を祈念しご報告と致します。

例会風景の写真はミーモちゃんからのブログで見て頂きます。宜しく。
[PR]
by tedukuricamera | 2009-10-22 08:58 | 情報 | Comments(1)
d0138130_10591598.jpg

以前例会のオークションで抱き合わせで購入したのが キャノンのワインダーでした。その時は知らなかったのですが F -1とAE-1プログラムに使えることが判りました。AE-1は持っていましたが使えません。いずれは使ってみたいなと思っていました。

例会のあとSカメラさんを覗いたらジャンクカメラの中にAE-1プログラムのボディーがありました。珍しく電池が入っていて キュンキュンという音は発しますが シャッターは動いています。大枚1500円で購入しました。

帰りに寄ったNカメラでは ジャンクレンズとして 135ミリF 2.5が735円で売っていたので購入しました。レンズ内部が随分汚れていますが いずれ暇になったら(多分ならないでしょうが)掃除をすればいいだけです。

持って帰ってワインダーに単三電池を詰め ちょっと手こずったのですが ボディーに装着してヤレフィルムを装填したところ 順調に動くではありませんか!!! そのうちボディの電池がなくなったので私流の充電をしたところ回復しました。

キュンキュンという音は変わりませんが ワインダー巻き上げの空シャッターは大変気持ちがいいものです。

もっともまだフィルムを通して撮影してみたことはありません。(たぶんもうないでしょう。)
[PR]
ZEISS N IKON
大阪手作りカメラクラブの300回記念例会において、交換会で購入した「コンタレックスXレイ」のボデーを活用して、思い切った改造カメラを製作することにしました。
このボデーにはマウントとして、Xレイ用のものが付いていたはずでしたが、既に取り去られていましたので、そこに、ニコン用の中間リングと何の物か判明しないリングを合体させて、インフの調整を行い、ニコンF用のレンズが全て使用出来るカメラに改造することに成功しました。

この改造カメラを仕上げるまでに一番苦労をしたところと言えば、中間リングの厚さを約3ミリ程削り取ることでした。旋盤があればいとも簡単に時間も掛からず削ることが出来ますが、既に売却してしまったので、先ず、糸鋸で2.5ミリ程切り取り、その後鑢で時間を掛け、指を怪我しながらの奮闘が続きました。

まあ、手作りですから、この方が仕上がった時の感激がウント深いのだと、自分に言い聞かせて、納得していたところであります。"やせ我慢でしょうね"

10月12日体育の日は朝から雲ひとつ無い絶好の撮影日和となりましたので、大阪城へと撮影に出掛けることになりました。仕上がったカメラのテストと、また健康のための運動を兼ねての撮影行となりました。

大阪府庁の前から大手門をくぐり、つま先上がりの坂道を重いカメラ「年のせいかな???」をぶら下げて、城の周りの風景や、大阪城の勇姿を撮影しながら、裏口に当たる大阪城公園まで歩け歩けの強行軍でした。

ZEISS N IKONの完成写真です。①
d0138130_15533553.jpg

ニッコール20ミリF3.5レンズを付けた写真です②
d0138130_1556239.jpg

Wコムラー24ミリF3.5レンズを付けた写真です。
d0138130_15581342.jpg

テスト写真です。大阪城周辺のもの数枚紹介します。ニッコール20ミリ3.5によるものです。
d0138130_161518.jpg

d0138130_1622660.jpg

d0138130_1625296.jpg

ギャルの写真です。
d0138130_1634881.jpg

城内専用の観覧車です。
d0138130_1651299.jpg

編集後記 超広角によるワイドな写真です。画角93度でーす。
ちなみに、このボデーはフォーカルプレーンの幕に穴が開いていたのですが、この穴を薄いテープを貼り付けて完全に修復しました。""""""おわり"""""""
[PR]
2年ぶりに上陸した台風一過の秋晴れの下、第300回の記念例会が午前十時から開催されました。
朝早い開催に、さて、何人が出てくるかと思いきや、予想外の人数が十時前から集まり
午前中の交換会の準備に精を出します。
記念例会と言う事もあり、会員全員の出席と言う快挙です。
がやがやと、交換会が始まります
d0138130_6908.jpg

d0138130_691988.jpg
d0138130_694478.jpg

交換会で、思い思いにカメラを品定め、普通では考えられないお値段で気に入ったカメラを手に入れました。
交換会もひと段落、記念写真です
d0138130_612863.jpg

記念写真の後は、お昼のお食事会
幹事さんたちの骨折りにより、立派なお弁当に舌鼓
d0138130_614166.jpg

例会発表の始まりです
例会発表に先立ち、オモカメ王国3チャンのカメラ人形のコレクションの一部をご披露いただきました
d0138130_6221279.jpg


d0138130_6223396.jpg


d0138130_6225778.jpg


d0138130_6231666.jpg

d0138130_62423.jpg

司会はH井さん、
例会発表に先立ち、会長キューちゃんの挨拶です
d0138130_6245379.jpg


ここで、申し訳ないのですが
今日は出かける予定がありますので、コメントは後ほど入れさせていただきます。
また、ご覧頂いた会員の方で、コメントを自由に入れていただいてけっこうです
編集から入っていただき、コメント下さいます様お願い致します。

d0138130_6274160.jpg


d0138130_6275784.jpg


d0138130_6281199.jpg


d0138130_6285753.jpg


d0138130_6291922.jpg


d0138130_6293547.jpg


d0138130_6295526.jpg


d0138130_6301386.jpg


d0138130_6303119.jpg


d0138130_6305620.jpg


d0138130_631829.jpg


d0138130_6314260.jpg


d0138130_6315757.jpg


d0138130_6324112.jpg


d0138130_6331413.jpg


d0138130_6333027.jpg


d0138130_6402182.jpg


d0138130_6405684.jpg


d0138130_6411483.jpg


d0138130_6414633.jpg


d0138130_642612.jpg


d0138130_6433169.jpg


d0138130_644392.jpg


d0138130_6441930.jpg


d0138130_6444210.jpg


d0138130_645615.jpg


d0138130_6462257.jpg


d0138130_6463768.jpg


d0138130_6465573.jpg


d0138130_647781.jpg


d0138130_6473298.jpg

[PR]
先月の例会の競りで手元にやってきたカメラです

元箱、英文説明書付
箱には”不動”の文字が。
肝心のカメラも、コニカビッグミニのような、沈胴式のレンズ鏡胴が、わずかに飛び出た状態
見るからに”ジャンク”然としていました。

そんなカメラですが、せっかく手元に来たわけですし、試しに電池を入れてみました。
飛び出していたレンズ鏡胴がへっこみました。
d0138130_12275141.jpg


d0138130_12485012.jpg


レンズがへっこんで、メインスイッチを入れてみると、スタンバイ状態になりました。
せっかくですから、フィルムを1本入れてみました
DNPのISO200の24枚撮りネガフィルム、ナンバシティのキタムラで1本99円で買ったものです

フィルムを装填すると、巻き上げましたので、そのまま写してみることにしました。
一部、コマが重なって写っているところがありましたが、巻き上げはおおむね良好だったようです
d0138130_1231697.jpg

岸和田は祭り前です

暗いところでは自動的にフラッシュが光ってしまいます
フラッシュモードであろうスイッチを押し込んで見ましたが変化はありません。

d0138130_12332021.jpg

朝の通勤時、やまひらさんのお住まいのお近くで、朝の景色を撮ってみました
露出補正をどうすればよいか判りませんので、そのまま撮ったものです
フードなんて装着できないカメラですが、太陽が入る状況で、意地悪な写し方です
レンズは、MINOXAR-T F3.5 34ミリ

d0138130_12425833.jpg

あまりすっきりとした写りとは言いづらいカットもありました。
ミノックスのイメージにしては…

以上、不動のカメラが、動いていましたと、ご報告させていただきます。

いよいよ、明日は記念例会ですね!

会員限定交換会、会員親睦の昼食会、楽しみですね!

ミモヤン=グレビッチ
[PR]
by tedukuricamera | 2009-10-09 12:45 | Comments(4)
レチナとオリンパスの合体
それは、10月の始めの金曜日のことでした。鈴木特殊カメラでフト見つけたのが、オリンパス製の顕微鏡カメラで、購入と同時に社長にお願いして、ボデーから前の顕微鏡撮影装置を全て取り外してもらいました。

さて、このボデーを活用してコンパクトでスタイルの良い、撮影のしやすいカメラを作ろうと、その晩には頭の中に設計図を描きました。以前から所持しているシャツターとヘリコイドが付いたコダックレチナ1型のレンズ
クスナー50ミリ3.5がありましたので、翌朝には朝食を済ましてから直ぐに製作に取り掛かりました。

ボデーに厚さ2ミリのアクリル板を2枚合わせて、インフを測りますと、ナントピッタリと合致することが判明し、
ライカマウントの材料を色々と物色して完成し、ファインダーにライツの50ミリ用を取り付けて見ると、ボデーのブラックとレンズ部のブラックが程よくマッチして、久し振りにコンパクトな素晴らしいカメラが出来ました。

完成した手作りコンパクトカメラの写真
d0138130_15244475.jpg

このカメラで撮影した中ノ島公園の写真です。
d0138130_1526498.jpg

中ノ島公園の薔薇園の写真です。
d0138130_1527884.jpg

薔薇の写真です。
d0138130_15281582.jpg

もう一枚薔薇です。
d0138130_15284774.jpg

大きな魚の写真です。
d0138130_15294910.jpg

この完成したコンパクトカメラを手にして、10月4日の日曜日に、中ノ島公園に出掛けて撮影しましたが、
ボデーは別として、コダックレチナ1型のクスナーレンズがこんなに素晴らしい描写をするとは思っても見ませんでした。
撮影データ 手作りコンパクトカメラ フジカラーISO100 絞りF11とF16 シャツター100分の1秒
[PR]