<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

撮影して見ました。素晴らしいですね。
快晴の日曜日、堺市長の選挙投票のため、自転車で近くの小学校に行きましたので、その帰りに近辺を散策しながら、昨日作成した「XRリケノン28㎜3.5のライカマウント」をニッカのボデーに取り付けて、ライツ28㎜ファインダーにより、目測のパンスフォーカスで撮影をし、今日カメラのナニワでCD仕上げを10時に依頼し、12時に受け取りました。

流石人気のレンズとあって、画角73度の広角撮影がシャープで色合いも良く素晴らしい出来となりました。
私の家の直ぐ隣は「大阪刑務所」があり、高い塀で囲まれた別世界があります。しかし、中の様子は見られませんが、塀の外からの撮影は出来ますので、中にいる人を想像しながらシャツターを切り続けました。

大阪刑務所の塀の写真です。
d0138130_1551694.jpg

刑務所の周りの芸術作品です。
d0138130_1565852.jpg

私の家と百日紅「さるすべり」の木です。
d0138130_158676.jpg

堺市駅前の超高層住宅です。
d0138130_1591197.jpg

以上のように撮影が出来ましたので、報告いたします。
データは全写真共に、フジカラーISO100 絞り f11 シャツター 100分の1秒 CD仕上げでした。
[PR]
by tedukuricamera | 2009-09-28 15:12 | 写真 | Comments(3)
ペンタックス28㎜パンケーキレンズ
ライカマウントの交換レンズの中でも高価な28㎜レンズを作ることにしました。
レンズはアサヒペンタックスKマウントの28㎜パンケーキレンズを利用して、作りました。少しむづかしいところがありましたが、先ずKマウントの中間リングのボデー側のマウントをビス5本により取り外しました。

そこにペンタックスSマウントのBリングを厚さ1ミリ程の金属板を円形に切り、中央にまた円形の穴を開けてレンズを付けてインフを見ると、ピッタリでしたから、2液混合の接着剤で固定しました。

このレンズをニッカ3Fのボデーに付けて、ファインダーはライツ用の28㎜を利用し、レンズフードはニコン用を使って、パンフォーカスでの撮影をすることにしました。

上から見た写真
d0138130_1040212.jpg

正面から見た写真
d0138130_1040493.jpg

斜めから見た写真
d0138130_10412052.jpg

以上作成したものを紹介しましたが、デジダルカメラと違って直ぐにその場で確認できませんので、明日にでもカメラのナニワで現像とCD処理を依頼することになります。出来たらまた報告します。
[PR]
ベビーパールの撮影写真
ベビーパールの写真
d0138130_14494743.jpg

先日アップしましたベビーパールで撮影した写真が出来上がってきましたので、ここに紹介することとします。
このベビーパールは1934年 昭和9年に発売されたカメラです。このカメラを入手したための苦労話を一席
申し上げます。
先ず最初に点検をしたところ、前玉回転式の距離スケールが全く合っていないので、ビスを緩めて調整することにしましたが、ビス穴が0.2ミリ程で、所持しているドライバーでは役に立ちません。

良く言われますが、大は小を兼ねるでしょうが、この小さなビス穴には0.5ミリのドライバーは何の役にも立ちません。そこで、シャツター毎取り外して間に1枚の鉄製ワッシャーを入れると、ピッタリインフが合いました。
これは俗に言う奥ピンだったのです。

次に撮影するためのフイルムを探すことになりましたが、インターネットのホームページで各カメラ店を検索して、やっとカラーフイルムは梅田の八百富カメラで購入、モノクロフイルムは京都のメディアジョイで購入して
先ず1本目を大阪駅から帰りの快速電車に乗り、車内を撮影、次に堺市駅を降りて、いすみやのあるビルを撮影しました。

車内の写真
d0138130_1571489.jpg

駅前のビルの写真
d0138130_1582011.jpg


いゃー。この写真をブログにアップしたいばかりに、撮影後カメラのナニワに現像を依頼して、ナント中3日の
出来上がりを待ち、次にプリントを依頼することになりましたが、これが又ナント出来上がるまでに7日間も掛かりました。

35ミリフイルムであれば、ナニワでも約3時間もあれば出来上がる時代に、こんなに時間の掛かるものかと「イラチ」「せっかち」の私では到底我慢の限界をオーバーしていたのでした。

時の流れとはいえ、こんなに不自由な思いで撮影するのはもうゴメンだと痛感したところであります。
[PR]
d0138130_845947.jpg

他チームのファンが圧倒的に多い会の仲間の中で 小さくなっている私ですが この際は 小さい声で「バンザアアアアアアアイ!!!!!」といわせて下さいね。
[PR]
d0138130_15343579.jpg
クラシックカメラ
白髭さんの書き込みを思い出し再放送のNHKドラマ「お買い物〜老夫婦の東京珍道中」を見ました、なかなか良くできたドラマで秀逸、わざわざ東京まで栃木?から世界の中古カメラ市を見に出てくるとは泣かせます

欲しかったカメラを見つけたが値段が高くなかなか買えない、なけなしの金を使って買ったカメラが写真のコンタックス2aゾナー付き、ストラップに視度補正レンズに虫眼鏡までつけて貰らい、二千円負けて貰って八万円なり、買う前に「昔はこのカメラ一台で家が買えたから安いだろう」と奥さんに説明するあたりは泣かせます

老夫婦を演じる久米明と渡辺美佐子が絶品、孫娘役の市川実日子も非常に爽やかでヨロシイ、東京でのドタバタが面白く私もそのうちお江戸にでれば同じようなことになるんやろなあ〜(笑)
中古カメラ屋の口上がたまりませんなあ〜
[PR]
by tedukuricamera | 2009-09-21 15:39 | 情報 | Comments(5)
d0138130_10581358.jpg

幸せな気分になれる素です

先月の例会、二次会の後、すっかりよい気分になった白髭様とミモヤン グレヴィッチ

夜なお人通りの絶えない戎橋筋
うら若き乙女のすらりと伸びた御御足に嘆声を上げ
今時夫婦の連れるベビーカーの中の赤子に”かわいいのぉ”と目じりを下げつつ、難波を目指す

と、白髭様、これをあなたに、あなたのお嬢さんたちにプレゼントしましょう、
幸せな気分になること、間違いなし

と、頂いたのが写真の一品
どうです、甘い香りのほの立つ美味しそうな。。。。。。石鹸でしょ!

戎橋商店街の中のディズニーショップや、サンリオショップに並んで建つこのショップ
甘く色とりどりの石鹸がたくさん並び、年頃の女性がたくさん品定めをしています
その中に おやじが二人…

家に帰って、娘にプレゼントすると大喜び、さっそく愛用しています

蜜蝋が練りこまれているそうで、お湯がかかっているとすぐに溶け出すようで、
ある夜、その溶け出した液をタオルに掬い取り体を洗ってみました

甘い蜜の香りで滑らかな泡立ち、
まるで”プリン”のお風呂に浸っている様な”幸せな気分”

若い女性へのプレゼントに最適なようですよ!

白髭様、有難うございました

ミモヤン グレビッチ
[PR]
by tedukuricamera | 2009-09-21 11:28 | Comments(2)
秋晴れの土曜日 大阪城でF1レッドブルのデモ走行が西日本で初開催された。
主催者公表2万人の観衆で埋まる大阪城にて14時30分から15分程公道で爆走した。
ドライバーは去年まで現役だったD.クルサード。優勝13回、通算535ポイントは史上4位の名手である。
柵で仕切られた路上に陣取る目の前5mを200キロ(推定)で爆音とタイヤの焼けた匂いを残し駆けぬける。
想像以上の大迫力である。連写で50ショットほど撮ったが満足できるのは殆んどなし、その中から
d0138130_19312866.jpg

d0138130_19323895.jpg

至近距離での動体撮影は本当に難しい。
10月の例会は久しぶりに出席できそうです。
[PR]
by tedukuricamera | 2009-09-19 19:35 | 写真 | Comments(11)
d0138130_14171347.jpg
クラシックカメラ
お茶の時間なのでTVをつけたら偶然にも公園の犬仲間に教えられたNHKの「美の壺」の再放送、教えられたというのは私のカメラ好きを知っていてテーマが「カメラ」

ご覧になられた方も多いと思うが、なかなか分かり易く作られた番組で35ミリ生みの親のバルナックから、工業デザイナーだったレイモンド・ローウィまでクラシックカメラの歴史が語られていく

ここで言うクラシックカメラとは60年代あたりまでの機械式カメラのこと、今デジカメ全盛期の時代にも脈々とクラシックカメラが生き続けているのが面白い

コメントとしてご存じチョートクさんを筆頭に、修理の早田さん、レンズ研磨の山崎さんクラカメ会長の高島さん達のうんちくのある話が面白い、レンズの特製の話で出てきたのがやっぱり木村伊兵衛の逸話など、知っている話でも本で見たり聞いたりするより生の映像はなかなかヨロシイものです
[PR]
by tedukuricamera | 2009-09-18 14:19 | 情報 | Comments(3)
.。o○「子供の科学」は、このところずっと颱風の眼なんですけど、近々登場するのはなんと二眼レフですね。。\(^o^)/
面白そう。。

http://d.hatena.ne.jp/otonanokagaku/20090802/p1
[PR]
こないだの例会にて、オモカメ王国国王3ちゃん様より、お子さんに!と箱いっぱいのトレーディングカードをお分けいただきました。
例会でも皆さんご覧になられたと思いますが、流石に海の向こうのベースボールともなりますと
”しらんわー”といった選手ばかり。
つぶさに見ますと、カードのほとんどが、マイナーリーグに所属している選手たちのカード
日本で言うと、2軍の選手たち、フレッシュオールスターを見て、はじめて見たなぁというイメージになりますか。
そんな選手たちまでカードになるなんて、アメリカの底知れぬ大きさを見るような気がします。
それでも中には、面白いカードもちらほら見かけます
これ、誰だか解ります?
まぁ、名前書いてますけれど
d0138130_20231477.jpg
d0138130_20232294.jpg

現在、ヤクルト スワローズに在籍する、選手ですよ

それでは、こちらは誰でしょう
d0138130_2027194.jpg

この顔、懐かしいでしょう、
それぞれ、マイナーリーグでがんばっていた頃なんですね
こうやって見ると、日本でパットしてもしなくても、
それなりに注目されていた選手たちだったんですね
いったいぜんたい、スカウトはどこ見てるんだ!なんて、怒っちゃったりしますけどね。

最初の2枚は、ヤクルトスワローズの外野手、アーロン ガイエル
3枚目は、パッとはしませんでしたが、タイガースの優勝に貢献した
シェーン スペンサー外野手
スペンサーは打点王に輝いていたようですね、マイナーリーグでですけれど。

最後にこちらは…
d0138130_20332260.jpg

球聖と言われた、タイ カッブです

子供の頃にプロ野球カードや、仮面ライダーカードを集めていたことを思い出します
それらのカードは、縦位置写真が多かったような。

ミモヤン グレビッチの写した写真に、縦位置写真が多いのは、その影響かもしれませんね
[PR]
by tedukuricamera | 2009-09-16 20:41 | Comments(3)