<   2009年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

堺 白鷺公園の花しょうぶ
5月30日の土曜日午後から家の近くの「白鷺公園」に花しょうぶの撮影に出掛けました。午前中は大阪写真会館に出勤して、午後12時30分には地下鉄堺筋線で天下茶屋まで行き、南海高野線に乗り換えて、白鷺駅に着きました。

初めての白鷺公園でしたので、駅員に問い合わせて、その通りに歩き出したのですが、行けどもゆけども公園らしきところがありません。あるのは白鷺団地の家々ばかり。人に聞きたいのですが、誰も通り掛りませんでしたので、団地のベランダで洗濯物を取り入れている主婦に聞きましたところ、まるで方角が違っているとのことで、教えてもらいましたが、ナント逆の方向に歩いていたのでした。'''騙されたと思ったが後の祭り'''

ぐるっと大回りした感じでしたが、道行く人に逢うたびに問いながらどうにかして「白鷺公園」まで辿りついたのでした。暫くすると一天俄かに真っ黒な雲に覆われて、今にも大雨が降りそうになってきました。

昨日買ったばかりの「夏物のブレザー」新調の服を雨に濡らしては大変と辺りを探しましたが、雨宿りをするようなところは全くなくて、大きな雨にならないよう祈りながらの撮影となりました。

しかし、雨上がりの花しょうぶが一番綺麗だとのことでしたので、少しの雨でも我慢しながら公園を回りながら撮影をしました。

お陰さまで大した雨にも逢わずに、約40枚程の写真が撮影できましたので、ここにご報告することと致します。

花しょうぶの写真と白鷺の写真を数枚アップしますから見て下さいね。

d0138130_17412485.jpg

d0138130_17414768.jpg

d0138130_1742730.jpg

d0138130_17423034.jpg

d0138130_1743133.jpg

d0138130_17433868.jpg

d0138130_1744171.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2009-05-30 17:44 | 写真 | Comments(4)
大人の科学マガジンのバックナンバー
ステレオピンホールカメラ
最初に作成したピンホール現像セットのカメラが面白かったので、インターネットで検索して、Vol.14のバックナンバーを取り寄せて見ることにしました。
大人の科学マガジンの表紙です。
d0138130_15524035.jpg

まだ作成はしていませんが、そのうちに完成してご披露することに致します。今度はちょっと複雑ですね。
[PR]
以前に、白髭様のすばらしいスタジオライティング撮影が紹介されていました

ミモヤン=グレビッチも真似事をしたことがあります

その写真、サービスサイズが出てきました
年賀はがきに使った絵柄です
d0138130_2033073.jpg

サービスサイズプリントのスキャンですから、あまりよろしくないです
また、ホコリもなかなか取り切れませんでした

2400W/sのジェネレータにヘッド3灯を、トップと、サイドに1灯づつ
擬似リングライトにしたかったのですが…

ストリップライトボックスを3個用意できたら、より完璧なんですけど
狭い家だし、お金もないし…

擬似リングライトですから、影がくっきり出てますなぁ

下手な写真ですが、恥も外聞もありませんので載せました。

ヘッドはウッパラッちゃいました、
デジカメなら、蛍光灯で充分なんですもの。…

演出したのですが、長男、言うこと聞かず、目線もらえませんでした(T T)
[PR]
by tedukuricamera | 2009-05-26 20:39 | 写真 | Comments(5)
フジナーレンズ(アサヒフレックスマウント)

会長からのフジナーレンズです
d0138130_1123427.jpg

d0138130_11194517.jpg

M37-M42変換リング、KアダプターでK10Dに装着
d0138130_1122345.jpg

開放で照明器具を
d0138130_11252442.jpg

d0138130_11254155.jpg

f11で窓からの遠景
d0138130_1127223.jpg


操作性が良くこれからも楽しめそうなレンズです。
会長 ありがとうございました。

やまひら
[PR]
by tedukuricamera | 2009-05-24 11:30 | 写真 | Comments(6)
2種のレンズのテスト撮影の結果報告
先日の作成レンズによるテスト撮影の結果が出来ましたので、報告いたします。
富士引き伸ばしレンズ105ミリ4.5のテスト結果 01
d0138130_1332798.jpg

02
d0138130_13334587.jpg

03
d0138130_1334363.jpg

04
d0138130_13351672.jpg

ライツヘクトール135ミリ4.5のテスト撮影の結果 01
d0138130_1336496.jpg

02
d0138130_13411462.jpg

03
d0138130_13463886.jpg

04
d0138130_1347485.jpg

以上4枚づつの写真をテスト撮影しましたが、何れもシャープな写り具合で、納得の出来る結果となりましたので、満足しています。

このうち富士引き伸ばしレンズはやまひらさんに進呈する約束が出来ましたので、残念ながら私の手元から消え去る運命になりました。
[PR]
アサヒフレックスのレンズを作りました
先日、大阪北区の山西会館の中古カメラ交換会で購入した、アサヒフレックスのボデーに付けるためのレンズを2本作りましたので報告します。

最近は中古カメラ店の店頭には、アサヒフレックスのボデーは勿論のこと、専用の交換レンズも見掛けられなくなりましたね。

ところで、ボデーは購入したもののレンズはありませんので、折角のアサヒフレックスも只飾りにしておくのも勿体無いと考え、標準レンズは後から探すこととし、取り敢えずこのカメラで撮影が出来るようにと思い立ちました。しかし、このカメラはレンズマウントがライカLよりも小さくて、ナントM36ミリしかありません。

マウントの径がM42かM39だったら、中間リングを介して色々なレンズが取り付けられますが、大は小を兼ねるの例えどおり、小さいものは工作には苦労します。

先日やまひらさんに進呈したアサヒレフ専用の中間リングを無理を言って返してもらいましたが、どうしたら良いのか思案の連続でした。

3日間程は良いアイデアが浮かばず、あれやこれやとリングを探してはこれも無理あれも無理の連続でした。

最終的に思い浮かべたのが、専用リングの前にライカの中間リングを接着するしか方法が無いことに気付きましたが、どうして接着するかがまた問題になり、半田付けは材料が真鍮とアルミの関係から無理と判断し、
結局は2液混合のエポキシの接着剤使うことにしました。

そして出来上がったのが最初のレンズで、富士引き伸ばし用のフジナー105ミリ4.5をライカマウントの中間リングをつなぎ合せて、回転式のヘリコイドを利用したものです。

富士引き伸ばしレンズ フジナー105ミリ4.5の写真
d0138130_17402046.jpg


次に製作したのが、ライカへクトール135ミリ4.5のビゾ専用レンズです。これも専用リング「長い方」の前に
ライカの中間リングをエポキシ接着剤で固定し完成しました。いやー難しかった、あーしんど(*^_^*)

ヘクトール135のレンズの写真
d0138130_174748.jpg


その他の写真です。
d0138130_1749310.jpg

[PR]
撮影結果の発表
付録のカメラの写真 付属のレンズ
d0138130_15584545.jpg

このカメラで撮影した写真3枚
01
d0138130_16119100.jpg

02
d0138130_162363.jpg

03
d0138130_1624373.jpg


ノバーレンズを付けたカメラの写真
d0138130_16152150.jpg


ノバー45ミリで撮影した写真3枚
01
結論として、やはり付録のレンズは単玉のもので色消しレンズでしょうが、カラーバランスは
まあまあとしても、周辺部のボケは仕方が無いものと思います。流石ノバーレンズは3枚玉
ですが、シャープな描写が見られますね。
d0138130_1652825.jpg

02
d0138130_1654841.jpg

03
d0138130_16677.jpg

[PR]
d0138130_10172395.jpg
初めてのお使い
我がデジタル1眼レフのD70のメディアのアクセスがよろしくない、コンパクトフラッシュを入れるたびに認識したりしなかったり、パソコン接続のカードリーダーの方は問題ないので多分にボディの問題

昨日はお昼からまずは心斎橋のMacへ友人のiBookの修理、こちらの方は時間が掛かったが無事復帰、無料で見て簡単な修復をしてくれるサービスセンターがあるのは非常にありがたい

その次が西天満の企画会社で仕事の打ち合わせ、帰りに梅田の某カメラサービスセンターへ、心斎橋の方は何度か行ったことがあるのだが西梅田のヒルトンプラザウェスト・オフィスタワーは初めてなのだがビルの名前だけで恐れ多い(笑)、まずチャリを止める場所がない、1Fは高級ブランド街でまるでお門違い

背の高いモダンなEVは片面全面ガラス張りでまるでお上りさん気分、平日とあってギャラリーはおっチャン達ばかりで私も含め場違いの感は否めないのだ、なんでこんな入りにくい場所にショールームならともかくサービスセンターを構えたんやろなあ

すぐ近くの観音さんといい、なんだかんだと言いながら思いっきり儲けてるんやろなあ〜、どちらも構えが庶民お断りの匂いがプンプンする、ミナミのナニワでも少々違和感があるぐらいなのに、こちらはもっと強烈なのだ

肝心のカメラの記憶媒体セットのことだが、少し調べて1週間預かりたいとのこと、費用は最大2万強!!!サービスセンターの所場代も高ければ修理代も高いのだ

驚きの余り失禁しそうになったが何とかこらえ、今のところ撮影は出来ているので退却することにした

バカデジの方も環境に恐れをなしたが、通常考えられない思いっきりのボケ写真になってしまった
[PR]
by tedukuricamera | 2009-05-15 10:23 | 写真 | Comments(8)
先日の手作り例会の後、いつものつぼ八から、カメラのナニワさんへ。

ナニワさんのお店の一角に、このカメラがたたずんでいました
江西光学の鳳凰205
d0138130_22384594.jpg

ご覧のように哀れなお姿ですので、簡単に言えば
”安物買いの銭失い”なのですが、シャッターは切れるし、距離計もまとも
以前から興味はあったので、銭失い覚悟で買っちゃいました。

その後、いつもの喫茶店に。
ここで落ち着いてこの日の例会発表の復習や、パトロールの情報交換、戦利品の品定めetc。
こらえきれずにこのカメラをあーでも無いこーでもないと、いじくりたおします
シャッターは切れると言っても、低速はなく、殆ど同じシャッター速度で切れています
その速度は、YASU氏のロードマットのシャッターとの比較で、1/200秒程度であろうと推定
そんなところに、シャッターがジャムってしまいました。

ところが、あら不思議キューちゃんが掌で転がしますと、シャッターのジャムはケロリと直りました。

さて、今日、会社で休み時間に電池を入れ替えましたら、期待していなかったメーターが働く事に気付きました。
レンズの銘盤がしっかりとまっておらず、少しガタついていたので、諦めてたんですけどね、ラッキーでした

このままで、フィルムを1本とりまして、さて、その後、どうなりますやら?
ミモヤン グレビッチ
[PR]
by tedukuricamera | 2009-05-13 23:06 | Comments(4)
山西福祉記念会館の交換会報告
5月10日に大阪市北区神山町の山西福祉記念会館3階大ホールで、第18回クラシックカメラ愛好者交換会が午前11時から開催されました。今回でこの催しも最終回となるため大いに盛り上がりました。

私もレンズや付属品を少し購入しましたが、その中で面白いものを見つけてつい衝動買いをってしまったものがありますので、このブログにアップしてみることにしました。

それは2004年1月10日発行の「大人の科学」Vol03号でした。写真参照
d0138130_934852.jpg


早速家に帰り、この本に付いていた付録のオリジナルのカメラを組み立てて、昨日テスト撮影し、カメラのナニワでCD処理を依頼してありますので、撮影結果は後ほどになりますが、このオリジナルのカメラでは何故か物足りないような気がして、結局は改造カメラの製作に至った次第であります。

先ずレンズ部分を取り外したところに、ライカマウントM→Lリングを取り付けて、レンズとシャツター毎取り替えられるカメラの製作に掛かりました。

レンズはコニレットのコニター50ミリF4.5シャツターB、25、50,100,200のコパルをライカのボデーキャップに固定し、マウントとのフランジバックの調整のため、厚さ15ミリのライカマウント中間リングを介して取り付け、前玉回転によりピント合わせを目測で行います。

ファインダーはオリジナルのを使うつもりでしたが、コニター50ミリの画角に合わないのと見にくいために、少し贅沢な気もしましたが、ライカ用50ミリを使うことにしました。

このレンズには専用の桜のマークが付いたフードがありました。フイルム巻上げについては、自動ストップではなくて、1回転で一齣送れる仕組みになっていて、マークに合わせればO.Kです。でも巻き上げノブが細いために36枚撮りでは指が痛いです。

今日はオリジナルカメラの撮影結果が判明しますが、次にこの改造カメラによるテスト撮影の結果とともに報告することとします。

改造カメラの写真01

d0138130_9322086.jpg


写真02

d0138130_9332574.jpg

[PR]