<   2009年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

キャパについて。 $$$$$ キューちゃん。
会員では、キャパについて色々と研究している人もありますが、こんな記事も参考になるかもね。?????

リチャード・ウィーラン
沢木耕太郎訳
キャパ「その青春・その死」

わたしのホームページのメイン・ページは 「ちょっとピンぼけ」と題している。だから、キャパのことを調べたい方が、時々キーワード検索で迷い込んできて、結果的に、何の得るものもないということで、ご迷惑をお掛けしている。ということで、何か少しでも、お役に立つ情報をということで、掲題の書籍に全面的に基づいて、キャパの生き方を年表形式にまとめてみた。

(2002-5-14作成)


西暦 年齢
1880 父デジェー・フリードマンが貧しいユダヤ商人の息子として、現在のルーマニアに生まれる。
1888 母ユリアンナ・ヘンリエッタ・ベルコヴィッチが、現在のスロヴァキアの東端に生まれる。
1910 父母が結婚。ペストのヴァーロシュハーズ街に婦人注文服のサロンを開業する。

1913 0 10月22日ブダペストのベスト側で生まれる。片方の手に小さな指が一本よぶんについていた。母はこれを「徴」と受け取った。氏名はエンドレ・エルネー・フリードマン。バンディと呼ばれる。
1914 1 (第一次世界大戦勃発)
1915 2
1916 3
1917 4
1918 5 弟コルネール(コーネル・キャパ)誕生。(オーストリア・ハンガリー帝国の崩壊)
1919 6 名門エヴァンゲリウス校に入学。カーロイ政権が倒れ、ハンガリー・ソヴィエト共和国を宣言したが、反動的なルーマニア軍がプダペストを占拠し、白色テロを開始。ユダヤ人もその対象となった。
1920 7
1921 8
1922 9
1923 10 男子校イムレ・マダーチュ・ギムナジウムに入校。
1924 11
1925 12 同じアパートに住む弁護士の娘、三歳年上のエーヴァ・ベシュニェーに関心を持つ。エーヴァはコダック・ブローニーで写真を撮ることに興味を持っており、バンディはその撮影について歩いた。
1926 13
1927 14
1928 15 エーヴァはブダペストの写真家ヨージェフ・ペーチのもとで学びはじめる。
1929 16 エーヴァは新しいローライフレックスを使って、石炭船から荷下ろしする港湾労働者、ブダペストの街中でベンチで横になっている極貧の男女……などを撮影。(10月ニューヨーク株式市場の崩壊)
ギムナジウムの第7学年になって、当時42歳の「ムンカケル」等を主宰するラヨシュ・カッシャークという社会主義的前衛芸術家と知り合い、影響を受ける。
1930 17 不況が進行し、ブダペストでゼネストが行われる。カッシャークも参加。バーンディもデモで負傷する。
1931 18 共産党活動の容疑で逮捕されるが、父親のコネで出獄する。7月12日、わずかな金を持たされ、家族と分かれて、鉄道でウイーンに向かい、数週間後にベルリンに辿り着き、亡命者としての生活を開始する。
ドイツ政治高等専門学校に入学するが、仕送りが無くなり、写真家になることを決意する。亡命活動家のジョルジ・ケペシュから6×6の折畳み式フォクトレンダーを無期限で借用。
1932 19 「その冬の初めはひどいものだった。」同じハンガリー出身のグットマンが経営する写真通信社「デフォト」の暗室係となるのは、31~32年にかけての冬と見られる。夏になると、公園のベンチで寝る生活となる。グットマンはバーンディの素質を見抜き、ライカを貸し与える。
11月にコペンハーゲンで開催されたトロッキーの講演会の演説写真をノーフラッシュのライカで撮り、<デア・ヴェルト・シュピーゲル>が一頁のすべてを使って掲載。
1933 20 ヒトラーが首相となり、ユダヤ人排斥が始まる。2月の国会議事堂の自作放火事件によって共産党を非合法化する。バーンディはウィーンに脱出。6月にブダペストの家族のもとに戻り、ヴェレシュ旅行社のカメラマンとなる。当時の写真は残っていない。9月、活動家チーキとともに、パリに脱出。この頃から、アンドレ・フリードマンと名乗る。借金、居候、万引き等。ポーランド出身の写真家ダヴィッド・シミン(シム)と知り合う。さらにシムの紹介でカルティエ・ブレッソンとも知り合い、仲間付き合いをする。
1934 21 2月に「フーク・ブロック通信社」の臨時雇いとなる。ブタペスト生まれで、すでに一流カメラマンとして活躍していたアンドレ・ケルテスの知遇を得て、仕事を回してもらう。シュタンニッツの「中央通信社」からサントロペ取材の仕事を請け負い、プラウベル・マキナを借りたが、現地で質入れして、さらに仕事もせず。9月モデル探しをして、ゲルダ・ポホリレスに出会い、恋人となる。雑誌<ヴュ>のザール取材のクレジット入り写真でデビューし、好評を得る。
1935 22 金のため、ナチス宣伝雑誌社「ウルシュタイン」の仕事を引き受ける。新品のライカを買い入れて、スペインに向かう。サンセバスチャン、マドリード、セビーリャでの、いくつかの取材写真が売れ、パリに戻る。ゲルダと暮らすようになる。「毎日新聞」のパリ支局の仕事を川添浩史と井上清一を通じて手に入れる。
1936 23 伝説を偽造してロバート・キャパを名乗るようになる。ゲルダも、岡本太郎から借りて、ゲルダ・タローと名乗る。主としてキャパはライカを使い、ゲルダはローライフレックスを使った。7月スペイン市民戦争勃発。9月、コルドバ戦線で「崩れ落ちる兵士」を撮影。9月23日発行の<ヴュ>に掲載され、衝撃を与えるが、後々まで、「やらせ写真」との疑念を持たれる。この後の一連の人民戦線の命がけの取材によって、スタイルを確立し、創刊されたばかりの<ライフ>にも紹介される。
1937 24 ルイ・アラゴンが主幹する<ス・ソワール>を中心に仕事。ゲルダは写真家としての自立を求める。人民軍兵士から「ラ・ペケーニャ・ルビーア」(可愛い赤毛ちゃん)と人気の高かったゲルダは、7月ブルネテの前線で、乗車した車が戦車に衝突され死亡。
1938 25 スペインから戻ったキャパは、1月、船で日中戦争の取材に向かう。漢口、徐州、西安等を移動。9月にパリに戻る。再びスペインに行く。
(写真は1936年発売ノコンタックスⅡ。レンズはゾナー50mm/f1.5に見える。)

1939 26 現代、最高の戦争写真家という評価が定着するが、共産党よりの姿勢のため、ドイツ軍のポーランド侵攻への取材の許可が出ず。撮影すべき戦場がなく、10月ニューヨーク行きの船に乗った。
1940 27 ライフのために、ニューヨーク等で撮影する。ビザが継続できず、ライフはキャパをメキシコ取材に送る。トロッキーの暗殺に遭遇するが、撮影はできなかった。ニューヨークに戻り、永住権を得る。
1941 28 ノルウェーの貨物船でリヴァプールに渡り、ロンドンや、フランス本土空襲を撮影。再びニューヨークに戻る。マーガレット・バーク=ホワイトがロシアから取材写真を送ってきており、キャパもロシアへの取材を希望したがヴィザを取ることができない。
1942 29 アメリカの大戦への参戦と、ハンガリーに対する連合国の宣戦布告によって、キャパは敵性外国人として扱われ、当時所持していたコンタックス2台、ローライフレックス1台、スビグラ1台を警察に取り上げられるが、コネで取り返す。退屈な仕事しかないなか、<コリアーズ>が特派員として雇い、ロンドンに渡る。爆撃機の機首にある、透明な銃座の中にいる射手を撮った印象的な写真は、表紙写真として印刷されたが、偶然にも機密であったノルデン爆撃照準器が写っていたため、すべて廃棄された。
1943 30 新しい恋人ピンキーに出会う。ようやく米軍の認可を得た正式の<コリアーズ>の特派員として、北アフリカ戦線に向かう。エル・ゲタールでパットン軍団と行動を共にする。さらにチェニス、シシリア、イタリア本土の前線を取材。途中で、<コリアーズ>の契約を解除され<ライフ>に鞍替え。
1944 31 「もしよい写真が撮れないとすれば、それは近寄り方が足りないからだ」というモットーに従って、第1歩兵師団第16連体第2大隊E中隊に従軍。オマハ海岸の「イージーレッド」に上陸。Dデイ(6月6日)である。
現像・乾燥のミスによって陸する最中にコンタックスで撮った二本のフィルムの中の72枚の画像のうち、11のカットだけが焼き付け可能だった。バイユー、シェルブール、サン・マロと従軍し、8月パリ開放を撮影。
1945 32 3月、ライン川に落下傘降下。4月、ライプツィヒで、ドイツ兵に狙撃され、ほとんど即死の状態の若い伍長を撮る。床に広がる血溜りが写っている恐怖に満ちた一連の写真を撮った。彼にとってその写真は、「崩れ落ちる兵士」で始まった、10年に及ぶ戦争の時代に終止符を打つものとなった。
イングリッド・バーグマンと恋愛。
1946 33 ハリウッドに出入する。
1947 34 カルティエ・ブレッソン、ジョージ・ロジャー、ダヴィッド・シムらと「マグナム」結成。スタインベックとロシアを取材。
1948 35 5月イスラエル国家樹立を取材。第一次中東戦争を取材。8月ゴルフ・ジュアンでピカソ一家を取材。
1949 36
1950 37 朝鮮戦争勃発。キャパは取材にいかない。
1951 38
1952 39
1953 40
1954 41 4月日本に向かい、三週間に渡り東京、京都、奈良、大阪、神戸、尼崎と足を伸ばし、行った先ではとりわけ子供にレンズを向けた。東京で、ライフからインドシナ取材の仕事を受ける。5月25日午後3時ドアイタンでヴェトミンの地雷を踏む。キャパは仰向けになってまだ息をしていた。左足はほぼ完全に吹き飛ばされ、胸がざっくりえぐれていた。コンタックスは左手に握られていたが、ニコンは爆風によって数フィート飛ばされていた。その日、マグナムのヴェルナー・ビショップもペルーで車の転落事故で死亡した。




--------------------------------------------------------------------------------


【カメラの触感】
[PR]
by tedukuricamera | 2009-04-30 13:21 | 情報 | Comments(3)
d0138130_22154463.jpg

身内の方にキャパに会った人がいてるなんて!!!すごい
なんだか別世界の話が急にリアリティを持ち始めました、ブログがキャパで盛り上がっているようで、皆さんご存じだと思いますが参考に、写真は手持ちの本からです

写真をよく見るとバルナック型のライカの他に、ローライらしき二眼も下げていますね、この時代と言うか撮影場所が我々ではあり得ない場所だけに、カメラはきちっと皮ケースに入っています
[PR]
by tedukuricamera | 2009-04-29 22:23 | 情報 | Comments(2)
d0138130_9112112.jpg

ロバート・キャパについてはいろんな本が出されていますが 昨日新しい本を読了しました。「血とシャンパン・・ロバート・キャパーーその生涯と時代」アレックス・カーショウ著作です。(2004年角川書店)   彼が最高の戦争カメラマンであることは申すまでもありません。

しかし改めて彼は 写真と女と博打と酒 の男だと再確認しました。イングリット・バークマンを初め 世界の美女から道端の売春婦までの総ての女に愛されたのですから 羨ましい男です。

また勝てない博打打ちの浪費家でした。一般的にはものすごくチャランポランの男だったのです。

まあライフを初めとする グラフ・ジャーナリズム全盛の頃の 恵まれたといえば恵まれた時代のカメラマンでした。やりたい放題とも言えます。

また当時としては最高のカメラマンの集まりである「マグナム」も創設しました。

また運の強いカメラマンでした・・・・・40歳までは・・・。

・・・・・・しかし当会としてはカメラの話にならなければいけません。

ベトナムで地雷に触れた時に持っていたのは コンタックスだったのです。ノルマンディー上陸のときもコンタックス。フランス戦線で米軍に摑まった時もコンタックス二台とローライ一台だったのです。

そういえば 二眼レフやアイモを持ったキャパの写真は見ますが コンタックスやライカを持った写真を見ませんね。

戦争取材には複雑で壊れやすいコンタックスよりは ライカの方が似合っていると思うのですが。

キャパと使用カメラについての情報をお持ちの方は 教えてくださいね。

白髭。
[PR]
d0138130_17374754.jpg

公園のフェンスの外
猫餌に関しては色々なところでトラブル多発、犬に関しても同じで公園では強烈なバッシングも存在する
ちょっと吠えただけで怒鳴り散らすおっチャン、市の公園課の犬と猫の排除に近い告知ポスター
自分の子供すら満足に育てられない世にあって、犬猫如きに愛情をと言っても無駄なことかもしれません

そして新しい遊歩道にはゴミ箱すらない

でも犬も猫も被写体としては最高で可愛らしく見ているだけでもほっとします、動物嫌いにはこの感覚は一生味わうことのない和みなのでしょう
[PR]
by tedukuricamera | 2009-04-27 17:45 | 写真 | Comments(3)
ニッコールO21㍉F4.0 ニコンF用ミラーアップレンズをマウントアダプターを自作して、ライカ2Fのボデーに付けて、富士カラー100 24枚撮りで、ナンバから御堂筋を北へ北へと歩きながらテスト撮影をしました。
先ず最初に大阪歌舞伎座を撮影し、途中タイガースで有名な戎橋、通称引っ掛け橋でグリコの看板を撮影、
喫茶「英国屋」で途中休憩をして、次に御堂筋を北へと心斎橋まで゜撮影しました。キューちゃんです。
写真1 大阪歌舞伎座
d0138130_15595151.jpg

写真2 引っ掛け橋のグリコの看板
d0138130_1603674.jpg

写真3 御堂筋での撮影
d0138130_161820.jpg

このレンズは昭和59年に発売になったもので、4郡8枚のミラーアップレンズです。発売当時の価格は
32.000円でしたね。専用のファインダーが無かったので、ライカの21㍉のファインダーで撮影しましたが、
流石明るくて見易いですね。
撮影したレンズとボデーです。でもこのカメラは撮影には使わなくて、ライカ2Fにしました。
d0138130_16134985.jpg

d0138130_16141680.jpg

[PR]
d0138130_15514617.jpg
大失敗
例会で太陽電池とセレンの入れ替えの発表しましたが、今度は動かなくなった露出計に挑戦すべく、またまた百均へお出かけし電卓を2個入手

いかに百円とはいえちゃんと読んでから物は購入すべきである、電圧を調べたく二種類の電卓を買ったら片方はデザインは太陽電池使用風なのだが赤い窓は完全にお飾りでした、反省

早速Made in Germanyの「BEWI」をバラしたのはいいが、なんとマグネットがコイルの板から外れている、どうも接着剤で固定しているようで、再度接着しようとマグネットをセンターに戻そうとするのだがそこは磁石であっちへヒョイこっちへグリ

そうこうしている間に肝心のメーターの極細の針が骨折、これは完全に修復不可能になってしまった、一度瞬間で止めたはずのマグネットも再度フリー状態になってしまった

と言うことで露出計の分解作業は成功しましたが、社会復帰どころか天国へ

マクロ撮影ついでに庭に咲いたたった一輪のバラを撮影いたしました

d0138130_155145.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2009-04-22 15:53 | 情報 | Comments(3)
システムカメラ「ホースマンコンバーチブル」
キューちゃん。
梅田大丸15階の多目的ホールで開催された「中古カメラフェアー」で購入した「ホースマンコンバーチブル」
について報告いたします。
もう大分以前のことになりますが、ホースマン62ミリレンズの優秀さと、システムカメラとして利用価値のある
ホースマンコンバーチブルを撮影に使用し、また、ボデー部分にあたるフレームを活用して、専用のボードにより、スーパーアンギュロン47ミリ5.6のレンズを取り付け、画角90度の超広角撮影を楽しんでいましたが、
時代の流れにより、デジタル一眼レフ「ニコンD70」の購入と同時に売却してしまいました。

その後中判カメラとは少しの間縁切れとなり、もっぱらデジタルカメラに熱中していましたが、やはり、フイルムカメラの魅力は忘れることがありませんでした。

最近のデジカメムードにより、フイルムカメラが以前に比べて格安にて購入できる時代となりましたので、またまたホースマンコンバーチブルが欲しくなり、安くて程度の良いものを探していましたが、先日の梅田大丸の中古カメラフェアーで見つけ、格安で購入することにしました。

このカメラはファインダーが折りたたみ式の接眼部と、レンズボード部の引き出し方式の対物部分の両方に付いていて、素通しの状態で撮影する方式になっています。接眼部の折りたたみ式のファインダーが無いのが多いのですが、このカメラにはちゃんと付いていましたので、ラッキーでした。

システムカメラとしての説明は写真でご覧になれば判明しますが、レンズ部はボードにより交換、フイルムホルダーは、ホースマン用、スピグラ用、その他一枚撮りのホルダーも使用できます。

ホースマンコンバーチブルの写真 正面
d0138130_1717060.jpg

ホースマンコンバーチブルの写真 裏面
d0138130_17163856.jpg

ホースマンコンバーチブルの写真 フレーム部
d0138130_17173551.jpg

ホースマンコンバーチブルの写真 レンズボード部
d0138130_1718281.jpg

以上のようにカメラ全体がバラバラになり、レンズボードの製作により、好きなレンズが使用出来、超広角からまた、標準レンズ、望遠レンズも取り付け可能で、ロールフイルムホルダーも67、68、69、その他645等が
使えますから、目的によりシステムカメラとしての威力が発揮できるのでないかと思います。

以前は、超広角の47ミリでしたが、今度は先ず標準レンズとして、なにか素晴らしいものがあればレンズボードを作成して楽しんで見たいと考えているところであります。
[PR]
d0138130_1154769.jpg
前回の例会でビデオカメラを落札しました。子供が小さいころは 8ミリフィルムカメラで盛んに撮影したものですが ビデオカメラは始めてです。 シャープの液晶ビューカムVL-HL50という 8ミリビデオテープを使う 時代遅れのものです。 現在はこんなでかいものではなく 本当に小さいカメラを 会長が使用していますが私には手が出ませんでした。それが カメラ本体 ビューカムポート AC電源 TVコード テープ二本など全部揃っていてべらぼうに安かったのです。そんなもの買ってどうするの・・・という人もいましたが。
d0138130_1241249.jpg
ただバッテリーバックだけはへたっていて使えませんでしたので ロワジャパンという会社で安く売っていたのを3000円で購入しました。AC電源でコードを引っぱっていれば撮影できますが。
d0138130_1245157.jpg
なんとまあ よく写るのです。大画面TVで見たらなかなかです。なにせ3500円でビデオカメラを楽しめるのですから。今度孫たちがやってきたら これで撮影してやろうと思っています。

会長のように美女を撮影できたら最高なんですが!!!!!

白髭。
[PR]
造幣局の通り抜けに行ってきましたので、先ずは八重桜の綺麗な花をご一見ください。キューちゃん。
d0138130_14475555.jpg

d0138130_14482685.jpg

d0138130_14484430.jpg
d0138130_14491612.jpg

d0138130_14505164.jpg
d0138130_14511466.jpg

d0138130_14521410.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2009-04-16 14:53 | 写真 | Comments(5)
d0138130_7465340.jpg
今回は本当にこの会に似合ったテーマです。我が会が誇る蒐集家の H井さんが所有する エルマノックス・・・エルノスター100ミリF 2・0のレンズ付き・・・カメラをお借りした 我が会が誇るテクニシャン GuGuGammo 氏が最近撮影 現像したネガカラーフィルムを 何も誇るべきものがない 私 白髭がスキャンしてアップしました。
d0138130_7552770.jpg
何しろ16年前製造のフィルムだそうで カブリがひどいのと 露出がわからなかったのでしょうが オーバーのものが多かったので ちょっぴり苦労しました。 
d0138130_757055.jpg
桜のきれいなお寺の境内がきれいに写っています。
d0138130_7583174.jpg
満開の桜も見事です。
d0138130_833272.jpg
この写真はカラーバランスが大きく崩れているようですね。
スキャンしたネガはこの三枚ですが 間違いなくよく写ることは証明されました。

このエルマノックスはカメラ歴史上に輝くものですが カメラ本体の説明や 撮影と現像の苦労話 また被写体については GuGuGammo 氏がコメントで続けていただけると期待しています。

以上 イチローではありませんが 美味しいところだけをアップさせて頂きました。

白髭。
[PR]