カテゴリ:手作りカメラ会報( 114 )

『すんません、忘年会の案内を作りましたが、
カメラ倶楽部のブログにわたくしはよう載せません。
画像を添付しますので、ブログでの告知よろしくお願いします。』

...ということで秀じぃさんからメールが届きましたので代理アップします~ (jack)

d0138130_1931307.jpg



あれ、返信ということは郵送?ここに載せる必要って...
[PR]
第373回 大阪手作りカメラクラブ例会


いよいよ今年も残すところあと2回となった11月14日(土)、今回は会長も出席してpush-pullさんの司会でスタートです。
d0138130_1423984.jpg


まずは議案から、来年度会費の件、来年度会計担当の件、忘年会の件について。

会員数が年々減っておりましたがここへきて新規入会もありましたので来年度は様子見で。このまま減り続けるようなら何らかの対策が必要です。

会計担当はpush-pullさんが2年続きで引き受けていただいてましたが、実はその前の白髭さんは4年やっていたのでした。2016年度はN波さんにやってもらうことになりました。

忘年会は最近の定番、心斎橋テング酒場で12/12(土)の予定です。


続いて会員発表、本日のお題は修理工具やカメラ関連資料など。どんなウンチクが出てくるか?と思いきや本命のK林さんは社員旅行でお休みとのこと...


トップバッターは名古屋から来て下さったB野さん。

名古屋の3D中部フォトフォーラムの会長をされているだけあってもっぱらステレオカメラが中心ですが、ローライコード、ローライフレックスに精通しているとのことで専用ツール各種を持参されました。
d0138130_143032.jpg


二眼レフのレンズを取り外すための長爪タイプのカニ目回し、レリーズレバーを外すための自作ヤットコ、1.5mmの薄い表面ミラーを切断するプロ用ガラス切り、などを解説。

その他ローライ用交換部品、カウンタギヤ各種など。よくギヤが欠けるのでネットで見つけて20枚ほど入手したそうです。

今までにローライフレックス100台、ローライコード300台ほど修理したが、ほとんど売ってしまってもまだ100台ほど残っているとか。3.5FのI型は構造がややこしくシャッターが特殊な形になっているので手を出すのは勧められないそうです。

d0138130_144931.jpg

その他持参したカメラは乾板用のナイルステレオ6×13、ゴーモンステレオ 6×13のロールホルダー改造、コダック2Cのボディを120ロールフィルム用に改造したもの。


H本さん
資料本『カメラの歩み』を持参
d0138130_1451761.jpg


K木さん
レトリックビューのフィルムバックを入手したとか。キャビネとシノゴ両用できるすぐれもので、ただし引き出し用の紐を手作りしたとか。その程度はまだまだ手作りカメラクラブ会員としては足りないので、次回三つ編みにせよと厳しい先輩方。
d0138130_1454082.jpg

その他レトリックビュー用レンズボードはシャッタースピードが動かない謎の一品。
d0138130_1455035.jpg


白髭Y田さん
d0138130_1461216.jpg

工具の作り方の本などあったが重くてやめたそうです。作品として16mmのミノルタGTで撮った昭和51年ごろの心斎橋あたりのスナップなど、スキャンしてA4プリントしたものは十分な描写力がありますね。残念ながら電池が入手できない特殊なもので、フィルムはあるけどもう使えないとか。
d0138130_1462750.jpg


push-pull U田さん
d0138130_146384.jpg


『カメラの歴史』を読んで勉強中。その昔『'93カメラのこだわり読本』でドンケのバッグにハマったことがあり、今日はドンケinドンケinドンケ、孫ガメコケたらみなコケた状態(?)
d0138130_147253.jpg


ドンケのバッグは私も含め愛用者が多いですけど、ゴム入りのショルダーベルトが特徴的です。カメラマンが自分で使いたいものを作ったものの、売れるようになったらすっぱり身を引いたというのは立派です。


そして私 jack ことT井です。

まずは念願の大型二輪免許を手にしてメガスクーターに乗り出したが、油断して早速コケてしまい肋骨を7本も骨折した話。
d0138130_1472066.jpg


本日の持参カメラはオリンパス製顕微鏡カメラPM-6、現在針穴用に改造すべく画策中。
工具はようやく買った本格的なカニ目、丈夫そうだがまだ未使用。
お気に入りは京都ツールのすべり止め付きと、スイスツールの00番マイナス。ドイツ・マール製デジタルノギスは旋盤仕事に欠かせない100分の1表示。先月仕事用に会社で買ったツァイスのステレオ顕微鏡がニューカマー、今後の活躍に期待です。
d0138130_147402.jpg


ケミカル類の紹介として『アーマオールプロテクタント』、加水分解したラバー塗装をアルコールで拭いたうえで塗布すると保護効果があります。J-Bウエルドの『クイック・ウエルド』は金属粉入りの速乾タイプ充填接着剤、タップをたてることもできるのでネジ穴の潰れたモールド部品の補習には持って来いです。


秀じぃ Y田さん

まずは映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』を観てきた話。
d0138130_148653.jpg


オークションで売られていた段ボール箱入りの写真を現像すると素晴らしい写真が出てきたという、没後に世に知られるようになった天才写真家を追ったドキュメントです。
d0138130_1481989.jpg


H井さん
d0138130_1483280.jpg

30年にわたって記録してきたカメラ修理ネタ帳を持参。様々な希少カメラを分解修理した時に苦労したところをメモしたもので、同じカメラでも年代やタイプによって構造が違うなど人によってはお宝モノかも?

持参したカメラ、というか返却されたのはハッセルSW。その昔SWAを2台持っていたがたまたま程度のいい出物があったので入手したとか。2,000台ぐらいしか作られなかったもので、前期型は鏡筒にガタがあり、この後期型のほうが使いやすいそうです。
d0138130_148502.jpg


Y場さんに貸していたがテレンプが劣化しており光線漏れしていたようです、残念!


Y場さん

50肩で左手が上がらないので重いカメラが持てない、と言いながらもハッセルSWを借りて1本は撮った話。私も経験ありますがあれはツライですよね~
d0138130_1491271.jpg


しかし、一度撮ってみたかったというビオゴン38mm(35mm換算21mmぐらい)の、気持いいぐらい真っ直ぐな描写はしびれますねえ。

その他ルサール20mmを付けたライカM3にコンタックス用の21mmファインダーをおごった話。素人改造してあったので格安で買うことができたが見え方はスゴい。たまたま合いそうなフードを見つけて、これも格安で買うことができたとか。フードもファインダーもピッタリでひとり悦に入っているそうです。
d0138130_1493271.jpg


S川さん

出身高校の60周年記念同窓会誌の表紙に自身の写真作品が採用されたそうです。ソフトで加工しているが、イメージに合うものがあったとか。見事な出来栄えです。
d0138130_1494726.jpg



おもカメ国王3ちゃん・I井さん

今日はジャンク品即売にたくさんの品物を持ってきていただいてました。
d0138130_1501299.jpg


逆ネジに気づかずねじ切ってしまった武勇伝、修理する人はほぼ全員経験済みか?その他工具としてレンズ回しセットを持参


N波さん

今日は譲渡用に持ってきた大きなカメラバッグ以外の持参はなし、しかし相手が欠席?
I井商店即売会でミランダ用のレリーズボタン、変換リングを発見したのが本日の収穫。
d0138130_1503476.jpg


以前、ニコンの顕微鏡用カメラを乾電池8本12V仕様でスリットカメラを作ったことがあったが、最近それで山陽新幹線のエヴァンゲリオンカラーを撮ったとか。


会長キューちゃん

ライカIIIf キヤノン28/2.8付きを持参。
d0138130_1504870.jpg


以上、レポート&写真はjackでした。多忙につき大変遅くなりどうも申し訳ない。

d0138130_9304830.jpg

例会の後は恒例の飲み会、今回は忘年会の話もあったので白木屋へ、珍しく8人も参加で大盛り上がり、まあ皆さん凄いピッチで飲みまくっております、カメラを向けてもこちらをいたのは一人だけ、写真はPUSH-PULLでした
[PR]
昨日、第372回大阪手作りカメラクラブ例会が総勢14名の参加の下、大阪南船場は写真会館にて盛大に開催されました。
今回はめでたく会長であるキューちゃんと今年2回目となるH山さんも参加と相成り、一同和やかな中で開会の宣言を司会も勤めていただくH山さんから発せられ始まり始まりとなりました。
今回お題は『国産カメラ』銘品・珍品のご披露お願いします。

それではトップはキューちゃんこと、我等が会長どうぞ・・!
d0138130_22154644.jpg
今日、自宅でうとうとしていたら危うく例会に遅れるところで、あわてて家の中の国産カメラを探したけれど見つからない。
ようやくこのコニレットを発掘したがこれは専用フィルムを使用するため今は使えんなぁって、良いんです来年卒寿を迎える会長よりはるかに若いカメラで苦労することなんかありません・・手慰みで充分です。

お次はK林氏
いつもながらの中古カメラ店開店を思わせるおびただしいカメラたち。
d0138130_22243260.jpg
自身初めて自腹で購入した10万を超えるNIKON-SPがこのカメラ遍歴の入り口とか・・
それではSP以外の今回持参のほんの一握りのカメラを列挙すると
岡谷光機ロード・マーシャン(火星人とのネーミング?) 
コルゲンコーワが作ったカロ140レンズ交換式なれど交換レンズは見たこと無い。
コニカⅢM、生きているファインダー(パララックス自動調整)にセレンがファインダーを覆い、使用するときにはトランスフォームする。
マミヤ・エルカ、それほど代わったことの無い露出計連動カメラだが、エルカといったサブネームがはじめてついたカメラが珍しい。
オリンパス35Sは当会H井さんより格安で譲ってもらったが、調べると1955年の5月から10月までのわずかな期間に作られたきわめて少ない貴重なカメラと知って大興奮(笑
最後がアイレス・バイセロイ、タカミネ光学のミネシックスのアイレス向けカメラ等々
いつもながら体力要りますなぁ

Y尾さん
戦前・戦後にNIKONを追うキャノンのカメラレンズを持参
d0138130_15464065.jpg

しかしキャノンの一眼レフのマウントに問題あり。
初代スーパーキャノマチックRから採用のRマウントは取り付け時にハッセルのようにボディ・レンズの巻き上げに注意しなければならず、それを改良してFX/FP/FTで採用したFLマウントは絞り込み測光のみ。
ようやくF-1/Ftb/AE-1/A-1で採用したFDマウントが開放測光に適合したがそれもスピゴットマウントノため装着方法に難を残し改良したため前期・後期がある。
ようやくNIKONのFマウントを凌駕するのは1987年ごろ発売のEOSシリーズのEFマウントの電子マウントでヘリコイドの電気モーター駆動とした事でしょう。


白髭のY田さん
キャノンレンジファインダーカメラとレンズの数々
d0138130_224337100.jpg

仕事で使用してもっとも信頼を置いている7s型は35mmレンズを使用するには最高で、ウラブタ開閉式でライカのM3/M2よりも使い心地は群を抜いている。
他にバルナックタイプからデザインを現代的に変更したⅤ・Ⅵ・Ⅶに発売当時は散々文句を付けられたトリガー巻上げのⅤT型に常用25mmf3.5・35mmf1.5・50mmf1.2・100mmf2.0等々

N波さん
今日は重いのでレンズのみ持参と思ったが・・
d0138130_22491889.jpg

最近フィルムカメラで写真を撮ることは本当に道楽になってしまったことを実感。
フィルムの種類減少に現像時間のかかること・・全く同感です(笑
レンズは28mm・50mm・85mmの3本だがファインダーが当時物ではなく単独でパララックス補正に違いがある。
今回持参レンズで作例写真も持参されてましたが、よく写っている事もさる事ながら写真がウマイ!
見習いたい・・

国産カメラでも造詣の深いH井さん
d0138130_2303443.jpg
今回持参カメラはマーク入りで現存はこれだけという上田BOX(スイート判)掛け落とし式シャッターにトーゴーカメラの前に作成されて大正年間に非常に良く売れたアダムBOXは1枚撮り。
他に木製で単玉レンズで手作りカメラと勘違いしたBOXカメラに学童用のさくらBOX(ベスト判)
これらシートフィルムを使用するBOXカメラの前に乾版や湿版フィルムを使用するカメラがあったが、先週東京写真博物館でその湿版写真のワークショップに参加してきた。
幕末からの写真術でかの島津公の写真もこれにより撮られている。
非常に手間隙がかかり現地で撮ってもらって1枚7,000円と言われたけれど、これは安い!
しかし聞き及ぶにさすがに湿版には手が出せそうにありません・・

オモカメ国王サンちゃん
d0138130_23134910.jpg
コーワキッドはマスク交換で撮影枚数が変わるためウラブタ赤窓は2つあり、明治35年ごろの木製暗箱にダゲレオレプリカ(写真博物館で似たのを売ってるらしいけれどもこれは特製)
また、円カメのピストルは持っているカメラの中でも最高に愛着のある一品でシャッタースピードは手加減でOK(笑
最後はソ連製のちょっと見は全く本物と見分けがつかないライカA型
おそらく本物の部品も使用されてるのだろうとの事。。

push-pull、U田さん
最近友人知人の展覧会続きでその後の飲み会も続き・・
今回古い国産カメラでは他の会員には負けるので比較的新しいカメラを持参
d0138130_2322547.jpg
独立して仕事で必要に迫られ購入し散々ぱら使用したNIKONの801S。良い仕事してますねぇ。
また、最初のデジタル一眼レフのNIKON-D70
それにしてもこの会に入会して一気に古いカメラが増えた。これはケルンのオークションが大いに関係がある(笑
他に兄からもらった古い?ボールペンだが、その替え針の種類の多いこと。いろいろ探したが同じものが無く同じ方式の寸足らずを購入して長さを継ぎ足し何とか使用できるようにしたことなど・・

黒髭のY田さん
中学1年生の時に買ってもらったはじめての一眼レフカメラのアサヒペンタックスSVとこの間当会で購入した島津製作所製顕微鏡カメラのピンホール仕様
d0138130_23302777.jpg
島津のカメラは昨日大急ぎでピンホールとライカスクリューのリングで作成したもの。ピンホールは金の箔板で作成したが、つや消し黒塗料が無く別の塗料でごまかしたらそれがバリとなっていると先ほど指摘された(笑
また、ペンタックスSVは高校生の時に全国のSL写真を撮りまくっていた、貴重な青春の思い出カメラ。
あるときは夢中になり川に落とした事もあったと言う。
大慌てで水にもぐり救出したけれど、フィルムは現像すると変色で使い物にならず残念。
しかし、このカメラは水から引き上げてから水を切り、町のカメラ屋でシリカゲルを大量購入して一緒に保管したら今でも充分使用できる。
本来すぐにさびが出ると思われるが、情熱がさびを食い止めたんでしょう(笑
良かったですね、でも頭はベコベコ・歴戦の勇士の貫禄充分です。

お次は私yasu
d0138130_23404182.jpg

国産カメラの変り種と思い持参したのはK林氏と最近流行のかぶり婚じゃ無いけどかぶってしまった岡谷光機のロード1型
マーシャンと違い鉄の密度高く、小さいくせに重たいカメラ。
他にはいまさらながらはじめて購入したデジタル一眼レフのNIKON-D100
前回AFレンズが無いと言っていたら、心優しい当会会員のY尾さんからこれあげるとコンパクト28ー200ズームを頂き、本当にありがとうございます。
また、push-pullさんには無理言って広角ズームを格安で譲ってもらい本当にありがとうございます。
これで私も現代仕様に変身です(笑

ステレオ大王H本さん
やはりステレオ(笑
d0138130_23484519.jpg

今回ハーフサイズのオリンパスペンのステレオ仕様
見てください、この秀逸のシャッター同調機構
これも手作りとは恐れ入ります。でもハーフなので80コマ×2でマウントするのは大変だとか(笑
まぁ好きこそものの上手なれと言うことわざもあり、常人を凌駕する3Dを今度楽しみにしています。

mimoさん
今回も東京にカメラの仕入れ?!(笑
d0138130_23542330.jpg
いや仕事の出張とは言うものの、それにしちゃお土産が多くないかい?(笑
今回は地元で(笑)手に入れたペトリFTEにロモのもとになるコシナのCX-2とどうしても欲しかったブラックのニコマートEL、オート不良のジャンクで購入するが電池を入れ替えると全く正常、どうも電圧が足りなかっただけのようで・・
そしてこれは東京で仕入れたNIKONのF、FTファインダー付き驚く購入価格は・・ここでは内緒(笑

飛鳥から参加Y原さん
稲刈りの手伝いして急いで参加とはご苦労さん(笑
以前にSカメラで購入したNIKON-F4にF2等機材が増えてNIKON純正カメラバッグを購入
d0138130_064830.jpg

肩掛けではなく背負えるタイプにしてガンガン写真を撮りに今度広島へ友人と行く予定。
若いってすばらしい、会員からもおおきいカメラバッグを今度プレゼントするとのありがたい申し出。
若いうちは何でもトライ&エラーでやってみて、失敗したら修正してもう一度やる!がんばれ!

ではおおとりH山さん
今日は今年2回目の参加とは寂しい限り
しかし今回鈴木光学のプレスパン用レンズであるタクマー75mmf3.5を持参
d0138130_0131440.jpg

いろいろ加工がされており、アサヒフレックス用マウントが取り付けられているがヘリコイドが無いためこれにアダプターとヘリコイドを付けると無限が出ない。
いったいどうして使用していたのか謎だらけ?
とりあえずM37→M42→アダプターK→ヘリコイド(PK用)としてK10で使用したが無限が出ない。
他の会員から固定して複写用に使用していたのでは?等々出るがいまだ分からず・・
ただ、このレンズを購入したことによりミネシックスのことなどいろいろと勉強になったのは確かとの前向きな言葉をいただきました(笑

以上、いつもより時間をオーバーしながら例会は盛況の内に閉会となりました。
後はいつものごとく2次会になだれ込むのでした・・・
d0138130_11353953.jpg

今回会報を担当した私yasuは体調不良で不参加で残念です(笑
[PR]
d0138130_10315413.jpg
371回例会
今月のテーマはカメラの原点でもあるピンホール、つまり針穴写真、レオナルド・ダビンチのころからピンホールカメラの原理はあったわけで、部屋の壁に小さな穴を空け、倒立画像で写し取っておりました

会長は先月に引き続きお休みでした、出席もいつになく少なく10名、今月のレポートは久しぶりのPUSH-PULL、写真は毎度お忙しいJackさん、司会はいつも元気なひでじいさん

d0138130_10324996.jpg
●S川、久しぶりの例会参加、作品発表は無しでピンホール穴を空ける難しさを講釈

d0138130_1033630.jpg
●新入研究員K、ただいま自宅で6畳の部屋二つを使って現像室を施工中、同居人がうるさく深夜作業もままならぬとか、大型の引き延ばし機とかイーゼルとかを買いそろえているそうです、DPEがいつ頃できるか心配ですが楽しみにして待っております

d0138130_10334769.jpg

d0138130_1034246.jpg
●PUSH-PULL、今回は昨年発表したピンホールレンズと新たな作品を持参、今回のメイン発表は390円ショップで買ったスマホ用のレンズ、マクロとワイドと魚眼セットでこの値段

EマウントのNEXのおかげでピンホールレンズが手持ちで撮影が可能に、今回はNEXのボディーキャップに110フィルムカメラのレンズを取り付け、そこにスマホ用のレンズを付けて撮影したお話です、残念ながらカラープリンターが故障してモノクロレーザーで出力したらぼけぼけでございます

d0138130_10345251.jpg

d0138130_10352179.jpg
●おもカメさん、こちらも久しぶりの参加でしたが、楽しみのカメラのカメグッズをたくさん持ってきてくれて大盛り上がり

発表は昔の貴重なピンホールカメラを持参
・紙製の折りたたみ式のキャリングカードカメラ、たたんだ状態では絶対カメラに見えません
・アメリカ製のピンホールカメラのPINZIP126
・カメラらしい形をしているのは手作りの紙製のカメラLOOK、コンタックスもどきのデザインですが非常に良くできております
・自分で組み立てるピンホールカメラ、ここでロシアのプラモデル話で話は横道へ(笑)
・一番でかいのは手作りの大判暗箱、見るからに手作りらしいですがスライド部分は良くできております、どんなレンズが似合うのかしらね
d0138130_1036745.jpg
・四角いおしゃれな箱はNAGAOKAのピンホールカメラ、仕上げも見事で四角いのでカメラらしくないところがおもしろい

d0138130_1036358.jpg

d0138130_10365047.jpg
●元JR運転手、持参したのは江戸から明治にかけての時代の写真立て、1850年頃のダゲレオカメラ写真、まさに写真の黎明期、フィルムそのものが写真で現像されたフィルムがそのままオシャレな額に入っております、近寄ってじっくり見ても驚くほど鮮明に写真が写されております

他にも自分のコレクションカメラの写真、カメラを持ってくるのが億劫になってきたのかな、幕末の湿板写真のお話もあったのですがカメラの歴史に疎い私には旨く説明できないのでカット

d0138130_10372525.jpg
●N波さん、超低価格の1100円で購入したカメラ3台
一つはスーパーイコンタでなんと1934年のカメラ、ちゃんと撮影してプリントを発表、ツァイスのレンズで非常に良く撮れております
他はこれもクラシックなイギリスのエンシネッテ、ぼろぼろのカメラですがおもしろいデザインです
もう一つはツァイスなどが作ったカメラ会社イカ、なんだか笑ってしまいそうな名前ですがデザインは良くできております、メモにボルタと書いていたのですが、24x24のボルタ版のフィルムカメラ?

d0138130_1037549.jpg
●白髭さん、夏場は体調が悪く大変だったとか、白内障の治療にもあたられ大騒ぎだったとか、年とともに皆さんいろいろな病が溢れてきておりますな

発表は新しく買ったEOS MKⅡに手作りのピンホールレンズを取り付け撮影、ASA6400でⅠ/4~4秒、レンズはお手軽にアルミホイルで制作、プリントも遠景・近景・アップ写真、撮影後パソコンでよりクリアーな写真に、横から「ピンホールはぼけているのが魅力」というヤジも入りましたがなんのその

d0138130_10381483.jpg

d0138130_10382991.jpg
●お次はK林さん、ピンホールはありませんでしたが毎回おもしろいカメラを発表してくれるのが楽しみです、今回は
・コダック35RF,1946年のカメラでセルフコッキング
・綺麗なレチナのⅡ型、おもしろいのはこのカメラのファインダー位置がちょうど巻き上げレバー位置、驚く無かれ巻き上げレバーのシャフトに穴を空け前が見えるようにしております、そのために必ずシャフト穴位置で止まる機構に、しかし何でこんな面倒な機構にしたのかはよく分かりません
・こちらもコダック、1940年エクターがついたエクトラ、このカメラは裏蓋が下に開閉するおもしろい機構、さらにマガジンごと裏蓋が外れフイルム交換がすぐにできるのですが、昔のカメラは意外なほどややこしいシステムになっておりますがそれが面白いのですね
・初期のコンパクトカメラのミノルチナ、レンズが少し変わっていて40・1.8、1960年代のカメラです
・一番でかいののはまな板と呼ばれるメントールレフ、正しくはメントール・フォールディング・レフレックスと言うらしい、ぱたぱたと組み立てるシステムが良くできております、調べたらレンズはテッサーの150/4.5でした、フォーカルプレーンシャッターなので音が非常に大きい

d0138130_1039086.jpg
●Jackさん、最近は仕事が非常に忙しく、おかげで会報作成が私に回って参りました、お話は台湾バイクがぶっ壊れ大きいバイクに買い換えるのに限定解除の免許を取るために教習所に通っている
発表はスマホにい入れたドイツ行きの飛行機の機内で撮影したピンホール写真、カメラ自慢はいつも使っているSONYのα7s,次々と新しい機種が出るので困っているとか

d0138130_10392136.jpg
●子連れカメラマンのミーモーさん、カメラを買うにも子供にも監視されているようです、持参は最近買ったコンタックス139Quartz、レンズはプラナーの50/1.7,一時代を築いたフラッグシップカメラですね
彼も連日の出張で岸和田発の夜行バスでお江戸まで何度も往復しております

発表メモに娘さんの悪戯ら描きがあったのですが、絵も書かれている「とるぼたん」も私には意味不明です

d0138130_10394553.jpg
●最後は司会のひでじいさん、ピンホールカメラはやったことがないとか、今回おもカメさんから島津製作所のレントゲンカメラを購入、このボディーを使ってピンホールカメラを作るというので、私が持ち込んだピンホールカメラの本をお貸ししました、良い写真を撮ってください
[PR]
第370回 大阪手作りカメラクラブ例会


さて今回は会長は欠席でしたが、暑い中見学1名を含む総勢12名半の参加者がありました。テーマは「プリント」。割と機材寄りの話題が多いクラブですが、プリント作品作りを楽しんでおられる方もしっかりいらっしゃいます。残念ながら暗室部会は休止中ですが、DPE自動プリント、おうちプリントなんでもありです。

d0138130_22462780.jpg


まずは先月の見学の後で入会を決められたK樹さんの自己紹介とご挨拶として写真とのつながりをお話いただきました。いろいろな失敗を乗り越えて楽しんでらっしゃるとか、V700現像機を購入したはいいが自宅には入りきらなくて奥様激怒とか面白すぎます!...が、写真を撮るのを失念してしまいました。すいません!!


会員発表トップバッターは先月の予告ホームランが期待されるH井さん。60~70年前と思われるKodak 116ロールを発見し、現像できたので紙焼きしてみたという話。中味は...
d0138130_22463777.jpg

d0138130_22464829.jpg

d0138130_22465633.jpg

その他、高校生の時に熊本の田原坂で撮った鉄道写真を最近になって紙焼きしたもの。ミノルタオートコード、ペンタックスSVなどで撮ったもの。ここ半年位はニッコール1.2/50、2.8/35で撮っているとか。
d0138130_2247561.jpg



子連れ狼、M本さん。またまた(?)出張先の埼玉で購入した元箱ありのリコーフレックスVIIを持参。
d0138130_22473143.jpg



H本さん、3D写真展『飛び出しまっせ』に出品したアナグリフのプリントを持参。
d0138130_22473960.jpg

メガネをかける必要があるものの、さすが3Dのクラブ!飛び出し具合が抜群です。
d0138130_22474778.jpg



ひでじぃY田さん。ライカDIIで撮った作品を持参。
d0138130_22475746.jpg

この後このライカのシリアルについてひと悶着?あった様子...
d0138130_22481366.jpg



PUSH-PULLことU田さん。若かりし頃に撮ったというプリントを持参。学生運動が盛んな頃に、後に有名になった人たちと活動していたという話。
d0138130_2248682.jpg



yasuさん、いままで手に入れたカメラやレンズで撮った写真を見ただけで、どれで撮ったか思い出せるという...立派ですねえ~
d0138130_22482158.jpg

カメラはエンサインFullViewを持参。
d0138130_22482769.jpg



お天気予報官Yさん。まずは本日の天気概況から解説。
d0138130_22483433.jpg

ご自身で撮ったものではないのが残念な?東海道五十三次の昭和38-39年ごろの写真集、浪速百景の本、東海道展の本を持参。
d0138130_22484241.jpg



K林さん。プリントはないもののまたまた珍品コレクションを持参。
d0138130_22484956.jpg

キヤノンF1は前期後期各1台ずつ、前期のものはジャンクで部品取りのつもりで買ったが直ってしまったので超お買い得だったという話。その他1956年のエディクサのパチもん、スーパーウエストマットと本家エディクサ。マミヤシックスとフォーカシング機構をパチった?エンサイン・コマンドなど。
d0138130_22485685.jpg

d0138130_22471761.jpg



続いてjackです。フィルムはもっぱらモノクロ自家現像をフラットベッドでスキャンし、家庭用プリントでモノクロ印刷を試行錯誤していたことがありますが、最近はデジタルばかりになりました。レンズ改造しなくてもいいのでマウントアダプタを多用するようになりましたが、いよいよCONTAX Gレンズに手を出してしまい、ここしばらくはプラナー祭りになっています。
d0138130_2249565.jpg

今日はソニーα7sとCONTAX Gの2/45、CONTAX Nの1.4/50、ヤシカCONTAXの1.4/50、ハッセルの2.8/80。を持参。
d0138130_22492451.jpg



白髭さんことY田さん。質より量ということで写真展を開いた時の大判プリントを持参。
d0138130_22494185.jpg

その昔、子どもたちがまた小さかった頃に撮った写真を、同じメンバーで持ったところを撮った、という何とも感動的な写真。素敵です~
d0138130_22494830.jpg



この後は若干7名でしたが心斎橋へ場所を移して二次会へ。もうちょっと遅く出ていたら、ゲリラ豪雨にやられてたかも、ぐらいのタイミングでアーケードに入ることができました。

途中、本日見学で参加していたSさんとH井さんが熱く語りながら歩いてましたが...ノンコートのレンズを使って逆光で撮るのが好きとか、いま一番欲しいのがメイヤー・トリオプラン100mmとか。デコったオリンパスOM-Dが一見女子カメラ風ですが、どっこいこの方ただ者ではない!∑(゚д゚lll)

次回のお題は待ってました的な?ピンホールです。オールドカメラや個性派レンズ・愛な方、見学・ご入会お待ちしております~
d0138130_9531554.jpg


以上、写真記録と本文はjackでお届けしました。今回は「1週間以上経ったら見る気がしない」というお声がありましたので、眠い目こすって頑張っておりますが...無理。簡単でどうもすいません。
[PR]
第369回大阪手作りカメラクラブ例会



本日は暑い中を会長はじめ11名と、見学のK木さんが参加。テーマは『中判・大判、6×6以上のカメラ』でした。


H井さん


いつも大型カメラを持ってきていたし、今日はこの後職場のOB会に出るため手ぶらで来たとのこと。70年前の中古カメラから出てきたフィルム、いつも2分のところ3分で現像してみたらちゃんと像が出て驚きのものが写っていた...とか。

来月のプリントで持ってくるが、何が出てくるかお楽しみ...と言いながらネタバラシしてしまったもののここには書けません(汗)


お天気予報官YことY尾さん


重かったのでとブロニカEC用ストラップ、マミヤRB67用のストラップ、ペンタックス67のグリップとストラップ元箱入り新品を持参。元箱入りで保管してあるという辺りがさすがです。


M本さん


大きいカメラは持っていないのでとヤフオクで落札したシンクロコンパー付きのヴェラを持参。残念ながらキャップはなかったので、別の手持ちを付けたらフードとしては使えるがキャップはできなかった。シャッターを切るとギヤ鳴りするのはこのモデルではよくあるらしい。


YASUさん


ローライフレックスの66と思ったが重かったのでやめたと。代わりに先日イタリアへ行くために3,000円で買ったというニコンF100を持参。よくあるグリップの加水分解を起こしているわけではなく、わざと?ヘッド周りの塗装を剥がしてあったので安かった。AFの精度はイマイチだったのでMFレンズを持っていったが、フィレンツェでは注目の的だったという話を披露。


PUSH-PULLさん


中判は6×6しか持ってないのでとスーパーシックスことスーパーイコンタ532/16を持参。1950年から販売されていたモデルでテッサー8cm F2.8つき。評判通りでとにかくよく写る。ジャバラ式で携帯性に優れ、写りもいいせいかいまだに高値で売買されていますね。国によっては645がイコンタA、6×6がイコンタB、6×9がイコンタC、6.5×11がイコンタDと呼ばれることもあるそうです。日本では645がベビーイコンタ、6×6がイコンタシックスと呼ばれてますね。


N波さん


重いと言いながらもコニオメガのラピッドM90mmつきと180mmの交換レンズを持参。残念ながらまだフィルムを通したことがないとか...


ほかにリコーR1を持参。


パノラマモード時に出てくるマスクを接着剤で固定して24mmフルサイズが使えるようにしてみたが、周辺がケラれてしまう。ちゃんと作例を作ってくるあたり、手づくりカメラ会員の鑑!頭が下がる思いです。


ひでじぃことY田さん


先日格安ツアーでトルコへ行った話を披露。ラマダン時期にかちあって不便になるかと思っていたら、案外ゆるくてそうでもなかったとか...私がマレーシアへ行った時は社食のメニューもスカスカになるしアルコールは飲めないしだったのとえらい違い!

カメラはハッセル500C/Mを持参...したと思ったらその後すぐに階下のカメラ店へ持ち込んで買い取ってもらったそうで。とてもきれいな個体だったのでいい値になったようです...が。


白髭さんことY田さん


6×9版のマミヤプレス ユニバーサルとフィルムバック、ポラバック、ポラ用ファインダーを持参。当時はマミヤスーパー23というもでるがあり、とても使いやすかった。フィルムバックを複数持ち歩いて、すぐに交換して撮ると仕事が早いと空撮パイロットが喜んでくれたとか。


レンズはマミヤセコール75mmF5.6、実はほとんど使ってなくてとてもキレイです。が、あまりに重くてもう使わないのでとやはり階下で売ってしまったのは仕方ないことなのか...


K林さん


毎度のごとく大量のカメラを持参。中でもH井さんから譲ってもらった小西六(六櫻社)の日本海軍仕様のアイデアスプリング、米海軍仕様のマーク付きコダック・メダリストは珍品中の珍品か。このメダリスト、全数軍用に作られたという噂があるもののマーク付きは珍しい。冷蔵庫のように裏蓋が左右どちらからでも開き、取り外すこともできるという機構が面白い逸品。



その他、フランスの6×9判でテルカIII、デュマリア・ラピエール・サジタル95mmf3.5つき。ドイツKWのパテント・エツイ、テッサー105cmf4.5つき。日本のプリンス・ピアレス、ピアレス・アナスチグマット 10.5cmf4.5つきを紹介。


jack

ソニーAマウント用のレンズが壊れたのでサービスへ持ち込んだらレンズ1本買える修理代がかかった話、安物ヘリコイドアダプタを買ったら無限が出なかったので旋盤で削った話を紹介。


中判はペンタックス6×7のステレオセット、と思ったのですが重すぎるしやめて、代わりにハッセル553ELXに70mmマガジン、S-プラナー135mmをつけて持参。70mmフィルムはいっとき実際に撮って現像するところまでやってましたが、引っ越しで道具をしまいこんで以来どこへ行ったやら...


その他ADOX GOLF、コダック・No.3オートグラフィックを持参。コダックはT岡名人が放出したもので、ポストカード判だったものをマスクでブローニー判6×14に改造してあったのですが、スプールのゲタがないので自作して、レンズも無いので代わりにピンホールをつけて撮ることができるようにしてあります。


会長キューちゃん


ジローのダゲレオタイプを持参。と言っても、実物ではなくて日本カメラ博物館のオープン時に手作りカメラ2台を提供したのでいただいたというレプリカ。今では売店で売っているらしいですが、バイテンだけに、というオチがつくあたり本当なのかどうなのか...?


来月のテーマはプリントです。すでにH井さんがホームラン予告(?)をしていますが、何が飛び出しますやら...乞うご期待!

以上、写真と本文はjackがお送りしました。毎度毎度遅れて申し訳ございません...
[PR]
第368回 大阪手作りカメラクラブ例会レポート


jackです。またまた大変遅くなりまして申し訳ございません。いやー忙しくって~
それではお待ちかね、例会レポートの始まり始まり...

今回は会長ほか数名が諸般の事情でお休み、ちょっと少なめの参加でした。お題は「シャッター」ということで毎度のごとく珍品・名品の数々。以下発表順です。



まずはトップバッター、H井さん。初っ端は歴史的シャッター構造の変遷についてのレクチャー。


そして几帳面に整理されたレンズシャッターコレクションの紹介と...


ドイツIcaの最高級クラップカメラ、Bebeの新旧比較。




向かって右はチェコ製で、屏風シャッターを備えたもの。



続いてH本さん。ステレオ用にと入手したCAMBOの4眼レンズを持参。シャッターは1/50と1/100の2速。パスポート写真用のポラロイドボディに使われていたもののようですね。






今日は司会のPUSH-PULLさん。620フィルム使用のBROWNIE-20 JUNIORを持参。発表が1934年、ビューファインダーがクローム枠は1936-38頃の後期型らしいです。


ほかフォクトレンダーのベッサ、『オールドレンズの新しい教科書』、『世界のライカ型カメラ』を持参。ほとんどのモデルが載っているとか。



そしてK林さん。今回も数々の珍品カメラを持参。

まずはKIEV10。これとKIEV15以外に例を見ない、扇型に開く金属膜のロータリーシャッターを備える。近未来的デザインながら独自マウント、絞り優先自動露出、クイックリターンミラーと当時としては最高の技術を結集している。しかし巻き戻しハンドルが底面にあるのに、わざわざリンクで上から回しているという珍品。


そしてニコンF2によく似たLOMO製のALMAS(アルマース) 103。


その他、EXAKTA RTL1000、ニコンのNIKKOREX ZOOM35、FOCA ユニバーサルの初期型、ISO BILUXのプロトタイプなど



続いてお天気予報官Yさん。ライカIII型の最初期ロットのものに短鏡筒エルマー50mm F3.5を持参。距離計が内蔵されたII型がIII型になってスローシャッターがつき、中でもシャッターダイヤルが歴代ライカの中でも最小になっている。


その他ライカ純正雲台の初期型と最後期型、接写用の中間リングにスケールなど。





おもカメ国王三ちゃんことI井さん。いろいろなライカコピーを持参。


金色メッキや黒の空軍仕様など、ここまで堂々とコピーに徹しつつも全く違う雰囲気を醸し出しているところがまた人気の理由か...





お次は白髭さん。先日買ったキヤノンEOS M3にキヤノン50mm F1.2、35mm F1.5、25mm F3.5、フォクトレンダー12mm F5.6を持参。


外付け式の電子ビューファインダーは便利だけれど、すぐに向きが変わってしまうために輪ゴムで留めてあるというのが使い勝手としてはイマイチよくない。



続いてN波さん、EXA 1bを持参。質問があるということで持ってきたそうですが、最初のH井さんの説明にあった屏風シャッターであることがわかり一気に解決。


そしてひでじぃことY田さん。近々トルコへ行かれるとかで、衣装からしてすでにそんな感じ...スーパーネッテル、トリオター3.5/50とブラックコンタックスI型、テッサー2.8/50つきを持参。





続いてY場さん。アルミ膜のフォーカルプレーンシャッター機、キヤノンPを持参。レンズは思い出の35mm F2.8、ライカ型で初めて買ったもので、絞りが粘っていたのを修理したそうです。特別休暇をもらったので近々イタリアへ行くそうですが、カメラは何を持って行こうかとか楽しくも悩ましい毎日をお過ごしのようですね~


そして私、jackです。先月出張&有休でドイツへ行ってきた話、シャッターは現在のメイン機α7Sのサイレントシャッターについて。α7Sの高感度のおかげで真っ暗な教会や友ヶ島要塞跡の弾薬庫でもISO25600だと手持ちで撮れるという話を作例で説明。


大トリはミモパワM本さん。コムラー用のミラーボックスとコムラー300mm F5、タナー5cm F2つきのタナックIV-S、タナー50mm F2.8つきのタナックIIcを持参。コムラー300mmはマウント部を外すとミラーボックス用になるという仕掛けで、一昨日まで出張していた先でダブルレリーズを入手したという話。







二次会は心斎橋の『餃子工房 ちびすけ』さんへ。のっけから若い店員さんの鼻ピアスとか全身タトゥとかに圧倒されっぱなしでしたが、メニューも豊富でなかなか美味しく、みなさんご満悦の様子でした~
d0138130_1093059.jpg



次回の例会は7/11(土)、お題は『6×6以上の中判大判カメラ』ですのでお楽しみに!
[PR]
え~、今回のレポートは会が始まる直前に仰せ付けられましたミモヤンです
会があった日から早くも一週間が過ぎてしまいました、遅ればせながら会報をお届けさせていただきます 写真撮影は白髭が担当しました。

この日はなんと!見学者がはるばる東京からお見えになりました。
この手作りカメラブログの読者だそうで、今月のテーマ”おもしろカメラ”も携えてお越しいただきました。
で、最初の発表はゲストさんから。
d0138130_03910100.jpg

おもちゃのステレオビュワー、透過光と照射光で立体視するビューワーで中国製
ゲストさんはいまはハンザキャノンを中心に興味を持って収集されているそうで、
そのようにまじめにカメラ趣味に取り組まれている方が、会のテーマを確認し、
このような”おもちゃカメラグッズ”を携えて出席いただけるなんて感謝感激です。
d0138130_0393777.jpg

またタイミングが合えばぜひぜひ遊びに来てください!

このブログの読者の皆様、この会にちょびっとでも興味をお持ちの方、どうぞ気安くお越しくださいませ

2人めの発表はH井さん
ミロフレックスを5台お持ちになられました。
ドイツ製のクラップカメラの一眼レフ
d0138130_040361.jpg

名刺判1台と大手札が4台
d0138130_041820.jpg

そのうち1台はナチスが徴用したと言う、革ケースにマークが押されています
d0138130_0412619.jpg

折りたたみ、コンパクトに出来るクラップカメラはボードがたすきで支えられ、蛇腹が固定なのでレンズにヘリコイドがついている。
大正年間から第二次世界大戦直前の1936年ごろまで作られていたそうです
ほとんどがツァイスイコン銘ですが、持参カメラのひとつだけ銘が…あれ、何だったっけ?

名刺判と言いますがドイツアメリカは6*9に対し、イギリスなどでは5.5*7.5や4.5*6.8
手札もドイツアメリカが9*12に対しイギリスが8*10.5など、作られた国でサイズが異なるのが聞いていて楽しいですがミモパワにはちんぷんかんぷん
習うより慣れろということでしょうが、慣れるにもいろいろ壁があります
なんにしろこの会でじかに見て耳学問が出来るのが楽しいところ

つづいてステレオ専科のH本氏
ホルガステレオ 120 3Dを持参
d0138130_0415727.jpg

ご存知トイカメラの雄ホルガ、レンズは60ミリF8、シャッター速度はピント調整可能といいながらどこか甘めの描写、立体視では夢の中の絵ような?
d0138130_0422548.jpg


もと天気予報官Y氏、長堀橋から写真会館までご一緒になりましたが雨の中傘を持たれず
それと言うのも夕刻までには雨は止むとの予想、ピタリと的中
そのY氏、テニスの試合に一眼レフと長玉で撮影に出かけるも首から提げたカメラの重さに帰りの車では疲れが取れず閉口したと。
普段は持参したミラーレスカメラ、オリンパスペン ルミックス ニコン1が軽くて愛用しているとのこと
マウントアダプターでライカレンズを使用する場合、ルミックスでは電気接点なしのアダプターではカメラがまったく反応せず、オリンパスペンでは撮影可能だそうで、家電メーカーとカメラメーカーの姿勢の違いが現れているよう感じるとか
d0138130_0425420.jpg

d0138130_0511717.jpg


N波氏はおもちゃカメラとなると、何度か持ってきているローライフレックスミニチュアデジカメとなるので、今回は迷い込んできた猫を2匹を供に連れてきた。
d0138130_0433133.jpg

が、このうちの1匹が現在動作停止中、どなたかこのバッテリー、どこかにないかご存じないですか?
d0138130_0435235.jpg

ミモヤン=グレビッチはおもしろいカメラとしてごくフツーのコニカS2を持参
え、どこがおもしろいって?
番号がちとおもしろい、といってもボディー番号ではなくレンズ番号が
3813183
上から呼んでも下から読んでも同じ番号
どや、おもろいやろ
d0138130_0442391.jpg

他にペンタックスのスーパータクマー銘の55ミリF2の黄文字のKマウントレンズ
この時代には廉価版レンズとしてSMCペンタックス55ミリF1.8(K)や、SMCペンタックスM50ミリF2なんてレンズもあるのに、わざわざ黄文字でスーパータクマー銘でKマウントって、どういう背景があるのだろう?
それと、リコー ハイカラー35BT 通称ブラッキー
d0138130_0444615.jpg


YASU氏はビスカワイドを持参
d0138130_045615.jpg

16ミリフィルムを使用、
ブローニーからベスト版を切り出して残ったフィルムが16ミリであるにはあるのだが
そうまでして写してもなぁ、と思いつつもおもしろいカメラ
d0138130_0452973.jpg

白髭さん
キャノンから手持ち資産のEFレンズ群が使えるミラーレスが出るまでは買わないと誓っていましたが、EOS M3を購入
ボディは新品、標準ズームは中古品を購入
EFレンズを使用する為のEF-Mマウントアダプターは人気のようで入荷待ち
キャノンサービスセンターで試したところ問題なく使えそうだがAFはかなり遅くなる
d0138130_046569.jpg

久しぶりにやってこられたK原さんは今日は見学のつもり…
d0138130_0472496.jpg

S川さん
d0138130_847713.jpg

あれ?レポート取ってませんでした、
でもいつものようににこやかに、お越しいただきました

K林さん
d0138130_8505953.jpg

キク16の1型、マイクロ版、2型はそこそこあるようだが1型は少ない様子
出してきた時、カメラを落下させ鏡胴がポロリとはずれ、あわてて修理して持ってきました、
パーマ スペシャル(戦前)
パーマ プラス (戦後)
127ベスト版の世にも珍しいグラビティシャッター
カメラを構え方でシャッター速度が変化する
右手を下にいわゆるたて位置にすると最速でシャッターが切れる
フツーに左右の両手を水平に構えると中速でシャッターが切れる
左手を下にしたたて位置で構えると低速シャッターは切れる。
じゃあカメラの転地をひっくり返して構えると   ボカッ
シャッター速度で構図が変わってしまうのかと心配しましたがご心配なく
画面サイズは6*6のスクエアでした。
(嗚呼、昔馬鹿な上司がNewマミヤ6の社外品ポラバックの販促用にポラを写そうと
  造花にカメラを向けて、うーん(構図が決まらない)と横位置からたて位置にカメラを構えなおすおバカな様子を思い出しました)
それにフジカ スーパーシックス
蛇腹のカメラにあまりにも不釣合いな流線型の軍艦部
デザインが変なアレッテⅠD
これまたデザインが不可解に思うアーガス オートロニックなど、
それに大丸のジャンクでペンタックスSPDATEⅡのデートボディ、
内臓時計を稼動するように修理、時計盤をフィルムの背面から写しこむカメラです。
d0138130_8453896.jpg

例会後、送れて傘下のメンバーも合流?
夜の街に繰り出しましたとさ
d0138130_053178.jpg

d0138130_053276.jpg

[PR]
大変長らくお待たせいたしました、先週土曜日4月11日に開催されました第366回大阪手作りカメラクラブ会報をお届けいたします。

当日20数年ぶりに司会をするというS川さん、名司会をよろしくお願いします。
今回写真は白髭のY田さん、レポートは私yasuでお送り致します。

今回、例会に先立って秀じぃこと、黒髭のY田さんよりの紹介で当会初めてといってよいでしょう、10代の会員候補2名がオブザーバー参加です。
d0138130_17293126.jpg
左が今年からアニメーターを目指して芸大進学したT本君、右が今年から日本の屋台骨を背負う決意も新たに企業戦士となったY原君
日本の縮図といえる当会を支えるためにも正会員申込みを待ってます。

それではいよいよ例会スタートです、本日お題のレンズにまつわる薀蓄をよろしくお願いします。

トップバッターは不肖私yasu

今日は先日の花散らしの雨が降るまで栄華を誇った、ソメイヨシノに代表される〔サクラ〕を撮りたくて手に入れた現代フォクトレンダーの目測専用25mmF4レンズとそれに合わせたコンパクトライカ・ライツミノルタCL
d0138130_17372234.jpg
今年は週末が雨で残念ながら出番なし(涙

〇Y尾さん
d0138130_17465665.jpg

今回レンズを選定していたらライツレンズを数本持参
このエルマーは通常よりも短鏡胴でニッケル素材。どうもA型ライカより取り外し旧エルマーを改造した物の様。
さらにズミクロン90mmF2は最終後期型でライツ黄金期のレンズであることが重要。おまけに金属リヤキャップ付き!
d0138130_17463993.jpg
右の近代エルマーも最後期型

〇H本さん
先月例会では名古屋のステレオ写真愛好会会長が参加され、今後も当会に機会があれば参加したいとの意向があると伝言披露。
d0138130_17493313.jpg

さて今回お題のレンズはやはりステレオ
d0138130_1750254.jpg
ルミックス3D用レンズはそのマウント共通のオリンパスで使用するためにはその電気接点を隠す必要ありとの裏技披露。

〇H井さん
レンズだけではありません。
d0138130_1843814.jpg

最近幕を張り替えたアンゴー(明治時代製造)だが箱入りで非常にきれい。
相変わらずの木製BOX蛇腹カメラではあるがこのANGOカメラが有名になったのは、東京駅で時の首相であった浜口雄幸銃撃事件を撮ったカメラであったこと。
d0138130_184546.jpg
それも友人の外務官僚がロシアに大使として赴任する、その記念写真を撮りにたまたま東京駅に来ていた、今で言うフリーカメラマンが撮ったという。
その写真の新聞社売り込み?買取?時の条件が1枚だけではなく今後の写真買取契約を勝ち取るなど現在のフリーランス契約のさきがけとなったとの事。
他にはツァイスの45cmマグナf10・・世界で50本しかないうちの1本(驚 やハンドカメラについている望遠レンズ・テレネガティブレンズであるロスのテレネガティブセッティングNo.1や世に言うワイドレンズのトポゴンやハイペルゴンの基となるレンズなどを紹介。いつもにもまして興味深い(笑

〇秀じぃ事Y田さん
d0138130_18165335.jpg

今回レンズは珍しいロシアはスクリューライカのボディに一眼レフ機構を組み込んだゼニットC用の100mmf6.3望遠レンズ
d0138130_1817466.jpg
マウントはライカスクリューながらフランジが違う。他にはおそらくI井商店で購入したSUN Opt.製90mm、珍しいのはこれがエキザクタマウントであること。さらに金属製キャップにはOCCUPIED JAPANの文字!

〇今回も深~いK林さん
d0138130_18294338.jpg

Y田さんとかぶったけれどゼニットC後塗りにゾナーコピーでゼニットマウントの85mmf1.5
ゼニットの基となったといって良いフェドCは1/1000秒付きでズマールコピーの50mmf2.0付き
オルソメター35mmf4.5はコンタックスマウントビオゴンの廉価版
ジュピター12は35mmビオゴンのデッドコピーとして名高く写りも良い、私も持ってます。
尚且つジュピターには値札もついており、その金額は28ルーブル!!今の価値にしていくら位?分かる人はぜひコメント欄でお願いします。
d0138130_1830283.jpg
他にはパチモンハッセル?キエフ88はハッセル1600Fのコピー、ミール3にミール38B 65mmf3.5って宇宙にでも飛んでいきそう(笑

〇子づれ狼mimopowerM本さん
d0138130_18373461.jpg

久しぶりの登場です。
まず上の娘さんの高校受験合格おめでとう
今回持参はペンタックスS3にぱっと見では気がつかない標準レンズ55mmf1.8
和泉市のハードオフで購入したがその形状からスーパータクマーと思いきやオートタクマー銘。絞り方向の違いで判明し珍しいのはオート・マニュアル絞り切り替えレバーの形状で真ん中がへこんでいる。
d0138130_18374850.jpg
まぁよほどのすきものでもない限り気がつきません(笑
他には仕事で出張した先の草加市郷土資料館で知ったカメラ博物館でペトリV6をもらったとか、これの55mmf1.4レンズが珍しい

〇N波さん
レンズの話は無いけれど、先日神戸の美術展に応募して佳作に入選・・やりますなぁ
d0138130_18505694.jpg

その写真はバスの中から撮った風景写真とのことですから、さしずめ日本のロバートフランク!!
是非拝見したい

〇お次は会長
d0138130_1855290.jpg

昨年のお題目であるレンズシャッターと思い、シャッターを外してバリオ・プロンター・コンパーを持参した。
中でもやはりコンパーシャッターが丈夫で使いやすいとの事。
d0138130_1855118.jpg
次は今年のお題をよろしくお願いします。(笑

〇オモカメさんちゃん、I井さん
d0138130_9381376.jpg

今はマンション住まいだが前の家はカメラが住んでいるとの事(笑
なんてのはどうでもよくて、本日は20数年前にケルンのオークションで落札したキャノンカメラのカットモデルが今はどこにあるのか分からない。
気にはなっていたので先日テレビを見ていると水圧で何でもカッティングする会社があることを知り試しにズミクロンを送ってみたら見事にカット!(試しにズミクロンを送る事がすごい・・)
d0138130_1964282.jpg
で、NIKONもばっさり
他には初期のAFの記録的に遅いレンズや紙製のカミラにライカ型オイルライター・レンズラジオに匂い玉やE/Xマウントの140mmf4.5でその組み合わせを変えると90mmになるというTaika製の2焦点レンズ等

〇白髭のY田さん
d0138130_19182266.jpg

今日は例会前に心斎橋大丸でナショナルジオグラフィックの展覧会を見てきた。
さすがに紛争地や自然の大地を前に撮影する機材をナショジオのカメラマンが整備している写真などを見ると現役を退いてからの自分のカメラ達も現役を退いて趣味の領域になっていることを痛感。
その現役のころ購入したキャノンのシフトレンズは建物でも何でもまっすぐ撮れるがそのシフトやチルトが機構的に非常に面倒。でも良いレンズですけど・・他には書斎など引きの無い場所でインタビューする時など広く撮れて人物を際立たせるためのぼかしも効くレンズとして重宝した24mmf1.4の赤ハチマキの高級レンズはよく使用したとの事。
d0138130_19181431.jpg


〇jackことT井さん
d0138130_19311468.jpg

昨年末に自宅を購入したことでばたばたと忙しく今回例会に遅刻してしまった・・
今日はハッセル用の擬似デジタルフィルムバック、実はi-phone5用集光バックでハッセルのレンズ焦点を通常のフィルム面の6×6からバック設置のi-phone5のレンズに6×6のフォーマットのまま集光してi-phoneで記録するもの。周辺減光などまだ課題はあるがお手軽にハッセルのデジタル化が図れハッセルVシステムが生きてくる。
他にKIPONのアダプターが安くて良いがデジタル対応レンズの電気接点対応アダプターでも絞り制御のみでフォーカスは手動といささか中途半端は否めないことなど・・
d0138130_1931257.jpg


おおとり司会のS川さん
d0138130_19355578.jpg

レンズは別に持ってきてはいないが、自前のレンズが2つある。
誰かこの二つの眼で見たものを記憶媒体に保存できるシステムを開発してくれないか?
いやいや、記憶と言う都合のよいものだけにフォーカスしてくれる記録媒体だからよいのかもしれませんよ・・(笑
いささか鮮明に残したくない事柄が世の中多すぎる・・

最後にオブザーバー参加の二人からも一言
T本さん
ペンタックスSPに一目ぼれして手に入れたが絞込み測光の露出計が壊れ、先日ハンダ付けして自分で修復したとの事。その意気や良し、充分当会でもやっていけるでしょう(笑
Y原さん
最初は富士のデジタルだったがフィルムに興味があり、netでNIKONのFE購入。
私をこの道に誘った、あの(笑 秀じぃY田さんからF2などプレゼントされ、ますます深みに・・
今はローライ35Sが欲しいとか・・あまりに深入りすると知らんぞ~(笑

以上にぎやかな会もお開きとなり、後はいつもの2次会会場で酔いも手伝ってカメラ談義に花が咲きました。
尚、若い二人はジンジャエールにオレンジジュースと法に抵触するようなことはございませんでしたので念のため(笑

今回レポートが遅れましたことをお詫びします。
[PR]
奈良東大寺二月堂の御水取(修二会)の行事も終わる三月十四日 面白い数字の第365回目という例会が開かれました。テーマは「ステレオカメラ」ですがもちろんいつもの通りどんな話でもOKです。このところ好調のお若い名記者たちがみんなお休みでしたのでちょっとばかりロートルの報告者となりました。文章は白髭 写真はP-Pさんでお送りします。

会長は元気に来られましたが雨が降ったせいかまだまだ寒いせいかなんと八人という大変少ない参加者でした。なお司会は今までの365回で本当に初めてというN波さんでした。ドキドキしているということでしたがなんと素晴らしく滑らかな運営の名司会でした。これからもよろしくお願いします。
d0138130_1742335.jpg

今回はなんと名古屋からの特別ゲストが来られました。「3D中部フォト・フォーラム」というステレオカメラの同好会の幹事で「伴野武雄」さんで会長や堀本さんは面識がありました。われわれ同様高齢化した十人くらいの集まりです。蛇腹のことを検索していたらわれわれのブログに行き当たり今回のテーマがステレオカメラだったので顔を出そうと志したのだそうです。
d0138130_17434169.jpg

○伴野さんが持参されたのは(重たかったでしょうなあ)ローライコード5型と5A型をそれぞれ二台連結して作ったカメラです。ただ並べただけでなくフィルム巻き上げもレンズ繰りだしも同調させた改造カメラです。ローライといえども個体差があってそれぞれ厳密に調整した上での合体だそうです。ローライ用パララックス補正の楔レンズを使った接写アタッチメントも作られているそうです。
d0138130_17443560.jpg

作例写真を見るとさすが6×6の迫力と美しさは素晴らしいものでした。またフランス製の「NIL MELIOR」というやはり6×6のカメラとデジカメのルミックスにオリンパスペンの25ミリレンズにツァイス近接用ステレオアタッチメントをとりつけたカメラでした。珍しいボレックス16ミリ用のステレオアタッチメントも持参頂きました。

大変人数の少ないときに来られて残念でした。今度メンバーが勢揃いしたときにまたご訪問されることを願っています。

○H本さんは我がクラブでは貴重なステレオ専門家となられました。今回はフジ645を二台つないでステレオカメラにしたものです。巻き上げなどは各々作動しなければなりませんがシャッターはアームとクランプで同時に押せるようになっています。なかなか見事な工作でした。
d0138130_17454440.jpg

驚いたのセミ判のステレオ用のペーパーマウントを手作りされていることです。これは手間暇かかったでしょう。手縫いのカメラケースも自作だそうです。几帳面な正確がうかがえます。

○P-Pさんはリアリストのステレオ・ビビッドというカメラを持参されました。写真の道に入ったのはステレオ写真に興味を持たれたからだそうです。その後近接写真に興味が移りニコンをスライドレールで動かして美しい花のステレオ写真を多数撮影されました。自慢の写真を飲み屋の姐ちゃんに度々見せたのですがほとんど喜んでくれなかったそうです。
d0138130_17474617.jpg

ビュアーもルーペ二つを使って自作したりしてのめり込んだのですが時代はデジタルに、デジタルのステレオはどうも金がかかるのと物作りの達成感がうすく段々とステレオの世界から遠ざかって行きました

○K林さんは目が悪くてステレオ写真は見にくいそうです。しかし機械としてのステレオカメラには興味があり持参したのはイタリア製の「デュプレックス・スーパー」というブローニーフィルムを使うカメラです。24組のステレオ写真を撮影できます。カメラとしての仕上げもデザインも大変よくできているそうです。ジャンクカメラとして一万円で手に入れたのも幸運でした。
d0138130_17485715.jpg

ステレオカメラ意外にも最近気になったニコレックスとコニカFSを持参してきました。分解してみるとどうもボデーの造りがそっくりだとのこと。コパルスクエアー1型のシャッターを初めて採用したコニカFSのボデーを参考にしてマミヤプリズマットを作ったマミヤがニコン用にニコレックスをOEM提供したというのが真相のようです。
d0138130_17495012.jpg

またヤシカの一眼レフ用レンズのヤシノン58ミリレンズがマミヤセコール58ミリレンズとレンズマウントだけちがう全く同じものだと気がつきました。両方ともトミノンが作ったのではないかということです。

○秀爺ことY田さんはいろいろステレオカメラを持っていたが売っぱらってしまったそうです。最近は多くの貴重なカメラにも触ることなくもっぱらアルコールと親しんでいる毎日だそうです。羨ましい限りではありませんか?
d0138130_17504131.jpg

○白髭はステレオには手を出したことが全くなくて仕方がないのでこの会に持ってきたことがないと思った古いライカM3を持参しました。メガネ付きのズミクロン35ミリと動かない露出計とクランク巻き戻しノブを付けています。
d0138130_17513543.jpg

ガラス戸棚に飾っているうちにグッタペルカがボロボロと落ちてきて禿げ禿げになってしまいました。革を張り替える手もありますがどうせ使うことはないのだからこのままで保存した方がいいと先生方がおっしゃっています。私が生死をかけたベトナム戦争の取材に使用してボロボロになってしまったのだということにしておきましょう。

○N波さんはステレオ写真関係にはペンタックス用ステレオレンズアダプターぐらいしか持ってないそうです。それで今回はオリンパス・エースとオリンパス・エース・Eの二台を見せて頂きました。ボデーと標準レンズだけでは値打はあまりないそうですがなんと35ミリと85ミリの交換レンズがついているのです。これは貴重なものだそうです。Eの方は露出計がついていてまだ動いています。
d0138130_17532917.jpg

レンズ三本付きなら4~5万はするのではないかと野次馬が言っていました。ライカM3に似たボデーはとてもきれいですがそれもそのはず写真は一枚も撮っていないそうです。

○H井さんはステレオには興味がないので今回は「ゴルツ社製アンゴーレフレックス」を二台持参していただきました。明治44年(1912年)ごろの一眼レフのハンドカメラです。大手札の乾板を使用します。大きなボデーですが畳むとコンパクトになり大きな弁当箱のような感じです。
d0138130_1754245.jpg

あまり出来はよくないようで内部はガタガタになっていたそうで修理に苦労されました。ファインダーは大変暗くずっしりと重いボデーです。一台はドイツのケルンでもう一台は日本で手に入れたとのこと。どんな日本人が使っていたのでしょう?

○O部会長は小さな小さなミニ・デジカメ二台を紙挟みを使って並べてステレオカメラと洒落ました。可愛い形と色が魅了します。クリップがファインダーと考えれば面白い物です。バックに画面がありませんのでパソコンに取り入れるまではどんな風に写っているかは分かりません。
d0138130_17551682.jpg

以上カメラ以外に戦艦武蔵の話とかで人数は少ないながら盛り上がった楽しい例会となりました。

その後は六人が参加していつもの飲み会になだれ込みました。始めて見る女性店員があまりにべっぴんさんだったので驚いたのはおまけでした。
[PR]