カテゴリ:手作りカメラ会報( 114 )

会報アップが遅くなりました。
皆さんのご心配な様子が聞こえてまいりましたが、特に告知はしませんでしたが予定通りのアップです。

なにしろ、家庭人、勤め人でございますので。

さて、小春日和から一転空はかき曇り、予想もしない雨に降られた例会でしたが、それは会が始まって後のこと。
オモカメ王国国王3ちゃんの足を邪魔する事も無く、いつにもましてカメラ雑品の山宝探しの醍醐味やいかに
d0138130_0403668.jpg

d0138130_041169.jpg
d0138130_0411595.jpg

コニフレックス欲しかったなぁ!

例会発表に移ります、今月のテーマは望遠レンズ
トップバッターは天気予報官Y氏
持参レンズはニコンマウントの、コシナ フォクトレンダー アポランサー125ミリF2.5
d0138130_0521369.jpg

このレンズ、某コレクターが放出したものを、セレクトさんが買取り、すかさず押さえたとの事
マクロ領域までカバーしていて、三段鏡胴がズズズィーッと伸びる1品
カメラショーで覗いた事がありますが、コシナのフォクトレンダーシリーズのレンズはどれもピントの切れが良い。
ピント合わせの山の鋭さに感動したものです。
同時に出た90ミリF3.5ともども、アポの3本線は伊達じゃありません。

N口さんは、ガミ16用イタリア ミラノ ガリレオ社製
d0138130_165828.jpg

そのガミ16用の望遠レンズ
d0138130_172847.jpg

オリジナルレンズの前に取り付ける、フロントコンバーターのようなレンズのようです
d0138130_184133.jpg

d0138130_19051.jpg


ステレオ フリークのH本さんは、やはりステレオでは望遠レンズになると光軸合わせが難しいと苦労話を。

YASUさんは、ライカスタンダードの相棒のエルマー90ミリを持参するが、えびす顔で話題は、例会前に3チャンから仕入れたワイドレンズ、ジュピター12に話の中心は移っていました。
d0138130_11548.jpg


PUSH-PULL氏は、ニコンF801に、愛機が変遷してから、初めて入手したAFニッコールの75-300ミリ
野鳥などを写すのに活躍するが、もうちょっと長さが欲しいところ、
d0138130_1321529.jpg

また、シグマの同クラスの望遠ズームは、初期の頃に比べ、最短撮影距離が短くなり、マクロ機能も付いて、使いやすくなったが、このマクロの意味が今一良く分からないそうですが、
望遠マクロは、昆虫など、近づきにくい物に対して、ワーキングディスタンスが稼げるんですけれど、
一度、試して見られては???。
口で言うのは簡単ですが、写すのはなかなか難しいのですけどね。

ミモヤン グレビッチは、OMシステムの明るめの望遠180ミリF2.8
気付かぬ内に、神隠しに合っていて、思わぬ場所(押入れの天袋)で、ご対面
カビが生えていた。
ついでに、望遠とはいえませんが、OMマウントのキヨハラソフトVK70。
現代によみがえらせた、ベス単フード外しレンズではありますが、ピントが摑みづらいので、使いづらいです。
d0138130_126577.jpg
d0138130_1273041.jpg


近頃、このブログの会報を楽しみにしていただいていると言う、ありがたいお言葉をおかけくださる
オモカメ王国国王、3チャン
d0138130_1361154.jpg

望遠ネタに、王道テレローライ ゾナー135ミリF4つき、
輸出向けブランドの初期の押し出しの立派な和製ズーマー、ジュノン ZOOM F3.5 37-75ミリ、ミノルタSRマウント
さらにTAIKA Duo Focus 140ミリF4.5 エキザクタマウントレンズ。
このレンズは、レンズヘリコイド部分と、マウント部をスクリューマウントで分解接続出来、間にリアテレコンバーターを挟むことで230ミリF7.9と言うレンズに生まれ変わると言う、Duo Focusを実現?したレンズ
きっと、普通にテレコンとするよりコストが有利だったんでしょう。
手にしているのは、ドイツはウェッツラーのレイドルフ、ロードックスと、
TAMRONが用意した、その望遠レンズTAMRON AUX Tele Photo 4X
テイキングレンズの前に取り付ける、フロントテレコンバータ。
d0138130_1461870.jpg

そして3チャン真骨頂、変カメオモカメのオンパレード
d0138130_1482576.jpg

これがまた大変ユニークで、遊び心にあふれて、また、テーマにも沿っていて、
”写るんです”もZ光軸で、望遠を実現したもの、なんと絞り調節付き!
d0138130_1504346.jpg


d0138130_1512110.jpg

この、クラシカルなレンズ、パルモスや、レンズと同名のマグナ、の、クラップカメラ用に大ツァイスが用意した初期の望遠レンズ
ツァイス マグナ 450ミリF10
H井さんの、発表です。
さらに古くさかのぼる、イギリスはダルメイヤーのアドン
d0138130_1594158.jpg

バリフォーカルレンズで、レンズの間隔を変える事で画角が変化し(そのたびにピント調節が必要)となる
300ミリのF11ぐらいの望遠レンズ、レンズ構成は凸、凹の2枚構成の、ほとんど”ガリレオ”望遠鏡と同じ形式のテレレンズ。
d0138130_201424.jpg


これまた、手作りの発表名物、マウントメーカーのA井さん
ロシアの巨大なシュミットカセグレンタイプのミラー、1000ミリF11をEOSデジタルに組合さんとする苦心作
横のペットボトルと比べれば、その大きさは一目瞭然
d0138130_233331.jpg

EOSデジタルの、グリップ部の出っ張りと、ペンタ部に装備された内蔵フラッシュによるおでこの出っ張りを、
回避せんが為のテレコンバータ
d0138130_254040.jpg

この時点で、マウントアダプターによりコンタックスには使用可能も、
EOSデジタルではエラーが発生し、まだ撮影は出来ない由。
d0138130_2142254.jpg

しかし、この大きさに、メンバーは皆、興味津々
d0138130_281816.jpg


A野さんは、まだ体調不良が続いていて、残念ながら休みがち、テーマについても不勉強で、来て見て始めて知るとの事、ぜひ、この会報で、テーマをご確認いただきたいなぁ。
d0138130_211112.jpg

I阪さんは、いま、マイクロフォーサーズに興味大、
d0138130_2121824.jpg
d0138130_2123270.jpg

センサーの違いが写真にどう影響するのか研究中。
来月のテーマはデジカメなので期待しています

白髭さんも現役時代に使用していたロシア製ミラーレンズの500ミリF5.6
d0138130_2162690.jpg

このレンズには失敗談も、
フードを逆向きに被せることでコンパクトに収納しようとしたところ、フードが外せなくなった。
仕方なく、ミニ旋盤で、フードに割を入れて取り外しに成功。
また、通常のミラーレンズはF値がF8だが、このレンズは500ミリでF5.6
明るいので選んだのだが(経済的にもリーズナブルだし…)
d0138130_2234070.jpg

流石に明るい分、ピントの被写界深度が極端に浅い
絞り込んで改善を!と思ったが、ミラーレンズゆえ絞りはなし、
明るいレンズも、物によっては考え物。
ご多分に漏れず、ロシア物は動きが固い
このレンズもピントあわせが固く、ピント合わせの工夫に、フォーカシングハンドルを木から削りだし作成して使用していた
d0138130_2263765.jpg


d0138130_2222174.jpg

TORASANさんも、ミラーレンズには興味津々
現在、シャネルの3番シャッターに、ニコンのラバーフードを組み合わせ、
中判カメラを作成を企画中
d0138130_2283526.jpg


K本さんは、セレクトの競りにて入手の、キャノンFD200ミリを活用せんと、ヘリコイドから先をマウントから切り離し、M型ライカ用レフボックスレンズに改造したものを発表。
d0138130_2332869.jpg


GuGuGammo氏は、M42マウントで、ローライQBMマウントアダプター付きのオリンピアゾナーを持参
d0138130_2345927.jpg

このレンズの思い出は、某国際ジオ○ラフィックと同じ写真を欲した大学助教授が、写真使用を申請したところ却下されたので、
欲しい写真、ジャガーのお顔の正面のアップをGuGuGammo氏に
”あんなの、ネコの大きいヤツだから”とサファリパークに連れて行かれ、
”食事が済んだところだから大丈夫ですよ”と、サファリパークの職員に簡単に言われたものの
とても簡単に写す事なんて出来ない仕事だった、との事。

さて、先月、今月の視界の予定のM氏、先月は欠席で、必ず今月は、とのことながら、
階段落ちから、松葉杖生活になったとまたの欠席届けから、司会のピンチヒッターをこなしたキューちゃんは
すでにこのブログで発表済みの、ライカスクリューマウントに各社の一眼レフ用レンズを取り付けるアダプターに、
ナポレオン遠征軍の、野砲も斯くやと思わせる、クローズアップレンズ使用の望遠レンズ
d0138130_2441788.jpg

装着ボディはジャンクゆえ、このままでは撮影不能も、マウント脱着で、使えるカメラに変身可能とは、
平時に有っても、戦時を忘れぬ心がけも天晴れなり。
d0138130_2465336.jpg


この日は年内最後の例会、この後は忘年会が用意されておりました
d0138130_2481764.jpg

d0138130_249119.jpg

d0138130_2502729.jpg

d0138130_251823.jpg

d0138130_2512986.jpg
d0138130_252296.jpg

[PR]
夜来の雨風がうそのように晴れてきた午後、301回例会が始まりました
司会は、M井さんの予定でしたが、急用とのことでキューちゃんはピンチヒッター
d0138130_114783.jpg

参加人数は15人、御題はワイドアングルレンズ。どんなものがでてきますやら。
トップバッターは天気予報官Y氏
d0138130_123473.jpg
キャノンレンズで、実用焦点域をカバーするズームレンズに大口径のF2.8シリーズとF4の2系統がある、
マージャン用語にたとえて、F2.8シリーズを”大三元”
F4シリーズを、”小三元”と、言うとか言わぬとか。
d0138130_1233720.jpg

F2.8と、F4では値段に3倍からの開きがある。写真は17-40ミリF4、
といっても高性能、高価なL赤ラインレンズ
もう一方は、ブロニカ用ニッコール40ミリ、このレンズは秀逸で、
うわさではFシリーズの優秀なレンズで評判の20ミリをスケールアップしたものだとか。

ひでじぃは、発表はないのですが、会の最初に入手したイコフレックスに満足顔
d0138130_1331734.jpg

ファインダー上部にメーターの指針があるという優れもの。

ミモヤングレビッチはネットオークションで失敗したマミヤセコール21ミリF4
d0138130_1302070.jpg

M42のレンズと思いきや、監視用カメラ用レンズのようで使えない
d0138130_1312883.jpg


PUSH-PULL氏は既にブログで紹介済みのドアスコープ魚眼アタッチメントの自作とローライA26
d0138130_13673.jpg

ドアスコープ魚眼アタッチメントでは、写るはずの無い自らの画像が映っているという
不可思議な現象も発表された、PUSH-PULL氏、念写を会得か?
結局、落下防止手すりに写りこんでいる事が真相のようだと落ち着く
d0138130_139522.jpg


YASU氏はこちらも氏自身のブログにて発表済みの、ブラックペンタックスSVと、TELESAR35ミリレンズ
d0138130_1423036.jpg

d0138130_1424728.jpg

35ミリは、氏としては広角のうちに入るか悩むところ
しかし、前回持参のキャノンEX Autoに初の交換レンズとして35ミリを入手し、意気揚々

オモカメ国王国王
d0138130_1455130.jpg

3チャンは、ライカの交換レンズ(広角)が高価で買えなかった時代に花開いたワイドカメラを持参
d0138130_1473233.jpg

オリンパスワイド、ウェルミーワイド、カロワイド、マミヤワイドの4機種、
あと、デジカメ用のワイドフロントコンバーターにビックリ箱カメラ
d0138130_149359.jpg

デザイン、ロゴが笑わせてくれます

H井さんは、ハッセルのビオゴン搭載ワイド専用カメラ、SWAとSW
d0138130_1511560.jpg

d0138130_1535668.jpg

手前のレンズは4X5用のワイドレンズ各種
ツァイスパテントのロッス製造の141ミリF16やハイペルゴンなどなど。
d0138130_157125.jpg


N波さんはエンボイワイド
d0138130_1592071.jpg

d0138130_1593915.jpg

さらに今では幻の、コニカ WaiWaiワイド

N氏はオリンパス ペンワイドと、珍しい専用フード
d0138130_221246.jpg


白髭さんはキューちゃんから仕入れたベッサLとスーパーワイドへリアー12ミリ
d0138130_233558.jpg

この画角となると流石に使いこなしは難しい

GuGuGammo氏も、以前に紹介済みのスーパーワイドヘリアー15ミリ
Mマウントになって距離計に連動したが、その分ファインダー別売で、最初の同レンズとほぼ同じお値段
ファインダーが高価だが、眼鏡をかけて片目で見た画角がほぼ15ミリとわかり、ノーファインダーで使用中
(写真は割愛)

最後にキューちゃんは
d0138130_29322.jpg

こちらもブログで紹介済みの手作りワイドカメラと、廉価な魚眼専用カメラ
この魚眼専用カメラがよく写る。
ここで例会終了、三々五々カメラ店へ繰り出しいつものように二次会へ。

来月の例会後は、忘年会です
今月の欠席者で、来月参加予定の人は連絡をくださいね。

来月のテーマは打って変わって望遠レンズです。
[PR]
2年ぶりに上陸した台風一過の秋晴れの下、第300回の記念例会が午前十時から開催されました。
朝早い開催に、さて、何人が出てくるかと思いきや、予想外の人数が十時前から集まり
午前中の交換会の準備に精を出します。
記念例会と言う事もあり、会員全員の出席と言う快挙です。
がやがやと、交換会が始まります
d0138130_6908.jpg

d0138130_691988.jpg
d0138130_694478.jpg

交換会で、思い思いにカメラを品定め、普通では考えられないお値段で気に入ったカメラを手に入れました。
交換会もひと段落、記念写真です
d0138130_612863.jpg

記念写真の後は、お昼のお食事会
幹事さんたちの骨折りにより、立派なお弁当に舌鼓
d0138130_614166.jpg

例会発表の始まりです
例会発表に先立ち、オモカメ王国3チャンのカメラ人形のコレクションの一部をご披露いただきました
d0138130_6221279.jpg


d0138130_6223396.jpg


d0138130_6225778.jpg


d0138130_6231666.jpg

d0138130_62423.jpg

司会はH井さん、
例会発表に先立ち、会長キューちゃんの挨拶です
d0138130_6245379.jpg


ここで、申し訳ないのですが
今日は出かける予定がありますので、コメントは後ほど入れさせていただきます。
また、ご覧頂いた会員の方で、コメントを自由に入れていただいてけっこうです
編集から入っていただき、コメント下さいます様お願い致します。

d0138130_6274160.jpg


d0138130_6275784.jpg


d0138130_6281199.jpg


d0138130_6285753.jpg


d0138130_6291922.jpg


d0138130_6293547.jpg


d0138130_6295526.jpg


d0138130_6301386.jpg


d0138130_6303119.jpg


d0138130_6305620.jpg


d0138130_631829.jpg


d0138130_6314260.jpg


d0138130_6315757.jpg


d0138130_6324112.jpg


d0138130_6331413.jpg


d0138130_6333027.jpg


d0138130_6402182.jpg


d0138130_6405684.jpg


d0138130_6411483.jpg


d0138130_6414633.jpg


d0138130_642612.jpg


d0138130_6433169.jpg


d0138130_644392.jpg


d0138130_6441930.jpg


d0138130_6444210.jpg


d0138130_645615.jpg


d0138130_6462257.jpg


d0138130_6463768.jpg


d0138130_6465573.jpg


d0138130_647781.jpg


d0138130_6473298.jpg

[PR]
暑くて、短かった夏もあっという間に過ぎ秋の気配が漂う今日この頃ですが
なぜか例会のあるこの日は雨模様、それでも午前中は何とか天気も持ち、16名の参加者が集まりました
今回のテーマはアクセサリー
カメラを便利?に、活用するためのアイデアあふれる先人達の工夫が凝らされた小物が色々と披露されます。

例会はオモカメ王国国王3チャンのカメラ、小物、そして骨董品の販売会!
セレクトさん提供の競りからスタート
この楽しみは無くてはなりません。

例会発表はH井さんが担当して始まりました
d0138130_421112.jpg

発表の一番手は、オモカメ王国国王3チャンの”写るんです”コレクションから。
d0138130_4214471.jpg

パネルは国王3チャンとそのコレクションの集合写真
例会テーマのアクセサリーの趣旨に合わせ、千趣会から発売されていた”写るんです”の通販セット
d0138130_424281.jpg

カメラ本体、フラッシュ、特殊フィルターセットなどなど。
特殊フィルターには痩せて写ったり、太って写ったりの変り種フィルターも用意されています
後には手作りの”写るんです ステレオカメラ”も。
d0138130_4271978.jpg

そのほか、持ってきていただいた膨大なコレクションの一部
今流行のご当地シリーズの、ハワイバージョンの写るんです、ステレオアダプター付き写るんです
などなど、
さっそく、そのシオマネキのようなステレオアダプターをコンデジにあてがってPUSH-PULL氏が写してみたのがこちら
d0138130_4305484.jpg

立体視してみてください!
d0138130_431596.jpg
d0138130_4321261.jpg

PUSH-PULL氏が持参したのはファインダー周りのアクセサリー
ロシア製の優れもののターレットファインダー、こちらはまだ使用していないとか…
花の接写に活躍するウエストレベルファインダー
ローアングル撮影の機会の多い花の撮影には便利な事この上もなし
デジ一眼になって、ウエストレベルファインダーが使えなくなっったが
換わりに活躍するのがマグニファイアー、
花の接写ではピント合わせはMFになるが、
ピント確認が、初期のデジ一の液晶では拡大が不十分で確認しづらかったのだが、
このアクセサリーで、ピントあわせもバッチシ
ケースは、ブログ用のコンデジカメラケース、2年間持ち合わせ毎日使用しているとケースもボロボロに
今は2代目のケースになりました。
d0138130_4405091.jpg


YASUさんが持参したのは、最近入手したアクセサリーシュー
例会で入手したオリンパスのT20ストロボ
d0138130_4431595.jpg

これを愛用のOM-1にて使用するべく、”SHOE1”を物色
ところがある日、シュー1の中古品相場にワンコインほどプラスで、OM-1クロームボディまで付いてくる出物に遭遇、同じ場所にあったズイコーマクロと一緒に購入の歓喜の報告
こちらも、ピント合わせに威力を発揮するマグニファイアー(ニコンで使用)も持参
そしてこちらも持ち歩き用のコンデジディマージュ用にケースを物色中に発見したサムソナイト製のケース
ディマージュにぴったりサイズ、よく見るとケースの外箱にはディマージュのイメージ映像が、
通りでピッタリ来るわけです
d0138130_4502456.jpg


ミモヤン=グレビッチの持参はミノルタ製 パノラマアダプター
クリックの位置が、360度を15分割で、一つの角度が24度、2クリックで標準レンズの画角になります 
水準器付き
d0138130_4581534.jpg


H本さん、天保山サントリーミュージアム撤退の話、3Dシアターがなくなってしまうのが残念
d0138130_4583696.jpg


ひでじぃの発表はセルフタイマー
動作が楽しく、個性あふれるデザインにひかれ、集めだして、今では20数個、
ときどき操作しては、そのギミックを楽しんで癒されているそうです
d0138130_459065.jpg


天気予報官Y氏はニコンFシリーズ用のフッラッシュカプラーのコレクション
Fや、F3、フラッシュの製品に合わせた各種のカプラーをじっくり解説
プロ機材のFシリーズ、接触不良で写せないなんてことは絶対に出来ない厳しい環境で
確実にフラッシュを光らせるため、設計者の苦労がしのばれます
ほかに珍品、52ミリ口径の隠し撮りアダプター、ミノックス専用接写アダプターなど
d0138130_554729.jpg


今月司会担当のH井さんは、二眼レフファインダー用アクセサリー
d0138130_5112859.jpg

日中でも、二眼レフのファインダーの視野を確保するための革製のファインダーフード(国産とローライ製)
こういう工夫は、今のデジカメの液晶モニターにこそ、各メーカーさんは工夫を凝らして欲しいものです
ペンタミラープリズムを二眼レフファインダーフードの上に置いて、左右逆像を正像にするアダプター(国産)
ハンドカメラのピントグラスを拡大ピント合わせ用のアクセサリー
最初は向きを逆にしていて使い方が判らなかったが、ピントを見る拡大レンズがシフトできる優れもののアクセサリーなど
d0138130_5144477.jpg


K本さんは、この日オモカメ王国国王3チャン出品のニコノスを入手にし、欠品しているロックレバーを削りだしで作成予定と発表、いつも驚く程の腕前を披露されるK本さん、発表される日が待ち遠しいです
d0138130_5241276.jpg


SUITAさんは、発売されたばかりのフジ3Dデジカメ、液晶パネルの発表、デモンストレーション
そして、マミヤ16などのフィルム焼付け用の引き伸ばしレンズアタッチメント2種そしてマミヤ16を披露

GuGuGammo氏は、スーパーワイドアングル撮影では出来上がりに差ができる必帯アクセサリー水準器2種を発表
この手のアクセサリーも品種が減ってきている、デジタル水準器も発売されているがワンウェイのみ、
2ウェイの水準器はこういったアナログタイプしかなく、アクセサリーシューに取り付けると、ボディ後端から出っ張るものが殆どで、撮影の邪魔になる
色々物色して、満足できるものを購入したそうです
d0138130_5331799.jpg


白髭さんは、料理写真撮影で大型ストロボを使用するときに欠かせないセコニック フラッシュメーターと
それを活用し撮影した写真が掲載されている”たべもの紀行(読売新聞社会部編)”を持参
流石に料理が美味しそうに映し出されています
たべもの紀行は1~6巻刊行されているそうです
d0138130_5405919.jpg


N氏はライツ単眼鏡アイピースを発表
d0138130_5441927.jpg

Lマウントレンズが単眼鏡になるアクセサリーです
d0138130_54573.jpg


N波さんは、フジフィルムが提供しているオリジナル手帳作成サービスを利用した手帳2冊を発表
ネットで気に入った写真を送り注文してオリジナル手帳が作れるそうです
d0138130_5481373.jpg


久しぶりに出席された”玉屋鍵屋”さん
手帳続きで自作の手帳を披露
d0138130_5493993.jpg


最後に発表のキューちゃんはベビーパールの発表
詳細はこのブログでキューちゃん自ら紹介済みです

本の紹介です
d0138130_5513963.jpg

カメラコレクターのYAZAWAさんが自費出版された本をH井さんが紹介されました
送料コミで4000円で購入できるそうです
手作りカメラ会員の方で購入希望の方は、一度H井さんに連絡を取ってみてください。

来月は、第300回記念例会です
いつもと違い、午前10時会場です
会員限定交換会も企画しています
お楽しみに。
[PR]
「露出計」
かなりマイナーなテーマだったが、見たことのないメーターが一杯で大変勉強になりました
M本氏は顔だけ出して始まる前に退却、N川・N島・A井・I田氏は発表省略で失礼
ちゃんと発表のメモをとっていなかったので、会員の皆様修正ヨロシクお願いします

いつも通り今井商店の交換会のスタート
d0138130_21154236.jpg


お次が競りなのだが、何と写真会館の冷房が突然故障、外気は35度オーバーとか、アイスキャンデーの差し入れがあり何とか競りがスタート、みんなハンカチと扇子片手に参加
d0138130_21174756.jpg


会員の発表の頭は会長から、体調を崩されていたとかで久しぶりに写真会館に来られたそうです、だがしかし今まで色々な手作りカメラを発表されてきたのに露出計を一つも持っていないとは驚き、ネガでもポジでも全て体内データーで失敗は無し!
発表は戦前のサロン露出計の話と先月入手されたM3、しかし後で本物のサロンが登場しました
d0138130_2123102.jpg


N口さんは新しく発売されるデジタルのステレオカメラ話と、ステレオビュアー用の手作りLED照明
d0138130_21281219.jpg


K本さんは手持ちの一番メジャーな露出計セコニックと例会でまた同じものを買ってしまった
d0138130_21325318.jpg


Y田さんはさすが仕事で使われていただけに、メーターも正当派?ミノルタとセコニック
d0138130_21351342.jpg


続けてK原さんの ちょっと高額な正当派ライカメーター類
d0138130_21292597.jpg


N波さんは見慣れぬメーター類持参、他に撮影の時にカラー調整が出来るキャノンG10のプリント作品
d0138130_21365191.jpg


露出計一等賞は間違いなくH井さん、自宅に170個ほど収集されているとか、今日はその一部を持参、私にとって殆ど初めてのものばかりで、説明も半分以上ちんぷんかんぷんでした(笑)
ちなみにフォトスコープ・メトロメーター・ノーウッド・ワルツ・ビューワインダー・ペトリ・ゴッセン・オンブロック・レニングラード・ベルトラム・アルスメーター・・・間違いなく書き間違っているのでは
d0138130_2144959.jpg

その中の一つをバカデジで除いてみたらなかなか綺麗に出来ました(1眼レフでは無理な写真です)
d0138130_21453264.jpg


I井さんは新旧カメラ競合、最近デジカメを始められたそうでこれからが楽しみです
d0138130_21471285.jpg

面白時計も持参、これ欲しかったのだ
d0138130_2148538.jpg


PPこと私は使っている露出計持参、仕事にはやっぱりデジタルが便利です
d0138130_21492843.jpg


ブログを偶然見られ見学に来られたT井さんはジュラルミンを削って作られたリングを発表、オッさんばかりの会ですが是非これからもヨロシクお願いします
d0138130_226040.jpg


お二人はお話しだけで発表は無し、来月はヨロシク
d0138130_21503312.jpg


司会のY場氏は珍しいGE社の露出計など、本人の自慢は露出計無しの眼力撮影だそうです
d0138130_21513648.jpg


こうして見ると露出計もまさに骨董品クラス、今は全てカメラが自動になりますます露出計は生産されなくなっています
[PR]
7月の例会風景
本日只今例会の2次会が終わって帰宅しました。今日はいつもの例会の報告をしてくれる、ミーモちゃんが、
子供のソフトボール大会のお世話で早引きはましたので、私が代わって報告いたします。
とりあえず写真だけを見て下さい。そして、例会の雰囲気を感じていただければ幸いです。
d0138130_2057475.jpg
d0138130_2058843.jpg
d0138130_20582782.jpg
d0138130_20584539.jpg
d0138130_2059589.jpg
d0138130_2059342.jpg
d0138130_20595361.jpg
d0138130_2102542.jpg
d0138130_2104358.jpg
d0138130_210593.jpg
d0138130_2111568.jpg
d0138130_211326.jpg
d0138130_2114954.jpg
d0138130_2121867.jpg
d0138130_2123464.jpg
d0138130_2125470.jpg
d0138130_2131147.jpg
d0138130_2133190.jpg
d0138130_2135215.jpg
d0138130_2141242.jpg
d0138130_2144141.jpg

[PR]
いよいよ入梅宣言もだされ、蒸し暑い、これから来る夏の暑さを予感させる、
いきなりの梅雨の長期休暇の土曜日の午後、いつもの顔ぶれが集まってきます。

まず最初に、オモカメ王国の国王3ちゃんの出品。
この日は、王国の公用車を、皇后陛下が御使用になるとのことで、
一般市民に混じって、電車での来場となったのですが、それでもご出品いただける、ありがたいことです
そして、いつものようにセレクトさん提供の競り市。

例会はAWNさん提供の、6月13日(土)~7月5日(日)まで開催の
”九州産業大学フォトコンテスト受賞作品展”と、
特別企画展”CAMERA事始め-古典カメラから国産カメラへの変遷-
のパンフレット(招待券付き!)の解説から始まります、
この特別展には、AWNさんにも協力要請があり、パンフレットの裏表紙を飾っている
”ハンザキャノン”をはじめ、100台ほどを貸し出し、展示されているそうです
どんどん、お越し下さい
d0138130_0111516.jpg

そのAWNさん、なかなか体調が優れず、カメラの分解にネジを解き、そのネジを元に締めなおすだけでも一苦労するそうで、時間が出来たにもかかわらず、あまりカメラに触っていないそう
早く体調が戻られますように。
d0138130_0291322.jpg


アイアンワークスAさん、競りで、キョーセラ230AF、あまり見ない大柄な標準ズーム付きを獲得
d0138130_026814.jpg

ヤシカコンタックス マウントとは異なりますよの周りの指摘で、ちょっとがっくり
d0138130_0241437.jpg

最近は仕事が暇で、串本まで鯛を釣りに行っているのだとか、今までの記録は57センチ。

白髭さん
d0138130_0262735.jpg

テーマのシリーズカメラに、仕事で愛用のマミヤ二眼レフC220の、発展型C330を持って登場
d0138130_0274958.jpg

仕事ではC220に、65ミリ、105ミリ、180ミリの3本、後に55ミリを加えて愛用
55ミリ以外のレンズは真っ青に写ったのだとか。
後で、今回持参のC330をアメリカからの通販で購入、たくさんのアクセサリーが揃った本格的なシステムカメラだが
既に時代は二眼レフではなくなり、仕事では出番は少なかった。

天気予報官Y氏は、シリーズカメラとして、ブロニカ最後のカメラブロニカRF645で登場、
殆ど使っていない、動体保存?
d0138130_0382613.jpg
d0138130_0383869.jpg



会長キューちゃんは、パックスと手作り改造パックスワイドをもって登場
さらにパックスシリーズカメラの解説書を作成して皆さんに配布。
d0138130_0432777.jpg


名匠HなTさんは、テーマに合わせてレンズをもって登場
d0138130_0454040.jpg

日東光学コミナー28ミリF3.5
Tマウントのマウント交換システムで、各社用の交換マウントをシリーズで持参。
d0138130_0455948.jpg


ステレオ一直線のH本さんは、
近頃、ロモのステレオカメラに興味津々。

私、ミモパワーOM-1はテーマに沿って、OM-30を持参
フォーカスエイド機能搭載で、モードラまたはワインダーに、”インフォーカストリガー”と言う
ケーブルクセサリーで、ボディとワインダーをつなぐと、焦点が合った瞬間にシャッターが切れる機能があり、
デモを試みるも、カメラが暴走、玉砕する。
d0138130_0512533.jpg


PUSH-PULL氏はブログ取材に愛用のIXYデジタルの最初に手にしたものと、現在愛用の物を持参
写真は、白髭氏愛用の1品をくわえて、3台
d0138130_0543171.jpg

IXYについて、機種ごとにバッテリー、チャージャーが異なる事に関して苦言を呈する。

N氏はテーマとして、ベスタンレンズ2本に、自製マウントアダプターを持参
d0138130_103575.jpg

EOSデジタルで愛用中
d0138130_16313.jpg


久しぶりに登場ツチノコ72さん
d0138130_125271.jpg

子供の頃に使ったことのある、ジッフィーコダックで登場
d0138130_135191.jpg

テーマとして、レチナⅡaを挙げていました

秀じぃは、テーマカメラにアルティックス2台を持参
d0138130_153113.jpg

左側が初期型、あまり出無いよ!

オモカメ王国の国王3ちゃんは、
d0138130_18447.jpg

レインボーカラーのミノルタ16を6台持参
d0138130_114626.jpg

さらにエキサクタマウントレンズ3本、フレクトゴン20ミリF4、キルフィット マクロキラー4cmF3.5
そして珍品?エキサクタマウントの千代田光学チヨコー テレロッコール13.5cmF3.5
かなり腕の良い職人が改造したものか?

司会のGuGuGammoさんはF5
d0138130_117871.jpg

F4は、故障続き、F2はどうも中途半端、F6は純然たる銀塩とは言いにくい
F一桁は偶数よりも奇数がよろしい様子
もう一つの発表として、オリンパスマイクロフォーサーズ用のマウントアダプターシリーズを発表
ネット上で見られるオリンパスのマイクロフォーサーズにワクワクドキドキ

ポッポ屋Hさんは、GuGuGammoさんに試し撮りを依頼していたレンズ4本を発表
d0138130_1214887.jpg

このうち、ダゴールのF5.6までの柔らかさ、それ以上の絞りでのピントのよさ、モノクロでの肉乗りよさは
すばらしいと言う

N波さんは、カメラ好きの親戚からのお下がり、(うらやましい)
d0138130_1245639.jpg

フジの営業写真館御用達カメラ
フジカG670(GW670かな?)
観光地で写された方は多いはず。

K本さん、来月は期待してますよ!

最後に、オモカメ国王持参の、トイカメラをミモパワーが代理で発表
d0138130_1295344.jpg

平成仮面ライダーの主人公が使っているものと同じ?
[PR]
風薫る5月 なのですが前日まで雨続きのはっきりしない天気、
この日は久しぶりの”五月晴れ”
この言葉は、本来は雨の多い6月に晴れ渡る事を言う。 
と、メディアでは事あるたびに伝えていますが、
わたしゃ(ミモヤン グレビッチ)は子供の頃から5月の天気を五月晴れと言ってきたように思うので
最近の注釈に帰って違和感の感じる今日この頃。

それはさておき、良い天気にもかかわらず、お休みの方も多くちょいと寂しげな例会。
翌日(5月10日)の山西会館でのカメラ交換会の準備に忙しいので欠席と聞いていたオモカメ王国の国王3ちゃんが、忙しい時間をやりくりして出席出店してくれましたありがたやありがたや。

今月のテーマは”一番年代の古いカメラ、または最初に買ったカメラ”
最初の発表は3チャンからです
アメリカ製のラジオとカメラの合体カメラ、メイドイン オーサカのボックスカメラ、ツァイス銘になった後の変り種カメラ エルゴ№5
d0138130_15033.jpg

合体カメラのラジオは4球スーパー、カメラはボルタ判
d0138130_0591561.jpg

メイドイン オーサカのボックスカメラは取っ手がファインダーを兼ねているのですが
接眼部は?と思いきや、取っ手の後に接眼用の小さい枠が
d0138130_112286.jpg
d0138130_114084.jpg

エルゴには、単眼鏡?の文字も
d0138130_133898.jpg
d0138130_1354100.jpg

さすがはオモカメ国王、オモカメでも古いものを持っていらっしゃる

続いてはミモヤングレビッチ
古いとなると、やっぱりライカ、戦後型のⅢCにズミタールの組み合わせ1946~47年
好きなオリンパスの持っている中で一番古いオリンパス クロームシックスⅣB ZUIKO F.C 7.5cmF2.8つき 1954年(昭和29年)発売

YASUさんも、ライカ。
こちらはスタンダードにエルマーの9センチ
d0138130_1185438.jpg

目測のスタンダードに、9センチのレンズで写すところがすばらしい。

古いカメラでは知識、コレクションとも、他を圧倒するHさんは
エルネマン クラップ トロピカルカメラで登場
d0138130_1222254.jpg

当時のシャッター幕の厚みが異なるのか、どう調整してもT(タイム)hが出ないのだとか
撮影サイズは9X12
d0138130_124617.jpg


N波さんは、”A Century of CAMERAS”の本を持参
d0138130_1265933.jpg

この本で調べたところ、一番古いカメラはイコフレックスになるとの事。

N氏はローライフレックス オリジナル
d0138130_1283426.jpg

フィルムは620で、120フィルムのつばを削り取って使用している。

白髭さんは、社会人になって初めて買ったカメラ、キャノン7Sと、キャノン35ミリF1.5
d0138130_1312816.jpg

これには失敗談があり、
入社早々西成の暴動があり、会社の備品のニコンSPの35ミリF2.5を着けて現場に向かい
腹の中にカメラをしまいこんで、ピントは無限、絞りは開放にセットし、隠し撮りを行った
先輩に強者がいてニコンFを裸でぶら下げ現場に出向いたが
取り囲まれカメラは奪われ、ボコボコに殴られ顔はパンパン
後で質屋に持ち込まれたそのFはボディが変形(捻じ曲がり)をしていたそう
隠し撮りに成功した白髭さんだが、結果は何も写らず
絞りを開放にセットしたつもりが、逆に絞り込んでしまっていたらしい
やはり、借り物ではなく自前のカメラをと、買ったそうですが
このカメラはその後そういった修羅場を経験することなく、家族の写真を撮り続けてきたそうです

torasan さんは、子供の頃から家にあったエルネマン ヘーグ1号
d0138130_143615.jpg

フィルム取り枠に書かれている名前から、叔父から貰い受けたものだったかもしれない
このカメラとシャッターについてHさんから詳しい説明あり
d0138130_1462433.jpg

レンズはディテクティブ アプラナート13.5cmF6.8 明治末頃

SUITA(N口)さんはテレビで女優の小川環さんが使っていたライカⅠcかⅠfに憧れ手に入れた
ライカⅠcと、№2 コダック ブルズアイ
d0138130_1524585.jpg

ライカⅠcは1945年5歳下、ブルズアイは1896年
d0138130_1531158.jpg


T名匠は中古カメラ市で購入した№3A フォールディング ポケット コダック
d0138130_1573379.jpg

エアーシャッター
d0138130_1575973.jpg

横位置でも自立スタンド付き 1890~1902年頃
撮影するべく、軸を手作り中
d0138130_1594224.jpg


天気予報官Y氏は高校時代に最初に買ったキャノンフレックスRM
d0138130_222457.jpg

さらにこちらはフォクトレンダーのアポマクロランサーと、ブロニカ用の40ミリCマーク付き
d0138130_24146.jpg

このレンズはあのビオゴンよりも良く写るのだそうだ

最後にキューちゃんは少年飛行兵に合格したときに、親にプレゼントされたフォス デルビー
d0138130_275748.jpg

そしてニッコール2.1cm ミラーアップ用レンズ

今月の司会はGuGuGammoさん
持参カメラはニコンのF100

最後に、テーマを来年3月まで取り決めましたが、ありゃりゃ?
メモ書きがどこかに行ってしまったー
だれかおせーて、教えて

ちなみに来月のお題は、
”シリーズカメラ”になります
[PR]
朝は横殴りの雨でした(岸和田近辺の話です)
電車に乗って(私の場合)大阪に出た頃には気持ちよく晴れた日となりました
おかげで、参加人数は16人、
今回のお題は「ハーフ」お題による効果もありそうです

いつものように今井商店さんの出品から始まります
d0138130_23465297.jpg

朝の悪天候から、今回の出品は小物のみ、うーん少し残念
でも、足場の悪いにもかかわらず、持ってきてくれることに感謝です
ライツの貴重なフードなどいろいろ、、、、、

続いてセレクトさん提供の競り市、マスミーキン、フィルターなどなど
たくさんの出品で大いに盛り上がる

発表のトップは今井商店さん!
珍品ミノリのトリックフード
d0138130_23531578.jpg

つまみを回すとパタパタとフラップが動き、画面の半分を隠し、
多重露出で半分半分に別々のものを写し取ると言うアクセサリー、確かにハーフ
つづいて、これまた珍品明興社のメイハーフ、フルサイズは良くありますが、ハーフサイズは珍しい、
そして、キューちゃん作品のフェリックス ステマー。
35ミリを半分ずつ写してステレオ写真が取れるレンズ
”うつるんです”のレンズを利用、レンズを目に見立てて可愛いフェリックスの顔に
最初は”のらくろ”と言っていたらしい、
確かに半分ずつ写すから、ハーフ。
d0138130_032085.jpg

続いて会長のキューちゃん。
キューちゃん謹製のハーフカメラリスト、あしらっているのは可愛いニューハーフのはるな愛
d0138130_055099.jpg

お題カメラはこのブログで紹介済みのフォスデルビー、レンズは数少ないF2.5アナスティグマット付き
ベスト半裁は、これまたハーフ
絞り羽根固着を、固定絞りに取替え、シャッター速度とフィルムラチチュードでカバーするように改造した
キャノン デミ、そして、フルサイズを上下カットしてパノラマ画面撮影するミノルタP’s、
使う画面は半分だから、ハーフ?ここで、議論沸騰!
d0138130_0112141.jpg

d0138130_0122761.jpg

例会風景

つづいて秀じぃ、お題カメラはソ連邦のハーフサイズカメラ、チャイカとチャイカ2、
ヤー、チャイカ!、私は鴎
d0138130_015463.jpg

レンズは39ミリスクリューマウントで、どうやら、望遠レンズが用意されていたらしい
カメラレビュー紙のハーフサイズカメラ一覧のコピーを持参配布してもらいました

H井さんは、普段よらないお店にふらりと立ち寄ったところ
探していても見つからなかったカメラレビューに出会う
ソフトフォーカス特集号、縁は異なもの味なもの。
たまに立ち寄ると面白いものに出くわすと言う話
d0138130_02120100.jpg

つづいてN口さんは、テッシナ、レンズキャップに時計を取り付け、バンドを装着しうに取り付けれるアクセサリーなど、
先ほどのハーフサイズ一覧にテッシナの記載があるので、これもハーフ
d0138130_0284054.jpg

写してみたかったシビルをH井さんから借りて写した作例と
ミノックスDSCデジカメ、DSCはデジタル・スパイ・カメラの略らしい
そして、ステレオビューワー

K本さんは、修理後まだ撮影していない、オリンパス ペンEE2と、自作シャッターテスター
ネットに作り方が載っているらしい
d0138130_0341320.jpg

今朝の雨で、急遽参加が確定したやまひらさん
d0138130_0373880.jpg

これもブログで紹介済みの、リコー オートハーフSL 大口径レンズ搭載と
オリンパス ペンDとD3どちらも大口径シリーズ
d0138130_0382726.jpg
 

久しぶりに登場、ご意見番のM井さん

N波さんは、進駐軍が残していったマーキュリーと作例
これがピシッと綺麗に写った写真、マーキュリーの実力に目を見張る
フラッシュガンはこの例会で入手
d0138130_0425491.jpg


Y尾さんはペンFと、珍しいペンFTブラックの説明書
それぞれ印刷は65年と、69年
d0138130_0494093.jpg

珍しい改造レンズ2本
ペンタ67用のヘリコイド付きシュナイダーのジンマーと、
マイクロニッコールの鏡胴に組み込まれた、ツァイス ディスタゴン32ミリF2.8 
なんと自動絞りも連動
d0138130_0495864.jpg

PUSH-PULLさんはこちらもブログで紹介済みのリコーオートハーフE2
最終から一つ手前のモデル
駄目になった、セレン電池を、太陽電池に移植予定
d0138130_05226100.jpg

表はシックだが、裏ブタは、ゴールドに彩色!

N川さんは、最初に修理をしたペンで、ペンのシャッターを製作したコパルの技術者から
調整法など伝授を受けた話を披露、
そして珍しい、ペンの専用フードと、もっと珍しいペンワイド用の専用フード。
d0138130_0564978.jpg


A井さんは、大きな工作機械用の、20トンもの重さも4本のレールで、手で動かすことができると言う
レールを利用したマクロスライダー自作と、
ミノルタ35とガタガタとがたつきのあった、スーパーロッコールの修理話
d0138130_104080.jpg


I坂さんはピンホールカメラ撮影の作品発表と、ゾーンプレートの紹介
同心円に黒と白を並べた図をネガに写し取り現像する事により、
黒い部分だけが光を通す事になる
黒い部分が中心の一点なら、すなわちピンホールレンズ
このゾーンプレートなら光を通す面積が増えるので
ピンホールよりも圧倒的に明るいレンズが出来上がると言うものを紹介
以前Y尾さんが紹介したキャノンの解析格子を用いたレンズの理屈と同じ?
d0138130_1102795.jpg

うわっ、干渉してるっ。デジカメは弱いのよ、こんな図柄に、、、、、

白髭さんは、愛用したペンDと、
d0138130_1151411.jpg
これまた、ブログ瀬紹介済みの10Dが数理代で40Dになった話を披露
5年で1年に1台づつ代替わりして、格段に性能がアップしている
d0138130_1153339.jpg

何ゆえ、オリンパスのカメラをばらしたり、黒く塗ったり、虐待するの?と取材したところ、
いや、それだけ愛用してきた証拠だよ、とのこと、

GuGuGammoさんは、最強のハーフカメラ、
ブローニーの半裁、つまり645で、
ペンタックス645に、イスラエル空軍?放出品の70ミリフィルムホルダー
70ミリフィルムに、645サイズで90カット?撮影可能
国内カメラ店ではついぞ見たことが無い!と言う。
d0138130_1223649.jpg

で、
ミモヤン=グレビッチはオーソドックスにオリンパスペンSを2台
初期型のペンS 2.8cmF3.5今年入手と、ペンS後期 3cmF2.8搭載
初期型はファインダーカバーがプラスティック
オマケに、ペン純正アクセサリーのペンスケール(距離計)
d0138130_1253292.jpg

あれ、ペンスケールが写っていない、、、、、
オマケにミノルタXG-Sに、MD50ミリF1.4、
何処がはーファだって?
だって、銘板に、SAMSUNG KOREAの文字が、、、
立派なハーフでしょ?
あると思いますっ。
[PR]
平成21年2月14日、世間はヴァレンタインデー
前日は春一番(元気ですかーっ!)かと思われる強風が吹き荒び
朝のうちは雨が残るかと思われていましたが、
予想に反しよい天気と春を思わせる暖かい、例会日和となりました

今井商店の出品に始まる例会、今回はレンズマウント特集か?と思わせる出品物
ペトリマウントアダプター、接写リング、コムラーユニ交換マウント(自動絞り対応型)
キャップや携帯ランプ?など、
その後のカメラではオプトンテッサーつきセミイコンタ、ズマロン3半付きのキャノンⅢなどなど

その次ぎのセレクトサンの出品は何時にもまして駆け引きの応酬
欲しいものを手にしたもの、逃したもの、意外に安く手にしたものなど悲喜交々

今月もMCは会長のキューちゃん、今月のお題は過去のものでも手作りをひとつ、だったので、
キューちゃん自慢のナポレオンの大砲カメラ
ナポレオンの瓶!の架台に乗った、ケンコーのクローズアップレンズによる長焦点レンズを取り付けたニコンF、ファインダーは名人T氏のみえーるファインダー
d0138130_0391234.jpg
d0138130_0393044.jpg
d0138130_042067.jpg

つづいてY氏によるキャノンEF70-300ミリF4.5-5.6 DO IF USM
D O(Diffractive Optics)回折光学素子を用い、凸レンズで発生する色収差を消し、従来の凹レンズを用いたものに対し小型化出切るという新技術を導入したレンズの紹介
d0138130_1165845.jpg


つづいて、PUSH-PULL氏によるライカ用距離計の分離を良くする為のフィルター作成
そして提供、写真は同氏のⅢc改Ⅲfとフィルター
d0138130_052554.jpg

今井商店さんから、T名人作の葵の御紋カメラ、ロシアのスパイカメラ、面白い!と買ったが失敗だった缶詰カメラ
d0138130_0545788.jpg
d0138130_0551170.jpg
d0138130_0553061.jpg

H氏の修理、めったに見つからないキャップを入手した逸話が秀逸な
エーリッヒ ザロモンで有名なエルノスターF1.8レンズ搭載のエルマノックス
d0138130_0581288.jpg

これは、もうすぐ作例が見れるかも!

NB氏によるオリンパス医療用カメラ改造機
レンズはウェルター アナスティグマット7.5cmF4.5 百円ショップで買ったハイ皿鏡胴
d0138130_121714.jpg
d0138130_123124.jpg


NK氏によるミモザⅡカメラの修理
d0138130_131488.jpg
d0138130_13347.jpg


A氏による大判レンズ取り付けマウントアダプター制作話
レンズはウォーレンサック ベリート7 1/4インチ
d0138130_155142.jpg
d0138130_16361.jpg


K氏によるライカM3の修理と、持参された手作りローライ ゾナー Mマウントレンズと戦利品のズマロン
d0138130_175075.jpg


N氏によるキャノン パワーショットTX-1 2台によるステレオカメラ
d0138130_19571.jpg


各会員のそれぞれの得意分野の力作が発表されました

今回は、あまり説明に注意が向いていなく、説明が通り一遍でお恥ずかしい限り
よろしければ会員の皆さんによって編集していただければと思います

来月のテーマはハーフ!

皆さんのハーフ自慢ハーフにまつわる物語、など、期待しています
[PR]