カテゴリ:写真( 173 )

.。o○東奔西走・南船北馬
空路・陸路・鉄路・水路、アフリカ南部を踏破
してきました。酷暑の日本を離れて、真冬の
アフリカ南部は快適至極。。\(^o^)/
GPS Tracking Logs
d0138130_18504815.jpg
d0138130_18515279.jpg
d0138130_1852597.jpg
d0138130_18521959.jpg
d0138130_18524399.jpg
d0138130_18525454.jpg
d0138130_1853545.jpg
d0138130_1853442.jpg

d0138130_18562493.jpg

d0138130_1855663.jpg
d0138130_18564821.jpg

de GuGuGammo
[PR]
by tedukuricamera | 2013-08-21 18:59 | 写真 | Comments(6)
jackです。

8/10(土)、例会後に13キロのカメラバッグそのまま持って淀川花火大会を撮りに行ってみました。

どこから行ってどの辺で撮ろうか、まったく決まらないまま御堂筋線に乗り中津で下車。ぶらぶら歩く人達に続いて淀川河川敷まで出てみました。河川敷沿いにずっとフェンスがあるため、土手に上がれる場所は限られるのです。夕方近くとはいえ暑い中をみなトボトボ歩いて行くので同じ方向へ行ってみました。

Hankyu Train
途中阪急線の鉄橋に来たところで夕日がいい具合に川面を照らしていたので、テレテッサー300mmを引っ張りだしてみました。本来これで撮れそうな所からと思っていたのですが、結局出番はコレだけでした(笑)

Naniwa Yodogawa Fireworks Festival 2013
そして鉄橋を越えさらに歩いて行くと、阪神高速の橋を越えたその先はもう有料観覧席で三脚不可とのことでしたので、ここで踏ん張ることにしました。といっても芝生の方はすでにすごい人でしたので、堤防のコンクリートに薮が生えている陰に設置。カメラで撮っている前をウロウロされるのもかなわないですからね。

もちろん脚を全部伸ばした日には足を引っ掛けてぶっ倒されるのがオチですから、可能な限りコンパクトに、ストーンバッグ代わりにバッグをぶら下げて...そして待つこと1時間半ほど、一眼レフと動画用のコンデジをセットしていたら何の前触れもなく始まりました。

Naniwa Yodogawa Fireworks Festival 2013
予想より全然左寄り、何とか24-70mmズームの範囲内ではあったので何とか設定を決めて後はレリーズ固定。シャッタースピード4秒~6秒で連写にしておくと放っといてもどんどん撮ってくれます。

Naniwa Yodogawa Fireworks Festival 2013
がっ!気がついたらえらく下向いてて。ミラーショックで雲台が回ってしまった様子(汗)はずかし。しょうがないので横撮りにフレーミングし直して撮影再開。

Naniwa Yodogawa Fireworks Festival 2013
縦だとたまにはみ出してしまう豪快なやつは24mmぐらいあってもいいかも。逆にコンデジは28mm始まりなので16:9の動画だとちょっと上下が厳しかったですね。

Naniwa Yodogawa Fireworks Festival 2013
まあそんなこんなであっという間に花火も終わり。気がつくと動画を撮っていたコンデジは電池切れでした。それに気が付かないぐらい見とれてたんですね~

しかし問題はむしろ花火が終わってからでした。これだけの人が一斉に出口めがけて、最寄り駅めがけて移動するわけですから。通路を避けて土手から上がろうとする人の群れは『蜘蛛の糸』のワンシーンを見てるみたいでしたね。いや、楽しかったけど疲れました~

(使用カメラ:SONY α900、SAL2470Z)
[PR]
by tedukuricamera | 2013-08-13 12:30 | 写真 | Comments(6)
d0138130_8582378.jpg
中之島で
朝の散歩中に遭遇、場所は堂島が川沿いの中之島BANKSのギャラリー、手作りカメラに入っていなければこの手のカメラには見向きもしなかったに違いない、と言うことで大判カメラに関しては殆ど知識が無いのだが大きさにびっくりして採集

「TECHNIKA」の文字が見えたので調べたら、テヒニカはリンホフの代名詞らしいと言うことを初めて知ったぐらい、写真の大判カメラのサイズも解らずじまいで35ミリや6x6や8x10よりでかいことだけは間違いない

先日新聞の写真展の紹介で、今でも最初の写真カメラのダゲレオタイプで撮影して発表している人がいるのを知ってびっくり、わたしなんぞは簡単デジカメばっかで一向に写真技術が上達いたしません、っていうか写れば何でもええねんってのがあるもんで・・・

明日の例会、仕事が押してきたため欠席いたします、例会のレポート楽しみにしております
ついでに見やすいようにメニュー順位を入れ替えました
[PR]
by tedukuricamera | 2013-06-07 09:01 | 写真 | Comments(4)
jackです。18日にドイツから帰って参りました。

@Lindau

いや~今回は無理を承知の3ヶ国歴訪の旅。もとい、弾丸トラベル!ミュンヘンに着いた翌日オーストリア・ザルツブルクへの日帰りツアー、そしてミュンヘン自転車散策、3日めにはリンダウというリゾート地へ移動して翌日さらに対岸のスイス・ロールシャッハまで往復してからシュツットガルトへ...ま、後は仕事だったわけですけど。

残念ながらリンダウ以外は天候が雨続きで、なかなかさわやかな5月のドイツらしい画がお届けできないのが残念ですが、まあ見てやってくださいまし。Flickrの仕様が変わったのでとにかく順不同でアップしたっきりで申し訳ございません。

jackさんのドイツぶらぶら撮りある記 2013
[PR]
by tedukuricamera | 2013-05-27 00:10 | 写真 | Comments(2)
Jackです。先日来血圧が高くて病院で検査を受けていましたが、とりあえず食事制限と運動で何とかしろと言われました。「先生、重いカメラとレンズを持ってウロウロしても運動にはならないのでしょうか?」と聞いたとか聞かなかったとか。

ということで先日の例会の前にも天満橋~大阪城あたりを写真撮りながらうろついてきました。一昨日も病院で検査受けたその足で吉野山まで行って来ました。平日も夜に一万歩ずつ歩くようになったのですが、上が下がっても下が高くて...ま、こんな話してもしょうがないですね。

Today's Gear

例会で目を引いたテレテッサー300mm/F4に2倍テレコンのムターII、テストなので13mmの中間リングでα900につないであるだけで手ぶれ補正は効きません。600mm/F8相当になります。まずはIDチップつけて手ぶれ補正の効くゾナー180mm/F2.8をF5.6で。距離にして6mぐらいです。マウント改造なので無限遠が出ています。

Sakura @Osaka MINT

それをムターなし、300mmで。確かF5.6だったと...このへんがチップなしだと記録されないので不便。13mmの中間リングでは合焦範囲は3-6m程度です。

Sakura @Osaka MINT

そしてムターIIつけて600mm。F5.6だとF11になりますね。これだと合焦範囲は3-20mぐらいになります。鳥さん撮れるかな?

Sakura @Osaka MINT

普通の望遠レンズに普通のテレコンだとパープルフリンジが目立ったり輪郭が曖昧になるとか像の歪みが出たりしますけど、さすがというか。重いのはダテじゃない。


さてこちらは病院帰りの吉野山・奥の千本桜(のあたり)。コンデジ・RX100です。一昨日でしたがもう上中下どころか奥まで終わり加減でしたね。

Sakura @Yoshinoyama

RX100の広角端は28mmですし、望遠端はデジタルズームがあるものの100mmぐらいとこういう広い場所では不便なんですが、どっこい『スイングパノラマ』という奥の手があります。腕を伸ばして端から端まで連射すると、自動的にステッチングされるという。

Sakura @Yoshinoyama

これは高画質モード、縦撮りで水平移動すると縦長の画像からパノラマを生成します。どんな場所だかお分かりいただけるでしょうか...とても病院帰りに寄るような所ではなかったです(汗)

初めて行ったんですけど、来年はちゃんとした時期に上中下と奥も楽しみたいと思います、ハイ。
[PR]
by tedukuricamera | 2013-04-20 16:32 | 写真 | Comments(5)
予報官 Y です。
APS-C レンズをフルサイズデジカメで使うと・・・・の第2弾です。
カメラはNIKON D700 & AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-EDです。
まず最短焦点距離の12mmでは、四隅は完全にケラレが生じ、上下がカットされた円形に写りますし、フードを付けるとさらにケラレる範囲が増加します。
d0138130_10131939.jpg
d0138130_10135034.jpg
d0138130_1014129.jpg
d0138130_10142928.jpg


15㎜でも四隅はまだケラレが残りますが、フードの影響はなくなります。
d0138130_1018241.jpg
d0138130_10181777.jpg
d0138130_10183346.jpg


18mm:ここまでなら多少周辺光量は落ちるとはいえ、ほぼフルサイズのレンズと変わりありません(周辺光量落ちをカバーするような設定も可能です)。
d0138130_10193531.jpg
d0138130_10194893.jpg
d0138130_1020141.jpg


結論から言えば、やはりフルサイズ機はフルサイズ対応のレンズを使うべきでしょう、とくに作品として外部に発表あれる方はなおさらです。
DXレンズは一眼レフ入門レベル(CANON EOS・KissとかニコンのD3000 )での使用が賢明と思います、大きて重いフルサイズデジカメで使用する意味はないと考えています。
両メーカーともAPS-C レンズは、スケールメリットも考えると、あまり種類を増やすことはしないと思います。
せいぜい安価な標準ズームか高倍率ズームに特化するような気が・・・。
[PR]
by tedukuricamera | 2013-04-12 10:30 | 写真 | Comments(4)
予報官 Y です。
先日GuGuGammo さんから要請のあった、APS-C レンズ(DXレンズ)をフルサイズカメラで使用すればどうなるの?という疑問にお答えするべく、ちょっと写してみました。

CANONのEF-Sレンズの場合は、マウント自体に仕掛けがあり、レンズを取り付けること自体できないようになっているので、このような写真は写せません。
まず1~2枚目は、APS-Cサイズ変換で撮影したものでD300で写したものと変わりありません。
3枚目以降はそのままのDXレンズ&フルサイズD700ですが、やはりこれは実用的にはだめなようです。
しかしすべてのレンズがだめというわけではなく、DX・12-24mmF4G・広角ズームレンズでは15mm以上ならフルサイズをカバーするようです(ちなみに2枚目と3枚目は同一場所で撮影)。 

結果は作例の通りですが、NIKONにはクロップ機能というのがあり、これを操作(MENU-撮像範囲-DX自動切り替え)すれば、機能的にD300と同じようになり、支障なくDXレンズが使えます。
もちろんファインダーまでは対応していないので、黒枠に囲まれた見え方になります。
d0138130_10163122.jpg


d0138130_1003799.jpg

d0138130_1022527.jpg

d0138130_1034630.jpg
d0138130_1043658.jpg
d0138130_1044925.jpg
d0138130_1052357.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2013-04-08 10:25 | 写真 | Comments(8)
予報官 Yでございます。
桜が満開でよく晴れた本日、近くの墓地公園へ魚眼レンズの試写を兼ねて散歩してまいりました。
場所は、近くの鉢ヶ峰公園墓地周辺と名古刹の法導寺です。
d0138130_15513326.jpg
d0138130_15515251.jpg
d0138130_1552870.jpg
d0138130_15522071.jpg

DX-Fisheye NIKKOR 10.5mm/2.8は、APS-Cサイズのディジタル一眼レフ用なので、フルサイズのものに比べて二回りくらい小さく、テレコンバーターくらいのサイズなので持ち歩きには至便です。
しかし最近のディジタル一眼レフカメラの販売傾向をみますと、どうもフルサイズ指向となっているようで、ベストセラーの上位に必ずNIKON D800&D600・CANON 6D&5DmkⅢが入っています。
しかし私のような使い方では、2000千万画素レベルなど全く不要なのですが、見栄もあるのでしょうか?フルサイズのD700&5DmkⅡも一応ドライキャビの中に収まってはいます。
[PR]
by tedukuricamera | 2013-04-01 15:53 | 写真 | Comments(5)
d0138130_13284481.jpg
びっくらレンズ
45ミリに続き今日は健康 MC SOFT 85/2.5のお話、これも機関車さんから借りたレンズで私のブログと内容は重複しておりますがあしからず

このソフトレンズは45ミリの時もそうですが光により異常に反応いたします、逆光の川面の写真が物の見事にゴースト一杯のアート写真に、言われなければ何の写真なのか判らないぐらいです

d0138130_13312015.jpg左のレンズを見て判るようにこの85ミリレンズには距離表示がありません、目測でピントを合わすことが出来ないのです、ミラーレス勘定で行くと約120ミリで手持ちでは大変、開放で撮るとNEXの液晶のモニターではソフトすぎて判りづらいのです、まして私は近眼でうつむくと下げた眼鏡がまた上がって参ります

絞ってからピントを合わせてから開放でシャッター、最近知ったばかりなのですがNEXのフォーカスモードをマニュアルにすると液晶のモニター画面でピントのあったところがハレーションを起こし判りやすい、すると上のようなおもろい写真ができあがりました

しかし被写体のコントラストが弱いと、ピントが合っていても滲んだSoftな絵ができあがります、上の写真と下の写真が同じ開放2.5で写したと思えないほどですが、絞ると普通のレンズのようにはっきりくっきり描写できます
d0138130_13315828.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2013-03-01 13:36 | 写真 | Comments(1)
d0138130_1728176.jpg

d0138130_17283486.jpg


jackさんの、お声がかかりましたので、前回お約束のNEX-5nで写したCANON FL LENSの写真を報告させていただきます。
それにしまして「手作りカメラクラブ」のブログが賑わっているのは、毎日がわくわくで楽しいものですね、より多くの会員様のカキコを期待する次第です(そういう私も今年になってのデビューですが・・・・)。
まず撮影レンズですが「CANON FL 55mm1.2」ですが、35mm換算では83mmくらいの長焦点相当で開放では使えない(被写体深度が浅すぎる)ので、実写ではF2.8程度に絞っています。
もう一本の広角は昔に例会で発表したことのある超広角・FL 19mmF3.5ですが、35mm換算では28mmくらいの広角レンズとなります。
銀塩時代は「黄色っぽい写真になる」との評判でしたが、デジカメではAWB(色補正)のおかげでニュートラルな色調です。
テニスコートでは快晴の日中なのであまりに明るすぎて液晶画面でピントを合わせるのが困難なので、
F8くらいに絞ってパンフォーカス撮影しています。

d0138130_1736466.jpg
d0138130_17364026.jpg
d0138130_17372481.jpg



d0138130_17521581.jpg
d0138130_17562383.jpg
d0138130_17383458.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2013-02-28 18:04 | 写真 | Comments(3)