パソコンのバージョンアップ

パソコンのバージョンアップ「古女房???」 キューちゃんからでーす。\(^o^)/
購入後4年が経過した古女房「NECバリュウスター」が最近調子が悪く、立ち上がりに約15分も掛かるので、思い切って栄養剤「メモリアップ」の注射を打つことにしました。
当時のXPでは256メガであれば十分に機能していましたが、4年の年月とともに画像やビデオをハードディスクに入れ込んで、動きが取れなくなったためです。
そこで、512メガのメモリーを購入して、パソコンの筐体を開き、外科手術のように埋め込んだのです。作業が終わって恐る恐る電源を入れますと、ナント今までの立ち上がり時間の10分の1ほどの速さでディスクトップが開かれ、また、電子メールのアウトルックエキスプレスやインターネットのIE7、マイドキュメントも驚くほどの速さで目の前に現れてきました。
その他色々のソフトの開きも迅速になり、思わず万歳を叫んでいたのであります。やはり、人間も同じことだと思いますが、年とともに衰えが来るので、適当な補足「サプリメント」が必要なんですね。もう1台のノートパソコンも動きが遅いのでこれも近々メモリアップをすることにします。
蘇った私の古女房の写真を見て下さい。ニコニコしていますよね。\(^o^)/
d0138130_9562081.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2008-04-28 09:56 | 情報 | Comments(2)
Commented by 白髭 at 2008-04-29 09:14 x
パソコンのサプリメントとは面白い表現ですね。それで若返るとは素敵です。ご自分のお身体の方もサプリメントは有効に効いていますか???
Commented by PUSH-PULL at 2008-04-30 08:23 x
やっぱりメモリーでしたか、これから立ち上がりでぼやかずにすみますな(笑)
電源入れっぱなしと言うこともせずにパソコンにとっては万々歳