第361回 大阪手作りカメラクラブ例会

第361回 大阪手作りカメラクラブ例会

jackです。東京での展示会後多忙につきなかなかまとめられず...遅くなりまして大変申し訳ありません。

さて第361回例会、まずはI井商店の展示即売からスタート。今回はキャップなどの小物と歴史的な?資料が盛りだくさん。

司会はミモパワM本さんでまずは来月の忘年会についての討議から。会費からの補助をどうするかについては継続協議となりましたが、とりあえず最近の二次会定番になっているテング酒場の飲み放題コースで決定。

続いて会員発表、今回のお題は「カメラ用工具」でしたが、何がでてくるやら。

トップバッターはひでじぃさん。カメラはプラチフレックスを持参。先月欠席でしたが、京都で写真展をやっていたとのこと。何と45年前の高校生当時、情熱を傾けた雪の中の蒸気機関車の写真を出展したとか。


続いて白髭Y田さん。最近買ったLUMIX・TZ60を持参。ミャンマー旅行の時はキヤノンG15とEOS40Dを持っていったところG15の方がきれいに撮れたので、電子ファインダーがついたコンデジが欲しいと思って探したらTZ60が安く売っていたとか。換算24mmから720mmの光学ズームを備え、ピント精度もいいので気に入っている。


続いて私、jackです。東京出張にα7sを持って行き、大学時代の友人でプロのジャズピアニストのバースデーコンサートでサイレントシャッターが重宝した話。工具は旋盤は持ってこれないのでマウントの製造工程を、ついでにアルマイト処理工程も写真で紹介。あとデジタルノギスの改造品、PB BAUMANの超お勧めマイナスドライバーを紹介。その他、日本人写真家・ケント白石氏の作品が掲載されたナショナル・ジオグラフィックの写真集を持参。


続いてK本さん。ライカIIIf専用のノブ回し工具を持参。


けっこう高かったものだが、それを真似してニコン用のものを作ってみたそうで。すばらしい出来!


続いてK林さん。本職が時計職人だけあって工具に対する知識と情熱は並々ならぬものがありますね。ヤットコ類は一本一本手を加えてあり、ナメたネジ頭をつかんで回すとか。


中でもプラスドライバーの小さいものは先端が絶妙な角度で削ってあり、特殊なネジでもナメずに緩めることができるとか。


私の持っていた普通のマイクロドライバーはこんな具合でかなり先端が突き出ています。これではネジ穴の浅いタイプを回すことができません。その他、時計用にとどまらず宝飾品用のツールなど、ひとつひとつ挙げるとキリがないぐらいのアイディア工具が詰まっていました。


カメラは一見ライカコピーだが中の構造が全然違うというヤヌア、レンズ交換式でありながら詳細不明なアジラックスのアジマ、フィルムカウンタの液晶だけダメな残念コンタックスTVS、プラクチフレックス、時計屋の作ったアルパレフレックスを持参。


続いてN口さん。ミノックスクラブで発行されたミノックス用の工具などが掲載された私家版修理マニュアルを持参。


続いてお天気予報官Yさん。修理はしないので工具はなし、古い高級本革カメラバッグのパンフレットなどを持参。



続いてH本さん。ステレオホルガを改造して引き伸ばしレンズを付けようとしているとの報告。


工具はカニ目回しとして使っているものを持参。元はサークリッププライヤーとか言われるツールだと思いますが、先端を削ってあります。


続いてM本さん。また仕事で草加へ出張で行ったついでに北八王子にあるオリンパスの「瑞古洞(ずいこどう)」という歴史館を訪問した話。



続いてOTTOことO林さん。手術用の鉗子を手に入れたが使い方がわからないと。挟んでロックすると固定できるので便利とK林さん。さすが...その他SIMフリーのスマホを買った話。IIJのSIMが安くて通信品質がいいのでおススメだそうです。月900円で2ギガ上限、しかも余りは翌月に回せるとはなかなかでは?この辺サービスがコロコロ変わるし、新しいものが出てきたと思ったらいつの間にか終わってたりと悩ましい分野です。


ここで話題が4Kテレビで写真を鑑賞するという話になったところでH井さんから異議あり。本当に4K、8Kなどと必要か?ということですが、調べてみたところ現在の40V型~50V型程度のハイビジョンテレビでも人間の目の解像力を超えているのだそうです。ただし2.5mの距離で見たら、ということであって、メーカーは画面の縦幅の3倍、つまり1.5m~1.8mぐらいを視聴距離の目安としており、この距離だと解像度が不足するので4Kが必要ということなのだとか...目エ悪するんちゃう?




続いて会長・キューちゃんです。久しぶり?の自作はハッセルマウントレンズをライカRマウントに変換するマウントアダプタ。



I井商店の即売で買ったフィルムバック、アルカスイスのもの...を寄ってたかって品定めするの図。製造はLADAだそうで。


続いてI井さん。ネジを飛ばしてしまうとかあったのでもう長いこと修理とは縁がないとか。引き取ってきたパーツに紛れ込んでいた工具を持ってきた、というけれどどう見てもこれは...


トリはH井さん。今日は別の用事があったため途中参加で、どうもアルコール変調がかかっていたような。古い掘り出し物のカメラに手を入れて使えるようにするのにネジを締めながらゆるめてやるといい、またドライバーは頭を常に砥石をかけてメンテしてやることも必要、と。スプリングを飛ばした話には会員一同あるある!と。やっぱりみんなやってるんですねえ~


たかが工具、されど工具。終わってみれば5時、スタートが遅かったとは言えいつもより長かったのでは?さすが手作りカメラクラブ!

その後、二次会はいつものテング酒場へ。ここのアヒージョが美味しいんだな、これが。
d0138130_85550100.jpg

[PR]
by tedukuricamera | 2014-11-13 00:47 | 手作りカメラ会報 | Comments(5)
Commented by jack at 2014-11-13 00:50 x
ごめんなさい~またやってしまいました。締め切り破って空白ページを作ってしまった漫画家の気持ちです...
Commented by tedukuricamera at 2014-11-13 08:58
写真だけでも十分楽しんでいます。本文が載ったら二度楽しめるわけですよ。飲み会の写真を追加しておきました・・・白鬚。
Commented by tedukuricamera at 2014-11-16 15:36
例会レポートご苦労様です、私用で例会に出られませんでしたがこれで少しだけ内容が分かりました・・・・・・PUSH-PULL
Commented by tedukuricamera at 2014-12-12 08:48
この時にお断りしておきましたが明日の例会と忘年会には参加できません。可愛い孫娘の体操大会演技の撮影に四日市まで行ってきます・・・白髭。
Commented by 初老人 at 2015-02-14 12:21 x
いつも楽しく拝見しております。
Exakta ヴァレックスを愛用している者です。
Exaktaですので、上から覗き込むウエストレベルのファインダーですが、このファインダーに映る絵は案外美しいものです。フィルムを入れずともシャッタを空切りして楽しんでおります。携帯のカメラで間接的に映った絵を撮影したりもしますが隔靴掻痒の感があります。このファインダーの内部にデジカメからばらしたイメージセンサーを組み込んで、カメラ本体のフラッシュバルブとシンクロさせてスティル映像をデジタル撮影できないものでしょうか?センサーの背面には液晶のビューファインダを設けてウェストレベルで電子的に対象物を見ることができれば好都合ですし、給充電はデータ転送を兼ねてファインダにミニUSB端子を設けてといった具合ですが。Exakta辺りのファインダだと筐体がそれなりの大きさがあるので、今時の小さなデジカメなら部品を組み込めそうですが。私は手先が不器用なので思いつきですが、みなさんは器用そうなので一案を投稿する次第です。