なんちゃって魚眼レンズ発掘

jackです。暑い日が続きますね~

先日JR大阪駅前の某店でジャンクレンズを物色していましたら、不思議な物体を発見しました。
d0138130_22462562.jpg


KENKO MC FISH-EYE 180°」と書かれたそれは両端に金属キャップがあり、大きい方を外すと魚眼レンズらしいガラス玉が、反対の小さい方を外すと小さな細目ネジのマウントの中央に小さなレンズがついていました...って知ってる人は知ってるんでしょうけど~
d0138130_2247721.jpg


あとで調べてみたところ、標準レンズなどの前に取り付けるためのねじ変換リングが付属しているはずなのですが、それは付いていませんでした。またレンズにキズなどないものの絞りが壊れていたので格安で売られていたというわけです。それを承知で捕獲して帰り、手作りカメラブログらしく変換リングを自作してみたという次第。
d0138130_22495048.jpg


測ってみると、後ろのネジは直径1インチ(25.4mm)×0.5mmピッチのようでした。そしてフィルタネジの方は例えば直径55mmなら0.75mmピッチというように、取り付けたい標準レンズに合わせればいいわけです。

ところが手持ちの旋盤では0.5ピッチはいいのですが、変速ギアの組み合わせには0.75がなく、0.7か0.8になってしまいます。ほんのひと山かふた山なので何とかならんかな、エイヤッと作ってみたのがコレです。※注記:0.75は取説に載ってないだけで、ギヤの組み換えでできる模様、現在調査中
d0138130_171593.jpg


材質はマウント工作の余りのジュラルミン。内径のネジ切りバイトはグラインダーで成型して作りました。まあ内径0.5ピッチの方は無難に出来ましたが問題は外径0.75でした。
d0138130_22522944.jpg


裏表でφ55とφ49両用できるように、と2段にふた山ずつほどねじ切りしたまでは良かったのですが、意外とレンズの溝に入りません。そこで古いUVフィルタのガラスをはずし、枠だけにしたものに無理やりねじ込んでやりました。これでスンナリと取り付けられるようになりました。
d0138130_2258765.jpg


もちろんデジタル一眼にも使えます。フルサイズだと円周魚眼、APS-Cだと対角魚眼になるそうです。
d0138130_22585764.jpg


ちゃんと0.75ピッチで切ってやればφ49でも使えるはずでした。(イメージです)
d0138130_230167.jpg


そして実際にデジイチで撮ってみたのがこんな具合で...
d0138130_2303983.jpg


面白いといえば面白い絵です...相性とかあるんでしょうかね。思ったほど、というか思ったとおりスッキリクッキリとはいかず、周辺はぼやけています...こんなもんなんでしょうかね?とりあえず取説がなく使い方が分からないので試行錯誤してみましたが、レンズ側は無限遠にして絞り開放、魚眼側で絞りを調整するのがよろしいようです。


しかしケンコーさん、気が付けばトキナーもコッキンも傘下に収め、コニカミノルタ製品のサービス業務まで引き継いで。かと思えばラッキーの引き伸ばし機もあったりといつの間にか光学機器関係の総合デパートみたいになってきましたが、手軽に楽しめるこういうアイディア製品は今後もどんどん作っていって欲しいですね。

※作例以外の写真はiPhone4内蔵カメラ
[PR]
by tedukuricamera | 2011-08-04 23:16 | 面白カメラ | Comments(4)
Commented by mimopowerOM-1 at 2011-08-05 00:36
うちにも、ひでじぃんちからやってきたこのレンズがありますが触ったことがない…
見てみようっと。
Commented by PUSH-PULL at 2011-08-05 08:43
ちゃんとマウントまで作って撮影するところが凄い
写真の方もなかなか面白く、猫のアップなどお願いします
Commented by 白髭 at 2011-08-05 09:06 x
久しぶりに手作りカメラらしいアップ嬉しいですね。会長が休養中なので頑張っていただければ有り難いな。作例も次が楽しみです。
Commented by yasu at 2011-08-05 16:08 x
ここだけの話、今日ケンコーの19mm~35mmf4.0MFレンズ買いました。
ケンコーだけに格安でマウントはニコンAI-s
いまさらこんなレンズ買ってどうすんネン!!