Geiger counter

3月11日の地震・津波・原発トラブル以降すぐに、米国・欧州は言うにおよばず、ガイガーカウンタが市場から消えてしまいました。きちんとした製品を欲しいわけではなく、ある程度の目安が欲しいだけなので、以前に製作したガイガーカウンタを探したのですが、例によっていつもの如く見つかりません。しょうがないので、部品ならばまだあちこちにあるはずだと、GM管(Geiger-Müller tube)を購入すべくいつも購入しているサイトをのぞいてみたら、米国製はすべて売り切れで、いつもなら数ドル程度の、ロシア製GM管も数十ドルまで価格が跳ね上がっていました。これが無ければどうしようもないので、大枚$19にて購入。簡単な構造なので昼飯前程度の作業にて完成。以前に日本で販売されていた、浜松ホトニクス製のGM管よりは遙かにデカイので、感度良好也。そのままではまったく面白くないので、PCとのインタフェースを作って、24時間記録させ、データをウェブサイトに1分おきにアップロードするように設定しました。福島原発のトラブルが一段落するまで、測定・アップロードを続行する予定です。アップされたグラフですが、Y軸/縦方向がCPM(Counts per minute)、X軸/横方向が時間経過です。ごく普通の状態(自然放射能環境)では、CPMは50前後です。シーベルト(μSv/h)への換算は、校正されていない機器ですしほとんど意味がありません。まあいわゆる一つの目安です。\(^o^)/
d0138130_2025178.jpg

d0138130_2029647.jpg

アクセスするには下記のurl参照のこと。
http://www.jttk.zaq.ne.jp/gugugammo/


Posted by GuGuGammo
[PR]
by tedukuricamera | 2011-04-07 20:31 | 情報 | Comments(2)
Commented by mimopowerOM-1 at 2011-04-08 12:32
うーん、作っちゃうんですか。
市場に持ってってピッピピッピしちゃいけないんですね
Commented by GuGuGammo at 2011-04-08 20:03 x
.。o○市場へ持っていてあれこれガガガっとやってみたいのですが、叩き出されるのは必定でせう。。。。。\(^o^)/